違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。時には詭弁を弄します。今書いてることと、以前書いた内容が食い違う場合は、遺言と同じで新しいものが私の考えです。

この夏の『発見』!

変な『発見』の話題があった。

 

岐阜で粉末の水素水が発見される 2018年8月22日

 

 

 

 

 

お口(目)直しに、2018年の夏の、気持ち良かったり、興味深い、『発見』をTwitterから探してみた。

 

 

今年は、やっぱりこれを外すわけにはいきません。

 

 

猛暑の影響は、植物にも災いしてるだろうが、気付かない人にはわからない。

 

 

遺跡の発掘にもロボットが活躍してるらしい。

 

 

寒いのも暑いのも苦手な猫!

 

 

でも、季節は移っているようだ。

 

 

 

 

『発見』は、何気ないところにある。

 

 

交通教育のためなのか?

 

 

なんだか??な話だが、『発見』を予言していたという話なのかな?

 

 

偶然。

 

 

これは人為的?

 

 

これは、おもしろい話で、日本で生活してると気付かない、タンザニアの話らしい。

 

 

トッケイは、ヤモリで爬虫類、病気になるし、薬もあるんだと『発見』できた。

 

 

蝶に魅せられてる人は多いが、そういう人にとっては蝶がいるポイントの『発見』も大事なテーマ。 

 

 

『発見』は偉業でも、名付けはいいかげん!

 

 

 

こうやって見ていると、『発見』って、気付くか気付かないかの違いだとわかる。

 

そして、人間が作り出す『発見』よりも、大自然や人間の営みに見いだせる『発見』の方がおもしろいとわかる。