違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

『我が人生に悔いなし』の解釈

大竹まことさんのラジオにゲストで加藤諦三さんが出た時の話をYouTubeで聞いた。

 

加藤諦三さんの著書である「人生こんなはずじゃなかった」の嘆きに関する話がテーマ。

 

テレホン人生相談でお馴染みの加藤諦三さんがどんな話をするかが楽しみだった。

 

著書の要約も兼ねた話だったが実際に読んでみたいと思い電子書籍で購入した。

 

まだ、最初の方しか読んでないがおもしろい。

 

大勢の悩める人と向き合って来たからこその知恵や見識がぎっしり詰まっている、しかし難しい表現などないし真新しい事実が出てくるわけではない、しかし新鮮なのだ。

 

 

以下は本の要約などではなくなんとなくわたしが思った話。

 

 

 

本来は同じはずなのがプロフィールと生き様。

 

生き様の要約がプロフィールのはずだが、そこには経歴履歴実績が羅列され、生き様には欠かせない心の葛藤などは表現されない。

 

本来の生き様の評価は自分以外の他人によってなされるべきだが、プロフィールは自己評価みたいなもの、だから詐称がでっち上げられる。

 

転職市場や婚活市場には詐称が少なくないし、企業のプロフィールである決算書は厳密であるべきだが詐称が多く隠れているのは当たり前だ、だから良きビジネスパーソンは決算書のウソを見抜く能力が求められる。

 

本来であれば詐称やウソが吐けない仕組み作りにエネルギーが向かうべきだが少なくとも日本ではそうはならない。

 

利害の対立を超えられないのだ。

 

詐称があるところには利害の対立がある、利害の一致が前提の場であってもだ。

 

 

 

生き様の評価に話を戻すと、本来他人からの評価に依存する生き様だが、その生き様の自己評価の究極が『我が人生に悔いなし』を問うものになる。

 

プロフィールの充実に勤しんだ人が『我が人生に悔いなし』と言い切るイメージはあまり似合わない、死の間際まで不平不満や悔いを感じてそうなのが似合う。

 

本来自分で自分にウソを吐くことは不可能なはずだが、人間は意図も容易く自分にウソを吐く。

 

ウソを吐くことでプロフィールを充実させて他人の目には成功者に見えるようにと腐心してる人のなんと多いことか、加藤諦三さんの話はそういうことを教えてくれる。

 

プロフィールが充実し社会的には成功者と思われる人は、意外と『我が人生に悔いなし』とは縁遠い生き方をするハメに陥るようだ。

 

 

加藤諦三さんの話は当たり前過ぎることを言ってるようで一周先を行っている。

分類は四つくらいがちょうど良い

賛否両論ありながらも便利で重宝されるのが血液型による性格判断。

 

A、B、O、ABという四種類がちょうど良いのだ。

 

根拠があるような無いような曖昧さが当たらずとも遠からずでちょうど良いのだ。

 

 

数学や理科でお馴染みのX軸とY軸で仕切られた4つの象限というのは何かと応用範囲が広く、真実や事実へのアプローチのようでありながら自説に有利なように設定に工夫するという小細工の余地があるという意味ではやはりその曖昧さがちょうど良いのだ。

 

 

 

 

身体の使い方には四種類があるとする4スタンス理論では以下のように分類している。

 

要になるのは重心をどのように取るかで、良い悪いという話ではなく強いて言うなら持って生まれた身体の癖だ。

 

 

 

 

図の引用は下記サイトから

https://www.womenjapan.com/pages/diet/3shimai05.html

 

 

この4スタンス理論は逆に、答えが複雑過ぎて無限にありそうなことを四つの分類にまとめてることが曖昧さを超えて厳密さを感じさせる不思議がある。

 

説得力と曖昧さの両立が四つの分類にはあるのだ。

 

これより分類が増えると多くの人は途中で興味を失うだろう、複雑すぎて。

 

 

四つの分類に必要なのは二つの軸だ。

 

 

これ以上複雑になると人はついて来ない。

 

 

最後に教材を一つ。

 

下図は岡田斗司夫さんによる人の分類。

 

 



 

 

この図の場合の二つの軸は何になるか?

 

自分が納得できればそれが正解だ。

 

 

男の〇〇、女の〇〇

男の記憶はフォルダー保存、女の記憶は上書き保存、こんな言われ方をする。

 

もちろんうわさ話のレベルだがなんとなく頷けるのも事実。

 

男女の違いというわけではないが、記憶を美化させるかトラウマ化させるかという違いもありそう。

 

似たような経験をしてもその受け止め方が違うと記憶も違ってくるという意味では、心や気の持ちようという意味でのマインドやメンタルが深く関わってそう。

 

次の表現もよく聞き納得感があるが実際にはイメージ程度だろう。

 

男は下痢、女は便秘

 

このイメージを正当化する場合には、男女のマインドやメンタルの違いに対するイメージが効いているはずだ。

 

おもしろいのは、記憶に関しては溜め込む傾向が強いイメージの男性は排泄物を不十分な形でもさっさと流す傾向がありそうなのに、女性はその逆っぽいイメージな点。

 

 

当たらずとも遠からずないくつかのタイプに人を分類すると、結構な確率で自分に当てはまると思い込んでくれる人は多いし、そんなタイプ分けは集団をコントロールする際に都合が良かったり便利だったりすることも少なくない。

 

物語や脚本やシナリオを描く際に登場人物のキャラの設定が明確だとストーリーの展開に深みが出るのは、読者や視聴者は自分に似てるあるいは知ってる誰某に似てると思うと内容に引き込まれリアリティが一気に増すからだ。

 

 

余談だが、書いていると書き始めの考えを離れて妄想はどんどん膨らむ。

 

 

エンタメを楽しむことと詐欺話に騙されることは究極的には同じことだ。

 

ストーリーに感情移入するからであり、勝手に思い込んでしまうからだ。

 

人と人の意識や行動が噛み合うためには、背景にあるストーリーが重要になる。

 

もっともらしいストーリーは疑うのが大事だが、もっともらしいから疑わない。

 

わたしがそんなストーリーを疑う時は、そのストーリーに魅力を感じてる他人を見た時に、自分の中のイヤな部分を見てるような気になる時だ、つまりストーリーとしては魅力を感じているのだ。

 

経緯はどうであれ一旦覚えたことは脳内に残り簡単には消えない、ストーリーとセットだからだ。

 

 

もっともらしいストーリーには注意しよう。

大衆は破壊を望んでいる?

モノはいずれ壊れ、生き物は死ぬ、そして最後はただの分子や原子に還元される。

 

万物は無秩序に向かう、エントロピー増大の法則だ。

 

壊れるあるいは死ぬまでの間にはさまざまな維持管理や回復修復のプロセスがある。

 

このプロセスに於いては早期発見早期対策が重要だが、実際には遅れがちで悪い事態が起きそうな前兆を掴んでからあるいは起きた後での対処になる。

 

一連の対処では、悪い事態はなぜ起きたのかを探るというプロセスが必要になる、いわゆるトラブルシューティングだ。

 

トラブルシューティングの勘やセンスと実績の積み上げが豊富になると、生む前や作る前からトラブルに備えるという発想が身につく。

 

ノウハウや経験が不足してるが故に起きるトラブルと、トラブルが起きることが想定できているのにそれに対処しないことは、結果は同じでもプロセスはまるで違うし、その後も違ってくる。

 

 

そんなことを思ったのは蓮舫さんが東京都知事選に立候補したから。

 

勝負服の白が象徴するように蓮舫さんに期待されてるのは漂白剤としての役割だが、漂白剤自体は毒性も劇性も備えている。

 

蓮舫さんに期待されてるのは表面的には漂白剤的役割りだとしても、都知事になった後で実際に起きるのは破壊かもしれない。

 

破壊には快感が伴うことがある。

 

『自民党をぶっ壊す』と吠えて大衆から大人気を得て総理になった小泉純一郎はまさに破壊者だったし、そんな小泉純一郎が永田町の変人と呼ばれていた頃『変人の生みの親』を自称していた田中真紀子もまた破壊者だった。

 

この両者の共通点は大衆に快感を感じさせる力が強いという点。

 

たぶん、アメリカでトランプ氏が一定の人気を得てることと共通するはず。

 

 

破壊が起きると後に残るのは、

 

 

夏草や兵どもが夢の跡

 

 

寂しげだが悪くない。

 

 

すべては無秩序に向かうのだ。

 

 

残価設定というサブスクリプション

実直な銀行員だった父親の影響が大きいのかもしれないが、欲しいモノは基本は現金一括で買う。

 

高額ですぐには買えそうにないものは、貯金に励み必要額を満たすまでの間欲しいという気持ちを持続できるかを自分に課すというスタイルを取ることが多かった。

 

最大の敵は『今欲しい、今じゃなきゃダメだ』という煩悩だ。

 

 

その煩悩以上に強かったのが、欲しいものは所有権が完全に自分に帰属しなければイヤだという思いだった、それが叶わないならば自然と欲しいという気持ちが消え去る、そんな生き方をしてきたからローンを組むということはとてもイヤだった。

 

金利を含めての損得や今手に入れることの価値を天秤にかけての葛藤もあるが、多くの場合生理的な反応だった。

 

 

さて、IT時代になってさらにスマホの普及によって購入スタイルにサブスクリプションというモデルが普及し始めた。

 

本来の意味は雑誌の定期購入に由来するはずだが、IT絡みのサブスクリプションでは商品やサービスの所有が目的ではなく、継続的な利用が目的になる。

 

ソフトウェアなどのデジタル商品やサービスの場合、常に最新に自動でアップデートされるというのが最大のメリットになる。

 

わたしにとっては、知っていても利用したいとは思わないサブスクリプションに加えていつの頃からかよく目にしたり耳にするようになったものに残価設定というものがある。

 

一足先に車で採用された仕組みで、最近ではスマホや住宅でもに拡大している。

 

 

残価設定しての購入を『残クレ』と呼び、disる書き込みをTwitterではよく目にする。

 

こういう場合のdisりポイントは最終的に損か得かであり、損だと判断する場合には目先の安さに飛びつくからだになることがほとんど、つまり残価設定での購入をする人は損に飛びつく人とdisられるのだ。

 

なんとなくだが、残価設定を好意的に受け取る利用者は若い人なのだろうなという思い込みがある。

 

一方で、残価設定なんて仕組みを採用する事業者側には老練や老獪が感じられる。

 

ChatGPTに質問してみた、『残価設定して購入するユーザー像に関するデータがあるなら教えて』と。

 

そうすると、車の購入に関する以下のデータを出してきた。

 

~~~

残価設定ローンを利用する人の割合についてのデータによると、残価設定ローン(残クレ)は日本で新車購入時に一定の人気を持っています。例えば、2018-2019年の調査によれば、残価設定ローンを利用している人は全体の20%に達しており、これは通常のローン(クレジット)の18%をわずかに上回る数値です 。

 

特に若い世代では残価設定ローンの利用率が高く、20代以下の利用者では43%に達しています 。

 

この高い利用率は、月々の支払いを抑えられることやライフスタイルに合わせて車を乗り換えやすいというメリットが背景にあります 。

 

このようなデータは残価設定ローンが特定のライフスタイルや経済状況に適していることを示しており、特に短期的な車の利用を考えている層に人気があります。

~~~

 

 

ChatGPTの回答の『車』の部分を置き換えれば他の商品に関するユーザー像にも当てはまるはず。

 

 

予想通り若い人が多いのだが、選択肢は比較検討するまでもなく残価設定一択というケースも少なくなさそう。

 

残価設定を利用する人は、知らず知らずのうちに自分自身の価値にも残価設定してそうに感じられる。

 

その価値は決して上がることはないのか、それとも上がることもあるのか、あるいは目先のことと考えるのか、それとも短期的なことと考えるのか。

 

 

買い方が変わる時は、時間軸の捉え方で正当化するのかもしれない。

 

手ぶらが好きなポケット派

新テクノロジーとしてのEVが失望されているように、ARやVRもあまり芳しくなさそう。

 

今後時間をかけて進歩することは間違いないだろうがまだまだ従来型に需要はあるのだ。

 

従来型の焦点はディスプレイに当たっている、サブ的な存在がバッテリーだ。

 

従来型のベクトルは小型であることや軽量であることに向かっていたが、必ずしもそうではなくなっている。

 

 

“コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」

 

記事の中から「小型の定義」に該当しそうな部分を拾うと、

 

2024年のスマートフォン市場では、幅70mm、高さ147mmクラスのサイズでさえ「コンパクト」と評価されることが多い。このサイズはiPhone 15(71.6×147.6mm)やGalaxy S24(70.6×147mm)などが該当し、画面サイズでは6.0~6.2型前後の端末が多い。

 

 

「市場ニーズ」はというと、

 

ゲームはもちろん、動画はYouTube ShortやTikTokをはじめとした縦動画アプリの普及も影響しており、画面の小さい機種では視聴しにくい、操作UI(ユーザーインタフェース)が小さく表示されて使いにくいものも増えてきている。

 

それに加えて、

 

「スマートフォンのサブディスプレイ」というレベルまで進化したスマートウォッチなら、スマホを取り出さなくとも対応できる。メーカー側からしたら、スマートウォッチなどと組み合わせればよいので、スマートフォン本体が過度に小型である必要はないという考えだ。

 

 

 

テレビのディスプレイが液晶主流になったこと、さらに地上デジタル放送に移行したことで大画面は一気に当たり前になったがそれは据え置きの場合の話。

 

モバイル環境下での大画面は潜在需要はあっても実用化は遅れた。

 

だからこそタブレットという隙間が生まれたのだが、冒頭の記事はスマホがタブレットの領域と重なり始めたことを示しているのだろう。

 

ディスプレイの大型化はバッテリーの大容量化にも繋がるので追い風要素になるはず。

 

大型化によるネガティブ要素は、バッグを常時使う人やスマートウォッチを使う人にとってはきっと当てはまらない。

 

読む、見るという行為に対して大画面は単純に正義だし、描画などをする人にとっては尚更だろう。

 

 

引用した記事のコメントを読むと、大画面にネガティブな発言をする人の多くがスマホはポケットに入れる派の方のようで、わたしはガラケーからスマホへ移行する際に最も躊躇したのがポケットには入れられないなと思ったからだったことを懐かしく思い出した。

 

手ぶらが好きなポケット派にとっては生きづらい時代なのかもしれない。

足裏を活かせ

ふと思い立って自転車のペダルを買い替えた。

 

ふと思い立ったと書いたが、GWの頃からずっと考えていた、買いたいペダルはすでに決めていて、思い立つ必要があったのは買うという行動を起こすこと。

 

たかが自転車のペダルにしては高価な22,000円のもの。

 

買い替えるまで使っていたペダルも15,000円はしたものでそれなりに評価できるものだったのだが、不満があるというよりももっと良い感触が得られるのなら試してみたいと思い始めていた。

 

自転車はマウンテンバイク。

 

マウンテンバイクのペダルに関するかなり高度なうんちくを知識としては得ていて、興味や妄想が掻き立てられたのはコンケイブ形状に対して。

 

興味のない人にはただのペダルにしか見えないはず。

 

コンケイブとは窪みを意味し、それがデザインに活かされているもので、自転車のペダルの場合だと足が乗る軸の辺りが緩やかに、本当に緩やかに窪んでいるのだ、見てるだけだとそんなに効くのかと疑問を持つ人は少なくないはず、その程度の窪み。

 

その窪みに足がフィットすることで足とペダルの一体感が増しコントロール性も高まるのだ、理屈は。

 

理屈は分かるし反論も無い、問題はその一体感やコントロール性の向上を体感できるかだ。

 

購入したペダルはアメリカで出てるマニアックな比較で数年間No.1の評価を得てるものなのでモノとして間違いないことはすでに分かっている。

 

突然今日になって機が熟したというか魔が差した、行きつけの自転車店に在庫があることは知っていた。

 

 

さて交換後、乗り始めてすぐに違いに気付いた、まるで違う。

 

足とペダルが一体化するというのはこういうことかと分かるのだ、それによって走りがどう変わるかはまた別の話だが、確実に気持ち良いのだ。

 

ペダルのコンケイブ形状に関しては特許等があるわけではないので類似商品は多数あるにも関わらず数年間No.1を保っているのは微妙な人間の足裏の特性を活かすデザインが施されてるのだろうが、見ただけでは分からない程度の違いでしかない。

 

 

そこで改めて思ったのが、足裏の感覚やセンサーは実にデリケートなのだなということ。

 

足の裏はツボの宝庫だという話は有名だが、それに加えて人間は二足歩行の動物という意味でも足の裏はきっと謎めいた不思議がたくさん隠れているのだろうなと思いを新たにした。

 

何歳になっても自分の身体を思い通りに動かしたいなら足裏が喜ぶように活かしてあげるのが大事だなと今思っている。