違う見方

誰でもできるけど、自分にしかできないのが、判断するということ! 情報過多な現代は偏り(バイアス)も強いので思わぬ方向にずれていくこともある。そんなズレを修正したりブレーキをかけるために少し違う目線を持ってみたいという備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

【時代を映す鏡】『ONEPIECE』から『転スラ』へのシフト、新元号は『転生』!

普段だったらまったくスルーする記事に目が止まった。

 

 

『転生したらスライムだった件』が企業とのコラボを続々展開するワケ

 

私にとってまったく意味不明なタイトルのこの記事が伝えてる内容は、

 

「『転スラ』は、サラリーマンだった主人公が不慮の事故に遭って死んでしまい、異世界でスライムとして転生するというストーリーです。このスライムは、あらゆるものを捕食してしまうスキルや、あらゆるものの解析や演算をしてしまうスキルを持っているのですが、この設定をもとに『スライムが企業の商品を捕食して、その商品に姿を変える』という形で、さまざまな商品・サービス、店舗さまとのコラボレーションを行っています」

 

と言うことで、企業CMにありがちな独り善がりな自画自賛を回避するためにキャラクターに代弁させているのだが、子供っぽくならないようにキャラを選んだ結果のように私には見える。

 

同作の重要な登場人物である「大賢者」は、この世の森羅万象を主人公に解説する役割を担っているが、事細かに保険について説明している場面でうまくこの「大賢者」のキャラが生かされていて、まったく『転スラ』の世界観を壊していない。

企業の説明責任が重視される昨今、どうしても堅苦しくなる部分を担ってくれる大賢者は、『転スラ』とコラボする企業にとっては有難い存在だろう

 

 

企業にとっては代弁者として評価された“転スラ”だが、読者や視聴者にはどう映るのだろうか?

 

 

リンク先の記事にはこう書いてある。

 

主人公の能力は「捕食者」「大賢者」の2つ

 

「捕食者」は敵を喰らうとその能力を手に入れる能力です。

そして「大賢者」はアナライズに加え、各種知的能力ブーストの効果があります。

具体的には、

思考加速:通常の1000倍に知覚速度を上昇させる。

解析鑑定:対象の解析及び、鑑定を行う。

並列演算:解析したい事象を思考と切り離して演算を行う。

詠唱破棄:魔法等を行使する際、呪文の詠唱を必要としない。

森羅万象:この世界の、隠蔽されていない事象の全てを網羅する。

という能力です。

 

どうやら、持っている能力が人気の秘訣のようにも感じられるが、実際の人気をGoogle Trendsで見てみると、

 

 

f:id:chigau-mikata:20181212123418j:plain

 

Google Trendsで見ると急激な検索の上昇は今年の夏からなのだが、その半年くらい前から前兆は出ていたようだ。

 

 

f:id:chigau-mikata:20181212123705j:plain

 

私はアニメのONEPIECEが人気なのは知っているが見たことはないので、その人気の秘密がよく分からないので、世間の声を拾ってみた。

 

リンク先の記事にはこう書いてある。

 

いまは親族の共同体も、地縁の共同体も壊れています。多くの人が帰属しているのは企業ですが、そこでは多様な才能を求めていません。自分の才能や個性を発揮できないというフラストレーションはたまります。だから「麦わらの一味」のような小さな共同体にあこがれる。これが現代社会で一番渇望されている。グローバル化した時代に世界中で読まれている理由も同じでしょう。反社会的な集団が疑似家族を作っていくのは、高倉健主演の映画「昭和残俠伝」にも通じます。「ONE PIECE(ワンピース)」は、実はとても古典的な物語なのです。

 

果たして実際にONEPIECEが好きな人がこの話にどこまで「そうだその通り」と思うかは分からないが、この記事を読むとONEPIECEは面白いかもしれないと思えてくるから当たってるような気がする。

 

そんなONEPIECEの人気を「転スラ」が超えたとするならば、そこには世相を反映する理由があるはずだ。

 

こんなツイートがあった、どう見ても「転スラ」を踏まえてのものだろう。

 

 

転生とは生まれ変わりだが、転職(配置転換)することも生まれ変わりに近いかもしれない。

 

転生と言えば輪廻転生だと思うが、GoogleTrendsで検索可能な2004年以降で比較してみて驚いた、輪廻転生って死語かと思うほど使われてないのだ。

 

f:id:chigau-mikata:20181212124524j:plain

 

では、「転生」と「転生したらスライムだった件」を比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20181212125318j:plain

 

生まれ変わる言う意味の言葉は、21世紀では「転生」であり、平成から新元号へ移り変わる現在では、転生の意味の半分が「転スラ」になっているのだ。

 

ONEPIECEが、仲間を見つけ共に人生の困難に立ち向かうドラマで、喜びも苦しみも共に分かち合おうという昔懐かしい青春ドラマのノリだったとすると、そういうノリが衰退し、「いっそのこと生まれ変わったほうが早くネ」というノリにシフトしてるようにも感じられる。

 

この動きをどう捉えれば良いのかは解釈が分かれるだろうが、大きく二つになるだろう。

 

どうせ上手くいかないんだったら、頑張るより生まれ変わりたいという諦めに似た気持ちと捉えるか、生まれ変わるためには悪い膿を根本から出し切らなければいけない、荒療治も必要だろうという革命に似た大変化を求める気持ちと捉えるか。

 

平成の終わりに、“平成”ではいられないキナ臭い臭いが密かに立ち昇る予感がしてくる。

 

いっそのこと新元号を『転生』にすれば良いんじゃないかという気がしてくる!