違う見方

見方を変えると目からウロコが落ちるかもという独断と偏見による雑記、備忘録

かかとを上げろ!

ドラマ「陸王」で有名になった『ミッドフット着地』という単語。

 

これは、走るというのは小さなジャンプの繰り返しになるのだが、ジャンプした足をどう着地させるかという場合の一つの方法で、荷重が足の裏全面に分散するような着地を指している。

 

ランニングの着地のことを英語では”strike(ストライク)”と言う、”landかなと思っていたが違った。

 

調べてみると、strikeには「軽くこする(触れる)」というニュアンスがあるらしい。

 

他に、つま先から着地する方法や、かかとから着地する方法がある。

 

速く走りたい場合には、つま先>ミッドフット>かかと となるらしい。

 

速さで劣るにも関わらず”かかと着地”が存在するのは、靴の違いで結果が大きく違うからだ。

 

結果、靴のソールの性能に依存するようになり、今年の箱根駅伝でナイキのシューズが話題になったような靴ドーピングに繋がりやすい。

 

 

今回こんな出だしで話を始めたのは、『かかと』をテーマにしたかったから。

 

きっかけは、今朝のNHKのBSで見た岩合光昭の世界ネコ歩きmini「前足出して」「ネコのかかと?」だ。

 

ネコの”かかと”とはどこか実は知らなかったということがわかった。

 

歩いたり走ったりしてるしてる時、地面に触れてるのはつま先なのだ。

 

〜結局〜ネコの後足のかかとってどこなんですか?

f:id:chigau-mikata:20180202142220p:plain

ネコのかかとの正解はC。

 

Aはつま先で、ABC全部足の裏。

 

じゃあ、このかかとどんなときに使うのか?

 

 

座ってる時。

f:id:chigau-mikata:20180202142254p:plain

画像引用は下記サイトから

http://www.mensnavigation.com/nekozekokuhukumatigatteirutadasiisisei/

 

 

この写真のようにのんびりしてるときもかかとを使うが、ネコらしいのはジャンプしようとする時だ。

f:id:chigau-mikata:20180202142324p:plain

 

画像引用は下記サイトから

https://www.min-petlife.com/24253

 

かかとを意識すると必ずつま先とセットになることに気付く。

 

 

ネコと人間を比べてもあまり意味がないかもしれないが、ネコの足使いのような動きをする人達がいる。

 

バレリーナと言われる人達だ。

 

f:id:chigau-mikata:20180202142425p:plain

 

f:id:chigau-mikata:20180202142433p:plain

f:id:chigau-mikata:20180202142441p:plain

 

f:id:chigau-mikata:20180202142451p:plain

 

f:id:chigau-mikata:20180202142459p:plain

 

f:id:chigau-mikata:20180202142557p:plain

 

バレリーナの画像は下記サイトより引用

https://blogs.yahoo.co.jp/dk51821/39995809.html

 

驚異的な身体能力を持つバレリーナだが、それ故の固有の悩みを抱える人も多いようだ。

 

三角骨障害 :バレエダンサーさんの治療院

f:id:chigau-mikata:20180202142701p:plain

 

ネコやバレリーナの動きを真似しろという話ではなく、その動きには参考になるものが多い。

 

その要は、①強靭な筋力に裏付けられた身体能力と②軽い体重だ。

 

この2つが超高いレベルで両立すると一流バレリーナになれる。

 

我々が目指すのは、かかとを上げた(=つま先立ち)の動きが辛くない程度の体に仕立て上げ、それを維持する程度はできたほうが良いだろうと言うことだ。

 

「かかとを上げる」で検索すると、たくさん出てくる。

 

ダイエットや美容を意識した場合に有効であることが伺える。

 

現代社会で普通のつもりで生活してると、歩く以上にかかとを上げる機会は本当に減っている。

 

歩幅が小さければ、かかとを全く上げてないかもしれない。

 

街に出ていろいろな人の歩き方を見てると気付くが、かかとが上がらない人は老若男女問わず、姿勢が悪く元気がなさそうで、そんな人が本当に多い。

 

早足で歩くことを意識してる人も多いが、そのせいで”すり足”のような動きになってる人もよく目にする。

 

すり足でも剣道のような動きの場合は、かかとは上がっている。

 

道具もいらずどこでもできるかかとを上げるという動作は、習慣にして損はないだろう。