違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

BMWのドライバーは、宮崎文夫の予備軍か?

TwitterでBMWと検索すると、同時検索の候補に風評被害と出てくる。

 

宮崎文夫のおかげでBMWが悪者扱いされるという現象が起きているらしい。

 

しかし次のような記事も出ているので宮崎文夫が現れる前から傾向としてあったようだし、今となっては日本だけでなく世界共通の傾向と言えそうだ。

 

なぜ「BMW」は叩かれるのか “自己チュードライバー”のアイコンになる日

事件前からTwitterでは「BMWって運転マナーの悪いドライバーが多い印象」という声が寄せられ、YouTubeでも、悪質な運転をするBMWの動画がアップされている。

 

 

世界各国で展開する自動車メディア『Motor1.com』の「BMW Drivers Are The Worst On U.K. Roads」(2018年10月5日)という記事によれば、英国の保険比較サイト「GoCompare」が、2000人のユーザを対象に「英国にて最も迷惑な運転をするドライバーの車は何?」というアンケートを実施したところ、1位に輝いたのは「BMW」(24%)だったという。

 

 

6年前のウォール・ストリート・ジャーナルでは、「BMWのドライバーは本当に自分勝手=英米の調査」(2013年8月15日)という記事で、2つの興味深い調査を紹介している。

 

まず1つ目は、カリフォルニア大学バークレー校の性格・社会調査研究所が行った調査で、歩行者が横断歩道の端に立って渡ろうとしたところ、どれほどのクルマが法令通りに一時停止をするのか調べたところ、「高級車は歩行者が渡ろうしている横断歩道の前で止まるクルマは少なかった」「BMWのドライバーが最悪だった」(同紙)という。

 

2つ目はやはり英国で、ドライバー2837人を対象にしたドライバー同士のトラブルを調査したところ、「乱暴運転などが原因のトラブルを起こす最も多い車種はBMWで、車体の色はブルー」「ドライバーの年齢は35~50歳の男性」という結果が出た。

 

 

 

 

BMWが悪者扱いされるのは、走ってる車の絶対数が多いからとも言えるが、BMWと同じ傾向を示す車にFerrariがある。

 

Ferrariは、乗用車というカテゴリーではなくスーパーカーに属するが事故が多いことでも知られ、保険会社も余程の大口取引のVIPでない限り車両保険は引き受けないことが多い。

 

Ferrariに事故が多い理由も世界共通だと言われている。

 

その理由は、エキゾーストノート(排気音+エンジン音)が気持ち良いかららだと言われている。

 

Ferrariのエキゾーストノートは、運転者にとっては官能的で陶酔すると表現されることが多い、つまりアルコールや薬物を摂取してなくても酔ってるというかラリってる状態になるらしいのだ。

 

エキゾーストノートに酔いしれるとアクセルを緩めるのが嫌になり、ブレーキを踏むタイミングが遅れるので、結果として事故が多くなると言われる。

 

ただの判断を誤ったムチャな運転とは違うメカニズムが働いているのだ。

 

 

BMWやFerrariに共通してるのは、運転する喜びや楽しさや気持ち良さを追求してることで、スペックのみの高性能を求めてるわけではない。

 

乗らなきゃ分からないが、乗れば分かる違いが、ドライバーの感性とシンクロしたら独り善がりな世界に突入することがあるのだ。

 

 

 

そう言えばと思い出したのがこの事故。

 

ついこの前の出来事だと思っていたらなんと8年前だった。

 

フェラーリやランボルギーニ…13台が事故 中国道  日本経済新聞

高速隊によると、フェラーリが緩い上り坂の左カーブでスリップし、中央分離帯にぶつかって停止。後続車が接触したり追突したりし、現場には約400メートルにわたって部品などが散乱した。

 

個人的には、音の魔力が事故を誘ったと思っている。

 

この種の事故は傍から見ると、ストレス解消に見えたり、エンジンのパワーを自分のパワーと勘違いしているなどと捉えられるが、実際には少し違うメカニズムで動いていることもある。

 

もっとも、宮崎文夫の運転はまた別のメカニズムに支配されていたように感じられる。

 

宮崎文夫の場合は、感性の赴くままに行動したというよりも、薬物中毒のような刺激で我を見失ったように見えるが、報道で伝わる内容を見てると、我を見失った状態が日常の我になっていたように見える。

 

宮崎文夫は、ディーラーから3日間の約束で借りていたがその後約3週間返却しないでディーラーには「この車が気に入った」と言っていたところを見ると、BMWと宮崎文夫の感性はシンクロしていたのだろう。

 

宮崎文夫が薬物をやっていたとすればBMWにとっては風評被害と言えそうだが、薬物をやっていないとすれば風評被害とは言えないかもしれない。

 

BMWが好きで気に入ってるドライバーには、大なり小なり宮崎文夫的な要素があると思った方が良いかもしれない。

 

誤解だらけの日本人!

昔言われていたことや、子供の頃に聞いた話は、どんどん変わっている。

日本人は貯蓄が大好きな国民だと言われ、他国よりも貯金に勤しんでるように思われてるが実は現在の日本は低貯蓄率国。

 

主要国と比較した日本の貯蓄率

 

 

もう少し長期間の日本人の貯蓄率の推移を見ると、

 

日本の貯蓄率の推移

 

 

上記の二つのグラフの引用はこのサイトから

https://president.jp/articles/-/29440

 

 

日本人の貯蓄率の上昇は高度経済成長とリンクしてることが想像できる。

 

グラフの上昇と下降の様子を見てるといくつもの解釈ができることに気付く。

 

私には貯蓄率の上昇の背景には消費は悪徳(≒贅沢は敵)という価値観も関係してるように感じられた。

 

しかし、徐々に消費は美徳にシフトしたがバブル崩壊以降は貯蓄したいが貯蓄できない層が増え、更に高齢化が関係してると思うが、貯蓄の取り崩しを余儀なくされてる層も徐々に増えていると思われる。

 

この貯蓄の取り崩しの中には、景気対策のために子や孫の教育資金や住宅購入資金のための援助に対して贈与税の非課税枠の拡大をしたことの影響もあるだろう。

 

今の日本人は貯蓄には関心があるかもしれないが、貯蓄好きとはいえないし、データ的に貯蓄好きだったのは過去の一時期だったと言った方が良いのかもしれない。

 

 

さて話題を変えると、日本人は正直だと言われる。

 

財布などの落し物がかなりの確率で盗まれずに届けられることは今の日本でも珍しくない。

 

落ちてる財布を拾った時に、私も拾ったことがあるが、周りの目が気になる。

 

「あっ、コイツ財布を盗もうとしている!」、そういう目で見られてるような気がする。

 

周りに人目がなかったとしても、「お天道様が見てるかも(≒ご先祖様が見てるかも)」と思う日本人は今どのくらいいるのだろうか。

 

日本人が正直ということを考える時は、嘘をつかない、悪いことをしない、と考え判断の拠り所は自分自身の良心になることが多い、お天道様が出てくるのはそんな時だ。

 

2015年の話だが、15カ国1500人が参加して正直さの実験が行われてる。https://irorio.jp/daikohkai/20151120/278834/

 

そのなかで行われたコイントスで日本人は14位だった。(=正直度が低い)

 

実験の方法は、

 

被験者は表が出ると3ドルから5ドルの報酬がもらえるとあらかじめ教えられ、コインを投げて表か裏かを申告する。

研究者らは表が出たと答えた人の割合が50%を超えた場合、正直ではないと判断してデータを比較した。

 

 

これを以って日本人の正直度が低いなどとは言えないが、日本人が抜きん出て正直とは言えないと言って良いだろうが、お天道様の目を気にする人は正直に振る舞うことが多いだろう。

一方、キリスト教の場合だと悪いことをしても懺悔すれば赦(ゆる)されるので、後で懺悔すれば良いやと正直に振る舞うモチベーションが低下するかもしれない。

 

個人としての日本人は、多くの人が正直で嘘をつきたくないと思っているだろうが、ビジネスにおける顧客や上司や同僚との関係を含めて人間関係が複雑になり、ブラックやハラスメントが出てくると正直に振る舞うことが許されない空気が生まれやすくなる。

正直に振る舞うという単純なことですらハードルが上がると心を病みやすくなる。

 

世間で言われる日本人像と、実際の日本人像はズレて来てるのかもしれない。

来年の東京オリンピックに関しても素直に喜べそうにない話が多数上がっている。

どこかで誰かがついた嘘が隠せなくなっているのかもしれないが、それは日本がついた嘘であり、日本人がついた嘘になる。

 

今日は二つの話題だけ取り上げたが、他にもいろいろありそうなので続編も考えてみたい。

研究や接客が虐げられている!

パソコンが普及し始めた頃よく言われていたことに、「パソコンに向かい合ってるだけで仕事した気になるな」というのがある。

 

やってる本人以外の人には何をやってるかが分かりにくかったからだ。

 

そういう時代を経て今に至ると、その傾向はますます強くなっていて、多くは時間の使い方であったり、コミュニケーションを巡ってだ。

 

時間が無いと言いながら、ゲーム等の時間潰しに余念が無い人々がいたり。

 

時間の有効活用を口にするが、実際の行動は生産性が低い人だったり。

 

コミュニケーションが大事だと考える人も、誰とコミュニケーションを取るかよりも、どんなコミュニケーションだったかだけを気にするだけになっている。

 

 

「忙しい」が口癖の人は忙しいのではなく、要領が悪い場合が多い。

 

要領の悪さは、本来の本質を避ける流れを作るのかもしれない。

 

 

次の話は、一見正当な自己主張の体を取っている。

 

 

〝本学は、あくまで教育に特化する〟〝高度な研究機関として評価される大学は目指さない〟と掲げている。

 

その上で、〝本学が求める大学教員像〟が示され、一番下には〝従来の日本の大学に見られる典型的な「研究者教員」を望む人は、今後、本学とのマッチングはない〟と明記されている。

山梨学院大学で異常事態…「非常勤講師切り捨て」とモラルの崩壊 「もう研究者はいらない」?

 

 

 

文部科学省が学術研究の意義の学術の役割の中で次のように書いている。

 

教育と研究は切り離して考えることができず、研究の衰弱が、急激な教育の危機的な状況を生み出している。また、科学者の社会的責任についても議論が必要。

 

山梨学院大学は、理事長と学長が兼務なので独裁がまかり通りやすいのだろうが、今の方針だと大学ではなく専門学校だと思える。

 

 

同様に、本来の本質とは何だったのかを考えさせられる出来事が今年の夏起きていた。

 

 

従業員が社長の人事や会社運営に反発しストライキをしたら、社長が新たに別の従業員を新規に雇ったのだ。(※)

 

ストライキは労働者の権利とされ、ストライキ中に働くことがスト破りとされ、働いた社員がその後不利な扱いを受ける可能性が高くなる。

 

しかし佐野SAの場合、ストライキをした社員とは別に新規に社員を雇用してるわけで凄く変則的な出来事が起きているのだ。

 

従来のストライキがなぜ有効だったかというと、従業員は時間とコストを掛けて教育育成され、さまざまなトラブルを経験し、それらを解決するというノウハウを持っているので簡単に替わりが見つからないと考えられていたからだ。

 

ノウハウを身に付けることは、学術の世界で言うならば研究の成果と言えるだろう。

 

佐野SAの変則スト破りは、社員の持つノウハウはマニュアルに置き換わるものだと思われてるから成り立つこと。

 

従業員と客のコミュニケーションが重要でない客商売が増えているのだ。

 

常連客ですら誰が従業員であっても構わないと考えるような業態が増えている。

 

だから従業員が頻繁に替わっても、受けるサービスに不満が無ければそれで良いとなる。

 

このような変化は、接客で働く側も感じてるだろう、と言うよりも二極化が進んでいるのだろう。

 

 

教育を重視するといえば耳触りは良いが、それはマニュアル化と同じで、誰がやっても同じ結果が得られることを目指す。

 

 

それに対して、研究を重視することは独自のノウハウを身に付けること。

 

与えられた方法に満足せずに自分なりの創意工夫を目指す。

 

 

この二つは離れているかもしれないが、実際には車の両輪のようなもので、どちらかに過度に偏ってしまうと同じところをグルグル回るだけで、真っ直ぐ進むことが出来なくなる。

 

曲がりどころで曲がるために偏っているのだったら構わないが、ハンドルが効いてないのだとすると怖いことだ。

 

(※)実際には新規の雇用ではなく、関連会社の未経験の社員らしい。

 

宮崎文夫が、ドライブレコーダーはタイムマシンだと教えてくれた!

煽り運転で話題の犯人が特定され公開されました。

 

 

公開され今頃後悔してるだろうか?

 

 

後悔はしても反省はしなそうな人物であることがネット上に出回るさまざまな情報から伺える。

 

興味がある人は宮崎文夫宮崎プロパティマネジメント(株)等で検索するとたくさん出てくる。

 

この事件では、犯人の宮崎文夫がどんな人物なのかに世間の関心が集まってるように見えるが、影の主役はドライブレコーダーだ。

 

調べてみると、ドライブレコーダーの登場は2003年頃らしい。

 

当初は、タクシーやトラックに取り付けられていたようで、その目的は会社が運転手を管理するためのものだった。

 

つまり、会社が運転手の素行に心配や不安を持っていたからだ。

 

同じことは、コンビニやスーパーで監視カメラが導入され始めた頃にも言われていた。

 

万引き防止が目的だが、万引き犯として従業員を疑っていたからだ、直接万引きはしなくても万引き犯を手引きしたりしてるのではと疑っていたからだ。

 

しかし、監視カメラもドライブレコーダーも犯罪の記録だけでなく、潔白の証明にも役に立つことが広まって行った。

 

人間のことばは嘘をつくが、映像や音声は嘘をつかない。

 

道路上などのオープンな場や不特定多数が出入りする場では、一方的に理不尽なことはそうそう起きるものではないと思いがちだが、それは常に多数の目があると思っているからだ。

 

しかし実際には、死角や盲点もあれば、たまたま周りに誰も居なかったということもある。

 

また、その瞬間を目撃してる人がいても証言してくれるとは限らない。

 

昭和の刑事ドラマでは、目撃者探しがストーリーの要になるものもあったことを思い出す。

 

おまけに目撃していても、目撃内容の記憶は曖昧だったりすることは当たり前なので、人間の証言は冤罪を生みやすい。

 

だから現在では、目撃者を探すことよりも監視カメラやドライブレコーダーなどの画像を追いかける方が確実になっている。

 

 

監視カメラやドライブレコーダーは、タイムマシンなのだ。

 

 

現在は、昔だったら闇に葬られていた出来事が表に出やすくなっている。

 

明確な犯罪だけでなく、たまたま起きた出来事も記録されることが珍しくない。

 

善良な一般市民であっても、ついつい何かをやらかしてしまうこともあるが、多くは闇に葬られて無かったことにされている。

 

そう考えると、いつ何時自分自身が宮崎文夫のように丸裸にされるか分からない。

 

これからは、自分は正しいと過信するような生き方は、倍返しの目に遭うかもしれないと思っておいた方が良さそうな気がする。

 

何も起きないことを不幸や退屈だと感じる人は多く、そういう人に限ってスリルやドキドキを求めて危険やトラブルに突っ込んで行きがちだ。

 

 

理不尽な事件や事故の話を聞くと、何も起きないことは幸せなのかもと思えてくる。

 

たった一人に依存するということ!

高校野球を見ていた。

 

作新学院(栃木県)と学芸館(岡山県)の試合。

 

 

 

以前から思っていたが、この試合を見ながら改めて思ったことは、野球はピッチャーに依存してるなということだ。

 

野球の場合9人で試合をしてると思いがちだが、役割分担にはかなり偏りがある。

 

草野球の場合、試合が成立する条件はピッチャーがストライクを投げれること。

 

良いピッチングをすること以前に、ストライクが投げられないと試合が成立しないので、子供の試合から高校野球のレベルまでだとチーム内の最も運動神経が優れた子がピッチャーを任されることが多い。

 

そして、ピッチャーを任される子は同年代の子の中では成長が速い子が多く、そういう子は基礎体力も高いので四番バッターを務めることも多い。

 

どんなスポーツでも、エース選手や花形プレーヤーという存在はいるが、チームプレーをする競技でたった一人に試合の成否(勝敗ではなく)を依存するスポーツは野球以外には無いように感じる。

 

作新学院と学芸館の試合を見てると、滅多打ちに遭った学芸館のピッチャーだが、少なくともストライクを投げられたからこそ打たれたという意味では見事に試合を成立させていたのだと言える。

 

ビジネスの世界には、掃いて捨てるほどの自称トップセールス がいるが、会社がトップセールス一人に依存して成立することはまず無い。

 

例外があるとすれば、中小企業で社長自身がトップセールスを兼ねてる場合だけだろう。

 

 

高校野球のように負ければ後が無い状況で、滅多打ちに遭ってるピッチャーはマウンド上で何を思うのだろうか?

 

たった一つの致命的なエラーでチームを敗北させる野手も辛いが、たった一人で滅多打ちに遭うことを受け止めなければいけないピッチャー、どちらにも負ければ賊軍が付いて回ることを考えると、高校野球というのは爽やかというよりは残酷な要素もあるなと思える。

 

そう言えばと思い出したのが箱根駅伝。

 

優勝争いや上位争いが注目されるが、その陰でシード権争いのように相手との戦いもあれば、襷を繋ぐことのみに全力を尽くす時間との争いもある。

 

脱水症状などで急激な体調不良が発生し棄権を余儀なくされるような場合、チームスポーツでありながらたった一人に依存していたことを思い知らされる。

 

 

 

世の中には、そんなつもりはないのにたった一人に依存してることがごく稀にある。

 

高校野球のピッチャーの球数制限の議論を見ても、ピッチャーは特別の存在だと分かる。

 

こんなことを改めて思ったのは初めて。

 

残りの高校野球は、違う見方をしてみたい。

 

ココカラファインとマツモトキヨシの統合が意味すること!

ドラッグストア大手で業界5位のマツモトキヨシHDと業界7位のココカラファインが経営を統合すると発表された。

 

前置きとして、少しばかり業界の事情を織り交ぜつつ今回の統合劇を整理してみたい。

 

おもしろいことに、この経営統合は業界7位のココカラファインが主導権を握ってるようで、業界5位で上位に位置するマツモトキヨシは次のように反応したらしい。

 

「うれしい。前向きに協議していきたい」。ココカラから経営統合を話し合う相手に選ばれたことを、マツキヨの幹部は喜んだ。

業界首位へ ココカラ争奪戦、勝者マツキヨに喜びと不安  朝日新聞デジタル

 

 

 

ココカラファインは、2008年に大阪のセガミと東京のセイジョーが経営統合してスタートし、その後も吸収合併を繰り返すことで企業規模を大きくし、業界での地位を高めてきた。

 

今回の統合劇のマツモトキヨシにとってのライバルは業界6位のスギHDだった。

 

ドラッグストアの儲かりの秘密は「ついで買い」にあると言われてる。

 

そのために必要なことが広範囲の品揃えと、時にはディスカウントストアをライバルにすることもあるので安い価格で提供することが重要になる。

 

「ついで買い」を充実させるに当たってドラッグストアの弱点は薬剤師を配さなければいけない調剤部門になる。

 

処方箋で薬を求める多くの人にとって薬はどこで買っても同じものなのでまさに「ついで買い」の典型だろう。

 

現在業界2位のウェルシアは、調剤部門の充実でその地位を上げたと言われてる。

 

業界順位が下位にも関わらずココカラファインが今回の統合劇で主導権を取れたのは調剤部門が充実してるからだと思われる。

 

ドラッグストアにとって調剤部門の良さは、国の定めた薬価に基づくので薄利ではないこと。

 

 

前置きはここまで。

 

 

今回のココカラファインとマツモトキヨシの統合で改めて感じたことが、企業合併やM&Aと企業規模の拡大が持て囃される理由として、あまり表向きには言われてないが、日本の企業が生き残りをかけると拠り所にせざるを得ないのがリストラとコスト削減しかないんだろうなということ。

 

企業合併やM&Aは、するだけでメリットが出るのは市場の支配力や影響力の増大と、原材料や商品の大量仕入れによるコスト削減効果など。

 

一方デメリットとしては、実行された時点では組織としてはただの太った豚に過ぎないと言う点。

 

調剤部門を除けば、ドラッグストア業界は薄利多売を狙うしかないと思える。

 

販売価格を変えずに、または若干安くしても、従来以上に利益を上げることを目指せば、仕入れコストを下げることと会社運営上の固定経費を削減するしかない。

 

固定経費に占める割合が高いのが人件費。

 

ココカラファインもマツモトキヨシもHD(ホールディングス)企業。

 

HD(ホールディングス)は、経営と現場を切り離すので、どんなに業績が上がろうと現場へは還元されない。

 

ココカラファインやマツモトキヨシの正社員の中には心穏やかでない人がいるはずだ。

 

 

今回のココカラファインとマツモトキヨシの統合のニュースで、日本のデフレは一層進むような気がしてきた。

 

煽り運転とイップス!

2019年の夏も煽り運転が話題になっている。

 

従来の煽り運転には、一方的であっても火種となる出来事が伏線としてあるものだと思われていたが、今年話題の煽り運転には伏線となる事前の火種が無いのに起きているように見える。

 

すでに警察沙汰になりネット上では実名とされる名前も上がっているがまだ逮捕はされていない。

 

今年話題の煽り運転の場合、煽り運転をすること自体が目的であるように見えるので、動機があるのか無いのかが微妙に感じられる。

 

獲物を見つけたので反射的に行動したとも言えそうだ。

 

こういう相手と出くわした時、どうすれば良いかは非常に難しい。

 

考えても名案が浮かばないので、代わりにこのような人間がなぜ生まれるのかを考えてみた。

 

狂った本能が原因だとも言えるが、心の病気のようにも感じられる。

 

心の病気について考えていると、スポーツの世界で用いられるイップスに思い当たった。

 

イップス (yips) は、精神的な原因などによりスポーツの動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレー(動き)や意識が出来なくなる症状のことである。本来はゴルフの分野で用いられ始めた言葉だが、現在ではスポーツ全般で使われるようになっている。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/イップス

 

 

 

犯したミスプレーがトラウマになるのだが、平常時には問題はない。

 

問題が発生するのは、ここ一番でのプレーやピンチやチャンスの時。

 

身体能力には全く問題ないのに選手として使いものにならなくなる。

 

イップスの正体は心理学的には「予期不安」だと言われる。

 

「またこの前のような失敗をするかも、と予期するときの脳の働き」が原因。

 

鍵を握るのは脳の後部にある小脳だと言われる。

 

人間の行動の大半は無意識によるもので小脳が司る。

 

無意識ではない行動は、大脳から伝達された情報を小脳が処理して必要な指示が大脳の運動野(体に運動を命令する場所)に送られるのが本来の流れ。

 

イップスをはじめとして人間がおかしな行動を敢えて取る場合は、緊張状態など何らかの理由で、小脳が情報を処理しきれなかったり、運動野への伝達が困難になったりすることで、「なにをやってるんだ」という行動が起こる。

 

プロスポーツの世界で活躍する選手の多くは、イップスを経験しそれを克服してると言われる。

 

将来を嘱望されながら消えていった選手は、イップスなどの克服できない何かがあった場合がほとんどだろう。

 

どこからどう見ても過剰な攻撃性を発揮してるように見える煽り運転も、心理学や脳科学の被験者としてデータの収集が進むと、攻撃性と正反対の不安や自信の無さが原因だと分かるかもしれない。

 

煽り運転をはじめとする理不尽な行為の被害者にならないためにはアンテナの感度を上げるしかない。

 

アンテナの感度を下げさせる要素には、「自分は正しい」「自分はルールに従っている」などがある。

 

狂った野獣は、アンテナの感度が悪そうな人を狙ってくる!