違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

自分にとってのデフォルトとは?

感染者が増えた減ったと一喜一憂。

 

その理由としての人流が増えた減ったと一喜一憂する今日この頃。

 

 

思えばコロナ前だと家にいることはあまり良いことだとされなかったような気がする。

 

家にいることに意味や目的がある活動でもしてない限り、家に居続けることは評価につながる事が少なかった。

 

必然的に現代人のDNAには、身体が元気なら、する事があろうとなかろうと取り敢えず外出するのがデフォルトという生活が基本だった。

 

そして多くの場合、外出すれば程度の差はあってもなんらかのコミュニケーションがあるものだ。

 

最近著しくコロナ感染者が増えて、その度に減らぬ人流が取り沙汰されるが、それは生理的なガマンの限界のせいだろうなと感じている。

 

オリンピックが言い訳に使われる傾向がありそうだが、2年連続で夏をエンジョイできないことは人に依っては死刑宣告にも似た辛さを感じていても不思議はないだろう。

 

外出することがデフォルトであるように、夏をエンジョイすることも充実した人生にとってはデフォルトだというのが通説だからだ。

 

 

このように考えていると『デフォルト』ということばの不思議が感じられる。

 

デフォルトには大きく二つの意味がある。

 

      1. 債務不履行
      2. 初期設定

 

ビジネス用語として使われる場合は債務不履行という意味で使われることが多く、それは契約を守らないことを意味し、多くの場合では約束されたはずのお金の支払いをしなことを意味し、デフォルトが確認された企業や経営者は社会的な信用を失う。

 

では、なぜこの債務不履行を意味するデフォルトが初期設定という意味になるのか。

 

初期設定という意味で使われる場合はIT用語になるが、日本ではピンとこない人もいるだろうが、欧米ではPCなどは自分に相応しい設定に変えることが当たり前で、買った時の初期設定で使ってることは正しく使ってないことを意味し、場合によっては軽蔑の意味も加わるといわれている。

 

夏の暑さの下でスポーツすることは、長年日本人には気合と根性だけでなく青春すら感じさせるものだったが、2020東京オリンピックで「死んだら責任取れるのか」激しい暑さと湿気にメドベージェフ怒りの抗議

となるほどに、そもそものデフォルトの意識が全く違っていることが露呈した。

 

暑かろうが苦しかろうが、それはライバルも同じこと、そう考えがちな日本人アスリートにとっては与えられた環境に対しては文句を言わないことがデフォルト。

 

一方、海外のアスリートにとっては自分のベストパフォーマンスのために必要な環境確保に尽力するのがデフォルト。

 

 

この場合、どちらかが正しくてもう一方が間違ってるわけではない。

 

違っているのはデフォルト(この場合は初期設定の意味)に対する意識だ。

 

 

デフォルトでベストを尽くせるようにと考えるのか、それとも、ベストを尽くせるようにデフォルトの設定に満足しないのか。

 

目指す究極は同じだとしても、アプローチは全く異なっている。

 

 

これは他人事ではなく自分事でもある。

 

 

今年の夏は自分のデフォルトを再確認するには相応しいかもしれない。

 

 

自分なりのルーティンを持ってるか!

一流のスポーツ選手が、ここぞという時に意図的に決まった動作を行うことはルーティンと呼ばれる。

 

英語ではroutineとなるが、由来はフランス語で、固く踏みしめられた道のことらしい。

 

 

良い結果が出せるアスリートが決まってやってる行動だと、実際にはただの縁起担ぎや習慣というだけでも、世間は勝手に深いい意味を感じ取り自分も取り入れたいと思ったりする。

 

 

評価されるルーティンは、自分を律してるように感じられるが、そのようなもの以外のルーティンの方が世間には多く存在してるのではないかと自分自身を観察してそう思う。

 

律した結果取ってる行動というよりも、気がついたらまたやっていたという行動が多いのだ。

 

例えば、時間は十分にあり好きに自由に行動して良い場合に実際に何をするかというと、かなりワンパターンな行動だったりを感じることが多いのだ。

 

 

 

車やバイクや自転車で、自由にどこでも行って良いとしても、自分一人で行動すると行き先や目的地は案外ワンパターンになりがちで、そのような時はその行き先や目的地は自分の居場所だと感じられるようになる。

 

 

たまに違う場所を目指しても居心地の悪さやここじゃない感があったりする、ということは少なくない。

 

経験上、自由に好き勝手に行動してるように見える人ほど会話の端々からワンパターンが感じられるのだ。

 

このワンパターンのあり様はかなり個性的で、仲間で行動するような場合にはあまり出ないのだ。

 

程度の違いはあれど、誰にでもあるだろう、身近な人は知らない自分だけの過ごし方が。

 

ことばにすると秘密めいた悪事を感じさせるかもしれないが、実際にはその反対で、どうって事ないありふれた事ばかりなのだ。

 

 

 

余談だが、時間があれば本を読むことはルーティンに加えても良いように感じるが、時間があればスマホやSNSをするというのはルーティンには含まれない気がする。

 

違いは何かと考えたが、強いていうと心が落ち着くか乱れるかの違いに思える。

 

 

 

 

ただ、そういうどうって事ない事が心の安定には一役買っている可能性は高いように感じる。

 

 

ルーティンやジンクスなど、簡単だけど他人と共有する事が馴染まない事を持ってるか持ってないかの違いで付く差が大きいように感じる。

 

 

自分のルーティンに気付いてますか?

 

 

他人のことばかり意識してる人は、本来の自分のルーティンには気付かないままかもしれない。

 

 

 

自由とボトルネック

自由について考えていたら、昔の関所が思い出された。

 

昔は行きたい場所に行く自由は当たり前ではなかったのだ。

 

支配する者がその支配を強固にするために設けるのが関所だったが、それは自由を恐れたからとも言えそうだ。

 

 

 

では翻って、一定の自由が保証されてる現代の関所とは何になるだろうか?

 

そういえば、いろいろな分野でひと頃『自由化』がブームだった。

 

自由化が実現すると競争が起きるようになる。

 

ごく一部にのみ参入が許可されていた分野が解放されることで、プレイヤーが増えると自然に競争が起きるのだ。

 

このように考えると、自由化前の状態では関所の役目は競争させないことだったといえそうだ。

 

 

自由化と呼ばれたわけではないが、結果的に自由化と同じことが起きたこともある。

 

こちらは、むしろ革命と呼ばれてるくらいだ。

 

 

 

 

現代風に言うと、関所はボトルネックと呼んだ方が相応しそうだ。

 

 

最近、地震や台風や大雨などの自然災害が甚大になっているが、このような時に深刻なダメージを受ける部分もボトルネックに該当しそうだ。

 

川にかかる橋が一本流されるだけで、その橋の周辺の生活は大きく変わるし、その橋に近い別の橋も需要が変動することで不都合が起きるかもしれない。

 

私たちの生活の身近には見えないボトルネックがたくさんあるのだ。

 

 

見えないボトルネックに気付くことはリスクマネジメントと呼ばれる。

 

ごく当たり前の日常生活がプランAならば、リスクマネジメントはプランBやプランCを準備することになる。

 

 

コロナ禍でテレワークが注目されてるが、ここにもさまざまなボトルネックが存在していて悲喜交交を生んでいる。

 

大きく二つに分かれる。

 

  • コミュニケーションの質

 

  • 通信品質

 

 

コミュニケーションに関してはだいたい予想通りで、テレワークであろうとなかろうと残念な人は残念なまま。

 

意外と気付きにくいのが通信品質。

 

コミュニケーションの問題だと思っていると実は通信品質の問題だということも多い。

 

問題点は共有されても、解決の道筋は共有されない。

 

この場合、ボトルネックの本質は結局共有されないことになる。

 

 

さて、今が旬のコロナワクチンにもボトルネックはある。

 

アカデミックな議論を好む人だと需要と供給を巡っての情報の発信にボトルネックがあると捉える傾向が強いが、接種するしないの判断の分かれ目もボトルネックになるはずだ。

 

反ワクチンなどと呼ばれる層の人達は、その人達なりに合理的に考えているのだ。

 

合理的に考える中には損得勘定も含まれるし、もっと別の理由だってあるだろう。

 

 

 

自由について考えていたら不自由なことばかりを考えていた。

 

モデルナの接種一回目(追記あり)

喜んでワクチンを接種したいとお思うタイプではない私にとってのワクチンは税金のような位置付けで、社会のためには必要だろうという種類のものなので、接種したくない人の気持ちはよく分かる、どんな理由であろうとも。

 

そんな私が今日一回目の接種を受けた、モデルナだ。

 

本当はファイザーの方が良いかなと思っていたが、ファイザーだと予約できる日程の全てが埋まっていて、選択肢はモデルナしかなかった。

 

気分は、残り物には福がある、だ。

 

 

予約は13時〜14時で、接種会場までは自転車で出かけた。

 

できるだけ汗をかかないようにゆっくりと走りながら10kmちょっとを移動、気温35℃でゆっくり走ってもそれなりに汗をかくことは分かっていたので凍らせたタオルをバッグに入れていた。

 

会場は、コロナがなければクルーズ船の船着場になる場所だったので海風があるので日陰さえ見つけられれば汗はすぐ引いた。

 

30分くらい前について汗を引かせた後で入場、7つ位の列があるがどの列も長い行列が出来るわけでもなかった。

 

予診票のチェックを受ける中で服用してる薬については、血液をサラサラにする薬でさえなければそんなに神経質にならなくて良いというようなことを言っていた。

 

 

 

列に並んでる時に目に触れそうな場所には、注射を打つ際には手を腰に当てたりしないようにと張り紙が出ていたので、わたしは手をぶらんとさせていて、その状態で注射してもらったが、後でそこは結構重要なポイントだったと知った。

 

基本的には左腕に注射するとのこと。

 

 

 

 

ファイザーの場合は待機時間は30分と聞くことが多かったように感じるがモデルナの場合は15分だった。

 

f:id:chigau-mikata:20210727194722j:plain

 

接種後6時間以内に何か変化があれば、それを記そうと思ったが、特に大きな変化は何もない、強いて言えば少し左腕が重いような気がするが、腕の可動域等には変化は全くないので実害はゼロ。

 

モデルナは一回目よりも二回目の方が副反応が大きく出るらしいが、人によっては一回目でも翌日以降に副反応が出る人もいるらしいので、何か症状が出たら追記したい。

 

二回目の予約は8月31日。

 

 

ちなみに今日の19時時点での接種状況は、

 

f:id:chigau-mikata:20210727194824j:plain 

https://news.yahoo.co.jp/pages/20210122

 

 

となってるらしい。

 

 

<追記>

 

翌朝目が覚めると注射した辺りの腕の重ったるさが昨日よりも大きいことに気付くが、痛みや動きの悪さはない。

 

水平思考で格差や偏差値について考えると

イノベーションはありがたがられるが、そのイノベーションが普及してコモディティになると途端にバカにされる傾向がある。

 

バカにされるというと誤解を招くかもしれない。

 

普及したということは良い意味で受け入れられた結果なので高く評価されて良いはずなのに、普及してメジャーな存在になると希少価値はないと判断されるようになっている気がする。

 

 

ビジネスの成功とはメジャーの座を手に入れることのはずだから、普及させた功績は大きい。

 

しかし、一旦普及の動きが見られるようになると、一斉に真似やパクリが増えるようになる。

 

これがコモディティ化だと捉えられる。

 

だからこそ『最初』が過度に評価される。

 

ビジネスの世界では『最初』の企業が独占する傾向が強いからだ。

 

 

このようなことを世間の動きに感じるたびに思い出す話がある。

 

 

養老孟司先生が偏差値について語っていた話で、以下のようなものだが、出典は覚えてないし、私の脳内の記憶であって本当はそんなこと言ってなかったかもしれないというあやふやさはある。

 

 

〜〜記憶している養老先生の話〜〜

 

世間では高偏差値がありがたがられるが、それは間違っている。

 

わたしは東大の医学部に入って以後東大で教鞭を取って長年過ごしてきて、高偏差値の人間を嫌というほど見てきた。

 

もしわたしが、辛うじてまともな人間でいられたとしたら、それは解剖医として死体とばかり向き合ってきたからだ。

 

偏差値に関していうと、高偏差値も低偏差値もやがては中央値(偏差値50)に吸収されていく。

 

これって、自然淘汰の理屈と全く同じなんですよ。

 

つまり、高偏差値人間は淘汰される側の人間なんですよ。

 

〜〜終わり〜〜

 

 

 

この話を思い出すと、イノベーションとコモディティの関係が違って見えてくるのだ。

 

コモディティの領域には劣悪な粗悪品も混じってるが、それは本来のコモディティではない、紛れ込んだ低偏差値であって、本来は淘汰排除されるべき存在なのだ。

 

現代の特徴として、イノベーションからコモディティへ至るプロセス時間が極端に短くなっているということがあり、陳腐化が速いと表現される。

 

 

最近、日本の劣化と取り沙汰されることが多いが、これって日本人のほとんどが偏差値の中央値の付近に固まっていてバラツキの幅が極端に少ないことを意味してるように感じられる。

 

収入や所得を評価軸として、その格差の拡大と偏差値のばらつきを同一視する傾向が強いが、そこに振り回されてしまうと、本来は淘汰される側ではないはずなのにモチベーションを喪失し淘汰されるようになるかもしれない。

 

格差や偏差値が基準として定着すると、相対性ばかりが気になるようになる。

 

他人と自分を比べて一喜一憂するようになるし、比べる相手は往々にして身近な誰かだったりするので、勝ってると思ったら勝手に優越感を感じ、負けてると思ったら勝手に敗北感を感じてしまうようになる。

 

これは垂直思考に囚われてるからだ。

 

こんな時こそ水平思考の出番だ。

 

他人と比べるのではなく、昨日の自分と今日の自分の比較であり、今日の自分と明日の自分の比較が大事になる。

 

そして、もっと大事なことは、比較した結果に一喜一憂する必要はないということだ。

 

比較する意味は、変化を確認することにのみあるのだ。

 

水平思考で世間を見渡すと、大して興味もないことにエネルギーを注いでいたり、すごく興味や関心を持っているのに全くエネルギーを注いでいないことがあることに気付くだろう。

 

 

日本ではどうだか分からないが、IOCのゴリ押しで始まったように見える東京オリンピックは、IOCがゴリ押しできたのはNBCが強気だったからだが、そんなNBCの思惑に反して全米でのオリンピック関連の視聴率は過去最低だと伝わってくる。

 

 

『オリンピック=高偏差値のスポーツエリートの祭典』は、スポーツにおけるイノベーションとして始まったような気がするが、派手な演出が加えられてもコモディティ感が否めなくなっている。

 

国の威信をかけてメダルの数を競い合うことが急速に色褪せてるように感じられるのはコロナのせいだけではなさそうな気がする。

 

 

そんなつもりはなくても水平思考の時代に移っているようだ。

復興を象徴する桃の力!

気持ちの良いニュースがあった。

 

「福島の桃、食べ過ぎて太ったよ!」米ソフトボール監督が福島県でのおもてなしに「アイラブ・フクシマ!」と感謝

「みんな、福島の桃が美味しいって言うからどうしてもトライしたかった。食べてみたらとても美味しくて、食べ過ぎて太ったよ」

 

福島で進む復興についてコメントを求めると「初めて福島に行った人は、福島で大災害があったとは思わないだろう」と私の目を見て力強く答えた。

 

 

 

都合よく復興というワードを利用するオリンピックに、日本人ですらどこにも復興というテーマがないことは分かりきっている。

 

 

しかし、伝わるべくして伝わることはあるのだということに気付かせてくれたのがこの記事。

 

 

 

 

ソフト米代表監督「福島の桃、デリシャス」 ホテルで6個

会見に同席したアボット投手は2009年からトヨタ自動車でプレーする。

 

「当時私も日本にいた。津波や原発事故から立ち直ることは大変だったはず。しかし五輪を開けたという経験が、地元の若者や子どもに前向きな力となってほしい」。

 

 

 

 

意図したものとは全く違うものだが、復興をテーマにした東京オリンピックにも十分な意義があったのだということが伝わってくるようで、それは生活に根ざした草の根の活動の賜物なのだが、きっかけとしてのオリンピックが無ければ伝わらなかったことなのだ。

 

 

 

 

桃が笑顔を呼び復興をアピールしている!

儀式は体裁が整うことが大事

昨夜のオリンピックの開会式、いろんな思いを持ちながら見た。

 

ネガティブな思いが先入観としてありながらも是々非々でと思いながら見ていた。

 

コロナ禍で無観客ということを考慮に入れると、高揚感をいたずらに掻き立てるような感じではない展開には不愉快さは感じなかった。

 

最も注目をしていたのは聖火の最終ランナーだった。

 

しかし、静かな展開が続くうちに徐々に退屈を感じ始めた、ずっと見続けるつもりだったが、放送時間を見て挫けた。

 

20時から23時30分までとなっていた、最終ランナーが聖火に火を灯すのはラストだよなと思ったらシャワーを浴びたり他に済ませることがあるなと思い以後は部分的にしか見てなく、22時過ぎからはラジオで開会式を聞きながらネットやTwitterを見ていた。

 

いつの間にか寝ていてはっと気づいたら0時前で開会式は終わっていた。

 

慌ててネットやTwitterを検索すると、私は勘違いしていたことが分かった。

 

開会式で走るのは最終ランナーの一人だけだと思っていたが、大坂なおみさんが最終ランナーだったという書き込みや、王さん長嶋さん松井さんが3人で走ったなどと出てくる。

 

映像で見ると印象的だったのは、満足に歩けなさそうな長嶋さんを松井さんが絶対転けさせるものかとガッチリサポートしている姿。

 

その他検索すると、天皇の開会の宣言で菅総理や小池都知事に粗相があったと出るので映像を探すと、天皇が宣言してる際に本来起立すべきところ座ったままで途中から起立するのだが、その起立する姿がお粗末過ぎたのだ。

 

コンセプトや演出の是非は体裁が整っていればあまり関係ないように感じられたし、長嶋さんを支える松井さんの姿は演出などではない強い思いが感じられた、これはこれで体裁を感じさせてくれた。

 

それに対して、天皇の開会宣言時の菅総理や小池都知事の姿は体裁が整わないどころか、とんだ馬脚を現(露)したなと感じられた。

 

 

ところで最終ランナーだった大坂なおみさんだが、その姿を映像で見ていて不思議なことにまるで感想が湧かなかった。

 

ポジティブでもなければネガティブでもなく、無感想だったのだ。

 

Twitterで検索すると賛否両論あるが、どちらも勢いを感じない。

 

 

その後寝て、今日になって目を覚ました後でGoogleTrendsで世界中で大坂なおみさんがどのように検索されていたか比較してみた。

 

過去1年の推移。

 

GoogleTrends『大坂なおみ』『Naomi Osaka』

 

 

ご覧のように、世界ではそれなりの反響を得てることが分かるが、日本ではまるで関心を集めてないのだ、もちろん期間を最近一週間や1日にするとグラフは上がるのだが……。

 

世界に向けてのメッセージとしては大坂なおみさんという選択は間違ってなかったのだろうが、日本人に対してはまるでアピールしてなさそうで、これまた体裁の整わなさが感じられた。

 

ただ大坂なおみさんは聖火リレーに失敗したわけではない。

 

 

首相と都知事の体裁の悪さが日本人には大きく印象として残ったように感じる。

 

海外の方にとってはどうでも良い違いかもしれないが。

 

 

儀式においては体裁が整うことが、コンセプトや演出よりも重要だと感じられた。

 

 

東京オリンピックの第一幕の印象は覆水盆に返らず。