違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。時には詭弁を弄します。今書いてることと、以前書いた内容が食い違う場合は、遺言と同じで新しいものが私の考えです。

『伝え方』と同じくらい相手の『受け取り方』を意識する方が良いかも!

以前、キャズムとバカの壁!というエントリーを書いた。

 

キャズムとは、ある商品やサービスが普及するプロセスにおいて、最初の16%のところにキャズム(谷)が存在し、普及を妨げるという考え方だ。

 

キャズムについて少しおさらいをすると、

 

 

 

横文字が並ぶとわかりづらいが、日本語にするとわかりやすくなる。

 

 

ネーミングや呼び方を変えたり、工夫すると、一気に理解度が上がる。

 

このように、ネーミングや呼び方を変えることが、理解を進めたり、普及を促進させる場合に用いられる。

 

一種の洗脳で、キャズムを超えるためにも有効だが、そこに時間差が生じるので、キャズムを超える前と後では、反応した人種に違いが出る。

 

 

 

 

ネーミングの変更は、ロンダリング(洗浄)効果を生むので、ネガティブなイメージがあることの不快感を取り除くようにネーミングを変えると、不思議なことに警戒心が薄らぐ。

 

 

 

ネーミングのカモにされるのが、日本人の特徴で、医療分野で顕著だ。

 

 

 

現代の薬と病気の関係は、こう言われているらしい。

 

薬は、病気を治すものではない。

 

病気は、薬を売るために作られる。

 

 

 

ここで取り上げ、話題になっている病気は、深刻度が高いものも多いが、こんなものばかりではない。

 

ネーミングの妙で、嫌味なく病気を作ることができるし、そうやって浸透してるものがたくさんある。

 

ネーミングにダジャレを活用することで、「あ〜、そういう症状あるある!」と思わせるのだ。

 

 

 

表現が、言葉を使ってなされる場合、大事なことは、その伝え方であり、伝わり方だ。

 

Google Trendsで、"伝え方"と"伝わり方"を検索可能な2004年以降で比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180826122912p:plain

 

検索のされ方から見ると、"伝え方"と"伝わり方"は、対の関係ではなさそうだ。

 

対になる関係を示す言葉は、何になるのだろうかと色々探っていると、ソレらしい言葉が見つかった。

 

"受け取り方"だ。

 

f:id:chigau-mikata:20180826122954p:plain

関連するキーワードを見ると、必ずしも対の関係ではないが、グラフの一致は無視できない。

 

"伝え方"のグラフが、2013年の5月に大きく上昇してるが、佐々木圭一さんの伝え方が9割という本がベストセラーになったからだが、その後グラフが上昇してるところを見ると、この本は大きな共感を得たということだろう。

 

読んだ瞬間に、スッと理解される文章を書くには? 【本田健×佐々木圭一】

佐々木:そうなんです。僕がこの本で伝えたかったのは、「日本人は『内容』をとても大切にするけれど、反面、『伝える』ことを大切にしていない。内容が良いだけでは、世の中の人は振り向いてくれない。だから、伝え方を大切にしよう」というメッセージです。ようは、『伝え方が大切』という意味なのですが、『伝え方が大切』というタイトルでは、弱いと思いませんか?

 

伝え方を大事にするということは、相手の受け取り方を意識するということだ。

 

伝え方を意識する場合の主人公は自分で、相手の受け取り方を意識する場合の主人公は相手の方になる。

 

わかっている人は、往々にして、わからない人の気持ちがわからない。

 

なにが障害になって、伝わらないかが、わからなくなるのだ。

 

内容を重視することも大事だが、単語の使い方という小技も大事なのかもしれないし、時にはバカにされてもダジャレを駆使しての新語や造語の方が、伝える力は強いかもしれない。