違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

『あれもできます、これもできます』と言い切るのは中途半端な人!

現代人に突きつけられている課題は、正解が分かりづらいという特徴があり、時には問題そのものが分からないことすらある。

 

そんな現代を乗り切るために必須の要素として、①根拠の無い自信を持てること、②ジャンケンのように必勝法がない勝負に苦手意識を持たない(得意と思えれば尚良い)などが挙げられることがある。

 

そのためには、思いつきやひらめきも大切な要素になってくる。

 

思いつきやひらめきには、個性や趣味嗜好も関係してくる。

 

好きなことに関しては、どんどんアイデアが湧くのがアーティストタイプだとするならば、人々の行動に興味や関心がある人は人々の行動の背後にある価値観や行動様式を見抜くことが得意な人になるだろう、こちらはプロデューサータイプとでも呼ぶのがふさわしいだろうか。

 

思いつきやひらめきを活かすには、アーティストの要素もプロデューサーの要素もどちらも必要になる。

 

複数の要素が必須になると、マルチタスク能力を連想するが、アーティストの要素もプロデューサーの要素も互いに独立したシングルタスクで適材適所で切り替えながら活かすことになる。

 

そもそも、人間はシングルタスク能力しか持ち合わせていないので、世間でマルチタスク処理能力なんて言ってることは中途半端なシングルタスクの高速切り替えに過ぎないのだ。

 

つまり、「あれもできます、これもできます」というのは、すごくレベルの低い話か、詐欺的な話だと言って良いだろう、そういえば最近テレビでは「東大医学部で弁護士資格」なんて肩書きがチヤホヤされてるが、医者で弁護士がバラエティ番組に出てるだけで全ての取り組みが中途半端であることが想像できるが、ボーッと生きてる人々には、「世の中にはスーパーマンがいるんだね」と完全に錯覚させられている。

 

「自分の武器(=得意)はコレです」というシンプルなひとことを言い切れないために、「あれもできます、これもできます」と保険を掛けて展開される営業がある。

 

「できます」と言わなければ、その時点で終わりになるという強迫観念もあるだろう。

 

しかし、これをやってしまうと後から倍のストレスが掛かってくる。

 

武器(=得意)を持ってる人は、不得手が存在する事を恐れないが、武器を持たない人々は不得手がバレることを恐れる。

 

「あれもできます、これもできます」は、ハッタリの一種でもあり人心掌握術の一つとして活用されているが、ハッタリが只のハッタリに過ぎないことがバレた時は、せっかく掴んだ人の心は失い、再度取り戻すことは不可能に近くなる。

 

出来ないことにチャレンジすることは悪いことではないが、出来もしない事を出来ると主張し勝負をかける事は、持ってるはずの武器すら失う行為になるだろう。

アドリブvs台本!?

ビジネスライクに展開される流れが予定調和的なのは、台本やシナリオの存在が感じられるからだ。

 

当事者はあまり意識してないかもしれないが、ごく普通のビジネスの場でもシナリオや台本は存在していて、それらの一部は『マニュアル』と呼ばれたり『想定問答』と呼ばれたりしながら私たちの日常に入り込んでいる。

 

無意識のうちに台本やシナリオやマニュアルを前提にした行動を描くと、臨機応変な対応やいわゆるアドリブを効かせた対応が嫌われることがある、仮にその臨機応変さやアドリブでピンチを切り抜けたとしても。

 

臨機応変な対応やアドリブが機能したということは、台本やマニュアルが機能しなかったことを意味し、そのことの方が問題だと捉えられるからだ。

 

テレビのバラエティ番組ですら緻密な台本で作られていて、話がスベるような場合も台本通りだったりで、そのスベりに対するリアクションまで台本に描かれてる場合があるらしい。

 

そうなると、芸人を含めてテレビ出演者に求められる資質は、台本通りに演じるスキルになる。

 

視聴者にとっては、面白いか面白く無いかが重要だし、面白さの一つに好き勝手に自由にトークを繰り広げているように見えることがあったりするが、それらも実は台本を忠実に再現してるだけだったりするのだ。

 

台本を演じる能力よりも上位に位置するのがアドリブ力だと思っていたが、実際にハプニングが起きた場合はアドリブ力は重宝されるが、それ以上にハプニングが起きたことの方が現場では問題にされてしまう、ほとんどの場合ハプニングが起きたように見えてもそれ自体が台本に描かれていることだったりするのだ。。

 

ところで、事前に台本をキッチリと準備する理由は「心配だから」だろう。

 

出来上がりの完成形がイメージされてることが全てのスタートで、その完成形に対してスポンサーとの契約も行われているとすれば、台本通りに展開されることは重要なことだし、もっと重要なことはそれが台本通りに展開されてると視聴者に分からせないようにすることでもある。

 

テレビに出る顔ぶれが固定化される理由はこれらが関係してるだろう。

 

出演者に求められる能力は、台本通りに振る舞える能力だとすると、実際にコメントしてる内容は自身の意見や考えを述べてるのではなく、台本に書かれてることを言わされてるだけと思った方が的を射てるかもしれない。

 

こういうことを上手にこなせる人は、芸能人でも知識人や有名人でも一握りになるだろうから顔ぶれが固定化されるし、テレビ局ごとのお抱え状況も感じられる。

 

 

日本の中枢は、政治や経済だけでなくエンタメも、台本を中心に動こうとしている。

 

『歯車の一つになる』という言い回しは少し小バカにするニュアンスがあるが、今風に言えば社畜だろう。

 

共通点は、都合良く台本通りに動ける人となるだろうか。

 

こういうのはもう流行らないと思っていたが、現実はそうではないのかもしれない。

 

最も効率が良いのは、台本通りに展開されることだと考える経営者は増えているのだろう。

 

臨機応変にアドリブを効かそうとするほど中枢には入れずに外野をウロチョロするだけで存在感をアピールできずに終わるのかもしれない。

 

台本を描く側は、考慮に入れられることは全部考慮に入れるので、行動に心理が影響すると知れば心理学を研究して取り入れる。

 

一方アドリブで対処する場合、よほど人間力が高く、その時の体調やタイミングが良ければ、緻密な台本以上のことができることはたまたまだったらあり得るが、再現性は高くは無いはずだ。

 

人為的なハプニングが求められていないとすれば、人間力を活かしたアドリブ力を発揮しようとすれば、台本が当てはまらない天変地異な出来事の発生が必要になるのかもしれない。

 

スーパーボランティアの尾畠春夫さんを思い出す。

 

素晴らしい人で、大いに見習いたいが、社会の中枢が似合う方ではない。

 

未知のものに向かおうとすることは、一種のハプニングへの対処に似てる気がするが、注意しなければいけないのは、未知に向かってるつもりでいても、そこは誰かが描いた台本上の出来事かもしれないということだ。

 

現代人は、思ってる以上に台本上を右往左往してるだけかもしれない。

 

 

どんな時代でも、アドリブ力や臨機応変さを持っていれば乗り切れると思っていたが、こと日本に関してはまだまだそれは当てはまらないかもしれない。

 

それでも、個人的にはアドリブ力や臨機応変さを身に付けたい。

 

だって、そのほうが楽しそうなんだもの!

悪意を持たない敵が増えている!

2019年5月1日から始まった新時代の令和。

 

あと2日で50日が経過することになる、もうすでに世間を騒がせる事件や事故がいくつも起きているが、それらを時系列で整理してみた。

 

令和が始まる直前の4月末に、秋篠宮家の長男悠仁さまが通われるお茶の水女子大付属中学に何者かが忍び込み、悠仁さまの机の上に刃物が置かれるという事件が発生。

 

犯人はすぐに捕まり、5月1日には自供を始めている。

 

この事件、未だに真の目的は曖昧な気がするが、悪意(=目的)がなければ起きなかったものではあると思われる。

 

 

5月8日の午後滋賀県大津市の琵琶湖湖畔の道路上で信号待ちをしていた保育園児と保育士さんの集団に車が突っ込むという事件が発生。

 

ちなみに、池袋で母娘を暴走事故で死亡させたという事件は、私の記憶では令和の出来事になっていたが、実際には4月19日の発生、しかしこの事件以降、車の事故のたびにこれらの事件との共通点を無意識に探るクセが付いてしまった。

 

 

5月15日、世間での扱いは小さかったかもしれないが千葉県市原市で園児を公園で遊ばせていた保育士さんが突っ込んできた車から園児を守ろうと体を盾にし骨折するという事件が起きている。

 

5月28日、川崎市登戸で児童や保護者を巻き込む無差別殺人事件が起きた。

 

この事件の犯人は、内に秘めた殺意や悪意は強烈だったが、外見上は殺意や悪意を剥き出しにして迫ってきたわけではないので被害にあった方は、被害に遭う直前まで危険が迫っていることに気付かなかったという特徴がある。

 

車の暴走による事故も同様だ、この数年そして最近でも悪意を剥き出しにした煽り運転は大きな心配事だが、これに加えて悪意が全く無い暴走事故(事件)が増えている。

 

 

悪意のない相手とどう向き合えば良いのか?、と言うよりもどうやったら出くわさないようにできるのか?

 

悪意を持たない事故といえばこういうのがあった。

 

6月1日の夜、横浜市の新交通システム「シーサイドライン」は、無人運行される列車だが、これが暴走したのだ。

 

幸いなことに、映画であるようなパニックムービー的な悲惨な結果にはならなかったが、ケガ人は出ている。

 

当然ながら、悪意はゼロの状態で事故は起きている。

 

ちなみに原因は、電気系統の断線だったとされている。

 

 

6月4日、福岡で暴走事故の究極のような事故が起きている。

 

建物に衝突して止まるまで数百メートルをアクセル全開のフル加速で走っているのだ。

 

加害車両に乗っていた老夫婦以外に死者が出てないのが不幸中の幸いだったが、運転手をよく知る人々は「そんな運転をする人ではない」と言っていた。

 

つまり、ここにも悪意はおそらく存在してない。

 

私たちは、危険察知するために自分なりのレーダーやアンテナを駆使してるが、そのレーダーやアンテナが反応するのは相手の悪意だ。

 

令和では、悪意を伴わない危険を察知する能力やセンスが求められそうだ。

 

そう考えると、自然災害なんていうのも悪意は全く無いんだよなと今更ながら思い出す。

 

情報をどんなに集めても、レーダーやアンテナが中途半端では何も情報を持っていないのと同じだろう。

 

せめて、通りを歩くときはイヤホンを外した方が良いかもしれない!

『親は絶えず子供の犠牲になる。それは永遠に繰り返される。』byゴーギャン!

日本では「子供が親の犠牲になる」という切り口で捉えることが相応しい事件や事故が珍しくない。

 

子供が小さければ親としての役目の怠慢や放棄などが、親が高齢になれば介護などが該当するものとして思い浮かぶ。

 

こういう先入観が一般的なんだろうなと思っているところに、いきなりその正反対を意味することばが飛び込んできた。

 

 

親は絶えず子供の犠牲になる。それは永遠に繰り返される。

 

 

これは、たまたま見ていたYouTubeのドラマの中のセリフだった。

 

松本清張原作で向田邦子脚本で1977年にドラマ化されていた『最後の自画像』がそのドラマだ。

 

向田邦子が独自のアレンジを施すために使ったのが画家ゴーギャンの絵や発した言葉だった。

 

先のセリフはゴーギャンが言ったものなのだ。

 

土曜ドラマ『最後の自画像』(1977年) NHKアーカイブス

銀行を定年退職した翌日に蒸発した男性と、駆け落ちの約束をしていた女性。男はなぜ姿を消したのか…。ゴーギャンの絵を愛した男の〈自画像〉がしだいに浮かび上がる。

 

失踪した男性の不可解な生き様と、ゴーギャンの生き様を重ね合わせることで物語に深みが出るのだが、この物語の中では失踪した男性は、定年を機に自分の人生の終わりが見えたことで、それまでガマンし続けた家庭生活や家族を全て捨て、自分のためだけに余生を過ごすことを求めたように描かれてるが、これらは捜査をする刑事の目を通して描かれている。

 

世の中には、家庭や家族が一番大事な人と、そうではない人がいいる。

 

これは、不思議になるくらいはっきり分かれる。

 

家庭や家族を大事にする人は、夜の付き合いを好まないし、浮気などもしない、我慢してるのではなく、選択肢として存在してないのだ。

 

家庭や家族が一番大事だったら決して起きない出来事が描かれてるが、現在はこの脚本が書かれてから40年以上経過している

 

最近の日本人は、家族を大事にする人が増えているように感じていたが、実際には二極分化しいてるのだろう。

 

ゴーギャンのようなタイプの人は、もう後戻りが効かないと悟ったら自分のことしか考えられない人として行動し出すが、その行動は多くの場合賛同は得られないだろう。

 

久し振りにバカの壁を思い出した。

 

話し合っても分かり合えない人は、すぐ近くにいるかもしれない。

 

共感してると思ってる時は、哲学が不足している(かも)!?

 

子供が犠牲になる痛ましい事件が、いつもどこかで起きているような気すらするのが最近の日本で、事件や事故で子供が犠牲になった話を聞くたびに心が重くなる。

 

同じように感じる人は大勢いると思うが、悲しい出来事が実際に頻繁に起きているのか、それともごく少数の出来事が大きく報道されてるだけなのか、少子化の現代に命を授かった子供の命はどのくらい守られているのかを調べてみた。

 

少子化のペースがどのくらいかというと、

 

少子化を示す出生数の推移

 

http://www.garbagenews.net/archives/2013423.html

 

 

この出生数に対して、子供の死亡のデータを探してみると、『5歳未満の死亡率』という1950年〜2015年の推移を示すものがあった。

 

出生数1000人あたりの死亡数をグラフ化したもの。

 

5歳未満の死亡率の推移

https://jp.knoema.com/atlas/日本/topics/人口統計/死亡/5歳未満の死亡率

 

死因については触れてないので想像するしかないが、その時の気分で想像する内容は変わりそうで、悲惨な事件や事故を知った直後だと同種のことで亡くなってる子が多いと錯覚するのもしょうがないだろう。

 

 

ちなみに2015年の値は2.85。

 

2015年の出生数は、100.6万人。

 

2015年に5歳未満で亡くなった子供の数は2867人となる。

 

このうちのごく一部が不幸な出来事として報道されているのだろうが、あくまでも全体に占める割合ということで言えば、日本では子供の命は守られていると言って良いのかもしれないと思える。

 

最もこれは死亡事例の話だから、虐待にまで範囲を広げると印象は全然違ったものになるだろう。

 

国勢調査に基づく国民の平均余命(=残りの寿命)を算出する統計ビッグデータに生命表がある。

 

生命表について  : 厚生労働省

 

世間で平均寿命と言われているのは、0歳児の平均余命のことで、男性81歳、女性87歳だが、実際に80歳まで生きた男性の平均余命も85歳まで生きた女性の平均余命もともに8年となっている。

 

生命表を見てると気付くが、現在年齢+平均余命は0歳の時が最も短い。

 

寿命自体が短い時代も同じだ。

 

このことは、生まれた子供にとって1歳の誕生日を迎えることが今も昔もハードルとなってる事を示してる。

 

 

 

それにしても、私たちの日常に身近でないだけで、小さな子供の死亡は決して珍しいことではないと分かる。

 

少し検索するだけで多くの情報が出てくるが、日本限定で調べていたので、後から見て再度気持ちがドヨ〜ンと重くなったのがユニセフの世界データ。

 

この数年、毎年500〜600万人の5歳未満の子供が世界で亡くなっているのだ。

 

ユニセフのデータを見ると、日本の5歳未満の死亡率の順位は179位(複数国ある)と出てくる。

 

日本は、数字で見る限りは子供が生きやすい国のはずだが、なぜか子供に優しい国だとは思えないことが増えている。

 

たくさんの赤ちゃんの命を看取った経験を持つ人は、自然と身に付ける哲学がある、『弱く生まれたあなたが悪いのよ、次は強く生まれなさい』。

 

世間で起きてる悲惨な出来事に心が痛んでしまうような時、共感してるから心が痛むと思いがちだが、実際には哲学の不足が心を動揺させているのかもしれない。

 

悲しい出来事に心が乱れる時は、自分の哲学を疑うことを思い出すと良いだろう。

 

 

 

人間関係を換金する人々!

かつてのお昼のバラエティ番組『笑っていいとも!』の人気コーナーに『テレフォンショッキング』というコーナーがあった。

 

このコーナーの合言葉は、「友達の友達はみな友達だ、世界に広げよう友達の輪、『輪っ(会場を含めて全員で)』」というものだった、今となっては知らない人もたくさんいるのかもしれない。

 

友達の友達を、6回繰り返すと世界中の全ての人とつながってることが分かるという考え方がある。

 

この考え方は、ウィキペディアでは六次の隔たりと呼ばれている。

 

六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、という仮説。多くの人数からなる世界が比較的少ない人数を介して繋がるスモール・ワールド現象の一例とされる。

 

営業やセールスの世界では、人間関係やつながりを最大限活用しようと小中高大の卒業者名簿が使われるのは当たり前だ。

 

自動車や保険などは、対象となる見込み客も多いが、営業やセールスとして従事する側の人も沢山いる。

 

これらの分野では、一人の見込み客に複数の営業が持ちかけられることは珍しくない。

 

そのような場合、自ずと人間関係は天秤にかけられる。

 

ビジネスが絡む人間関係は、ザックリと『人脈』と呼ばれ、その人脈を活かして成績が上がる人は有能だと評価される。

 

人脈をビジネスに活かすことに実績がある人は、有能というよりも、むしろ信頼や気遣いに裏付けられた人間関係を築いていたと言った方がより当てはまるだろう。

 

ところで、人脈と呼ぶか、人間関係と呼ぶか、の違いはあっても、どちらも大きく様変わりしてるように感じる。

 

これらの、つながりや関係性にも格差が生じてるのだ。

 

21世紀に入ってからは、『知ってる』という人間関係はほとんど無価値になった。

 

と言うのは、21世紀に評価されるのは、出した結果だけになったからだ。

 

結果が出る人間関係と、結果が出ない人間関係に二極分化したことで、そして大多数が結果が出ない人間関係になったことで、人間関係や人脈はジャンルとして注目されるようになった。

 

人間関係や人脈を活かすということは、他人に依存するということで、自力で頑張るということの反対語的な関係になる。

 

最近大いに話題になっていたカラテカ入江の闇営業だが、全てが人脈と称した悪しき人間関係が発端になっている。

 

よく知りもしない相手と、擬似的な信頼関係を演じてるうちに、言いたくてもNOが言えない関係に陥ってしまう。

 

中身が貧弱な『人脈』とブラックを取り巻く人間関係は共通点が多い。

 

 

芸人としての行き詰まりに直面した結果編み出したのが『人脈芸』、上手く行っても行かなくてもアクセルを踏み続けるしかないという背水の陣だったと世間の多くが思っていたことがSNSの遣り取りに溢れていた。

 

興味があるのは、最初は気付いてなかったが、途中から『人脈』はヤバいぞと気付いていたのかという点。

 

もし気付いていたなら、ブラック企業で働いていて、会社を辞めたいのに辞めれないという世間にありがちなな構図と同じであることに気付く。

 

つまり、人間関係や人脈が強固になると、利用する側と利用される側に役割が分かれ、その役割は殆どのケースで固定化される。

 

人材派遣が一足早く社会に定着し、人間関係は現在金に換算され始めたが、その後転職市場も換金対象になり始めた。

 

人間関係を、市場で換金するというのは今や日本のガラパゴス文化になり、ビジネスセンスのある人ほど、宝の山が隠れている事に気付くのだ。

 

 

GAFAを話題にしながら世界を語りつつ人を集め、集めた人を食い物にする、集まった人が食い物にされるのは過剰に期待するから。

 

「こうすれば良い」「これをやりなさい」など、本来は自分で考え試行錯誤すべきことを教えてもらおうとする人が増えているから市場が成り立っているのだ。

 

自分で考えない人や、答えをすぐに知りたがる人は、今や全てのブラックのターゲットにされている。

 

カラテカ入江の件は、芸能界の事件だと捉えると珍しく思えるが、事件の構図自体はありふれている。

 

考える(調べるを含み)ことが不足しただけで、こんなはずではなかったと足元を掬われることが増えているから要注意。

 

小さなクーデター!?

厚生労働省が副業解禁へ舵を切ったのが2018年1月。

 

副業が解禁になる理由としては、会社の給料はもう上がらないから、不足を感じるようなら自助努力でどうぞということだとわたしは受け取っていた。

 

 

それから1年半、『老後資金はさらに2000万円不足します』と金融庁が発表して世間を騒がせている。

 

 

 

副業の解禁を打ち出したことで収入増の可能性を高めたのは、支出の増大に対処させるための対策でもあったのかもしれないと勘繰りたくなる。

 

将来2000万円不足するとしても、副業で補えるでしょうと満を持して金融庁は発表したのだと思えた。

 

しかし、世論の反発は思った以上に大きかった。

 

この反発の大きさは、金融庁の発表を真に受ける人が多かったと言えるとともに、金銭感覚を示している。

 

1960年代の日本は、10年かけて所得倍増計画を実践した。

 

10年かけて所得は確かに倍になったが、実は物価も倍になっていた。

 

所得だけが増えたイメージがあるが、何もかもが倍になっていったのだ。

 

実質は大した変化では無かったが、収入が確実に増えるということは気分に大きな影響を与え、社会も世間も未来を楽観視するようになった。

 

こういう時は、政策への反応も好意的になりやすいかもしれない。

 

政策のおかげで良い目に会えたと実感したら、不満や要望があれば政治への陳情で活路を見出そうとするようになる。

 

真面目な顔をして自分に利益誘導するためにお願いする相手が政治家だ。

 

陳情とは、狸と狐の化かし合いに似ている。

 

 

しかし、デフレの時代は思惑外れも増えるだろう。

 

 

 

金融庁が発表した2000万円不足に関しては、こんな噂もある。

 

 

金融庁が発表した2000万円不足の件は、その内訳などの内容にばかり目が行くが、目を向けるべきはもっと別のところにある。

 

 

金融庁の発表を聞くまでもなく、年金に対する信頼は二分していた。

 

年金は信用できると考える人たちの拠り所は、現在の年金制度が民間の保険よりも優れているからという点だけだ。

 

年金でこれだけ世間が騒ぐということは、政治のテーマとしても重要だということで、年金問題は拗らせると選挙の投票行動に影響するので、年金問題は選挙前には与党(自民党)はできることならスルーしたい話題になる。

 

 

 

年金をあまり信頼してない人には、今回の金融庁の発表は何を今更なものだったが、信頼していた人達その中でも年金の信頼性を啓蒙する立場にある人達には不快な発表だっただろう。

 

 

 

金融庁には大臣はいないが、長官は財務省の方らしい。

 

だからだろうが、今回の金融庁の発表は、財務省のクーデターと一部で言われてるようだ。

 

 

間近に迫ってる次の選挙にこのクーデターがどう影響するのかしないのか?

 

はたまたクーデターに第二弾があるのか?

 

武装集団が起こすタイプのクーデターとあまりにもかけ離れてるところが日本的だが、今後の推移を見守ってみたい。