違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。時には詭弁を弄します。今書いてることと、以前書いた内容が食い違う場合は、遺言と同じで新しいものが私の考えです。

『同調圧力』や『予定調和』が、断末魔の悲鳴を上げ始めてる!?

日本で生きていると、確実に感じる"同調圧力"と"予定調和"。

 

これらは、世間が課しているのか、それとも自分自身が原因で起こる自縄自縛なのだろうか?

 

 

こんな記事が、一部で話題になっていた。

 

帰国子女の娘がクラスで浮いた存在に… 鴻上尚史が答えた戦略とは?  AERA dot.

【鴻上さんの回答】こういう質問に答えるため連載を始めた

 

来ましたね。ある意味、僕がほがらか人生相談を始めた理由の質問がいきなり来ました。じつは、こういう質問に答えるために、僕はこの連載を始めたいと思ったのです。

 

 

この鴻上さんの回答を巡って賛否がTwitter上で話題になっていた。

 

 

 

 

同調圧力は、いじめの原因かもしれないという指摘もある。

 

 

 

高校野球もプレーだけを見てると気付かないが、周りをじっくり見ると突っ込みどころが多いと気付く。

 

昔だったら気付かないことに、今だったら気付く。

 

 

そして、"同調圧力"や"予定調和"のイベントとして相変わらずの存在感を醸し出すのが、24時間テレビ「愛は地球を救う」だが、そんな"同調圧力"や"予定調和"は、"罰ゲーム"の演出にも一役買っているという意見がこれだ。

 

 

 

このツイートのリンク先記事には、こんな事が書いてある。

 

毎年思うことだが、マラソンやトライアスロンを「罰ゲーム」のように扱うのは、もう時代遅れだろう。

 

 

言われてみると、"同調圧力""予定調和"の延長線上に、"いじめ"があり、それが"罰ゲーム"に繋がるように見える。

 

日本の"罰ゲーム"は、ガラパゴスだという指摘が下記だ。

 

日本と海外の罰ゲームに違い 「お仕置き」スタイルは日本と韓国だけ

日本ではクイズやゲームに失敗した人が、まったくゲームとは別の「お仕置き」を受け、そのリアクションを見て楽しむというのが基本形。一方、海外では、まず賞金などを獲得するという目的があり、失敗すると罰を受けるのが主流なのだそうだ。

 

海外では賞金をもらえるといった目的がないと、視聴者が「だから何?」とついていけないのだという。長谷川氏は、日本のような罰ゲームのスタイルを取っているのは、韓国だけだと語る。

 

 

 

世界的に巻き起こるMeToo運動だが、日本は少し違う印象があるのは、差別やハラスメントの背景にあるものが違うのかもしれない。

 

日本では、"空気"がつくる"予定調和"や"同調圧力"(逆もありうる)が、差別やハラスメントの背景にあるのかもという点で、独自のガラパゴスになるのだ。

 

だから、こんな話に繋がる。

 

 

リンク先の記事を見ると、こんな事が書いてある。

 

『みなさん』が終了して、とんねるずが窮地に追い込まれているのは、彼らが根城にしてきたテレビ界や芸能界という「業界」そのものが、人々から見捨てられつつあるからなのだ。

 

 

 

こうして今、時の流れや、時代の変化に抗えず、各界で断末魔が悲鳴を上げているように感じる。

 

 

 

こんな言葉がある。

 

正義なき力は暴力、力なき正義は無能。

 

 

日本が良い方向に向かっているのか、そうではないのかは、まだわからない。