違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

『今』の時間の幅!

時間の流れを数直線的なイメージで考える時は、今(現在)を原点に設定し左側が過去で右側が未来になる。

 

時間の概念を理解できる人ならばごく当たり前に行うことだが、この数直線の最小目盛りにどのような時間幅を与えるかでかなり印象が変わるのだ。

 

秒単位で目盛りを設定すれば、『今』は原点に固定されず次から次に過去へ流れて行き、代わりに次から次に押し寄せる未来が置き換わっていく。

 

 

熊本県の球磨川の氾濫で犠牲になられた方や被害に遭われた方が感じる時間と、現地の様子を報道を介して見てる人が感じる時間はまるで違うはずだ。

 

 

わたしにとって大災害が詳細な映像で伝えられるようになったと記憶してる最初が地震に関しては1995年の阪神大震災で、人災としては2001年の航空機乗っ取り自爆のアメリカ同時多発テロが最初で、その後の大災害や大事件の多くは映像を伴い報道されるので、かなり感情移入し自分が当事者になったかのような疑似体験を味わえるようになった。

 

エンタメとしてのパニック映画などと違い、実際の被害の映像を通して被災者に感情移入すると心は穏やかでいられなくなる。

 

 

球磨川の氾濫の被災者の映像を見ていて、これからこの方達はどうなるのだろうか、明日からどうするのだろうかと思ってしまうが、被災者へのインタビュー映像などを見てると、意外と気丈にしてる方も多くむしろわたしの方が『そんなこと言ってる場合じゃないだろう』と思うこともあるくらいだが、ふと当事者と傍観者では感じてる時間が全く違うのだと思った。

 

時間が違うというよりも、当てはめてる時間軸の目盛りが全く違うのだと感じられたのだ。

 

意識してやってるのではなく、無意識のうちにそうなるのだろう。

 

 

傍観者にとっては1秒は1秒であり1分は1分で、今現在は次から次に過去へ流れて行き、代わりに未来が次から次に押し寄せて来るのだが、被災者にとっては被災した瞬間から始まった今現在がしばらくずっと続くのではないかと感じた。

 

おそらく今現在を生きてる限りは、落ち込む気持ちは引っ込んで、やらなければいけないことに没頭する気持ちの方がはるかに上回っているのだろうと感じられた。

 

 

 

人はなにかに集中して打ち込んでる時や没頭してる時は、時間の流れを忘れる。

 

食事やトイレはもちろん睡眠だって必要になるが、それらを最低限にして集中して何かをやってる時は、一応の目処がつくまでは過去も未来も関係ない今だけが続く。

 

目処がついて、ずっと続いた今から開放された場合には充実感があるだろうが、を続けさせていた緊張の糸がある瞬間にプツンと切れてしまうと、受け容れ難い未来が一気に押し寄せることになる。

 

 

私たちは被害が起きた時の情報には多く接するが、その割にはその後の情報には無頓着だが、それは被災者が感じてる今を知ることはできても、その後の被災者に訪れた未来に関しては無知なのだということを示している。

 

 

 

今を一生懸命な人は明日のことを語ることはあってもあまり未来を語らないものなのかもしれない。

 

 

 

実現できるかどうかは別にして、明るい未来や将来を考えたり語ったりすることは、かなりの心の余裕があって初めてできることなのだ。

 

つまりそれができるだけで十分幸せなのだ。

 

 

どのような時間軸を当てはめながら生きているかで考え方や感じ方は大きく違っているはずだ。

 

令和の投票依頼!

数日前に次のような投票依頼の記事が上がっていた。

 

 

 

この記事を見た時点では、わたしの琴線には全く触れないつまらない記事に思っていた。

 

投票依頼されたら『はいはい』と言っておけば良いだけで、実際に誰に投票したかなんてどうせ分からないんだからと思っていたからだ。

 

しかし、今朝こんなツイートがタイムラインを流れてきた。(ツイートを埋め込めなかったので画像を添付)

 

 

f:id:chigau-mikata:20200705114810j:plain

https://twitter.com/mmmm_it/status/1279416647527301121?s=21


 

こんなことが行われてるんだという驚きがあった。

 

このツイートへのリプライには次のようなものがあった。

 

 

 

Twitterで『投票依頼』と検索すると、1年前のツイートにこんなものがあった。

 

 

 

 

『どっちにせよバレるから無理』っていうのは写メのことかもしれない。

 

組織票を確定させるためには、確実に投票に行き意中の候補者に票が投じられたことを確認できる必要があるのだが、そんな術はありそうでないと思っていたが、今では結構簡単にできるようになっているのだ。

 

上記のツイートにあるように投票所の監視員も巻き込んで行われてる可能性があるのだ。

 

 

こういう現実に抗おうと思ったら組織票として組み込まれてない人々が個々の意思表示を示すしかない。

 

 

組織票を投じた人はその行動が嫌々であってもなんらかの恩恵を受けれる可能性があるが、投票しなかった人は組織の側からは存在を無視されるだけなので、なんの恩恵もメリットも得られないと覚悟した方が良いのかもしれない。

 

油断してると、少数派に過ぎない組織のためにこき使われるだけの人生になるだろう。

 

 

思うことがあるなら明日の都知事選は行った方が良さそう!

熊本で大雨の被害が発生している。

 

漠然と自然災害を話題にしてる時と違って、具体的な被災が発生すると、当事者と傍観者では思いは全く違うことは言うまでもない。

 

こういう場合、反省することってあるのだろうか?

 

その場所に居を構えていたことが反省すべきことに該当するのだろうか?

 

たまたまその地を訪れたことに反省点はあるのだろうか?

 

 

怖いのはコロナだけではなく、日本の場合は毎年大雨や台風や地震は、いつどこで発生してもおかしくない脅威として存在するのだが、年度が変わるとリセットする風潮のせいで今年の脅威はここまではコロナ一辺倒だったが、それだけでは済みそうにないフェーズに入ったとも言えそうだ。

 

さて、大雨の被害と違って十分準備できるもう一つの脅威が明日に迫っている。

 

そう東京都知事選。

 

 

都民ではないわたしは傍観者に過ぎないが、日本国民にとって重要な選挙になることは間違いない。

 

明日の天気予報は全国的に良くない。

 

熊本の被災地には酷な雨になるのかもしれないが、東京にとってはどう作用するのだろうか?

 

都民の方にとっては選択肢が大きく二つある。

 

  1. 投票する
  2. 投票しない

 

 

そして、投票するという方にとっては、誰に投票するかという選択も重要なものになる。

 

投票に行かなかったために、票を投じる相手を間違ったことであなたの人生を豪雨が襲うかもしれない。

 

 

幸か不幸かまだ一日の余裕がある。

 

明日の夜の選挙速報をどんな思いで聞いているのだろうかと想像するとワクワクドキドキしてくる。

 

 

都民の方には、後悔先に立たず、今なら間に合うというエールを送りたい!

 

『もう誰もああいう緊急事態宣言とか、やりたくないですよ』という本音から何を感じるか?

昨夜ニュースで見ていて、珍しく政治家が本音で喋ってるんじゃないのかなと思ったのが西村経済再生担当大臣だった。

 

 

「もう誰もああいう緊急事態宣言とか、やりたくないですよ。休業もみんなで休業をやりたくないでしょ。これ、みんなが努力をしないと、このウイルスには勝てません。また同じようなことになります」

 

 

コロナに関しては具体的な策もアイデアも持ってないことをストレートに表現してるなと伝わり清々しい気分すらした。

 

 

個人的には、ワクチンができない限り根本的な対策は無理で、何をやっても付け焼き刃になると思っていたから。

 

 

わたしは、皮肉ではなく本当に西村大臣のこの発言を清々しく感じていたのだが、世間はそうではない人たちの声で溢れていた。

 

 

 

 

 

 

 

今回の発言とは関係ないのだが、

 

 

 

 

さらに、

 

 

 

根本的な対策は難しいとしても、今できる最善は尽くされてると思いたかったがそれもどうやら怪しそうだからなのか、こんな話も出ていた。

 

 

 

 

 

 

もしかして何か企んでいるのかな?、と思っていたら、やっぱり出てきました。

 

 

コロナ関連法、一括改正検討 休業・検疫拒否に罰則 政府

このため、政府は特措法を再改正し、都道府県の指示に店舗などが応じない場合、保健所などの立ち入り調査により状況を確認した上で、罰則を科すことを検討する。 もっとも、強制力を伴う休業の要請・指示に対しては、補償が必要との意見も根強い。政府は慎重に調整を進める構えだが、難航する可能性もある。

 

 

 

日本にはコロナよりも怖いものがありそうだ。

 

『事なかれ主義』は生活の知恵!

『やって良いこと』『やらない方が良いこと』『やったらダメなこと』、これらは一般的には時と場合によりけりで判断されるが、昔はその境界は割とはっきりしていたような気がする。

 

理不尽な暴力を振るう人がいたら、力尽くで押さえ込むということは少し前だったら称賛される武勇伝となっただろうが、このような行為は最近では思慮分別に欠ける行為となった。

 

傍から見てると正義に見える行為は、法律的には理不尽な暴力と同等に扱われることが増えたのは、様々な揉め事が法廷の場に持ち込まれるようになったからで、何でもかんでも裁判に持ち込むことが増えたのは映画やドラマや小説などエンタメの影響も大きいだろうが、下記のように21世紀に入って急速に増えた弁護士のせいで案件の増加が許容されたことも大きいだろう。

 

弁護士数の推移

 

グラフの出典は下記のサイト

https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/jfba_info/statistics/data/white_paper/2017/1-1-1_tokei_2017.pdf

 

 

さらに言うと、実際には訴訟が増えたというよりも、訴訟を避けるための示談が増えているのだ。

 

 

様々な現場で起きる揉め事は、表面的には正義と悪のぶつかり合いもあれば悪と悪のぶつかり合いや時には正義と正義がぶつかり合う場合もあるが、法律には正義も悪も関係ない、どちらかが一方的な加害者や被害者でない限りどちらの味方か分からないような対応をするのが法律の怖いところなのだ。

 

最近では一方的な被害者であっても全く救済されないような事例も珍しくなくなっていて、そんな際には上級国民というキーワードがちらついたりする。

 

 

 

 

アメリカでは自分を守るために銃で武装するという文化があり、さすがのアメリカでもそのことに賛否が分かれ始めているが、それに対して日本では相変わらず事なかれ主義が強いのは、事を構えると損をしたり不利を被ることが多いから。

 

 

しかし、だからと言って怒りのコントロールが上手なわけではないのは、処世術やライフハックでアンガーマネージメントがテーマになることからも分かる。

 

 

こうやって考えると、何やら正義と怒りは非常に近い関係だと思えてくる。

 

元々は正義に反するから怒りを感じていたはずだと思うが、いつの間にか突発的な怒りを感じた時に、自分には正義があると反射的に思うようになったのかもしれない。

 

今感じた怒りにはきっと正義があるはずだから、正当化されるだろうと無意識に思い込んでしまうのかもしれない。

 

 

実際に感じる怒りは、むしろただのムカつきと表現した方が似合いそうな気もする。

 

相手が悪いというよりも、自分の機嫌が悪かったり、抱えてるストレスのせいで、極端に許容度が低下しているだけなのかもしれない。

 

 

良いか悪いかは別にして、日本人にありがちな事なかれ主義は、不利を被らないためのアンガーマネージメントの一種とも言えそうだ。

 

そして、そうなったのは日本独自の法解釈や裁きのあり方に端を発してると気付くと、立派な生活の知恵と呼べそうだ。

 

 

日本では、よほど法律を味方にできる自信があるか、自分や家族を守るためにはそんなこと言ってられないという場合を除けば、正義を振りかざすことは避けた方が良いはずで、これは決してヘタレな反応ではない。

 

 

こうやって書いていて改めて思ったのは、古い映画で高倉健が演じていた役まわりのような生き方は日本の法律や裁きのあり方の結果生まれていたんだなということだった。


 

嗜好品と必需品

コロナでカメラ業界がダメージを受けているということを具体的なデータを示しながら、次を模索することが大事だとアピールする記事があった。

 

この記事の最後は、次のように締め括られていて、それを読むと決してカメラ業界に限ったことではないなと感じられる。

 

 

今後どうなる? コロナ禍で激震が走るカメラ業界の未来

「withコロナ時代」では生活スタイルが大きく変化し、生活必需品に対するニーズが高まるいっぽうで、カメラのような嗜好品に対してはその価値がさらにシビアに評価されることになるだろう。

 

 

好みや趣味を嗜好と表現する場合は、反対語は存在しないように感じられるが、嗜好品と表現するとその反対には自然と実用品や生活必需品を位置付けてしまいがちだ。

 

 

メカが好きな人の中には工具にこだわる人が多い。

 

究極の実用品である工具でありながら、メカ好きは工具に想いを込めたがるので、美しい工具を美しい状態で使いこなしたいと望むし、こだわりの工具を使って作業すると作業の質そのものも高くなることが多いが、それは気持ちの差が意識の高さの差につながるからだ。

 

そういう人にとって究極の工具だと言われるのがスナップオン社の工具。

 

余談だが、スナップオンの工具の反対側に位置する工具は百均の工具になるだろう。

 

使えば分かるが、百均の工具は作業の途中で破損したり、作業そのものをこなせない場合も少なくない、うまくいったらラッキーなくらいですらある。

 

徹底的に実用品であるはずの工具ですらピンからキリまであるが、最終的には作業の質を担保することにもつながるとすれば嗜好の極みのようなスナップオンが究極の実用性も実現してると言えるのだ。

 

 

趣味嗜好は、実用や生活必需の反対側に位置すると思ったり、実用や生活必需の上に位置してると思いがちだが、実際には側から見ると大した違いはなく、大きく違うのは気持ちや意識の持ちようだけなのだ。

 

 

楽や便利を求めれば求めるほど、やることなすことが全て実用や生活必需の範疇に属してしまう。

 

全く同じことを額に汗して手探りで作業すればするほど趣味嗜好の度合いが高まるのだ。

 

作業難易度や完成度の高さに、楽や便利を持ち込めば持ち込むほど趣味嗜好的な行為は実用的な行為になり、同じ作業をしても喜びが減っていくのかもしれない。

 

ある程度のことがこなせるようになった時に、さらにそれ以上を求める際には自分自身が変化することで活路を見出す方が満足度が高まるのではと感じる。

 

 

冒頭で紹介した記事にはカメラ業界の事情として、歴史あるカメラ誌がコロナ以降続々と休刊を発表してることも取り上げている。

 

多くの分野に多様性やダイバーシティが見られるということは、一つの問いに対して答えが人の数だけあってもおかしくないということを示すので、歴史や伝統が色として定着してるメディアは合う人がどんどん減ってると考えれば必然的な流れで、辞め時を探っていたところにコロナが発生したのでそれに乗っかっただけだとわたしは感じている。

 

 

趣味嗜好の充実を図りたい場合は、新しい何かを買うよりも、手持ちの必需品を使って自分自身の行動を変えることで活路を見出す方が、より楽しめるだろうなと感じる。

 

そういう行動を積み重ねると、今思っているものとは全く違うものに関心が移っていくかもしれない。

 

自分自身に予期せぬ変化が起きることはきっと楽しいはずだ。

 

『カエル(蛙)化現象』って知ってますか?

今朝新聞を読んでいて、その中の相談コーナーに寄せられていた恋愛相談の回答の中にカエル化現象ということばが使われていた。

 

その回答の中ではカエル化現象についても説明されていたが、初めて聞くことばだった。

 

カエル化のカエルとは蛙のことで、この蛙とはグリム童話の『カエルの王子様』の蛙に由来し、Wikipediaではかえるの王さまと表記されている。

 

 

恋愛相談におけるカエル化現象とは、主に女性が患うモノで、両想いになると相手を気持ち悪く感じたり、気持ちが冷めてしまうというもので、そのプロセスがグリム童話にそっくりであることに由来してるらしい。

 

 

いつ頃から使われてるのだろうかと思いGoogleTrendsで見ると、

 

 

GoogleTrends「蛙化現象」 「カエル化現象」 2004年以降

 

 

 

検索の際は、カエルは蛙で検索されてることが分かり、昔から使われてるものではなく、比較的最近になって使われるようになったことが感じられる。

 

 

2017年の年明け頃に蛙化現象の話題があったのだろう。

 

さらに検索すると、もしかするとこのブログがキッカケだったのかなと思えるものが見つかった。

 

 

www.nagoyamisato.com

 

 

このブログを読むと分かるが蛙化現象は、心理学の世界でもテーマになってるらしいのだ。

 

とっても奥の深いブログなので興味のある方には一読を勧めます。

 

 

 

日本心理学会大会発表論文集の68巻に、藤澤伸介先生(跡見学園女子大学)の「女子が恋愛過程で遭遇する蛙化現象」という会議録があるとのこと。

 

 

 

この会議録によると、女性の約7割がカエル化現象を経験するらしいのだ。

 

恋愛において男と女がすれ違うのも当然だ。

 

恋愛よりも打算の方が、関係を安定させるためには役立ちそうだと思えてくる。

 

こう考えると、お見合い結婚には関係性の安定を図るという意味では一定の合理性があったのだなと思えてくる。

 

 

離婚や不倫が全盛なのは恋愛から始まるからなのかもしれない。

 

 

なんとなく分かってはいたが、やっぱり主導権は女性が握っているのだ。

 

しかし、女性の側もそんな自分を十分にコントロール出来てないから相談が寄せられるのだ。

 

 

何事も単純明快には行かないのが人生と思うしかなさそうだ。