違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

『称賛』の使い方には人間性や生き様が強く表れる

今日のお題は称賛。

 

ここで一つ注意点がある。

 

称賛と賞賛の違いだ。

 

検索すると、「賞賛」の場合は賞金や賞品、賞状などを与えてほめたたえるのに対し、「称賛」は広く「ほめる」という意味だと出てくる。

 

そういう意味では、今日のお題は称賛となる。

 

 

ネット記事の見出しやTwitterで、いつの頃からか称賛というワードをよく見るようになった。

 

個人的には、徐々に称賛の大安売りだなと思うようになって行き、中身に目を通しても内容がとても薄いものばかりで、結局何が言いたかったのかと疑問に感じるものも少なくない。

 

同じような印象のワードに号泣がある。

 

見出しやタイトルに号泣と入ってるものも同様に結局何が言いたったのかと疑問を感じるだけというものが少なくない。

 

 

『ちむどんどん』草刈正雄登場、涙の熱演にネット称賛&感動「朝から号泣」 9/27(火)

 

このタイトルや記事内容に惹かれる人がいるとしたら、この番組を見たかったのに見れなかった人だろうが、だとすると当然視聴誘導が目的なのだろう。

 

 

このような使い方はすべての業種で行われ、販売を含めた商業的な成果を求めてだろう、八百屋の店先で『安いよ、安いよ!』と連呼するようなもので実際に安いかどうかよりも、場の賑やかしを演出するものというのは有り得るだろうが、政治的な悪臭が漂う場合にも似合うワードなのだ。

 

 

最近だと、元首相の国葬を巡る話でもキーワードになりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

政治が絡むと称賛は、次の記事の喧伝と意味が近いように感じる。

 

 

その前に少し前置き。

 

https://www.weblio.jp/content/喧伝

盛んに言いはやし世間広く知らせること。

 

おもしろいのは例文

 

自由党員は、死刑への彼らの反対を喧伝するのが好きである

 

※あくまでも自由党と書かれてることが香ばしい

 

 

前置きが長くなったが肝心の記事はというと、

 

誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上 9/29(木)

「当初は各国の首脳が来日して華やかな弔問外交が繰り広げられると喧伝されましたが、フタを開けてみればG7首脳の出席はゼロ。噂された米国のトランプ前大統領やオバマ元大統領といった“大物”も来なかった。在任中の安倍さんは外交を最大の成果としていただけに、海外の要人の反応は寂しいものでした」(政治部記者)

 

太字にしたのはわたしだが、この喧伝と最近の称賛の使われ方が同じだなと感じる。

 

 

一方で、SNSやブログなどの末端の人々も称賛というワードを見出しやタイトルに付けるとPVが増えそうだと感じてる人は多そうで、特に商品レビューが絡むものでかつエンドユーザーの指名買いが多いとは言えないような商品に関して、きちんと内容を検証する気がある人だったら見向きもしないような称賛内容の記事も多い、その手の記事ではところどころに自己責任を匂わすような注意書きも添えていて、何も考えない人からするとそれを誠意だと感じるのかもしれない、書き手は免罪符のつもりで添えてるだけなのだろうが。

 

 

次のツイートは称賛の効果がバカにできないことを感じさせてくれる。

 

 

 

 

国葬に関して、称賛というワードを正しく使ってるものはないかと探していたら一つあった。(探せばもっとあったかもしれないけど)

 

 

 

使い方には人間性や生き様が強く表れるのが称賛。

 

注意して使おう!

 

 

これからの5000日

『5000日後の世界(ケヴィン・ケリー)』を読んでいる。

 

2021年の10月に出た本だからちょうど1年前になる。

 

まだ半分読み終えてないが、とてもおもしろいので印象に残った部分を備忘録的に抜き出してみたい。

 

 

こんなことばで始まる。

 

インターネットが商用化されて5000日(約13年)後、ソーシャルメディアという新しいプラットフォームがよちよち歩き始めた。そして現在は、ソーシャルメディアの始まりからさらに5000日が経ったところだ。いま、インターネットとソーシャルメディアは二頭の巨像として君臨し、われわれの暮らしに多大な変化をもたらしている。では、次の5000日には、何が起きるのだろうか?

 

 

著者のケヴィン・ケリーは、過去2回の5000日の間にデジタルテクノロジーの世界で起きた変化を予測し的中させた人物。

 

 

予測のために意識してることは、

 

『テクノロジーは何を望んでいるか』を問いかけること。

 

 

例として挙げられていたのが、

 

電気の発明は必然的に電波につながり、電波はWi-Fiへつながる。

 

zoomに代表されるビデオ会議システムは肝になるテクノロジーは20年前のものだが、それが非常に安価で使い易くなったことと、コロナ禍というキッカケで一気に普及した。

 

 

 

そしてSFの作家アーサー・C・クラークのことばも引用されている。

 

 

オートメーションを想像するのは非常に簡単だ。

 

全てが自動化される、例えば馬車が自動車になるというようなことを想像するのはいとも簡単なことだ。

 

しかし、オートメーションによって真に重大なインパクトがもたらされたのは、車の登場による副次的な効果だ。

 

例えば道路の渋滞、あるいはラッシュアワーの発生…などなど、そういう副次的な効果、つまり最初の導入から波及していくものを想像するのが難しいんだ。

 

 

 

次の5000日を考えるためには、意志を持ったかのような存在としてのテクノロジーがどこに向かいたがっているかを考えると共に、その方向の先ではどのような副次的な効果が起こり得るかをイメージできることが必要になりそうだ。

 

こんなことも書いてある。

 

これからの最新のテクノロジーにきちんと向かい合えるなら70代の人は経験が豊かな分だけ20代を負かすかもしれない、それが心配だ、と。

 

 

FacebookがMetaになったことをバカにしてるようでは次の5000日を無駄にしてしまうかもしれないと自分を戒めている。

これからの5000日

『5000日後の世界(ケヴィン・ケリー)』を読んでいる。

 

2021年の10月に出た本だからちょうど1年前になる。

 

まだ半分読み終えてないが、とてもおもしろいので印象に残った部分を備忘録的に抜き出してみたい。

 

 

こんなことばで始まる。

 

インターネットが商用化されて5000日(約13年)後、ソーシャルメディアという新しいプラットフォームがよちよち歩き始めた。そして現在は、ソーシャルメディアの始まりからさらに5000日が経ったところだ。いま、インターネットとソーシャルメディアは二頭の巨像として君臨し、われわれの暮らしに多大な変化をもたらしている。では、次の5000日には、何が起きるのだろうか?

 

 

著者のケヴィン・ケリーは、過去2回の5000日の間にデジタルテクノロジーの世界で起きた変化を予測し的中させた人物。

 

 

予測のために意識してることは、

 

『テクノロジーは何を望んでいるか』を問いかけること。

 

 

例として挙げられていたのが、

 

電気の発明は必然的に電波につながり、電波はWi-Fiへつながる。

 

zoomに代表されるビデオ会議システムは肝になるテクノロジーは20年前のものだが、それが非常に安価で使い易くなったことと、コロナ禍というキッカケで一気に普及した。

 

 

 

そしてSFの作家アーサー・C・クラークのことばも引用されている。

 

 

オートメーションを想像するのは非常に簡単だ。

 

全てが自動化される、例えば馬車が自動車になるというようなことを想像するのはいとも簡単なことだ。

 

しかし、オートメーションによって真に重大なインパクトがもたらされたのは、車の登場による副次的な効果だ。

 

例えば道路の渋滞、あるいはラッシュアワーの発生…などなど、そういう副次的な効果、つまり最初の導入から波及していくものを想像するのが難しいんだ。

 

 

 

次の5000日を考えるためには、意志を持ったかのような存在としてのテクノロジーがどこに向かいたがっているかを考えると共に、その方向の先ではどのような副次的な効果が起こり得るかをイメージできることが必要になりそうだ。

 

こんなことも書いてある。

 

これからの最新のテクノロジーにきちんと向かい合えるなら70代の人は経験が豊かな分だけ20代を負かすかもしれない、それが心配だ、と。

 

 

FacebookがMetaになったことをバカにしてるようでは次の5000日を無駄にしてしまうかもしれないと自分を戒めている。

生きることはやっぱりサーフィン?

個人が独立する場合、比較的簡単に始められるイメージがある飲食店経営は、その分だけ過当競争に晒されやすいので長続きさせるのは容易ではない。

 

資本力がある企業が展開する多店舗チェーンは没個性にはなりがちだが、安心感や安定感や価格を総合的に考慮するとコスパが高いので最後はチェーン店の一人勝ちになりそうだが、世の中はそう単純ではない。

 

今日次のような見出しが目についた。

 

 

店舗数激減の「いきなりステーキ」と「東京チカラめし」、消えた外食チェーンの共通点 9/28(水)

 

 

この記事によると、売り上げが順調に伸びてる時に出店した店が仇になる、いわゆる過剰出店になったということとブームや流行が陳腐化して失速するのが早いからと指摘している。

 

外野から見てると当たり前のことが指摘されてるだけに感じるが、改めて考えてみた。

 

 

過剰出店というのは飲食や小売の世界ではありがちな失敗パターンだが、過剰出店は、運営会社だけの意向では実現できないので、必ず金融機関や投資家との共同作業になるし、どちらかというと金融機関や投資家の意向の方が強くて実現したのが過剰出店なのかもしれないが、経営判断の誤りを責められるのはいつも運営会社だというのが気になる点だ。

 

投資家から資金を募ったり、上場でもさせようものなら、経営者は心が休まる時間が持てないと言われるのが現代で、昭和はそんなことなかったのだ。(昭和なりにはあっただろうが)

 

昭和の上場企業は社員が大事だったが、現代では投資家や株主のご機嫌を取ることが最優先で、望む結果を出せない社員(おそらく半数以上)には辛く当たるはず。

 

投資家や株主が望む会社の成長を実現するために最も手っ取り早い皮算用の成立が多店舗展開で、出店攻勢を掛けてる最中は強気な見通しを熱く語ることができるので、その方向に流されやすいのではと想像する。

 

 

多店舗展開する意欲を生み出す背景には、ブームや流行を作ったという自信や自負も大きく影響してるだろう。

 

展開がゆっくりで呑気だった昭和では、ブームや流行が過ぎ去ると、その後に定番という安定期があったような気がする。

 

この安定期というボーナスがあるおかげで次の挑戦のための意欲が担保されるのだが、そこで問題になるのがその定番の持続期間だ。

 

時代と共に定番の持続期間はどんどん短くなり、現代では定番の期間そのものが消滅し、下降に転じた瞬間に次のブームや流行は他社に拐われてしまうので、結局次の手が打てないままになるのだ。

 

 

出来上がったプラットフォームの上で展開するすべてのことがこの展開を余儀なくされるのが現代で、だからこそ皆プラットフォーマーになりたがるのだが、残念なことに日本や日本人はプラットフォームを作った経験がない。

 

つまり、どっしり構えていたいと思いながらも、次々と発生する流行やブームという波に一喜一憂しながらその波でサーフィンするしかないのだが、やっと乗ったと思ったその波は、次の瞬間には消えてしまう、私たちはそんなことばかりを繰り返しているのだろう。

 

 

 

上記の記事は、波から落ちたサーファーの話のように思えるが、この記事を読んでる人の大半(もちろんわたしも)は、波に乗れずに海にぷかぷか浮いてるだけの、波に乗りたいけど乗れない、サーファーですらない人種なのだ。

 

まあ、サーフィンがダメならSUP(サップ)という手もあるので、必ずしも波に乗る必要はないのかもしれないが。

 

チラシに感じる温故知新

昭和の頃は、チラシは100枚撒いたら1件反応があれば上出来だと言われていた。

 

平成に移ってすぐの頃は1000枚撒いたら反応は1件と言われるようになった。

 

もちろん業種や商品によって反応の違いは大きく違うだろう、上記で記したチラシの反応率の変化は知人の不動産業者から25年前頃聞いた話。

 

当時はWindows95の登場でPC+プリンターがあらゆる企業や個人に浸透していた頃で、自家製のチラシが盛んになりだした頃の話。

 

チラシと同じ役割を担うものにはFAXもあったので、チラシを語る際には(含むFAX)と注釈があることを忘れてはいけない。

 

 

今やカリスマコンサルになった神田昌典さんが最初に注目されたのはその頃出した『あなたの会社が90日で儲かる』と題した本で、中身は効果的なチラシの作り方だった。

 

 

それから20年以上が経過、チラシなんてとバカにする人は多いだろう。

 

 

今やオワコンと呼ばれる新聞だが、新聞を取ってる人の中には新聞よりも折り込みのチラシの方が楽しみだし役に立ってるという人は少なくないのではないだろうか。

 

ふと、このようなことを思い出して、温故知新的にチラシを考えてみた。

 

 

 

 

ラクスルとワタミ、チラシ配布の効果を可視化する実証実験を実施 動画広告による事前認知の有無で比較 2022年9月21日

具体的には、映画館で上映前に流れる動画広告(シネアド)で事前に認知させた後「焼肉の和民」のチラシを渡した層と、認知なしで住居などへチラシをポスティングした層とを比較。結果、事前に認知させた層はチラシのQRコード読み取り率が約2.8倍に向上した。加えて事前に認知させた層は、認知なしの層と比べてチラシを受け取った当日にQRコードを読み込む傾向が高く、予約フォームへのアクセスも倍以上となった。

 

 

もしかしたらチラシは一周回って新しさを演出する力を持っているのかもしれない。

 

デジタルの浸透とともにチラシが衰退した背景にはコストと効果のバランスに占めるコストが嫌がられたということも大きいだろう。

 

情報だけならば、同じ内容をデジタルで配信すればコストは限りなくゼロで場所や時間の制約も受けない、この違いがチラシの弱みとなったが、ペラッとした紙であっても物理的な存在であるチラシの方が訴求力で逆転できる可能性が戻ってきてるかもしれない。

 

ターゲットなるエリアや人を絞り込むことが出来ればできるほど強みを秘めているのかもしれない。

 

自動車や家電に興味を持つとカタログやパンフレットに関心が湧くが、最近はあるとは限らない。

 

情報だけならメーカーのサイトにあるし、欲しいならダウンロードできるし、印刷すれば物理的な存在になる。

 

でもそれはちょっと違うと感じる人は少なくないかもしれない。

 

カタログやパンフレットは高級チラシとしてコレクションの対象になり得るのだ。

 

 

 

チラシはチラシなりに時代に応じた深化が求められるだろうが、チラシには人の持つ原始的な感情を掻き立てる力が今でもあるように感じられる。

スタグフレーションだハイパーインフレだという煽りが増えている

データは取得された時点では無色透明無味無臭だが、そのデータに対する解釈が加わって情報になると、色が付いて匂いを発するようになる。

 

美味しいかどうかは食べなければ分からないし、それ以前に食べる気になれるかも問われる。

 

他人が美味そうに食べてるからといって、自分が食べても美味しいとは限らない。

 

食べ物だと体質的に食べられない食材があるということは分かりやすい。

 

だから同じような反応が情報に対してあったとしてもなんの不思議もない。

 

 

今ある本を読んでいるが、その中にこんな話がデータを示して載っている。

 

商品の価格は据え置きで内容量を少し減らす、いわゆるステルス値上げ、これが行われた後商品の売れ行きや販売価格がどのように推移するかがデータとしてグラフで示されている、データとしてはPOSデータ(販売価格と販売数量)の活用になる。

 

データとしては最新ではなくコロナ禍以前のものだが、そこにはステルス値上げをされて一週間後くらいから売れ行きが落ち始め、その後価格を下げ始めると徐々に売り上げが回復するという結果が出ていた。

 

メーカーがさまざまな事情から値段を上げた場合、コロナ以前だと客は問答無用で引いたのだ、日本では。

 

データとしてそのことを理解してると、値上げにブレーキがかかるのは当然かもしれない。

 

まさに、日本人ならではの反応だろう。

 

日本でデフレが続くのは、そうすることが賢明だとデータが教えた結果なのだ。

 

 

 

コロナ禍やロシアウクライナの戦争でさまざまなものが値上げを余儀なくされている。

 

そして、さすがの日本の消費者も値上げはしょうがないと納得してるように感じる。

 

わたしは便乗値上げも多いと思っているが。

 

 

問題はここから先だ。

 

まだデータにすらなってない未来をどう読むかだ。

 

 

さまざまな価格が上昇局面にあり、かつ所得が上がらない、上がるとしても物価の上昇を下回るということが定着したとすればだ。

 

 

データに色と匂いを付けて情報にするのが好きな人(=心配症な人であり心配を煽りたい人)の間では、来るべき未来はスタグフレーションでありハイパーインフレだと悲観するのが流行してるようだ。

 

もし悲観が実現するような場合には、そんな時こそ『赤信号みんなで渡れば怖くない』の実践だ。

 

みんな程度の違いはあっても苦しいのだから。

 

 

スタグフレーションやハイパーインフレの世の中になると、健康であることは本当に財産となり、貯金がなくても負債がなければ立派な資産家になるのだ。

 

原価を意識する人としない人

昨日目にしたツイートとそのツイートに対するリプ。

 

 

 

 

これだけではブログに取り上げようとは思わなかったが、今朝次のツイートを見て取り上げようと思った。

 

こちらもツイートとそのリプの組み合わせ。

 

 

 

 

原価を気にしてしまう背景には、OEM生産も大きく関係してるのではと繋がったのだ。

 

中身が全く同じ、あるいはほとんど同じでありながら、違うブランドで表示され、違う価格(ブランドを背負ってる方がブランドの取り分が転嫁されていて高い)で売られていることを知った者が原価を気にするのは当然。

 

極論になるが、私が上記のような流れを最初に意識したのはテレビやPCの生産や販売に関してで今から20年くらい前だ。

 

20年ほど前の時点で日本のメーカーでブランドを背負ってる製品で純粋に日本で作られてるものは無いなと思えたのだ。

 

だったら、OEM生産を請け負ってるメーカーの中身が同じノーブランド商品(見つけることさえできれば半額以下で買える)を選択する方が賢いと思うのは当然だ。

 

違いは、説明書が分厚いくらいだけなので。

 

それから20年、日本のメーカーがOEMにあぐらをかく以上のことが出来ていなければ、この20年でメーカーの社員もずいぶん入れ替わっていて、OEMに頼ることでメーカーとして著しく劣化したであろうことに気付きもしない人ばかりになっているのかもしれない。

 

呑気な日本人はともかく、海外では通用しなくなって当然だ。

 

日本製品の多くは、購入してるユーザー層のレベルに寄ってくるのも当然で、それがガラパゴスと呼ばれるのだ。

 

 

冒頭で紹介した2組のツイートとリプの組み合わせのどちらに共感するかは意見は分かれるだろうが、そこには持ってる価値観が大きく関係してることだけは間違いない。