読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 違う見方

独断と偏見による雑記、備忘録

「ドクターX」や「リーガルハイ」を支える名脚本家、役者を活かすも殺すも脚本次第

正月に「ドクターX」をいっぱい見た。

 

ケーブルテレビやabematvでいっぱいやっていたので見ていたら、止まらなくなる。

 

通常は週に1回、1話づつしか見れないが、1話から最終回まで連続して見ると、まったりした時間が過ごせて止められなくなる、食べ始めたら止まらないポテトチップのようだった。

 

 

 

ごく一部の好きなドラマは、視聴率も良いので世間の人々とあまり感覚はずれてないと思う。

 

ドラマを通じて感じてることを書いてみたい。

 

 

 

ドクターXを見ていて感じることは、役者の演技が抜群だということだ。

 

米倉涼子演じる大門未知子が目立つが、脇を固める俳優がうまい!

 

そして、すべての配役に無駄がない。

 

ナース役をしてる名も知らない女優ですら存在感がある。

 

演技の巧さ故になかなか気づきにくいが、脚本もできが良い。

 

ドクターXをwikipediaで検索すると、メインの脚本家は中園ミホとでてくる。

 

中園ミホ  

中園自身は広告代理店退職後、24歳で占い師に弟子入りし、

中学生の頃覚えた四柱推命の腕を認められ、有名政治家や

企業のトップも占ったことで、人間の表面で見せる立派な

顔より裏側のほころびの方がチャーミングだと気づき、

人間の見方を覚えたといい、このときの経験が脚本家に生

かされていると語っている。

 

 

ドクターXは、大門未知子のドタバタ劇のように扱われたりするが、人間ドラマとしてのツボが押さえられてるのは、中園ミホのセンスに負うところも大きいだろう。

 

このドラマで画期的だと思うのは、大門未知子の「いたしませ〜ん」だ。

 

ギャグとしても使いやすいので、勝手に口をついて出ることも多くなるだろう。

 

日本人も「NO」が誰でも言えるようになるのではないだろうか。

 

外国人の疑問「なぜ日本人はNOと言わないの?何考えてるかわからないよ」

 

 

ドクターXでは、リアリティを演出する小道具に手を抜いていない。

 

ドクターXの手術室のセット事情を説明するスタッフブログ。

 

ドクターXで使用する医療機器のレンタルをやってる会社。

テレビ朝日系毎週木曜よる9:00~『ドクターX~外科医・大門未知子~』

の撮影へご協力させて頂きました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

脚本の上手さで言うと絶対外せないのが、古沢良太だ。

 

最も満足度の高いドラマ脚本家は古沢良太氏 -『リーガルハイ』『デート』

 

 

古沢良太の名前を知ったのは、相棒season5第11話「バベルの塔」でだ。

 

良い脚本を活かすのは良い役者だ。そして配役に全く無駄がない。

 

大塚寧々の鬼気迫る演技が素晴らしい。

 

すべてを手に入れた女が、数時間ですべてを失い死を選ぼうとした時・・・。

 

 

巧みに張られた伏線が見事。

 

見終わった後、今年はいい年になりそうだと思えた。

 

 

 

相棒 season 5 DVD-BOX 2(6枚組)

相棒 season 5 DVD-BOX 2(6枚組)

 

 

 

それから随分経って、「半沢直樹」のヒットで堺雅人を知った。

 

検索して「リーガルハイ」というヒット作があることを知り見てみた。

 

見て驚いた、半沢直樹が霞んで見えた。

 

まさに大門未知子の弁護士バージョンだ。

 

一見ドタバタ劇だが、人間心理のツボを確実に押さえている。

 

堺雅人演じる弁護士「古美門研介」が最高だ。

 

 

 

 

脇を固める役者にも抜かりがない。

 

キャラを最高に盛り上げるのが、長台詞を滑舌良く一気にまくし立てるところだ。

 

脚本が素晴らしいが、脚本だけでは成立しないことが伝わるのが「リーガルハイ」。

 

 

リーガル・ハイ

リーガル・ハイ

 

 

 

文庫 リーガルハイ 2ndシーズン (扶桑社文庫)

文庫 リーガルハイ 2ndシーズン (扶桑社文庫)

 

 

 

このリーガルハイの脚本も手がけているのが、古沢良太だ。

 

 

古沢良太(wikipedia)

少年時代は漫画家志望だったこともあり画力が高く[要出典]

イラストレーターとしても活動している。

日経エンタテインメント!』にショートコミック

「猫の手は借りない」を連載[いつ?]

古沢自身は無口で、人と話をするのが苦手である[2]

 

 

絵心を文字で表現するセンスの持ち主なのだろう。

 

 

 

超売れっ子・古沢良太、脚本家としての過激な(!?)ポリシー

 

子どもの頃から、ひとりで絵を描いたり、工作をするのが好きでした。

いまでもこうやって脚本を書いて、ドラマや映画を作っているとき、

ちょっと不謹慎だけど、時限爆弾を作っているような感覚があって。

“これが世に出たら、すげーことが起こるぞ!”って思いながらコツコツ

と作っているんだけど、意外と大したことなくて。

でもそうやってニタニタしながら、爆弾を作っているのが好きな、

やさしいテロリストなんです(笑)。

 

 

 

ドラマは役者と脚本の両方が揃って面白い。

 

どちらも努力というよりセンスが大事!