違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

残価設定というサブスクリプション

実直な銀行員だった父親の影響が大きいのかもしれないが、欲しいモノは基本は現金一括で買う。

 

高額ですぐには買えそうにないものは、貯金に励み必要額を満たすまでの間欲しいという気持ちを持続できるかを自分に課すというスタイルを取ることが多かった。

 

最大の敵は『今欲しい、今じゃなきゃダメだ』という煩悩だ。

 

 

その煩悩以上に強かったのが、欲しいものは所有権が完全に自分に帰属しなければイヤだという思いだった、それが叶わないならば自然と欲しいという気持ちが消え去る、そんな生き方をしてきたからローンを組むということはとてもイヤだった。

 

金利を含めての損得や今手に入れることの価値を天秤にかけての葛藤もあるが、多くの場合生理的な反応だった。

 

 

さて、IT時代になってさらにスマホの普及によって購入スタイルにサブスクリプションというモデルが普及し始めた。

 

本来の意味は雑誌の定期購入に由来するはずだが、IT絡みのサブスクリプションでは商品やサービスの所有が目的ではなく、継続的な利用が目的になる。

 

ソフトウェアなどのデジタル商品やサービスの場合、常に最新に自動でアップデートされるというのが最大のメリットになる。

 

わたしにとっては、知っていても利用したいとは思わないサブスクリプションに加えていつの頃からかよく目にしたり耳にするようになったものに残価設定というものがある。

 

一足先に車で採用された仕組みで、最近ではスマホや住宅でもに拡大している。

 

 

残価設定しての購入を『残クレ』と呼び、disる書き込みをTwitterではよく目にする。

 

こういう場合のdisりポイントは最終的に損か得かであり、損だと判断する場合には目先の安さに飛びつくからだになることがほとんど、つまり残価設定での購入をする人は損に飛びつく人とdisられるのだ。

 

なんとなくだが、残価設定を好意的に受け取る利用者は若い人なのだろうなという思い込みがある。

 

一方で、残価設定なんて仕組みを採用する事業者側には老練や老獪が感じられる。

 

ChatGPTに質問してみた、『残価設定して購入するユーザー像に関するデータがあるなら教えて』と。

 

そうすると、車の購入に関する以下のデータを出してきた。

 

~~~

残価設定ローンを利用する人の割合についてのデータによると、残価設定ローン(残クレ)は日本で新車購入時に一定の人気を持っています。例えば、2018-2019年の調査によれば、残価設定ローンを利用している人は全体の20%に達しており、これは通常のローン(クレジット)の18%をわずかに上回る数値です 。

 

特に若い世代では残価設定ローンの利用率が高く、20代以下の利用者では43%に達しています 。

 

この高い利用率は、月々の支払いを抑えられることやライフスタイルに合わせて車を乗り換えやすいというメリットが背景にあります 。

 

このようなデータは残価設定ローンが特定のライフスタイルや経済状況に適していることを示しており、特に短期的な車の利用を考えている層に人気があります。

~~~

 

 

ChatGPTの回答の『車』の部分を置き換えれば他の商品に関するユーザー像にも当てはまるはず。

 

 

予想通り若い人が多いのだが、選択肢は比較検討するまでもなく残価設定一択というケースも少なくなさそう。

 

残価設定を利用する人は、知らず知らずのうちに自分自身の価値にも残価設定してそうに感じられる。

 

その価値は決して上がることはないのか、それとも上がることもあるのか、あるいは目先のことと考えるのか、それとも短期的なことと考えるのか。

 

 

買い方が変わる時は、時間軸の捉え方で正当化するのかもしれない。