違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

石田純一さんにみる同じ過ちを繰り返す心理

1996年「何が悪い?不倫は文化」と、写真誌の記事のタイトルに付けられたことでイメージが定着した石田純一さんは、コロナでも話題を振りまいている。

 

最初は、コロナに罹って重篤な状態になったことで、軽率な行動が非難されると共に、病状を心配する声も多かった。

 

石田純一、アビガン大量投与 窮地から回復への道のり語る 2020/4/24(金)

出張先の沖縄で体調悪化を感じた。出張の目的は自身が2017年から那覇市内に開店した韓国料理店「J-CHAN 冷麺」の新型コロナにまつわる対応を検討するためとしているが(13日から臨時休業)、現地でゴルフをプレーしたことや体調不良を感じていたのに飛行機に乗って東京へ戻ったことなど、ネット上には批判の声も少なくない。

 

 

コロナで怖い思いをしたはずなのに、回復後に繰り返し会食や外出を繰り返す姿が目撃され報道されることで、不倫のイメージを含めて軽率な行動を繰り返す常習者になった。

 

 

石田純一さんの行動は、石田純一さんばかりが目立ってしまうが、必ず相手がいるので相手も同罪のはずなのにそうはならないという特徴がある。

 

一般的な社会の図式に当てはめると、今時の会食はよほど親しく対等の関係か、よほど強い下心かパワハラでもない限り避ける方が賢明であることは誰でも分かっているはずなのにと思ってしまう。

 

石田純一さんには高圧的なイメージは似合わないので、会食に参加した人には積極的な参加意識があっただろうなと思える。

 

石田さんが会食をする場合、その相手は親しい仲間と書かれていたり仕事関係者と書かれたりしてるので、どこかで利害が共通してるのではと想像できる。

 

モト冬樹が石田純一の多人数での会食問題に「周りの人達が助けて欲しい」   2021年01月25日

モトは「石田純一君がまた会食をして たたかれているけど なんなんだろうね?」と驚いた様子。

 

 

 

ここから先は石田純一さんから離れるが、

 

親しい仲間と称される間柄には様々なパターンがあり、好ましい関係性から好ましくない関係性まで無限のグラデーションがある。

 

好ましくない関係には、利用したり利用されたりの関係性が見えることが多い。

 

このような関係性の場合、利用する側も利用される側もお互いにその役回りを自覚してることが多い、それなのになぜそんな関係性が成立するかというと、お互いが依存関係にあるからだ。

 

 

依存症というのがある、一般的には〇〇中毒などとも呼ばれる。

 

つまり、利用したり利用されたりの関係性が依存であり中毒であるならば、その関係性はお互い様なので、利用してるつもりの側も利用され、利用されてるつもりの側も暗黙のうちに利用してるはずなのだ。

 

中毒になった関係性は、離れられなくなるという意味で側から見てると疑似信頼関係に見えなくもないのだ。

 

 

信頼に反対語があるのだろうかと検索すると、疑心や不信と出てくる中に、期待と表現する意見もあった。

 

なるほどと感じられた、期待は依存と結びつきやすそうな気がする。

 

信頼の反対には依存の意味もありそうだが、一旦依存が成立するとそれは疑似信頼関係に近くなるというところに大きな落とし穴がありそうだ。

 

 

上記の記事でモト冬樹さんはこう言っている。

 

 

「石田君は優しいから 自分から帰りますとは 言えなかったんだろうけど」と石田の心情をくみ取った。

 

 

依存症や中毒で苦しむのは、おそらくどうしようもない悪党ではなく、ちょっと優しいくらいの普通の人たちなのかもしれない。

 

 

落とし穴に落ちるのは、明日は我が身だと注意した方が良さそうだ!

不思議な国日本?

20世紀の日本では、外国人といえば欧米人をイメージしただろう。

 

東洋系の外国人は、見た目が近いせいもあり、あまり外国人という見方をしてなかったように感じる。

 

 

21世紀に入ると、なんとなく一過性の動きに感じられていた中国人の爆買いが定着していた。

 

当初は雰囲気を壊す場違いな客扱いだったのが、あっという間に上得意客になっていた。

 

そういう報道を見ていてもわたしにはピンとこなかったのは、多分ブランド品に縁がないからだ。

 

 

自国内でもそれなりの都市だとどこにでもブランドショップはあるはずで、そんな中から日本を選ぶ理由はなんなのだろうか?

 

 

銀座最大級の商業施設「GINZA SIX」で大量閉店 1月17日に14店舗が一斉撤退 1/19(火)

GINZA SIXは17年4月にオープンした銀座地区最大の複合商業施設。松坂屋銀座店の跡地を利用しており、オープン当初は241店舗が入居していた。

 

 

2017年、百貨店不況が叫ばれる中でオープンした銀座シックスは、当初からターゲットは日本人ではないといわれていて、外国人富裕層観光客のインバウンド需要が目的だとされていた。

 

そのせいもあるだろうが、Twitterを検索すると、『銀座シックス入りたいけど入りづらい』という声が異口同音に多数上がっている。

 

 

今がコロナ禍であることを差し引いても、日本人にも支持されていたらGoToもあったことだし、こうはならなかったのではと感じられるが、日本人には馴染めない施設が銀座シックスなのかもしれない。

 

だとすると、日本人にとってはありがたみがないが、外国人にはありがたい何かがあったのだろうか?

 

外国にはなくて日本にあるものが目的なのだろうか?

 

世界遺産的な存在が目的ならば東京ではなく京都の方だろう。

 

 

 

あるとすれば、たぶん目に見えるものではないかもしれない。

 

そう考えていて思い浮かんだのが『お・も・て・な・し』だ。

 

東京オリンピックのプレゼンテーションは、日本人にはあまり響いたようには感じられなかったが、外国人には響いたのかもしれない。

 

 

ところで、日本人にとっての外国人という存在はインバウンドに関してだけではなく、他のことと同様に格差に満ちている。

 

 

つい最近次のような記事が出ていた。

 

外国人なしでは「街がなくなる」国際競争、被災地に試練

「移民政策」のゆがみが東日本大震災の被災地に影を落としている。人口が減り、働き手の外国人頼みが強まっている。いまの仕組みでは定住を促すのは難しく、コロナ禍がもろに響く。そんな状況は、日本全体の縮図でもある。

 

 

働き手として日本に来る外国の方にとって、日本に来る理由とは何なのだろうか?

 

とても『お・も・て・な・し』があるようには感じられない。

 

騙されているのだろうか?

 

選択肢が日本しかないのだろうか?

 

知識不足、下調べ不足のせいだろうか?

 

 

インバウンドであろうと働き手であろうと、どちらのタイプの外国人も今の日本には寄ってこないのは、コロナのせいだと思われてるが、どちらのタイプも、日本人が担えない市場や担いたくない市場を穴埋めするような存在なので、遅かれ早かれ日本人と同じ反応をしてもおかしくないはずと思えてくる。

 

このようなことを考えていたら、日本人と外国人の違いとは何だろうかと思い始め、思い出したことがある。

 

この場合の日本人とは、国籍や出自に関係なく日本で生まれた人で日本語を話す人全てを意味する。

 

世界で、虫の音を認識できるのは日本人とポリネシア人だけだという話。

 

それ以外の国の方にとっては、虫の音は騒音や雑音との区別が付かないらしい。

 

虫の音に風情や情緒を感じることは誰にでもできることではなさそうなのだ。

 

 

もしかしたら、『お・も・て・な・し』と虫の音には共通点があるのだろうかと思ってしまった。

 

虫の音を楽しめる日本人は、外国人にとって不思議な存在であり、謎に満ちた、どこか分かり合えない存在なのかもしれない。

 

 

 

どうでもいいことで一喜一憂するのはしょうがない

昨日、自転車のタイヤを交換した、すり減っていたからだ。

 

もともとは少し太めのタイヤが装着されていたが、走りに軽快感を求めて少し細めのタイヤに付け替えていたが、思うところがあって最初についていたタイヤよりワンサイズ太めに付け替えた。

 

急に生じた気持ちの変化というよりも、2〜3年かけて変化したのだ。

 

交換はしたが、雨が降っているのでまだ乗り味の違いは確認できてないが、自転車の見た目の印象は大きく変化した(他の人から見たら気付かない程度の変化だろうが)ことで感じられた充足感に不思議な気がしている。

 

たかがこの程度のことがなぜこんなにワクワクするのだろうかと考えてみた。

 

一般的に飽きるといわれる心理に、新しい刺激を与えられたからだと思うが、もう少し掘り下げてみた。

 

辞書的には、飽きるということは、もう十分でいやになる、と定義されている。

 

検索して、飽きるということに対する世間の声を拾ってみると、それは自分が成長してるからだと考える声が多いことにも気付く。

 

辞書的な、もう十分でいやになるという状態は、現実的には慣れによる新鮮味の減少ともいえそうだし、自動車や電化製品や機械や装置ならば徐々に進行する経年による劣化に起因してるかもしれない。

 

他にも、効いていた薬が使い続けてるうちに効かなくなるような場合もあるが、これは耐性が付くからで飽きたからではないのだが、体が飽きているのだろうと感じる人もいるかもしれない。

 

飽きたり、経年劣化だったり、耐性だったり、原因は様々だが、これらは発生することを前もって予測し、それに備えたプランBやプランCを準備できていなければ、なんだか訳のわからない隙間風が心の中を吹き抜けているように感じるだろう。

 

気付いた時には、それなりの大きさに広がっているのが隙間だが、いきなり広がるわけではなく、徐々に進行した後で気付く瞬間が唐突に訪れるだけかもしれない。

 

いずれにしても、隙間風を感じると、不満や不安や心配に苛まれるようになる。

 

隙間風に振り回されるのは当事者本人だけで、周りにいる人からするとどうでもいいことにしか思えないものだ。

 

 

煩悩の99%は、所詮この程度のものだろう。

循環するもの

今朝、雨音で目が覚めた。

 

雨音を聞きながら思った話。

 

〜〜

 

植物に興味がある人だと、晴天を喜んでばかりをいられない。

 

晴天が続くと、日本の植物は萎れてくる、水分が不足するからだ。

 

大地に保水されてる水が減るから根が水を吸い上げられなくなるのだ。

 

このような状態になると、空気も乾燥して人間の生活にも影響が出るし、なんとなく水不足も心配になり始める。

 

海は満々と水を貯め、海水は蒸発することで大気も膨大な水分を抱えているはずなのに、砂漠のように水が循環してこない地域がある。

 

東日本大震災による原発事故で長期避難を余儀なくされた福島の町にしばらくぶりにカメラが入って映像を撮ると、人が住んでいたら植物が生えることはないはずの所からも植物が生え、そこが街だったとは信じがたいほどに短期間で変化する。

 

ほったらかしにされたからだけではなく、それなりに雨が降るからなのだ、おそらく雨が降らなかったらそうはならないはず(と思っている)。

 

同じ理屈で、保水できない砂地では植物が育たないように感じられるが、ここで土と砂はどっちが先だったのだろうかと疑問が湧く。

 

土の水分が徹底的に抜け切って粒子化したのが砂なのか、砂に長期間水が浸透することで性質が変わって土になるのだろうかと。

 

いずれにしても、人の一生という程度の時間軸の単位で起きてることではないだろう。

 

 

このように考えると、地球上の空気は高度が高くなければどこでも呼吸可能なのは、酸素がほぼ均等に分布し循環してるからだと想像できるが、水や水分はその偏りが非常に大きいことにも気付ける。

 

 

世の中には、目立たない裏方として成立している、普段は気付かない循環がたくさんある。

 

循環するのは大自然の現象だけではない。

 

人間の欲に密接に関連してる循環するもの代表が、因果やお金。

 

 

 

循環するものにはその理由を求めたくなる。

 

なぜ循環するのか?

 

どこをどう循環してるのか?

 

どうやったら循環をコントロールできるのか?

 

 

人為的なものに関して循環してるのには、手法や手続きもありそうだ。

 

世の中には、見え見えの作為に満ちたものが、素知らぬ顔で循環することが多い。

 

 

 

 

567-701(コロナ-なお良い)、関西風のシャレと悪ノリの際どい手法の循環が漂っているような気がしてしまう。

 

 

歴史は繰り返すと称される世の中で起きてる人間が巻き起こす不思議なことや納得できなことの多くは、手を替え品を替えながら、むしろ循環するように続いているような気がしてくる。

他人の言葉で自分を位置付けてはいけない!

習慣になってるためにやってることの多くには、自然と疑問を持たなくなる。

 

なんとなく違和感を感じていても、その違和感に蓋をすることがある。

 

例えば、ニュースや話題をジャンルやカテゴリーで分類したりだ。

 

最近はジャンル分けやカテゴリー分類はとても細分化されているため、自分の中でのジャンル分けやカテゴライズと世間のそれが、必ずしも一致しなこともよくある。

 

大きな書店に行って、こんな本がこんな棚に置かれてるんだと感じることもある。

 

ジャンル分けやカテゴライズの始まりは、〇〇系という言い方から始まっているように感じる。

 

誰しもが一度は自分の身に降りかかったことがあるのが理系文系というジャンル分けだろう。

 

わたしは算数や数学が好きだったので理系と呼ばれ、そう分類されると国語や社会が苦手に感じられるような気がして本当に苦手になっていったという経験をしたことがある。

 

国語や社会が好きになれないことに対して、『俺は理系だから』と言い訳をすることは完璧な理由づけだと感じられた、きっと脳の構造がそうなのだろうから仕方ないと。

 

空気を読んだのか自己暗示にかかったのか、いずれにしても今にして思うのは未熟さゆえだったのだろうと言うことだ。

 

ただここで重要だと思うのは、自分で自分をジャンル分けしたのが始まりではなく、他人が何気なく言ったであろう言葉に反応して自分を縛ることが始まったということ。

 

 

1991年に創刊された求人誌のネーミングから肉体労働をガテン系と呼ぶようになったが、若い人は分かるのだろうか?

 

ガテンは『合点(がってん)』が由来で、今で言うところの了解と同じ意味だが、そう言う言葉遣いをする人たちという意味で、肉体労働や3K(きつい、汚い、危険)職種を意味する。

 

ガテン系が誕生する前は、事務職をホワイトカラーと呼ぶのに対して、作業をする人をブルーカラーと呼んでいた。

 

カラーは色のカラー(color)ではなく、襟(collar)を意味していて、制服の色が由来。

 

 

カテゴライズやジャンル分けは非常に大雑把なものだったものが、気がついたら多種多様になったことは、単純に受け止めれば多様化を意味するのだろうが、そんなジャンル分けやカテゴライズに違和感を感じる人も多いはずだ。

 

不思議なことに、ジャンルやカテゴリーがネーミングされると、自然とその分類に当て嵌めようとしがちだ。

 

 

あまり違和感を持つことが少ないことの一つに、時代が進むほどに病名や症状がとてつもなく増えたことがある。

 

大病院に行くと、なんだこれはと思うような診療科があったりする。

 

 

そういえばと思い出したことがある。

 

薬を売りたければ病気を作れば良い、病気を作るとはただ病名を付けるだけでいい、病名さえ付ければその症状を訴える人は勝手に現れるから告知のために広告やCMを流すだけで良い、という話。

 

これに似た話を、健康食品が大人気の某有名通販会社のスタッフから直接聞いたことがあるのは20年くらい前だ。

 

あっという間にローカル会社だったのが全国区に成長した。

 

 

人間のモチベーションを掻き立てるのは、不満や不安や心配という感情。

 

 

なるほど!

 

多様化するジャンル分けやカテゴリー分類は、単なるマーケティングから生まれているのだ。

 

今日は売れなかったものでも、違うジャンルで売り出せば明日はきっと売れるだろう、そんな思いを込めてジャンルやカテゴリーは増えているのだ。

 

自分を位置付けたいと思ったら、自分の言葉でした方が良い!

大量に集まるから価値があるデータもあれば、タイミングが大事なデータもある

バイデン氏が正式にアメリカ大統領に就任した。

 

 

 

 

 

 

止まっていた時計の歯車が動き出したようにも感じられる。

 

しかし、少し前まで時計を止めたままにしておきたいという活動が起きていたのだ。

 

 

この大統領交代劇の裏で新しいビッグデータの活用が起きていたように感じられるという話をしてみたい。

 

〜〜〜

 

Twitter社がトランプ元大統領のアカウントを永久に停止したと発表したのが1月8日。

 

その2日前の1月6日に起きたアメリカの連邦議会に大統領の支持者らが乱入して議事堂を占拠し死者が出た事態を巡り、元大統領の投稿に重大な規定違反があったとして一時停止していたが、その後停止は解除された。

 

トランプ元大統領は8日、自身に投票した有権者に「7500万人の愛国者よ」と呼びかけたほか、今月20日のバイデン次期大統領の就任式に出席しない考えを明らかにしていた。

 

Twitter社の声明によると、アメリカ国内で緊張が続いていることを踏まえて投稿を詳しく検討した結果、議事堂の占拠への支持を表明しているとも解釈されるほか、就任式の欠席は「トランプ氏の不在は就任式での暴力行為を企てている者を後押ししかねない」と結論づけたため永久にアカウントを停止したとされる。

 

 

制圧されたとはいえ犠牲者も出した議事堂の占拠を起こしたのは、極右のトランプ支持者だ。

 

この占拠事件では、その時何が起きていたかが、いわゆるビッグデータの把握でかなり細かいことまで分かりつつあるらしいのだ。

 

 

米議会議事堂乱入事件:Parlerの投稿動画とGPSデータをリンクしたら、現場のリアルが見えてきた。 2021.01.14

現地時間の11日にParlerが閉鎖されるのに先立ち、あるコンピュータハッカーが法的手段を通じて当該GPSメタデータを取得していました。これを見ると、トランプ大統領の演説を聞いたユーザーたちが議事堂の敷地内に押し寄せる様子、そして銃声や罵声を伴う暴力で議員やスタッフなどを大混乱に陥れた一連の動きが手に取るようにわかります。

 

 

トランプ氏がTwitterで指示めいた文章を投稿し、その意を受けた極右支持者はParlerというアプリでコミュニケーションを取り合いながら議事堂に侵入していたのだ。

 

一人のハッカーがParlerのデータから、議事堂内に侵入していたほぼ全ての人物の位置情報の推移とコミュニケーションのデータを取得していたのだが、そのハッカーがデータの取得を始めたのがまさに事件の当日だったのだ。

 

この際に取得された短時間だが膨大なデータのお陰で、侵入していた人数もその足取りも、さらに逃亡してる侵入者の個人特定もなされているらしいのだ。

 

もし、データの取得を開始するタイミングが遅れていたら、現場で何が起きていたのかはよく分からないままだったのかもしれない。

 

ダラダラと長期間大量に取得されたデータに意味づけするのも大事だが、タイムリーに取得されたデータの価値も見逃せなさそうだ。

 

 

でもタイミングって結局運なんだよね?

マスクの着用を巡って法律も空気を読み始めてる!

この1年ですっかり生活に浸透したのがマスク。

 

してない人がごく少数派で、TPOによってはしてないことは反社会性を意味するようになった。

 

 

 

 

 

 

マスクの着用を巡っての主義主張は正論の応酬というポジショントークになりがちなので、そこはさて置き、マスクがいかに短期間に生活に入り込んできたのかを探ってみた。

 

 

コロナが流行る前から一部ではマスク着用は日常生活に浸透し始めていた。

 

GoogleTrendsで期間を検索可能な2004年1月1日から2019年12月31日にしてマスクの検索の推移を見ると、

 

 

GoogleTrends『マスク』 コロナ前

 

 

大きな山を示しているのは2009年の5月で、調べてみると新型インフルエンザが日本に上陸し、大阪や兵庫でちょっとした騒ぎになっていたらしいことが分かったが、わたしには全く記憶がなかった。

 

それ以降の小さな山は冬に発生していて、マスクが季節商品として浸透し、一部でファッションとしても機能するようになっていたのがコロナ前の日本だった。

 

この頃は、風邪をひいたりして本当はマスクをした方が良い人でもマスクをしない人は珍しくなく、またちょっとしたことでマスクを着用する人も珍しくなかった。

 

わたしの日常生活の身近にはマスクはなかったので、マスクをしてる人を見ると、そんなに酷いなら外出しなければいいのにと感じたり、顔を隠して悪いことでも企んでいるのかなと感じたり、顔を隠すのは自分に自信がないからかなと感じたり、良い印象はなかった。

 

しかし、コロナがそんな空気を一変させた。

 

GoogleTrendsで期間を今日(2021年1月20日)までにしてマスクを見ると、

 

 

GoogleTrends『マスク』 2004年以降

 

 

1年前の今頃は当然の如くまだマスクは特別なものだったことが分かるが、その後の推移を見るとピークに比べたら沈静化したとはいえ、コロナ前のピークを常時超える反応が日常になっていることがわかる。

 

 

おそらく、わたしもそうなのだが、本当はマスクの着用が不快な人は、マスクの着用に関しては空気を読んで振る舞い方を変える人が多いだろう。

 

わたしは自転車に乗るときや人と接点を持たずに動くような場合はマスクは付けないが、今年の年明け近所の小さな神社に初詣の人がパラパラ見受けられる中でマスクを付けずにウオーキングしてた時に、自分が異質な存在になってることが感じられた。

 

誰かに何かを言われたわけでもないし、ジロジロ見られたわけでもないのだが、密でもないオープンエアーの場でも、今やマスクは社交辞令として必要になってしまったのだなと感じられた。

 

 

こうなってくると、社会のルールも変わらざるを得なくなるのだろう。

 

文言で規定された法律ですら空気で解釈は変わらざるを得なくなるのだろうなと思っていたら、こんなニュースが出ていた。

 

最初は同じ人がまたトラブルを起こしたのかと思ったのだが、

 

 

 

どうやら、マスクの着用を巡っては法解釈も空気を読み始めたような気がする。

 

迷った時には空気を読んで意地を張らないように!