違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。時には詭弁を弄します。今書いてることと、以前書いた内容が食い違う場合は、遺言と同じで新しいものが私の考えです。

次世代は、アートや芸術が主役!?

『山本豊津』、この名前を知ってる方はどのくらいいるだろうか?

 

画廊「東京画廊」の二代目社長。

 

つまり、芸術をビジネスにしてる方だ。

 

私が、山本豊津さんの名を知ったのは、この本でだ。

 

 

 

 

この本が出版されたのは2015年、その頃から資本主義の行く末を心配する声は上がっていたが、現在の資本主義はグローバル化に依る大量生産大量消費が支えているが、これがビジネス的にも地球環境的にも持続可能性に?が付くようになった。

 

当然、この流れに代わる新しい何かが出現してくるはずなのだが、その次を予言するのが『アート』だという話だ。

 

私は、久しぶりに読み直して、再度おもしろいと感じた。

 

おもしろいと感じた理由は、現代の主流の価値観の正反対だと感じたから。

 

正反対とは何かと言うと、現代の主流の価値観は、良さや価値がひと目で伝わることにあるという点で、各種のプレゼンテーションなどもこの傾向が顕著だ。

 

自己紹介ですら、最初の3〜5秒で印象は決定されるなどと言われている。

 

アートや芸術は、こういう流れに逆行するから、正反対と言える。

 

そんな流れの中で、どこに価値が宿っているのか、その価値をどう見積もればよいのかがよくわからない芸術やアートのようにビジネスが展開されるようになるならば、行き詰まりの閉塞感は打破されそうな気がしてくる。

 

もちろん、今が旬の詐欺商法も待ち受けているだろうが。

 

 

2015年の時点で、世界最高額の絵画はゴーギャンの『ナフェア・フェア・イポイポ(いつ結婚するの?)』で約355億円、その次がセザンヌの『カード遊びをする人々』で約325億円と言われてたらしい。

 

 

300億円を現金で集めると、一万円札で一億円で約10kgだから、3トン。

 

300億円分の金塊だと、今日のレートでは1gの相場は約4800円。

 

f:id:chigau-mikata:20181024120033p:plain

https://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/d-gold.php

 

300億円分の金塊は約6トン。

 

このレベルの金額の取引を、人に知られずに実行したいと考えた場合、今風のキャッシュレスですらその役目は果たせない、取引は少なくとも金融機関には気付かれるから。

 

芸術やアートや宝石などに高価な値がつく理由の一端が垣間見えるような気がする。

 

そんな、魑魅魍魎のアートの世界は、資本主義の日陰に存在してたのだが、最近そこに陽が当たり始めてきた。

 

 

そう考えると、少し思い当たることがある。

 

アートや芸術の世界の専門用語だったことばが、徐々に私達の日常に登場し始めているのだ。

 

『キュレーション』、『コンシェルジュ』などのことばだ。

 

キュレーションとは、元々は、博物館や美術館での展覧会の企画をすることで、そこで求められる能力やセンスは目利き力(錯覚させる力とも言える)だ。

 

コンシェルジュは、元々は、中世の教会で巡礼者の旅にまつわるトラブルの解決者として常駐していた人だ。

 

どちらも、なんだかよくわからないものや事を、解決するための手助けをする役目を表すことばであり職業だ。

 

 

歴史を振り返ると、芸術家やアーティストは、枕詞に『売れない』と付く人々がほとんどだっただろう。

 

現代では、物書きの世界に似た世界観が感じられる。

 

物書きだけではない、写真や動画も同様だ。

 

 

これらの世界が、アートや芸術の世界と共通するならば、作品の出来と得られる評価は必ずしもイコールではないということだ。

 

 

そのイコールではないことに対して、どのように足掻くのか?

 

それこそが、戦略であり戦術となる。

 

 

上記で紹介した本のアマゾンレビューで評点が最低だった方のコメントが意味深なので紹介。

 

f:id:chigau-mikata:20181024120017p:plain

 

 

この話題は、簡単には言い尽くせないので、しばらく続けたい。

 

人間の分布と格差!

自分の人生は、自分で選んでいると思ってる人は多いかもしれないが、選んでいると言うよりも、選ばされているという方が当てはまっているかもしれない。

 

 

機械の登場によって人間の職業分布はどのように変化したのか? Gigazine

 

このサイトの事例はすべてアメリカの話で、以下で引用するグラフはこのサイトからの引用。

 

 

人口に占める職業の割合の推移が下のグラフ。

 

f:id:chigau-mikata:20181023144024j:plain

 

同じグラフを実際の人数で示すと下のグラフになる。

 

f:id:chigau-mikata:20181023144108j:plain

 

 

アメリカの話だが、日本を含めて先進国と言われる国に共通してるだろう。

 

機械が登場したことで、職業分布の在り方が大きく変わったと同時に、機械化は人間の寿命を伸ばしながら、人間の数も増やしていったことが分かる。

 

機械化は、工場労働者はもちろん減少させたのだが、メカニックや修理に携わる職業も減少させていたのだ、それを示すのが下のグラフ。

 

f:id:chigau-mikata:20181023144143j:plain

 

 

 

次に増加した職業を見ると、日本でも当てはまる現象だと気付く。

 

日本では不景気になると公務員が人気になると言われるが、それはアメリカでも同じようで次のグラフは消防士と警察官の推移だ。

 

f:id:chigau-mikata:20181023144217j:plain

 

 

消防士や警察官は使命感ややりがいで語られる事が多いが、当然それだけではないだろう。

 

 

 

増加した職業には大学教授というものもある。

 

日本でも、テレビに出てた有名人が、気が付いたら軒並み大学教授になっていたということが1990年台から増えたことを覚えている人は大勢いるだろう。

 

下のグラフは大学教授の数の推移だ。

 

f:id:chigau-mikata:20181023144304j:plain

 

 

超マイナーな職業だと思われている、芸術家や俳優、音楽家、デザイナーのような個性を活かした手に職を持つ分野も増え続けている。

 

f:id:chigau-mikata:20181023144340j:plain

 

 

テレビや映画を見ていると、アメリカでは弁護士という職業は猫でもなれるようなイメージを持っていたが、勝ち組職業と言われながらも大きく増えるわけではない、下のグラフは法律家の推移だ。

 

f:id:chigau-mikata:20181023144422j:plain

 

 

同様に医者も大きく増えるわけではない。

 

f:id:chigau-mikata:20181023144448j:plain

 

 

法律家や医者が増えないのは、難度の高さがハードルになっているのだろう。

 

 

 

人は、どこへ向かうのだろうか?

 

現代は。機械化の次のIT化やロボット化が到るところに浸透しているが、機械化が拓いた世界以上のものはまだ顕在化していないように感じる。

 

 

新しいものとは、これまで無かったものだとすると、アイデアもどんどん先細りになるだけかもしれない。

 

 

 

人間は、いろんな尺度をあてがわれ位置づけられ分類され、多様な分布を形成するが、それぞれの人が自分自身を中央に置いて分布を考えるだろう。

 

そして、中央にいるという状態を"普通"と位置づける。

 

 

 

ところで、人間の分布について考えていると、私の場合、どうしてもサイレントマジョリティーとノイジーマイノリティという関係が頭から離れなくなる、病名が与えられることで病気が認識されるように、ノイジーマイノリティとことばが当てはめられたことで、騒がしく文句を言う人は一部の人だけで声が大きいから影響力を持つが、実態は少数派であると認識されるようになった。

 

このように、人間の分布は均等ではなく、かなり偏っているかもしれないという事実は生活の身近に多く見られる。

 

一方で、受験時代に慣れ親しんだ「偏差値」のように人間は均等に分布しているという先入観も持っていて、人間はグラデーションを描くように分布してると考えたくなる時がある。

 

最近では、収入や健康に関して「格差」ということばも定着したが、これも人間は均等に分布してるわけではないということを示しているように感じながらも、格差はグラデーションを描いているのかもとも感じている。

 

人間の分布と格差は表裏一体の側面がある。

 

人間界では、格差は理不尽なこととされるが、自然界では格差はエコシステムとして機能する仕組みがある。

 

 

自然界の格差は、異なる種との関係性(=弱肉強食)で語られることが多いが、人間界では人間という同一種の間で生じる問題だ。

 

 

f:id:chigau-mikata:20181023144742j:plain

 

 

このグラフの動きを見ていると、逃げ惑うイワシの動きに見えなくもない。

 

人間の分布や格差について考えていたら、人間全体としては決して悪い方向に向かっているわけではないと分かる。

 

ただ、それを実感するためには人生は少々短すぎるかもしれない。

 

 

人間は、どこに向かっているのだろう?

 

 

商品としての沢田研二!

以下しばらく前置きが続く。

 

 

需要量が供給量を上回る時、つまり、買いたい人の数が売ってる商品の数より多い場合、売り手が有利になることを、売り手市場と呼び、その逆が買い手市場となる。

 

売り手と買い手は、その時々の状況に応じて駆け引きや工夫をこらすことになる。

 

この場合、「駆け引きはしません」ということも駆け引きの手段の一つとなる。

 

 

最近では、生産者(社)が消費者(エンドユーザー)と直接取引をするケースも増えているが、まだまだ間に販売(=仕入れ)者(社)が入る取引が多い。

 

この中間に位置する立場には様々な形態があるが全部ひっくるめて、流通(業)と言われる。

 

流通業は、市場の生産者と消費者の力関係に常に振り回されることになる。

 

そして誰しも、振り回されるくらいなら振り回したいと望むようになる。

 

 

市場を相手にすると、結果が大事になる。

 

やがて、大事なことは結果だけになっていく。

 

 

だから、どうせだったら結果に対して主導権を取りたいと考え行動するようになる。

 

 

 

 

 

これとは別に、商品やサービスに焦点を当てると、生産者目線と消費者目線という軸が見えてくる。

 

 

生産者は、二つのよくわからないものを追いかける。

 

自分が作りたいものと、お客が望むもの。

 

 

どちらも、分かるような分からないような、理想と現実の狭間で、妥協と闘いながら日々を過ごす。

 

妥協は、決して予定(予想)通りに順調に事が展開するわけではないことに起因する。

 

 

一方、消費者の多くは、商品を見るまでは、自分が何を欲しいかを理解していないと言われる。

 

商品には大きく二種類あると思っている。

 

使い途や要求基準(スペック)の想定イメージが描けるもので、私はこれらを『道具』と位置づける。

 

道具という表現が馴染まないファッションや飲食やエンタメに関することでも、予め求めてるものが想定できてるものはすべて道具に該当すると思っている。

 

 

もう一つは、感情や気持ちがどう動くかで、想定外が起きる『感動』を伴うものだ。

 

この場合の『感動』は、予定調和を超えるものと言う意味ではハプニングかもしれない。

 

ちなみに、フラッシュモブのような演出されたハプニングを狙ったサプライズは『道具』に該当する。

 

 

 

ちなみに「生産性が高い」とは、売り手市場の道具にしか当てはまらない概念だと思っている。

 

こう考えると、生産性が高いものは、『感動』は産まないだろう。

 

 

そして、最も大事なことは、これらのことは、ことばを介して表現され、伝えられるという点にある。

 

 

だから、意図する、しないに関わらず、"うそ"と"本当"と"見解の相違"の違いが発生する。

 

 

 

ここまでが前置き。

 

 

沢田研二(有名人なので以下すべて敬称略)のドタキャンを事例に考えると、

 

 

本当のことではっきりしてるのは、沢田研二がドタキャンしたということのみだ。

 

後のことは、

 

・本当のこと

 

・うそ(想像含む)

 

・見解の相違

 

 

のどれかに該当してるのだろう、あるいはこれらの複合かもしれない。

 

 

真偽はともかく、ここまで起きていることからできる解釈は主に二つ。

 

 

一つは、9000人の会場に7000人しか入ってなかったから、満員じゃなかったから、それが不満でドタキャンしたという話が伝えるのは、沢田研二という商品は買い手市場商品であることを意味し、本来下手に出なければいけない商品側なのだが、強気に出て売り手市場の振る舞いをしたために大騒ぎになったと言えそうだ。

 

 

これに対してもう一つが、私も反応したのが原発の反対署名活動を会場に拒否されたからという説だが、これは沢田研二という商品の生産者である沢田研二本人が、自分が作りたいものを作らせてもらえなかったという生産者目線での反発行為と捉えられそうだ。

 

 

この二つが多く取り上げられてるが、商品を取り巻く事情としては、それぞれ発生源が違っている。

 

では、沢田研二はそもそも売り手市場なのか買い手市場なのか?

 

あるいは、消費者目線でいうと沢田研二はどういう商品なのだろうか?

 

 

 

 

 

消費者目線で見ると沢田研二には、売り手市場の潜在能力を感じることはできるが、それだけではどうにもならないこともイベンター(流通業)の立場からするとあるようだ。

 

やはり、流通分野は市場に振り回されると感じる。

 

 

 

エンドユーザーである消費者は、商品を選んでいるのだろうか、それとも流通業の戦略や戦術に乗せられて踊ることを選んでいるのだろうか?

 

今回の沢田研二ドタキャン騒動は、商品が意志を持って行動できるから起きたわけで、一般の商品だったら起きないことが起きたわけで、一般商品だったら生産者に非があるのか、流通に非があるのかは明確になりやすいが、このドタキャンはそこが分かり辛い。

 

 

 

商品を取り巻く立場には三つがある。

 

・生産者

 

・流通業

 

・消費者

 

三者三様に狙いや目的がある。

 

 

今回起きたドタキャン騒動は、商品が人間だったからと言えそうだが、だとすれば今後多様な場に浸透するAIが、学習の仕方によっては似たような問題を起こすかもしれない。

 

ただの中間搾取のように扱われるのが流通だが、意外と果たしてる役割の大きさに驚く結果となった。

 

商品としての沢田研二を考えることは、ゴシップと言うよりもあまりにもビジネス論だった。

見えないものを見る!

価値観の多様化と言われるが、多様化した価値観は、あらゆる分野の裾野を拡大させる。

 

顕在化した価値観が増えると、直接目につくものも増えてくる。

 

価値観の多様化という捉え方をすれば、良いことのような気がするが、関心や興味を持てないことや、まして嫌いなことが自分の身の回りで増えているとすれば、これはストレスにつながるだろう。

 

自分が好きになれないことに夢中になってる人がいたら、おそらくその人のことを嫌いになってもおかしくない。

 

ストレスやムカツキの増大が社会に増えたことは、価値観の多様化と無関係では無い気がする。

 

しかし、こうなる少し前の時期に思いを馳せると、マイナーな趣味を持っている人たちは、社会の片隅でひっそりと隠れるように生きていたはずだ。

 

そんなマイナーな趣味を持っていた、後にオタクと言われるような人々は、そんな状況にストレスを感じていたはずだ。

 

ストレスの原因は、趣味を理解してもらえず、時には変態呼ばわりされることにもあっただろう。

 

時の流れとともに裾野が拡大していった価値観は、生き辛さにストレスを感じていた人々の心を開放させることにつながったはずだ。

 

 

しかし、逆にそのことにストレスを感じる人(以前オタクをバカにしていたような人々でその後もオタクに共感を持てない人)が反対に増えているはずだ。

 

このようなことが、到るところで起きているだろう。

 

マナーなんかもこれに当たるだろう。

 

気にしない人にとっては全くの許容範囲におさまる振る舞いが、どうしても許せないという人が増えている、そういう人は正しさを主張するし、伝統的なものや昔からのやり方を正しいと主張する傾向にある。

 

 

ストレスに起因するうつ病の増大が社会問題化している、そしてそれ以前の段階で不快が大幅に増大しているのは、一人ひとりが持っている価値観や心の許容範囲の狭さのせいで起きている。

 

 

ここまで書いたことの全てに共通してることは、私達は目の前の見えてるものに反応してるということだ。

 

不快な話も、知ってるだけではストレスは弱い。

 

その話が目の前で展開されるから不快の度が増すのだ。

 

増した不快が、許容範囲を越えだすとストレスでおかしくなり始めるが、これは極めて個人差が大きいので、反応はピンキリとなる。

 

 

つまり、我々は、

 

 

見えてるものに振り回される!

 

 

 

そして、相変わらず、

 

 

見えないものには気付かない!

 

 

 

価値観の多様化は、探しものは見えないものの中にあるかもという、暗中模索に似ている。

 

 

先日、探しものは何ですか?というエントリーを書いたが、そこで井上陽水の"夢の中へ"という曲の歌詞を引用した。

 

 

 

現代人の探しものは、見えないところにある。

 

見えてしまうものばかりが気になってしまい、そこから意識が離れないために、探しものに気付けないのだ。

 

そんな時は、大きく論点をずらし、歌詞にあるように踊ってみるのも良いかもしれない。

 

もし、見えているものの中で最もストレスになっているのが『人』ならば、今いる環境を変えることが最も良いはずだ、相手の態度や考え方を変えようとすると更にストレスが増大する。

 

環境が変われば、実際に目にする風景すら変化する。

 

それ以前には、全く見えなかったものが一気に見えてくるだろう。

 

心の許容範囲を広げることができるならばそれが良いに決まってるが、人生は短いので、そこでストレスを抱えるよりは、許容範囲の狭さを意識した上で、求めてるものがあるならば、

 

見えないものを見る!

 

 

が大事。

 

『考える』から『感じる』へのシフトが起きている!?

2011年、東日本大震災を経験した日本人の中には、人生観や価値観を大きく変えた方が大勢いただろう。

 

そんな2011年に1冊の本が一部で話題になっていた(=売れていた)。

 

 

 

 

 

「考える」という行為は、好きな人には簡単にできて当たり前(良い考えが浮かぶとは限らないが)のものだが、苦手な人にはハードルが高い行為だ。

 

そんな「考える」は、楽しみながらできることを教えてくれるのが上記の本だった。

 

 

しかし、「考える」ということは奥が深いので、アプローチにはいくつもの方法がある。

 

 

 

 

 

 

この本は、

 

「よく考えろ」「考えることは大事」と言われるけど、 

「考える方法」は誰も教えてくれなかった――。 

 

 

に応えることを意図している。

 

 

人は、なぜ「考える」のか?

 

 

大きく分けて二つある。

 

一つは、答えなんかあるはずのない問いに対して、自分なりの答えを設定することで人生につきまとう漠然とした不安や悩みを減らすため。

 

もう一つは、答えがあるはずの問に対して、自分なりの答えを設定することで、悩みどころを具体化し、その解決を目標にするため。

 

 

二つ目の、考えた結果の目標は、仏教で言うところの煩悩とほぼ同じだ。

 

煩悩を実現したり克服するために「考える」を行っても逆効果を生むことも多い。

 

 

 

 

そんな時は、「考える」よりも「感じる」方が確実だったりすることもある。

 

 

Google Trendsで、「考える」、「感じる」を検索可能な2004年以降で比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20181020122329p:plain

 

 

この二つのワードに逆転現象が起き始めたのが2013年。

 

この2013年に何があったかと言うと、

 

f:id:chigau-mikata:20181020122404p:plain

 

 

「考えない」が大きなうねりを起こしていたことが分かる。

 

「考えない」のピークは2013年の6月から8月にかけてだが、この時期に絞って検索すると、考え過ぎが不安を助長するという話題が多く出てくる。

 

日本人は、「考える」から「感じる」にシフトしているように感じられるが、これだけでは分からないのは、考えた結果「感じる」にシフトしてるのか、考えない人々が「感じる」にシフトしてるのかだ。

 

「考える」人へのアプローチは、理詰めが功を奏することが多いが、「感じる」人にとってはウザいだけだろう。

 

相手は「考える」人なのか、「感じる」人なのか、その見極めが大事になるが、その見極め方法は、「考える」で判断するほうが良いのか、それとも「感じる」ほうが良いのか?

 

 

つくづく悩みが減らない時代になったもんだ!

沢田研二のドタキャン騒動!

本日はゲスの勘繰り劇場です。

 

歌手の沢田研二さん(有名人なので以下は"さん"を略します)ドタキャンがワイドショーで大きな話題になっている。

 

私が知ったのは昨日だが、ドタキャンが発生したのはおとといの話だ。

 

 

最初はあまり興味が無かったが、徐々にゲスの勘ぐり心が掻き立てられていった。

 

Twitterのタイムラインを遡ると、この辺が最初のツイートのようだ。

 

 

 

この方へのリプライがテレビ局ばかりだ。

 

f:id:chigau-mikata:20181019142326p:plain

 

 

こちらのツイートにもマスコミが飛びついている。

 

 

 

この時間帯に発せられた現地からのツイートにはどれもマスコミがリプライを送っている。

 

速報性という意味では、Twitterに敵うメディアは無さそうだと改めて感じる。

 

第一報が出た時点では、多くの人が健康や体調が関係してると思っただろう。

 

 

 

この後こんな情報が出始めたことで、私のゲスの勘ぐり心に火が点いてしまった。

 

 

 

 

 

沢田研二の活動は、反原発活動だというのは、ファンから出てくる情報なのが興味深い。

 

つまり、ファン歴が長い方ほど、コンサートを見続けてる方ほど、ドタキャンの心当たりがついていることがおもしろい。

 

 

 

 

契約上の問題とは、一般的には利害の対立が発生したことを意味するが、なんか納得できる情報が次から次に出てくる。

 

 

 

 

更におもしろくなるのはここからで、マスコミ的にはこの問題は真相には触れられないようで、論点ずらしが始まりだしたことにある。

 

 

 

この入場者数に話をすり替えたことの巧妙さは、世間的には沢田研二はdisられることに繋がるが、ファンにとってはそうではないことが分かっているので、全くマイナスにならないのだ。

 

昔ながらの沢田研二のファンはサイレントマジョリティーで文句は言わない。

 

なぜなら、こういう人たちだから。

 

 

 

今回のドタキャンに文句を言ってるのは、沢田研二のコンサートに行ったこともないし、今後も行くつもりがない人であることは明らかだ。

 

 

 

ファンにとっては、今回のドタキャンこそが最も見せたかったパフォーマンスだという話すらある。

 

 

 

ワイドショーを見ると、有名人コメンテーターが皆口を揃えたように、観客数に拘る沢田研二はカッコいいというような言い方をしていた。

 

まるで、裸の王様を見て、「王様は透明な服を着ています」と言うように。

 

 

 

沢田研二のファンとはこういう人たちだ!(敬意を表してるんです、念の為)

 

 

リセールバリュー!?

次の記事がキッカケで生じた疑問を追いかけてみた。

 

「ローン払えず」でマイカーBMWに放火の男、自分で外したドライブレコーダーで判明  神戸新聞  

「ローンが払えなかった」などと容疑を認めており、同署は保険金目当ての可能性もあるとみて調べている。

 

男は盗難を装い、「自宅からなくなった自分の車が、ゴルフ場の駐車場で燃えている」と110番した。駆け付けた署員が、近くの草むらに捨てられていたドライブレコーダーを発見。映像を確認すると、ドライブレコーダーを取り外す男の姿が映っており、事情を聴いたところ放火容疑を認めたという。

 

 

 

この記事を見て、似たような記事があったなと探したのがこれで、アメリカの話だが、

 

わずか1年でオーナーが手放す車、トップ11

アイシーカーズ・ドットコムの調査によると、平均リセール率は1.5%。だが、ある種の車は著しく高くなった。メルセデス・ベンツとBMWだ。

事実、最もリセールされている車トップ11台のうち6台がメルセデス・ベンツかBMWとなった。

 

 

 

この記事によると、以前は高級車はリセールバリューが下がらないことが売りだったはずだが、

 

リセール台数が多いことの他の理由としては、高級車は他のモデルに比べて価値が下がるのが早いことがあげられるだろう。

 

 

そこで、世間のリセールバリューに関する声を拾ってみた。

 

 

 

リセールバリューが高いことは、長く所有することに付加価値を与えていたと思っていたが、現代では短いスパンで買い換えるという価値観に繋がっているようだ。

 

この考え方は、私にとっては全体で見れば付加価値を下げ、陳腐化を促進するだけのように感じられるが、これが大量生産・大量販売される商品を取り扱ってる人々が作り上げた生産性を高めるための手法なのだろう。

 

 

 

リセールバリューを気にする人は、実質の購入額を安くしたいという思いがあるようで、その代表格はやっぱり車なのだが、

 

 

 

実質購入額を安くできることは、お得で、賢いと、自ら考えついたと思っているようだが、実は巧妙に仕組まれた洗脳に嵌っているというパターンが多い。

 

 

 

そもそもリセールバリューに最初に目をつけたのは、

 

 

 

リセールバリューを気にする人というのは、賢く振る舞ってるつもりの、あまり賢くない人が大部分だから、何がリセールバリューに繋がっているかを判断できないので、結局知名度が確立しているブランドを選択するパターンが多くなる。

 

この似通った行動パターンは、価値観の多様化に逆行していることがおもしろい。

 

 

ただ、このリセールバリューという価値観は大きな市場を形成してるので、生きていればどこかで関わらざるを得なくなるので、賢く利用するに限る。

 

 

 

ちなみに、こうやってリセールバリューについて思いを馳せていると、リセールバリューの反対の価値観は、手作りやDIYなどの自分にとってだけ価値があれば良いと思えるものだという気がしてくる。

 

 

 

どちらを賢いと思うかは、人それぞれだ。