違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

錯視を楽しもう!

全く悪意がなく人を騙すことを目的にすることがある。

 

手品やマジックが代表で、その技はタネや仕掛けやトリック(以下総称してトリック)などと呼ばれる。

 

そんなトリックの中には、今ではトリックとして意図的に使われてるが、そもそもは見た人が勝手に騙されていたというものがある。

 

 

そういうものの一つに錯視というものがある。

 

少し前のツイートだが次のツイートをたまたま見つけて今日のお題にしてみた。

 

 

高名な心理学者も錯視に脳が騙される感覚を楽しんでいるようだ。

 

 

 

一応原理はあるらしい。

 

 

 

錯視は直接目で見る方がインパクトはあるだろうが、写真や動画でもそのおもしろさや不思議さは十分に伝わる。

 

何よりわたしが新鮮に感じたのは、錯視を写真や動画で見た時に画質などまるで関係ないと思ったことだ、もちろん画質は良いに越したことはないがそれはあくまでもおまけの話だ。

 

翻って考えると、画質について云々する時は、きっと映ってる内容がただ単につまらないのだと思い当たった。

 

 

何気ないノートの記述ですらハッとする錯視を生むのだ。

 

 

 

 

何気ない日常でも偶然気付くこともあるかもしれない。

 

 

なんとなく万華鏡を思い出した、原理は似てるのかもしれない。

 

そうだとすると鏡がキーワードになるような気がする。

 

撮影の小道具に鏡を使うと、錯視とまでは言えなくてもおもしろい何かが見つかりそうな気がしてくる。

 

と、思っていたら鏡は錯視の王道だと分かった。

 

次のGIFの謎が解けますか?

 

リンク先には謎解きも載ってるので楽しんでください。

 

 

仮想と暗号の次は量子

偉そうなタイトルを付けてるが、単なることば遊び。

 

少し前から素数や量子をおもしろおかしい話のように語る人が増えたような気がする。

 

本当はとても難しそうなのに。

 

それがきっかけで書いている。

 

〜〜〜

 

デジタル化、コンピュータ化が進むとプログラムやセキュリティの世界では暗号が注目される。

 

暗号はテクノロジーの最先端領域では必須のはずだ。

 

だからだろうが、Twitter上でも暗号を話題にした話はよく見るし、本屋でタイトルに暗号が入ったものを見ることも珍しくない。

 

さぞかし検索されるワードでもあるだろうなと思いGoogle Trendsを見ると、

 

 

現代は2004年の頃の4分の1程度に過ぎないのだ。

 

日本語での暗号は英語だとどうなるかというととても多様な表現があるのだ。

 

<参考>

https://eow.alc.co.jp/search?q=暗号

 

 

何かと物議を醸す仮想通貨も暗号資産と暗号の一種。

 

GoogleTrendsで仮想通貨の推移を見ると、

 

 

では仮想通貨が認知される前の仮想はどうかというと、

 

 

これに暗号を重ねて比較すると、

 

 

仮想と暗号は、仮想通貨が現れるまではほぼ同じような反応だが、仮想通貨の認知を境に暗号は裏方になったように感じられる。

 

この仮想や暗号を支えているのが素数だと言われていて、仮想通貨を支えるテクノロジーとして有名になったブロックチェーンも素数が要だと言われる、わたしにはチンプンカンプンだが。

 

素数は本来は意識高い人が扱うのが似合いそうだが、意識が低いのに高いふりをしたい人もTwitterやSNS上で声高に素数を語りたがるように感じられる。

 

そして仮想や暗号の業界では素数の次は量子だと盛り上がっている。

 

ブロックチェーンのような素数をベースにした暗号化技術を容易く破るのが量子化技術らしい。

 

 

デジタルのセキュリティは、暗号やパスワードの解読を巡ってせめぎ合われる。

 

無敵と呼ばれてる期間はどんどん短くなり、常にいたちごっこを繰り返すのだろう。

 

この調子だと量子の世界もあっという間に陳腐化するのかもしれない。

 

しかし、量子や量子コンピュータということばを一般人が知ったのはつい最近のことだが、研究が始まってすでに40年が経つ。

 

量子の次を担うテクノロジーだって、まだ日の目を見てないがすでに研究され始めて20年〜30年が経過してるようなもののはずだ。

オワコンの正体?

新しい何かが生まれる時には、古い何かが終わりを迎えているはず。

 

そして、終わる何かが衰退の流れにある時はきっと前兆現象として、最近だとオワコンと呼ばれているのかもしれない。

 

オワコンっていつ頃から使われてどのような反応をしてるのかをGoogleTrendsで見ると、

 

 

2010年の秋頃から反応が出始め、それなりに変動を描きながらもコンスタントに反応が得られている。

 

Wikipediaではオワコンの解釈は多様だと説明してる。

 

終わったコンテンツ

終わりそうなコンテンツ」

終わって欲しいコンテンツ」

 

「オワコンがオワコンである」

『「オワコンがオワコンである」がオワコンである』

『「オワコンがオワコンである」がオワコンである』がオワコンである

 

 

GoogleTrendsで2004年以降で検索した場合の『オワコン』の関連キーワードで、オワコンだと名が上がったものを上位から順に記すと、

 

  1. 日本
  2. パズドラ
  3. ニコニコ
  4. モンスト
  5. テレビ
  6. YouTube
  7. アニメ
  8. ブログ
  9. ポケモン
  10. akb
  11. 艦これ
  12. 妖怪ウオッチ
  13. パチンコ
  14. 東方
  15. twitter

 

 

上記は検索期間を、GoogleTrendsの検索可能期間の2004年以降に設定した場合の関連するキーワードで、検索期間を変更すると異なったデータが出る。

 

上記の順位は通算の順位と言えるだろう。

 

 

改めてデータとしてオワコンを見ると、オワコンというよりも、期待したほどではなかったという不平不満の匂いが感じられる。

 

不平不満はありつつも避けては通れないのがオワコンのように感じられる。

お気持ち〇〇

今朝寝起きで何気なくTwitterを見てるとおきもち表明というワードが目に付いた。

 

そう言えば以前ブログでお気持ちヤクザというのを取り上げたことがあったなと思い出した。

 

2018年10月だった。

 

その後2020年にはお気持ちヤクザと対をなすものとして繊細チンピラというものが世間にはあることを取り上げた。

 

今朝見たおきもち表明は、これらのお気持ちと同じものだろうと感じられるが、自分のブログを再読してもその由来には触れてなかった。

 

 

由来を遡ろうとGoogle Trendsを見ると、おきもち表明では何も出なかったが、お気持ち表明で調べると2016年8月と出てくる。

 

 

2016年8月にはこんな出来事があった。

 

見ると思い出すのに、見なければまったく思い出さなかった。

 

天皇陛下「お気持ち」表明 

天皇陛下は8日、「象徴としてのお務め」について、自身のお気持ちをビデオメッセージの形で国民に向けて発表された。

 

今後の身の処し方に触れ、「次第に進む身体の衰えを考慮する時、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています」と述べた。

 

 

 

心の中では思っていても口に出すことは憚られる、そんなことは自分を厳しく律してる人ほど持ってるものだろう。

 

一方で現代では、その時々の不平不満を本音と称して気軽にぶっちゃける人は街にもネットにも溢れている。

 

おそらく不平不満を気軽にぶっちゃける人の多くは、自分を厳しく律するなどとは無縁に生きてる人だ。

 

だから、その発言には皮肉を込めて『』が付けられるのだ。

 

 

ちょっと色が違う『お気持ち』には、テレビでレポーターが発する『今のお気持ちは?』がある。

 

犯罪の加害者に向けられるならばあまり違和感はない、社会的な制裁と思えるからで、当然だと感じやすい。

 

しかし、この言葉はむしろ被害者や被害者の身近な人に向けられることが多い。

 

当然そのレポーターや番組やテレビ局には非難の声が向かうが、そういう番組ほど何故か見てる人が多いのは、あるいは見てはないが知って非難の声を拡散する人が多いのは、日本人が場違いなお気持ちを好む民族であることを示してる。

 

最近だとこれだ。

 

 

どうやら無言を貫く有吉さんの過去の発言に対するお気持ちヤクザが湧き出しているらしい。

 

 

有吉弘行の “イジり” にダチョウ上島激高「志村さんが呼んでんじゃない?」「寂しいよって」  2022年01月02日

すると上島は「俺、はっきり言うよ。嫌だよ! 嫌だ嫌だそんなの。もし死んだとしても呼ばれて死にたくないね。俺は尊敬はしてるけど嫌だよ!」と激高。有吉は「思い当たるフシがあるような嫌がり方してる」と大爆笑していた。

 

そんな二人の関係性は、

 

 

 

自分を律しきれない人ほどお気持ちを言いたがるのが今の日本だ。

ノンバーバルの時代

『空気を読む』、『察する』などと表現すると、いかにも日本人がする反応だと感じるが、これを非言語的な『ノンバーバルコミュニケーション』と呼ぶと程度の差はあっても国籍や言語に関係なくしてしまう反応だと思える。

 

テレビでニュースを見てる場合、ありふれてるように感じる画面の中にはさまざまな情報がある。

 

 

以下で引用する画像は次の記事に埋め込まれている日本テレビの映像をiPadでキャプチャーしたもの。

 

「やめてもいい」過剰なコロナ対策とは? レストランで、エレベーターで……医師が提言、ナゼ今 「こまめな手洗い一番重要」

 

 

このニュースの中から主要な映像を数枚抜き出して以下に表示する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2分50秒の動画を10数枚の静止画にしたことでの情報の変化も加わってるし、静止画にしたことで音声が削られている。

 

そうであってもそれなりの情報量がある。

 

意識的に、あるいは無意識のうちに情報を選別し解釈してるはずで、その解釈の仕方はきっと個性に通じるだろう。

 

 

メラビアンの法則というのがある。

 

人間が得る情報の総量を100とすると、

 

 ①55%が視覚情報。

 ②38%が聴覚情報。 

 ③7%が言語情報。

 

上記のように静止画で切り取った場合だと単純にメラビアンの法則の比率の音声の38%を除くと、

 

視覚情報が88%

言語情報が12%

 

となる。

 

 

つまり、肝心なテーマである『感染対策やめてもいい?』よりもキャスターや出演者の表情や仕草や服装あるいはカメラワークの方が遥かに印象を強く与えているのだ。

 

映画の世界では昔は1カット7〜8秒と言われていたようだが、現在は3秒と言われている。

 

他のコンテンツではもっとどんどん早くなっている。

 

スマホとアプリの普及で1カットの時間の長さに耐えられない脳を持つ人が増えている。

 

情報は欲しいが、それを理解するには不十分な時間しか費やせなくなってもいるのだ。

 

詳しく何かを知りたい場合は、言語情報は非常に頼りになるが、そのためにはかなりの積極性や能動性が必要になる。

 

中途半端に増え過ぎた言語情報は、結局中途半端にしか理解されてないのに『ああ、またか、知ってるよ』という印象しか与えなくなっているのだ。

 

 

自分のことを賢いと思ってる人ほどノンバーバルをバカにしがちだが、そんな人たちはノンバーバルな人たちからは同じようにバカに見えてるだろう。

 

『話せば分かるは嘘』がキャッチフレーズのバカの壁を思い出す。

コスト削減の成れの果て

今更ながら知床での観光遊覧船の沈没事故のキーワードはコスト削減の成れの果てだと断言できる。

 

当初からそのことは随所に感じられていたがわたしの中ではこれが決定的だった。

 

 

 

このツイートは連続で続きアマチュア無線の何が問題かが分かりやすいが最も重要な点が、

 

 

 

事故直後からアマチュア無線を使用していた電波法違反を指摘するツイートを良く目にしていたが、そのことを指摘するメディアはなかなか現れず、衛星電話を携帯電話に切り替えたという話に留まっていたがここに来てアマチュア無線の話も正式に出てきた。

 

 

単に地方の一企業の話ではなく、日本全体に蔓延る病巣がコスト削減なのだ。

 

 

売り上げの拡大よりも重要なのは利益の拡大で、そのためにはコスト削減が大事、そういう意識が露骨になり出したのは20年前頃から。

 

人材派遣業の登場を起源とするなら、さらにその20年前になる。

 

 

以下、知床の事件に関してのツイートを載せるが、そこに書かれてる遊覧船会社の部分を日本企業と置き換えてもそのまま当てはまる企業がとても多いはず。

 

 

 

世間の非難の声の多さにダイヤモンド社は削除していた記事を現在は復活させている。

 

コスト削減のきっかけは多くの場合はアドバイスを受けてだ。

 

アドバイスする側は、それを儲けのネタにするのだが。

 

その結果、

 

 

 

 

 

 

これらのコスト削減は、コンサルのアドバイスによって生まれていることを忘れてはいけない。

 

コンサルがコスト削減で活路を見出そうとすることと、実は大した実績のない松下幸之助が経営の神様などと崇められる日本の価値観は無関係ではない。

 

ただのケチで、他社の企画やアイデアや商品を上手に要領よくパクっただけの、ただその見せ方は上手だっただけの松下幸之助が松下政経塾を作り、経済界だけでなく政界にもケチイズムを浸透させた。

 

 

コスト削減の教祖は松下幸之助で、その布教活動をコンサルが展開した結果今の日本があるのだ。

 

知床の遊覧船沈没事故は、そんな流れの中で安全や命とトレードオフが行われた結果起きたのだが、11年前の東日本大震災での福島原発の事故も津波対策をケチったために起きたことは、もうすでに多くの人が忘れかけてるだろう。

仮想通貨が正念場!

ウクライナに侵攻したロシアに対して金融制裁が課されていることは誰もが知っている。

 

しかし、この金融制裁には仮想通貨も含まれていることはあまり知られていない。

 

仮想通貨の自由度の高さが金融制裁の抜け道になることはちゃんと警戒されていたらしいのだ。

 

その拠り所の一つとして今更ながら仮想通貨業界を揺れ動かしているのが、2012年2月のFATF(金融作業部会)の総会で示された「マネーローンダリング及びテロ資金供与と拡散の資金供与に対抗するための国際基準」(FATF基準)における「指定された犯罪の類型」の「不正な武器取引」の適用だ。

 

これまでは仮想通貨や暗号資産業界の自主規制に委ねられていた適用判断に国家が介入して徹底される前例になったようなのだ。

 

そして、仮想通貨はウクライナにも影響を与えていたのだ。

 

ウクライナへは、多額の仮想通貨による寄付が寄せられていたが、それが武器購入に当てられると上記の規則に違反することになるため、ウクライナはその使途を公開している。

 

3月1日以降、防弾チョッキ5500着、食料品41万食、防弾チョッキ用防弾ブレード500枚、暗視ゴーグル3125個、ヘルメット500個、医療品3427個、トランシーバー60台を購入したとのことだ。

 

 

2017年の末から急に盛り上がり始めた仮想通貨は2018年の年明け直後の流出事件で盛り上がりが弾けてしまった、そのことは検索にも表れている。

 

 

 

あの盛り上がりの終了から4年が経過して、折に触れて規制が強化されたことで当初のイメージの取引イメージの『取引コストが安い、いつでもどこでも瞬時に取引できる』はすでに過去の話となってるらしい。

 

 

上記のGoogleTrendsのグラフが直近で急降下してるが、期間を直近30日にして見るとGW終盤の5月7日辺りから急落してることが分かる。

 

 

仮想通貨や暗号資産には暗雲が垂れ込めているのだろうか?

 

 

参考にしたのは下記の二つの記事で、上記で具体的な数字等の引用はTwitterにリンクされてる記事から。

 

 

ビットコイン、昨年11月のピークから5割下落  BBCnews 2022年5月9日

取引は長年、個人投資家が大部分を占めていた。しかし最近は、ヘッジファンドや資産運用会社など、プロの投資家が市場に参入している。