違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

コロナで変化するラストワンマイル?!

通信の世界で使われることがほとんどの、ラストワンマイルということばがある。

 

文字通りに解釈するなら『最後の1.6km』という意味で、汎用性のある言い方をすると、最後の1.6kmが普及の障害となる物理的な限界点として、あるいはコスト的な限界点として存在する、ということを表現するために用いられる。

 

多くのサービスは都市を起点として人口密集地を経由して徐々に普及が拡大していくが、ラストワンマイルは必要性や効率性を考えると単独では不必要と判断されがちで、電気、ガス、水道、道路などの生活インフラだったら当然と考えられる。

 

概念としてのラストワンマイルは、普及を前提とするサービスが発展途上する時や、発展が一巡した後の維持管理が課題になる際に避けて通れない分野になる。

 

発展途上ではラストワンマイルを攻略することに躍起になるが、衰退するとラストワンマイルは見捨てたくなるのだ。

 

 

 

ラストワンマイルが注目されるようになったのは携帯電話の普及を目指す中でだった。

 

ある程度以上の年齢の方だったら記憶にあるだろう、携帯電話はどこでも通じたわけではなかったことを。

 

 

携帯電話は無線だと思われてるかもしれないが、携帯電話が無線なのはラストワンマイルだけなのだ。

 

 

そういうことを教えてくれる図がある。

 

携帯電話の仕組み

https://business.ntt-east.co.jp/content/nw_system/03.html

 

 

 

基地局が広く設置普及が完了するまでは、不通話とのせめぎ合いだったのだ。

 

 

最近では家庭でも普及した無線LANやwifiもラストワンマイル(実際には数十メートル)の技術なのだ。

 

これからの世の中はすべて無線だなと思ってる人は多いだろうが、人間の体に例えるならば、無線化されてるのは毛細血管の末端のごく一部だけなのだ。

 

このように、生活に身近なラストワンマイルで意識されるものは通信に関連するものが多かったのだが、コロナのせいでラストワンマイルの解釈が少し変化したように感じられる。

 

 

 

コロナ禍で業績上方修正した上場企業186社の特徴 (1/2) 2020年09月18日

B2C企業に好調企業が多いなか、卸売業を中心にB2B企業は苦戦を強いられた。

 

 

詳しくは本文を読んでいただきたいが、C(=customer顧客)に近いというのは一種のラストワンマイルと言えるような気がする。

 

 

コロナ前はビッグビジネスのほとんどはBtoBだったが、コロナ禍でエンドユーザーとしての個人顧客とつながってるビジネスの方に強みがシフトしてるように感じられる。

 

この傾向は、一過性のものであることも考慮に入れる必要はあっても見逃せないはずだ。

 

 

良くも悪くも話題になるuber eats  に代表される配達業務ももちろんラストワンマイルビジネスに該当する。

 

コロナ禍で夜の飲食店が大きなダメージを受けてるが、個人客を押さえて成り立っていたラストワンマイルビジネスのように見えていたが、実際には違っていたのだろうと感じられる。

 

同じような構造は観光地ビジネスにも当てはまっていたようだ。

 

旅行客は個人(家族や友人含む)客が多かったとしても、ラストワンマイルビジネスではなかったということかもしれない。

 

 

今日何気なく着目したのがラストワンマイルだが、今日の時点では思いつきを語ってるだけに過ぎない。

 

 

今後もしばらくラストワンマイルという視点で世の中を見てみたい。

 

怒りや不満や不安は人間をバカにする!

怒りや不満は、人に極端な行動を取らせるような気がする。

 

極端な行動の多くは、執着や粘着を生みやすい。

 

この特性が悪用されるのが意図的な炎上で、集客のために心に潜む執着や粘着を呼び起こすような呼びかけ(広告宣伝であり、記事として、あるいはSNSで)が発信される。

 

 

ある本が紹介されていた。

 

ネット炎上の驚くべき実態――『正義をふりかざす「極端な人」の正体』

私が2014年と2016年に実施した2万人と4万人のデータを使った実証研究は、ネット炎上の驚くべき実態を示した。

 

なんと、過去1年間でネット炎上に書き込みをしている人は、ネットユーザ全体の約0.5%しかいなかったのである。さらにこれを炎上1件当たりに換算すると、0.0015%だった。0.0015%という数字はほとんど見たことがないと思うが、これは大体約7万人に一人くらいの割合だ。

 

しかも、書き込んでいるのがごく少数というだけでない。実は、そのごく少数の中のさらにごくごく一部の「超極端な人」が、ネット上の攻撃的な投稿の大部分を占めているという事実もある。

 

 

 

発信者はごく一部だとしても、それに同調したり、望んでないのに振り回されて影響を受ける人まで含めると、決して一部の人がとは言えないくらいの人たちが極端なものに刺激された怒りや不満や不安の影響を受けている。

 

 

この本を読んだ方は、『怒り』には拡散力があるのに『楽しい』は弱いと指摘していた。

 

 

 

 

怒りっぽい人のことを瞬間湯沸かし器と呼ぶように、怒りは瞬間的な反応だからだろうが、その結果思慮に欠ける反応になりがちだ。

 

栃木県で県民が寄贈した高額なパトカーに対して、『税金の無駄遣い』や『(県民と思しき方が)わたしは寄贈を認めてないぞ』と反応していた。

 

 

 

 

日常に、怒りや不満や不安が溢れているからだろうか、バカな反応の中には裏を読み過ぎたりして、ありもしない裏を勝手に感じ取って反応することもあるだろう。

 

おれおれ詐欺の流行あたりがキッカケだろうが、信じたら負けということが増えている。

 

しかし、信じられるものが欲しいという欲求も根強い。

 

 

この矛盾の中で、多くの人が怒りや不満や不安で武装するようになったのかもしれない。

 

 

矛盾にもさまざまあるが、怒りや不満や不安の背後に見える矛盾には要注意だ。

 

 

人がバカな行動を取るときには、その種の矛盾が元凶としてあるかもしれない。

自殺と心と体の関係?

日曜の朝にまったりとテレビを見てると飛び込んできた訃報のニュース。

 

自殺らしいと伝えていた。

 

 

今年は芸能人の自殺、それも若い人が目立つように感じる。

 

 

9月27日 竹内結子さん40歳

 

9月14日 芦名星さん36歳

 

7月18日 三浦春馬さん30歳

 

5月23日 木村花さん22歳

 

 

医学的には、自殺の理由として最も多いのは、自律神経の乱れからメンタルが不調になるからと解されるらしい。

 

問題は、メンタルを不調にさせた自律神経の乱れを導いたのは何かということだ。

 

自殺をした方全てに個別の理由があるはずなので、軽々しくまとめるようなことはできないだろうが、その個別の理由のさらに背後に宗教観が関係してるのではということをWHOが指摘していて、少々データとしては古いものだが次のようなものがある。

 

宗教圏別の自殺率

 

グラフの引用は次のサイトから

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO27917660Z00C18A3000000/?page=3

 

 

自律神経の乱れからのメンタル不調が原因であれば、医者に言わせれば自殺をする直前には明らかに言動がおかしくなるので周りにいる人の目にもメンタルの不調は明らかである場合がほとんどらしい。

 

周りにいる人達が何かの異変に気付いていればと自分を責めるかもしれないし、もし気付くことができなかったとすれば、今年に限ってはコロナのせいと言えるかもしれない。

 

冒頭で名を挙げた4名に関しては病気を苦にしてとは考えにくいので、もし苦痛を感じていたとするなら、それは心だったと思える。

 

 

人間だったら誰でも自分に心があることは理解できるだろう。

 

しかし、医学的には心とは定義困難な存在で、一般的にイメージしやすい脳や心臓には心を受け持つような働きはないらしい。

 

そうすると、仮説を立てるしかないのだが、そんな仮説の中でもわたしが一番しっくりくるのは、全ての細胞に心があるという考え方。

 

そんな考え方を、もう少し理詰めに整理したものが次の話かなと感じている。

 

 

クリエイティビティで今後注目すべきは、「脳」ではなく「身体知」

 

 

この記事の中では幸せの感じ方を例に挙げて次のように解説してる。

 

先に喜ぶのは体の方で、フローが終わった後で「体が喜んでいた」ことが脳にフィードバックされて幸せを感じる。

 

 

 

自殺を最終的に選ぶのは脳の判断なのかもしれないが、その手前にある心の問題は体(≒細胞)の問題として顕在化するのではと勝手に想像してしまう。

 

日本には『健全な精神は健全な肉体に宿る』ということばがあるが、昔はバカにしていたこのことばは一周回ってとても深いのかもと思えてくる。

 

心と体をバランスよく疲れさせることで深い睡眠が得られるといわれる。

 

この循環が成り立つことが健康だと考えると、心だけが疲れてる状態を減らすことが大事だと思えてくる。

 

心が疲れてる時ほど運動が必要なのだ。

 

体もバランスよく疲れると、睡眠が体の疲れも心の疲れも回復させてくれるように人間はできているのではと思いたい。

 

 

悩みを抱えて心だけが疲れてる人ほど運動をすると良いかもしれない。

 

憧れたり尊敬してる人のフォローを外せ!

人間の悩みの大半は人間関係だと言われる。

 

明らかなイジメや暴力があるならば人間関係の問題というよりも犯罪になるので、人間関係の問題と捉えるべきではない。

 

人間関係の悩みとは、その大元にあるのは言動を通じての情報のやり取りによって生まれるものだと捉える方が的を射てるはず。

 

言った言われたを入り口にして生じた情報に対して、ストレスなど負の影響が生じることが、脳内では人間関係の問題として認識されるのではないだろうか。

 

情報として知ったことによって生じた悩みの場合もあるが、その情報の伝えられ方や解釈の仕方に振り回されることの方がはるかに多いはずだと感じられる。

 

情報化社会と言われるようになって久しいが、情報化社会とは情報をもたらす人間関係であり、情報がもたらす人間関係、と言えなくもない。

 

好きな作家の本をたくさん読むことは一種のフォロワー状態だが、この関係だけだったら片道の一方通行だが、この作家がSNSをやっていれば何気ない日常まで感じることができるし、自分のことをフォローはしてもらえなくても、こちらからも発信できるので双方向性が成り立つ。

 

このような関係は広げようと思えば無限に広げていけるので、興味や関心がある人のフォローをするということが最初のアクションになる。

 

興味や関心は、憧れや尊敬と置き換えても成り立つ場合も多いだろうし、いつかは追い付きたいお手本としても位置づけてる場合もあるだろう。

 

 

そう考えると、現代の人間関係はグッと広がっていて、リアルには知らない人からも強い影響を与えられてるし、与えてもいると言える。

 

 

このように考えいくと、人間関係に悩む場合の多くは情報に振り回されているだけで、情報に振り回されるとはことばに振り回されることだと気付ける。

 

政治や宗教だけでなくエンタメなども大勢の人が集まるが、そのような場に集う大勢の人々は、無意識で無自覚だが自分のために発されることばや、自分に向けて発されることばを、求めているのかもしれない。

 

求めてることばは、自分を励ますものであり救うものだ。

 

 

こんなことばがある。

 

 

尊敬したり憧れてる人のことばを追いかけても、その人には追いつかない。

 

 

心の琴線に触れることばというのは確実に存在するが、そのことばが自分の外側からのインプットに留まる限りは、結果はついてこないということだろう。

 

大事なことは、心の琴線に触れるようなことばが自分の内側からアウトプットとして出てこなければいけないのだ。

 

そのためには、心の琴線に触れることばをインプットすることを遮断することが大事になる。

 

発することばが魅力的で熱烈な思いでフォローしてる人がいるならば、そのフォローを外すことが良い意味での変化を招くかもしれない。

 

同様のことは自己啓発書にも言えるだろう。

 

 

どんなことばが自分の心の琴線に触れるかが分かっているならば、そのことばが自分の内側からアウトプットとして出せるようなステージに移った方が良いはずだ。

恋愛や結婚に関する、男優位vs女優位

未だに男尊女卑のイメージが消えない日本だが、指標によっては女性優位の国と位置づけられるらしい。

 

 

 

どのくらい実感が伴うのかは意見が大きく分かれるだろうが、世間一般で言われることで恋愛と結婚に関しての定説に次のようなものがある。

 

 

結婚が絡むと男優位、結婚が絡まないと女優位。

 

 

 

どちらか一方が高嶺の花の場合には当てはまらない話で、お互いにそれなりのレベルの時の話だ。

 

 

結婚に関する話題で見てみると、

 

婚活女性は「最低700万」と収入重視 婚活男性は「出産できる年齢か」を見る

 

 

女性が男性に課す年収条件と、男性が女性に課す『出産できる年齢』という条件は、どちらがハードルが高いのだろうか?

 

上記の記事には、女性は男性を年収と容姿で選ぶ傾向が強いとあり、そのために男性の婚活は年収と容姿というプロフィールで落とされるので、婚活市場で頑張りようがない人が多いとある。

 

条件をクリアした少数派の男性を巡って争いが起きる場合には、主導権は選ばれる側の男性が持つことになる。

 

一定の条件を満たす男性は、結婚に関しては男性優位となるだろう。

 

 

男性と女性ではどっちが優位かという視点で恋愛や結婚に関する世間話を紹介したが、実際の現場では同性同士の優位争いも起きているはずだ。

 

男性同士では、年収や容姿を巡って火花を散らしているのだろうか?

 

 

優位を巡って争うことは、世間一般でいうところのマウント合戦と同じなのかもしれない。

 

女性同士は、何と戦っているのだろうか?

 

男性優位の婚活市場での競争に参入してる女性は疲れ果てているということを伝えるツイートがあった。

 

 

 

 

このツイートへのリプに次のようなものがあった。

 

 

 

 

このツイートを読むと、優位を巡ってピント外れなマウント合戦に疲弊してるのは女性の側のように思えてくる。

 

人間関係が複雑で多い人ほど優位を得ることに執着してるように感じられる。

 

人間関係が豊富なことは充実した人生を思わせるが、案外そうではないのかもしれない。

 

 

結婚や恋愛に悩んでいる場合、悩みの大元には人間関係が影響してるだけかもしれない。

 

優位を得ることに執着してることで悩みが多いと気付いたら、断捨離可能な人間関係を見直した方が良いかもしれない。

 

人間を必要としない人間社会!?

テレビでお馴染みの林先生が大学生の相談に答えてる全然別々の二つの話が、同じことに思えた。

 

そして、大学生に限らず年齢問わずで当てはまるなと感じられた。

 

 

人生は1勝99敗。他人との比較で落ち込んだ人には、林修先生の「堂々たる敗者論」を #大学生の相談窓口

人生なんて、1勝99敗でいいんです。その1勝を探すのが大変なんですよ。「やればできる」じゃなくて、「勝てる場所」「勝てる分野」を探すこと。いつかどこかで人に勝てるものが出てくるかもしれないから、それまで負けておけばいい。ただその勝てることというのはかなり限られているので、仮にそれが自分のやりたいことと一致したら「超ラッキー」です。人生って、その“1勝”を探す旅ではないでしょうか。

 

 

一番好きな科目である数学の講師で採用されたのに、他人との比較の上で「現代文」を選んだんです。

 

(引用は原文のまま)

 

 

記事の見出しに書かれている『他人』の部分を『友達』と置き換えると次の話になると感じられた。

 

 

「友達はいないほうがいい」孤独に悩む学生へ林修先生が贈るアドバイス #大学生の相談窓口

なぜ友達はいないほうがいいかというと、無意味な馴れ合いに堕することがあまりにも多いから。本当に、お互いを高め合っていけるような友達まで否定するつもりは毛頭ありません。しかし、そんな素晴らしい友達が、簡単に見つかるものでしょうか? 自分がたまたま置かれた環境に、そんな素晴らしい友人が存在する――確率的に相当低いはずです。それなのに無理に友達を作れば、それは妥協としか思えないんですよ。

 

(引用は原文のまま)

 

 

二つの悩みと回答を見てると、人間は自分自身のことを満足に理解できてないのに、分かりっこない他人の目を意識してあれこれ悩む生き物だなと感じられるが、この種の人がおそらく多数派だ。

 

一方で、自分自身のことをはっきり理解できてる人は、他人の目など気にすることなく行動し目的を遂げようとする、このような人はサイコパスと呼ばれ社会の表舞台で活躍する人に共通していて、おそらく少数派。

 

 

多数派vs少数派という図式で捉えると、コロナ禍ではマスクの着用を巡ってが旬かもしれない。

 

つい先日も、航空機への搭乗を巡って『マスクをしろ』『いや、しない』とトラブルになっていた。

 

<参考>

マスク等のご着用と手荷物のお預けについてのお願い  ANA

 

 

マナーやルールを含めて、行動様式には幅がある。

 

こだわりや不都合がなければ、周りの世間に合わせていれば特に問題は起きないだろうが、こだわりや自分の都合が関係すれば自分流を貫きたいのは、これはこれでよく理解できる。

 

問題になるのは、そんな自分流と世間が折り合えるかだ。

 

 

つくづく人間とは面倒くさい生き物だと感じるが、そんな人間社会はもう人間に期待しない方向に向かいつつあるのかもしれない。

 

何事も時代遅れな日本ですら次のようなことをうたい始めているのだ。

 

 

内閣府のサイト。

 

 

ムーンショット目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現   内閣府

ムーンショット目標 内閣府

 

 

時代は、少しずつ着実に多数派を切り崩しに取り掛かっているのかもしれない。

 

幸せな未来の定義を再度考える必要がありそうだ。

 

こだわりのルーティンやジンクスを持っているなら例外を作ってはいけない!

とてもリアルな夢だった。

 

6時過ぎにそろそろ起きようかなと思ってから実際に起きるまでの20分くらいの間に見た夢。

 

普段のわたしは、大事なものを持っている場合、身体のそばから離さないようにしているのだが、夢の中でちょっとだったら良いかと自転車(なぜかママチャリに乗っていた)の前カゴにバッグを置いたまま少しだけ離れたのだ。

 

ふと振り返るとバッグが盗まれてる最中だった、慌てて追いかけるが全く追い付かず、奪われた財布やキャッシュカードや免許証その他のことを考えて落ち込んでいる時に目が覚めた。

 

夢で良かったと思うと同時に、なんでこんな夢を見たんだろうかと考え始めたが、ひとつだけ心当たりがあった。

 

前日に酒気帯び運転で捕まった山口達也さんのニュースのせいだと心当たった。

 

理由はともかく、酒を断つと宣言していてそこに向かっていたはずなのに、常習を伺わせるほどの量の酒を飲んで事故を起こしたというニュース。

 

 

最初は、ほんのちょっとだけ心に吹いたすきま風のせいだったのかもしれない。

 

すきま風に吹かれて行動したことが法に触れたり、後ろ指を指されることにつながるのは悪いことだが、そうでないなら悪いとは言えない。

 

プロのスポーツ選手などが、毎回決まった動作をすることをルーティンと呼ぶ。

 

一般人でも、靴下を履く時に右から履くか左から履くかをルーティンにしてる人がいる。

 

このようなルーティンは、ジンクスとも呼ばれる。

 

一種の縁起担ぎだと言えばそれまでのものだ。

 

大事なことは、ルーティンやジンクスを行わずに失敗した場合のショックや後悔が大きいことだ。

 

まさに、取り返しがつかないのだ。

 

ルーティンやジンクスが関係なく取った行動で失敗した場合には、おそらくその失敗をきっかけにして自分なりのルーティンやジンクスを反省として設けるような気がする。

 

最初は、縁起担ぎとして始まったルーティンやジンクスであっても、それが定着する場合には縁起担ぎを越えた処世術に高まっているはずなのだ。

 

そんな時に心にすきま風が吹き込むのだ。

 

 

自分なりのルーティンやジンクスを持っている人は、絶対に例外を作ってはいけない。

 

失敗することなんてどうってことないが、ルーティンやジンクスを破ったために失敗したとすれば後悔先に立たずだ。

 

後悔先に立たずは、想像するよりはるかに辛いはず。