違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

『コトバのあなた☆マンガのわたし(萩尾望都)』が教えてくてたこと!

表現としてことばを用いるか、あるいは写真(静止画)や動画を用いたり併用することによる違いは、どのように説明されたり解釈されるのだろうかという興味があった。

 

もちろん、そんなこと一人一人が自分なりに感じれば良いことだとはわかった上での興味だ。

 

そういう気持ちでずらりと並んだ本のタイトルを見てる中で、そそられるタイトルがあった。

 

『コトバのあなた☆マンガのわたし』萩尾望都 対談集

 

 

萩尾望都の対談集コトバのあなた☆マンガのわたし、この本は2012年に出版されてるが対談の中身は1980年代になされたもの。

 

この対談の中で印象に残った部分を紹介したい。

 

きっと、ビジネスにも遊びにも活かせることばとなるでしょう。

 

 

吉本隆明との対談(1981年)。

 

〜〜〜

 

萩尾

友達によると、小説を読むにしても、小説だけを読む人と小説を通りこして作家を読む人といますけど。わたしはちょっと、ああ、そういう読み方もあるのかって感じで。

 

吉本

ご自分はどちらですか。

 

萩尾

わたしは小説は小説だけ読むという感じです。あと作家を見たかったら、別の方向から小説を全部読んでまとめて換算するとか、そんな感じになります。

 

吉本

絵を表現される場合はどうですか。つまり萩尾さんはどう読んでもらえばいいわけでしょうか。両方読んでもらいたいってことでしょうか。

 

萩尾

いや、わたしはけっこう、とか言って。その手前ぐらいでいいです(笑)。

 

吉本

作家ってのは一般に、批評に対する関心ってないんですよ。

 

萩尾

これは時々遊びでやるんだけど。自分でマンガ描いてて、自分が今、何を描いてるのかって不意に不安になってね、第三者の立場で評論やり始めるわけですよ。で、一人だけやっても心もとないから、十人ぐらいまとめてやるわけです。たとえばストーリー性についてとか、キャラクターの特徴についてとかって、パーッとやるでしょう。そうしたら結局いろんな人の長所と欠点が並ぶわけだから、その中に自分のも入ってる。ああ自分のはここが悪いんだな、あそこが悪いんだなって、きれいにわかるわけ。じゃわかったから次からなくなるかというと、そんなことじゃぜんぜんない。バッチリ、何作描いてもちゃんと欠点はあるわけです。あの人はこういう良いやり方をしている、自分だってそれぐらいのことはできそうなもんだから、こう描けば欠点も隠れていいんじゃないかと、頭ではわかるわけね。文章にしてみると。でも実際に自分がつくる段階においては、ぜんぜんそんなことはできない。同じような歩き方はできない。だからわたしはもう評論はやってもだめだ。

 

(中略)

 

だから映画なんか観て、あれがどう、これがどうって映画評論家の人なんか言ってて、言うことはとってもわかるんだけど、わかったにしろ、つくるほうの人は、耳で聞いたとおりにはつくれないと思うわけ、ほんとに。自分がそうだから。

 

吉本

そりゃそうですね。

 

〜〜〜

 

 

 

 

野田秀樹との対談(1987年)。

 

当たり前のことを言ってるだけなのに新鮮な印象を受けた。

 

〜〜〜

 

野田

でも、いいですよね。(マンガ)は気に入った通りに動かせて。時々そう思う。本物の人間を演出してると、何で背中が曲がるんだ、この野郎(笑)とかさ。こうだろ、こうだろって時に、マンガなら描けるわけよ。

 

萩尾

確かに(笑)。だから本当に演出って体力使って、竿全部持ってるようなもんでしょう。釣り糸のついた竿っていうと変だけど……。バランスが大変だなーって思うんですよ。

 

野田

でもとりあえず、こうしたいってことを決めといて、こうだからっていうのが最初にあると納得しますね。たとえば役者。こういう衣装着たいとかあるわけ。「いつもこういう衣装着せられてるから、萩尾さんの作品だったらきれいなドレス着せてもらえるんじゃないかと思ったけど」って言うから、「いや白でいくから」(笑)……。それ以上のこと言えなくなるわけ。これは白がきれいなんだって……。でもやっぱり、それはそうなんですよ。あかり(照明)なんかも白はいちばん嫌うんですよ。はねるから……。でも、白でいきたいとなればそうする。だから、あかりなんかにいつも苦労かけてる。たとえば、上から何かモノを落としたいとすると、その部分だけ照明機材を吊れないわけです。すると、(あかりは)横からになる。最終的にいえば、その落としたいモノがどれだけの効果を出すか、という話になってくる。

 

(中略)

 

萩尾

そういう風に理解してもうために、10人、20人からの人を動かすとなると、言葉が問題になってくるでしょう?

 

野田

言葉というか……。声の大きさでしょうね(笑)。

 

(中略)

 

野田

うーん、でも、たとえば戯曲の盲点をつかれた時なんか、答えられませんからね(笑)。「うーん、そうだな。矛盾してるな」なんて、しゃあしゃあと言える方がいいんじゃない?「ホントだ、矛盾してる」なんてね(笑)。次までに考えとくしか言いようがないですからね。

 

萩尾

役者さんが、そう言ってくるわけ?

 

野田

矛盾してるっていうか、向こうも遠慮しいしい言うんですよね。「ここはこうなるんですよね。ここでこうすると、何かちょっと変な気がするんですけど」とか……。ホントだなーなんて(笑)。

 

萩尾

あ、でも、それってすごくいいですよ。なまじ言い訳したり、作ったりするよりは……。役者さんも安心するんじゃないかな。だって監督さんによっちゃ言い訳する人いるでしょ、わかってなくて。だんだんイライラしてきますよ。

 

〜〜〜

 

 

今となっては一昔前に感じる2012年に出版された上に中身は1980年代の対談とあっては古臭いだけでもおかしくはないのだが、一周も二周も回ってなお新しい発見が得られるような中身だと感じられた。

 

 

萩尾望都さんはあとがきでこう述懐してます。

 

〜〜〜

 

80年代。

わたしは30代になり、読者対象としていた少女達からはオバサンの歳になりました。児童マンガは回転の速い職業です。対象年齢に作家が近いほど、共感性が高いのです。流行語ひとつとっても、カルチャーが近いですから。

 

オバサンになった私は、少女マンガはもう無理だから、……、と思っていたら、

 

(中略)

 

少女マンガを卒業しない読み手がだんだん増えていったのです。

 

〜〜〜

 

少女マンガを卒業しない読み手が増えたということは、変化しない人が増えたということなのか、それとも変化した結果なのか。

 

時代の変化や、社会の変化、周りの人の変化には気付きやすいが、自分も変化してることには案外気付きにくい。

 

そしてそれ以上に、人には変えようと思っても変われない部分が誰にでもあると分かったことが新鮮だった。

 

今回は、わたしの守備範囲には全く存在しなかった世界だったが、思った以上にわたしの興味と重なっていておもしろかった。

 

 

 

 

この対談はシリーズになっているようで、1990年代は、

 

 

 

2000年代は、

 

 

 

自分の守備範囲に無いものには思わぬ発見や気付きが隠れてるかもしれない!

 

変化した群衆心理には共通するベクトルはない!

多勢の人がいっせいに同じ行動を取ることで発生する群衆や行列には、勘違いさせる力がある。

 

それでもあなたは帰りますか? 帰宅困難者「群衆雪崩」の危険

個人レベルでは、第一に、人が多そうな場所に行かないことが大事。情報があるのではないかとターミナル駅に人が集まることが予想されるが、絶対に行ってはダメです。

 

 

 

これらに共通してる心理が正常性バイアスと呼ばれるもので、分かりやすく言うと『赤信号みんなで渡れば怖くない』だ。

 

 

何も起きないのは危険が排除されてるのではなく、たまたまだ。

 

 

群衆や行列が作り上げる錯覚が正常性バイアスで、典型的な群衆心理。

 

 

さて、写真家で『群集』をテーマの一つとして扱っているのが土田ヒロミさんだが、土田さんは写真集の中でおもしろいことを言っている。

 

土田さんの写真集で群衆をテーマにしたものが2冊ある。

 

1990年に出版された『砂を数える』は、1976年〜1989年の白黒の写真集。

 

2005年に出版された『新・砂を数える』は、1995年〜2004年のカラーの写真集で、この写真集には『砂を数える』の写真も掲載されている。

 

1989年は昭和天皇崩御の年。

 

土田ヒロミ 写真集『新・砂を数える』

 

  

 

土田さんの目には、1989年以前の昭和の群衆にはベクトルが感じられたらしいのだ。

 

社会学的な、あるいは心理学的な分析をしたのではなく、写真を通して見える群衆の様子にベクトルが感じられたらしいのだ。

 

その最後が昭和天皇の崩御の時らしい。

 

 

その後、バブル景気が崩壊すると世の中がバーチャル化に向かい出したように感じたので、それを機にカラーで群衆を撮影し始めたのだ。

 

実際に写真集で見比べると分かるのだが、色の違いや人々の装いの違いだけでは説明が付かない変化が感じられるのだ。

 

土田さんは『新・砂を数える』の後書きにこう書いている。

 

しかし、それまでの「群れ」とは変質してきている「群れ」のかたちに気付き出します。一つのベクトルの方向へ動くことがなくなった群れ、互いに距離をとって群れる姿が見えてきたのです。

 

(中略)

 

そんな中、自分の表現が予測し得なかった展開を見せていきました。それが『新・砂を数える』です。

 

 

 

興味のない人が外野から見てると同じ種類の人に見えても、ベクトルが違うということに現代は溢れている。

 

 

 

 

 

 

何でもありに思える芸術の世界ではベクトルが問われる、だから写真家の土田ヒロミさんはベクトルへ意識が向かったのだろう。

 

 

 

 

現代は、無さそうに見えても在るのがベクトルの違いだ。

 

あなたの何気ない行動にも深層心理レベルではしっかりベクトルが効いているはずだ。

 

『間違ってる』が減っている!?

悩みがあるから相談するのか?

 

相談する(したい)から悩みができるのか?

 

アカの他人の悩みを知ることがある。

 

テレホン人生相談を始め、誌(紙)上やオンラインメディア上で公開されるものが多いから。

 

それらを聞いたり見たり読んだりしてる人には二種類の反応がある。

 

  1. 相談者の側に感情移入する
  2. 回答者の側に感情移入する

 

 

相談者の側に感情移入すると、自分だったらそういう場合どのように行動するのだろうかと考える。

 

このように考える場合、自分自身と相談者が近いと感じたり、似てる(≒同じ)と感じたりするからかもしれない。

 

 

回答者の側に感情移入する場合は、ゲームを楽しむような気持ちで出題されたお題に対して自分なりの答えを考えてるような気持ちかもしれない。

 

このような場合、身近な誰かを相談者に見立てているかもしれない。

 

相談者の相談内容にも、回答者の答えにも、その時代が持つ空気感が知らず知らずのうちに反映されているだろう。

 

相談者と回答者以外にも当事者がいる。

 

その相談をビジネスとして企画した側だ。

 

企画した側には、企画を成功させる必要がある、というよりも失敗したくないという思いが強いかもしれない。

 

企画としての成功も失敗も、視聴者や読者の反応次第であって、相談者の満足ではないはずだ。

 

しかし、だからと言って相談者がいなければ企画が成り立たないので、そこのさじ加減は企画する側に求められるだろうが、そこにも時代の空気感は重要な役目を果たすはずだ。

 

最近の人生相談はそんなに熱心には追いかけてないが、時々タイムラインで見かけると読む程度だが、厳しいことばでの回答が昔に比べると減っているように感じる。

 

内容は厳しくても、ことばは柔らかくなり一定の配慮があるように感じられる。

 

 

世の中の空気が、叱られて伸びるよりも褒められて伸びたいにシフトしたことと無関係だとは思えない。

 

 

叱られるというのは、間違った場合にされること。

 

間違っているように感じられるからと叱ると、その叱りが通用しないことが増えているような気がする。

 

それに対して、褒めるというのは必ずしも褒められるような何かをしてなくても違和感なく使える、その使い方が気持ち悪くなければ。

 

 

昔は間違いなく存在していた善悪や正誤のような価値観が、フラットなものにシフトしてるとすれば、世の中から『間違ってる』が減っているのかもしれないと感じられる。

 

自分自身のことは意外と気付きにくいが、他人のことだとすぐに「その振る舞いは間違ってる」と反応することが増えている。

 

おそらく自分では気付かないだけで、他人の目からは「あなたの行動は間違ってますよ」と思われることをしてないとは限らない。

 

ついつい『間違ってる』と反応されることの多くに『分かってもらえない』が隠れているような気がする。

 

 

他人の行動に対して『間違ってる』と思う時には、自分が『分かってない』だけかもしれないと思うと、感情にブレーキがかかるような気がする。

 

逆に、『分かってもらえない』と感じる時は、自分の何かが周りや相手の感情を刺激してるかもしれないと気付いた方が良いのかもしれない。

 

他人の行動に『間違ってる』と感じることが多い人ほど怒りっぽくなる。

 

怒りっぽい人は正義感が強いなどと言われるが、正義感に見えたのは判断力の欠如なのかもしれない。

 

最初のきっかけである『間違ってる』という判断(反応)が間違っていたのかもしれないのだ。

 

表面に現れるトラブルや不都合の背景にはいくつもの『間違ってる』が組み合わさってるはずだ。

 

そういう場合、最初に『間違ってる』と思ったことが間違いで連鎖的に間違いが起きている。

 

 

世の中からは、思ってる以上に『間違ってる』が減っているかもしれない!

満員電車!

こんなニュースがあった。

 

 

 

結果的には、駅員も警察も女性を諭そうと懸命だったようで冤罪にはならなかったようだが…。

 

満員電車の中での痴漢というのは、昔は女性が恐れいたもので事件として発覚することが少なかったように記憶しているが、これは被害に遭った方が泣き寝入りをしていたからでもあるだろうし、声を上げてもその声が通り難い(男)社会の風潮もあったのかもしれない。

 

しかし、現代では男性の方が痴漢の冤罪を恐れるようになっていて、時間の流れの威力にはつくづく驚かされる。

 

 

しかし、満員電車の中での振る舞いとして男女関係なく共通する問題(課題)として、電車の揺れにどう対処するかということがある。

 

大きく二通りに分かれる。

 

揺れに身を任せて前後左右の人に身を委ねながら揺れるという人と、揺れに逆らうようにその場でどっしり構えていたいタイプのの人の二種類。

 

わたしは昔は揺れに負けまいとするタイプだったが、一人で抵抗してると揺れてる多勢の荷重を受け止めることになるので結構疲れる作業となり、密かにこれはトレーニングだと思うようになっていた。

 

揺れに負けまいと抵抗する人は、いろんなものと闘うことが好きな人で、負けることが嫌なのだが、そんな自分の融通の利かなさを頭の片隅では意識しているはずだ。

 

わたしは、21世紀になると幸か不幸か満員電車に乗らざるを得ない頻度は激減したので最近の満員電車内での闘い事情には疎くなり、遠い思い出になってしまった。

 

ずっと以前、新宿で乗り換えて山手線を使っていた頃、あまりの満員でぎゅうぎゅう状態だった時に、足を浮かせても体を保っていられるか実験したことがある。

 

もちろんごく短時間しかやらないのだけど、体は挟まれたまま空中で保たれたのだ。

 

その頃の体重は80kgくらい。

 

たぶん自分の体を支えずに寝てる人だっていたはずだ。

 

 

 

このことを経験したことで、いつ自分が痴漢扱いされても文句を言えないだろうなと思うとゾッとしてきたので山手線を使わない環境への引っ越しを考えるようになり2ヶ月後には引っ越したことを思い出す。

 

 

 

以下は、最近の満員電車事情が感じられるツイートです。

 

 

 

 

 

 

満員電車を乗りこなすためには、気力、体力、根性、我慢、諦め、などさまざまなものが求められるのは今も昔も同じようです。

 

満員電車に乗ってる方、お疲れ様です!

 

あなたは『旅の恥はかき捨て派』それとも『立つ鳥跡を濁さず派』?

インスタグラムが日本語に対応するようになったのが2014年の2月から。

 

インスタグラムの普及は写真でリア充ぶりを競い合うという『映え』を巡る争いを勃発させた。

 

GoogleTrendsで直近5年の動きとして『インスタ映え』と『映え』を比較すると、

 

GoogleTrends『インスタ映え』『映え』直近5年

 

 

この二つのワードはほぼ同じ意味で使われてることが分かり、現在でも十分通用することばながら検索レベルでは最盛期の半分の勢いになっている。

 

これを安定期に入ったと見るか、それとも衰退の兆しと見るかは、意見が分かれるところだろう。

 

『映え』を競い合うことが、マナー違反やルール違反を誘発しやすいことでトラブルが増えている。

 

この写真撮影の『映え』を巡る問題はインスタ映えの以前から世界遺産登録地の観光地化で世界中で起き始めていたし、日本では鉄道写真を撮るカメラマンが引き起こす問題がよく話題になっていた。

 

静かで穏やかだった場所に、ある日を境にするように多勢の写真目的の観光客が増えると、商売の面では良さそうだが、それを上回る不都合が発生する。

 

それは自然界で、生息域が違う外来種が大量に持ち込まれたこととよく似ていて、従来成立していた環境を破壊し始める。

 

地元で成立していた人の営みとしての生態系やインフラが機能しなくなることにつながりやすくなるのだ。

 

 

聖域に入らないで 〝神の島〟ルール違反の観光客に苦悩 インスタ目的で立ち入り絶えず 久高島 勝手にプライベートビーチに

問題はインスタグラムだけではない。インターネットやフェイスブック上では、聖地の力にあやかろうとするツアーがいくつも組まれている。西銘幸太さんは「案内人に島の人が入っていないことがほとんどだ。間違った島の歴史や情報が話されているかも知れず、とても心配だ」と不安を語った。

 

 

同じ日本人でありながらも、まるで生態系が異なる外来種のように振る舞う観光客という人種。

 

 

好きを追及することは悪いことではないが、好きなことに勤しんでる姿が見苦しいのはいただけない。

 

日本には正反対の意味を持つことわざが同時に成立することが多いが、このような話を聞くと思い出すのがこの二つのことわざ。

 

  • 立つ鳥跡を濁さず

 

  • 旅の恥はかき捨て

 

 

キャンプやアウトドアにも共通している。

 

 

跡を濁さないように振る舞ってるつもりでも、恥をかき捨ててるようにしか見えない人が増えている。

リデザインなど『リ〇〇』のススメ!

変化には良い変化と悪い変化がある。

 

 

伝統銘菓をロールケーキにしたら入手困難なほど大ヒット、進化する佐賀の和菓子屋

さが錦は軟らかい生地に山芋を練り込んでふんわりと焼き上げた「浮島」と呼ばれる和菓子を美しい層をなすバウムクーヘンで挟み込んだ和洋折衷の銘菓である。佐賀の伝統工芸品に指定されている織物「佐賀錦」をイメージして約40年前に生み出された。

さが錦の特徴はふんわりとした口当たりの浮島と美しくきめ細かい層を織りなすバームクーヘンのコラボレートによる独特の食感と味わいである。「さが錦ロール」はこの特徴を余すところなく受け継いだ商品となった。

 

 

さが錦

 

 

 

この形でありデザインを次のように変えたらヒットしたらしい。

 

 

さが錦ロール

 

 

このように中身は大きく変わるわけではないが、小さな変化で大きくイメージが変わることを狙うのが『リ〇〇』と呼ばれる。

 

代表的なものに、リニューアルやリデザインがある。

 

英語で言うところの『re+(元の単語)』で、(元の単語)にアレンジを加えた意味を持たせる。

 

全く新しいものを作り出すのと同じくらいの効果が得られる力を持つかもしれないのが『リ〇〇』。

 

世間の目に触れやすいリデザインの事例としては企業ロゴや商品やブランドのリデザインがある。

 

冷めた目で見ると、中身が変わってないのに表面だけ変えて何になるのかという意見も多いだろう。

 

コンサルなどが得意顔でプレゼンテーションをしてる姿を見ると私も同じことを感じるだろうが、上手くいけば効果はあるのだ。

 

しかし、世の中はそう単純ではないので上手くいかない事例もある。

 

アメリカのアパレルGAPが2010年にロゴをリデザインしたのだが、このデザインはネット上でブーイングの嵐となり大炎上しわずか2日で元に戻された。

 

下の図の左から右にリデザインされたが2日後には右から左へ戻ったのだ。

 

GAPのロゴの変化

 

海外の事例で日本でもお馴染みのブランドのリデザインの失敗をもう一つ上げると、

 

 

ジュースでお馴染みのトロピカーナも同じ失敗をしている。

 

リデザイン後1ヶ月後に元に戻してる。

 

 

トロピカーナのパッケージの変化

 

Tropicana changed its long-time logo in January 2009 but reverted back to the orange-bearing logo a month later after facing public disapproval and a drop in sales.

 

https://money.cnn.com/gallery/news/2015/09/03/logo-changes-public-outrage/12.html

 

 

 

 

リデザインは気分転換には最適だが、企業が取り組むと莫大なコストがかかるので一大決心が必要になる。

 

しかし、個人にとっては気持ち一つで簡単に生き方だってリデザインできる。

 

趣味や遊びのリデザインも簡単にできる。

 

 

リデザインの良いところは、中身は大して変わるわけではなくても、体験の変化につながりやすいこと。

 

 

注意点は最初にコストをかけ過ぎないことであり、周りからは勝てば官軍負ければ賊軍という目で見られること。

 

それでも、良くない流れを断ち切りたい時や、行き詰まりを感じる時には、リデザインを考えるのに向いたタイミングと言えるだろう。

 

リデザインがうまく行くと、中身は大きく変えずに、印象や体験だけを大きく良い方向に変えることができる。

 

マクロで遊べるcanon SX720HS!

栗林慧(くりばやし さとし)さんという方をご存知だろうか。

 

最近、栗林慧さんのこの写真集を見る機会があった。

 

 

 

生物の撮影を元々の動機とした機材と技法の研究・開発は、生物写真の枠を超えて評価が高い。昆虫を大写しにするほどの接写であるにもかかわらず背景の無限遠までボケがわずかな、極端に被写界深度の深い「虫の目レンズ」や、飛び出す(ballistic dispersal)花粉等の 1/50000 秒を撮影するシステムの実現などがある]。技術やノウハウはスチルにとどまらず動画でもその威力を発揮しており、これまでNHKの番組制作等に活用された。DVDや写真集も多数上梓。

 

こんな写真を撮る方。

 

 

栗林慧さんの写真1

 

栗林慧さんの写真2

 

写真の引用はこの記事から

https://toyokeizai.net/articles/-/160929

 

 

 

このように、手前にある(いる)小さなものや生き物に接近して大きく撮影しながら、背景もきちんと写すというのはできそうで難しいのだ。

 

一般的には高級なカメラであればあるほどこのような映像から遠ざかるらしい。

 

しかし、マクロ撮影(被写体に触れるぐらいまで接近して撮れる)モードを備えたコンパクトデジカメだと似たような画像を撮れる(らしい)のだ。

 

コンパクトデジカメの弱点とされるイメージセンサーの小ささが武器になるのだ。

 

 

OsmoPocketを買って以来、canonのSX720HSを持っていたことを忘れていたが、このカメラはマクロ撮影できるしズームも効くので上手に使えれば意外と面白いのかもと思えたので少し試してみた。

 

近所の公園で小さなものを探してみた。

 

虫がいればと思ったが、さすがに初冬だけあって虫は見かけなかった。

 

 

背景が映るように撮ってみたのがこれらの写真。

 

 

公園で撮った写真1

 

公園で撮った写真2

 

公園で撮った写真3

 

公園で撮った写真4

 

綿毛はタンポポの種?

 

紫の小さな花は名前が分からないが、本当に小さな花で普通に歩いているとちょっと目に入らないくらいのサイズ。

 

どのくらい小さいかを動画に撮ってみた。

 


マクロで遊べるcanon SX720HS

 

 

思ってた以上に自己満足できると実感!