違う見方

誰でもできるけど、自分にしかできないのが、判断するということ! 情報過多な現代は偏り(バイアス)も強いので思わぬ方向にずれていくこともある。そんなズレを修正したりブレーキをかけるために少し違う目線を持ってみたいという備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

『日付指定検索』に垣間見えるiOSとOSXの違い!

これまで、MacBook airをメインで使い、サブでiPadを使ってきたが、しばらくiPadメインでやってみようかと思いたったのが昨日。

 

 

〜〜〜

上記の書き出しで始めるつもりだったが、早くもその思いが挫けそうと言うか、すでに挫けてしまった。

 

以下は、今日書くつもりで下書きしたものだが、何てこと無さそうなこの程度の文をipadのみで仕上げることがどうしようもないストレスとなってしまった。

〜〜〜

 

付き纏うもどかしい隔靴掻痒感の多くは慣れの問題だろうと思っているが、そのもどかしさの一つに画面の小ささがあり、それに加えて、ハズキルーペじゃないが字が「小さ過ぎて見にく〜い」と気になりだした。

 

だから、文字サイズを大きくすることにした、下書きのONENOTEのデフォルトの11を12にしてこれまで書いていたが、これを16にしてみた。

 

そして、もう一つiPadをメインにする場合のもどかしさがある。

 

それは、“検索”に関してだ。

 

以下の3枚の画像はPCのものだが、任意の期間を指定して簡単に検索できる。

 

f:id:chigau-mikata:20181027174301p:plain

 

"ツール"をタップすると、期間指定を選択できる。

 

f:id:chigau-mikata:20181027174339p:plain

 

 

検索可能なのは2004年1月1日以降の任意の日付だ。

 

f:id:chigau-mikata:20181027174426p:plain

 

 

Googleが日付指定検索を可能にしたのは、2009年8月24日から。

 

Google 検索で日付の指定が可能になりました
2009年8月24日月曜日 japan.googleblog.

今回はこの「日付を指定」機能に限ってご紹介させていただきましたが、Google では検索の改善に日々取り組んでいます。

今後も液晶モニターの低価格化に劣らぬ速度で進化を続けていく所存ですので、引き続き Google 検索にご期待ください。

 

 

 

 

一方、iPadで同じことをすると、

 

f:id:chigau-mikata:20181027174612p:plain

 

 

任意の期間を指定することができない。

 

これは、iPadメインにするための大きな障害になるなと思ったが、検索すれば解決の方法は見つかるだろうなとたかをくくっていたら、案外ハードルが高かった。

 

ネット上にはいくつかの方法が見つかったが、結論としては私の環境(iPad Air2)では、次の方法のみ上手くいった。

 

参考になった二つのサイトを紹介する。

 

期間指定は「ピリオド2つ」 あなたの知らない検索ワザ

例えば2010年以降の事柄を調べたいなら、年の数字に半角ピリオドを2つ続けた検索オプションを加えて、「2010..」としてやればよい

 

また、細かく日付を指定したい場合は、

 

スマホで期間指定して検索する方法

スマホでGoogle検索欄で期間指定をするための記述方法は次のように記述します。

 

「検索したい語句」+ 半角スペース + YYYY/MM/DD..YYYY/MM/DD(日付を半角ピリオド2つで指定します)

 

例:検索方法 2017/12/31..2018/5/1

 

打ち込むのが少し面倒くさいですが、決まったやり方で(PCでも)自由に日付範囲を指定できるのでかなり便利です。試してみてください。

 

 

いくつか試しに検索してみたが概ね満足できる結果が得られる。

 

スマホやタブレットでの検索に不満のあった方は参考にしてほしい。

 

ところで、この日付を指定しての検索を調べてると、世間の多くの方達は、新しい情報しか求めてないのかなと思える様子が窺えた。

 

特に、スマホやタブレット利用者にその傾向が強いからGoogleは、日付指定検索をデフォルトの設定に組み込んでないのかもしれないと思える。

 

日付指定検索と言うのは、メールやTwitterなどの過去の発言の検索のために用いる人が多そうだと感じられた。

 

過去の発言を気にする相手には、自分自身も含まれるようで、それも一種のエゴサーチと言えそうだ。

 

PCをメインにしてる人と、スマホやタブレットをメインにしてる人の間には、同じ情報に接していても受け取り方や感じ方に違いがありそうだと少し感じている。

 

ほんの少ししか違いはないが、その違いが大きい、差はそこで付く。

 

デバイスの違いは、OSの違いであり、使い勝手にも違いが出て、その結果、同じ情報に接しても感じ方や考え方も変わるかもしれない。

 

iPadをメインにしてみようかなと思うだけでも感じることは多い。

 

 

と、書くつもりだったが、どこで手間取ったかと言うと、PCからキャプチャーしてONENOTEに貼り付けた画像をすんなりipad上のはてなブログに入れることが出来なかったためで、もう一度最初からキャプチャーしなければならず、そう思えるまでに疲れ果ててしまった。

 

PCを使った場合、何気なくやってることの中には実に高度な処理が行われてるものも多いということが良くわかった。

 

ipadをメインにしてみようかと思ったのは、間もなくリリースされるニューモデルに興味があったからだが、次になにか買うならまたMacだなと強く思った。

 

OSの違いの壁は想像以上に大きく、日付指定検索がiOSにデフォルトで組み込まれないのも、その辺に理由があるのかもしれない!

 

 

今回、ipadで試行錯誤した成果の一つは文字サイズを意識したことかもしれない。