違う見方

複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

【平成の出来事】宮沢りえと貴乃花!

昨日1月2日の“新春しゃべくり007”に貴乃花が出てきて瀬戸内寂聴と対談していた。

 

少しだけ見て残りを録画し、3日の箱根駅伝の合間を見ながら録画を見つつこれを書いている。

 

収録されたのはいつだろうか?

 

背景の景色を見ながら「紅葉がキレイですね」などと言っているので11月頃だろうか。

 

離婚の話に対して、離婚した時期を1〜2ヶ月前という言い方をしていたがこれは放映日を意識しての発言だろう、離婚が公表されたのは11月26日、私にはこの収録が離婚の公表前に行われたような気がする。

 

この対談の最大の見所は、宮沢りえの話題に踏み込んだことにある。

 

 

寂聴 

 

「わたし、りえちゃんと仲よくてね、今幸せで、好きな人ができて....」

 

 

貴乃花

 

「それを聞くと、勝手にホッとします...」

 

 

寂聴

 

「だから安心しなさい」

 

 

貴乃花

 

「それを聞いて安心します、実はずーっと....」

 

 

 

宮沢りえに触れたのはこの程度だったが、これまで決して自身の口から語られなかったことだった。

 

貴乃花と宮沢りえの突然の婚約と破局を振り返ることは、平成を振り返ることにもなりそうだ。

 

 

突然の婚約解消の理由を知っていたであろうお兄ちゃんは、

 

貴りえの破局 真相は「2人ともかわいそう」…兄・花田虎上が語る

1992年11月27日。2人は幸せいっぱいの笑顔で手をつないで会見場に姿を見せ、93年5月28日に挙式することも発表された。しかし、93年1月25日、大関昇進内定の会見の場で、りえとの破局を明かすこととなった。

花田は上沼や同じくMCを務める大平サブローから、破局の真相を詰め寄られたが、「言えないこと、多いですね」と笑顔で交わし多くを語らず。「2人ともかわいそうです。2人ともかわいそうなんです」と繰り返していた。

 

 

 

2018年11月26日に貴乃花の離婚が公表されると、宮沢りえとのことを蒸し返す話題が一気に増えたところを見ると、あの破局がいかに不自然だったかということだろう。

 

婚約当時の宮沢りえは、太陽を燦々と浴びるひまわりのような印象だったが、婚約解消後は隠花植物になったように私には見えていた。

 

ところで、お兄ちゃんが「二人ともかわいそうなんです」と言ったように、いろんな事情を抱えていたようだ。

 

 

 

芸能界の話だからいろんな事情が表沙汰になるのかもしれないが、昭和だったら結婚は家と家の問題で、個人と個人の問題ではないことはたくさんあった。

 

ところで、宮沢りえの側はどう思っているのだろうか?

 

寂聴は、宮沢りえと仲が良いならその気持ちを知っているはずだ。

 

この話には伏線が張られているのだろうか?

 

私のような下衆の勘ぐりをくすぐってくれる。

 

 

 

最後に、