違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

時代の変化

フローよりもストックが大事!?

コロナで注目されてるのが、苦境を脱するための補助金やクラウドファンディングなどの活用。 これらを上手く活用できた人や店や企業は『上手いことやりやがって』と多少やっかみも含まれた目で見られただろう。 しかし、目立つことなく上手くやってたところ…

否定は簡単、肯定は簡単ではない

ようやく暑い夏が一段落したかと思えば、 秋をすっ飛ばしてやがて冬が到来すること を感じさせるようになってきた今日この頃。 受験生は寒さを感じることで一層受験が迫ってきてることを感じるようになっただろう。 さて、受験といえば日本では今も昔も理系…

取り上げる時事ネタは『鏡』になる

最近のイケメンとは顔やスタイルがイケてるだけでなく、 メンタルもイケてることが求められているらしい。 沖さんは、若手を好きになる理由と苦手になる理由には、共通項があると話す。 「共通しているのは『清廉潔白さ』です。 ファンはドラマや映画で見る…

システムの賞味期限

かつてアナログ時代、企業が展開する事業の寿命は30年と言われた。 一方デジタル化した現代では、システムの賞味期限は3〜5年と言われる。 一般的には社会の裏方がシステムだが、日常生活に近いところでも意識できる。 えっ世間では今はコンビニレジ等では賞…

世界配信される『日本沈没』

日本沈没がドラマ化されることは知っていたが、 もはやインパクトを感じないので興味も無かった。 しかし、少し興味を持ったのは次のツイートを見たから。 東京湾岸フジテレビは完全に水没、日テレは倒壊。日曜劇場は長年世話になったけど東芝本社は傾け、電…

タダじゃなくなった美味しい空気

水も空気もタダとはよく言うが、 水は随分前からタダではないし、 気が付いたら店で買う商品になってしまった。 曖昧だが、空気を変えるという意味で、 マイナスイオンが注目されたのが 2000年頃だったと記憶。 個人的に少し興味がありいろいろな文献を図書…

サラリーマンを象徴する駅が新橋から品川にシフトしたことが示すこと

サラリーマンの生態を象徴する場合の映像として少し前まで代表格だったのは新橋駅前の光景だった。 多くは、会社が終わったとの飲食光景で、その定番は上司の悪口を言いながら酒を飲むというものだった。 それがいつしか新橋駅から品川駅にシフトしていた。 …

みんなアイデアが出なさそう

みんな前向きに悩んでいるんだなと感じられるツイートを見かけて懐かしさを感じた。 機械設備製作で海外メーカーに勝つにはどうすればいいのやら価格では太刀打ちできないから、完成品精度の良さに重点を置くか…でも海外メーカーだからといって、精度がそこ…

概念(抽象)vs感覚(具体)を水平思考

次の記事を見て、Windows95の登場で嫌でもPCを覚えなければいけなくなった90年代を思い出した。 「ファイル」や「フォルダ」を理解できない学生が急増中 こうした学生がPC向けのソフトウェアを扱えないという点だけでなく「ディレクトリ構造を理解できない」…

ディープラーニングの正体

アナログ時代、日本だったら昭和をイメージすると分かりやすいだろう。 努力や頑張りや根性が成果を上げるために有効だった、というよりもコネや縁故に頼らない場合にはそれしかなかったと言えるだろう。 上を目指そうと思ったら、有能性を身に付ける必要が…

取材や本業と広告宣伝の境目

昔から雑誌などではよく見られた手法に取材記事の体を装った広告宣伝というのがある。 芸能人と経営者が対談するようなのが代表的であり古典的。 もちろん広告宣伝だから経営者の側がお金を払っているのだが、ボーッと見てる人には『有名人から取材を受けて…

あなたは狙われている!

わたしには全くピンと来ない話題が流れていた。 ポケモンカード「もはや投機対象」 高額転売目的か 9/25(土) 「もはや遊ぶものではなく投機の対象。必ず高騰する」。24日午後、中区のカード専門店を訪れた男性客(38)は打ち明けた。 そういえばと思い出した…

文字は文学?!

現代がどういう時代なのかを反映している記事が流れていた。 女子中高生ら装いSNSで交流相手募ったら…9時間で160人返信、性的要求が大半 高1の「あかり」が「家出した」と書きこんだ数秒後から「家に来る?」「車持ってるよ」などの返信が届き始め、…

キャッシュレスとポイントの蜜月

デフレが続く日本は貧困化してると、他の先進国との成長率や物価の推移の比較から話題にされることが多い。 さらに、貧困化とどこまで関係してるのか不明だが、キャッシュレスの普及が遅れてることもよく話題になる。 PayPayの手数料有料化で2021年10月以降…

リモートワークやテレワークにはノマドに感じた自由さがない

この数日タイムラインでよく目にした話題。 Microsoft、リモートワークの影響を約6万人の従業員で調査した研究論文発表https://t.co/rD3QfmdPTR — ITmedia NEWS (@itmedia_news) 2021年9月13日 6万人以上のMicrosoft社員の行動から「リモートワークが企業内…

要注意な定型表現

おもしろいツイートが流れていた。 植木岳雪「研究者の不採用通知における「お祈り」通知と「ますます」通知」 https://t.co/e74o7jmsB5 pic.twitter.com/fuGGYXmo19 — まんじゅ (@manju1635) 2021年9月12日 一般的な就活における不採用とは違う扱いを受けてた…

ヤッホー!

少し前にこんなことがあったらしい。 「ヤッホー」と声かけ女子大生にわいせつか ウズベキスタン国籍の男逮捕 2021年8月27日 これ関連のニュースは検索すると上位に出てくる記事はクリックするとほぼ全て現在では削除されている。 『ヤッホー』って声をかけ…

現代人は年齢を気にし過ぎ!

わたしには全然意味がある話題とは思えなかったが、世間の感情を逆撫でする話題になっていたのがコレ。 【45歳定年制 サントリー社長釈明】https://t.co/xS22Wf80o0サントリーHD新浪社長が9日、コロナ収束後の日本経済の活性化策について「45歳定年制を敷き…

金券ショップのライバルはふるさと納税!?

ZOOMの普及もあり対面での営業活動が減少してるということは、出張や交通費が結果として削減されることにつながってるはずで、遊びの旅行が減ってるだけではないのだと思うと、ふと金券ショップはどうなっているのだろうかと気になった。 気になったというよ…

たかが15秒、されど15秒、短秒化が進む

プロ野球には15秒ルールというのがある。 そのルールの内容や適用された背景としてWikipediaには次のように書かれてる。 無走者のとき、投手が捕手からボールを受けて15秒以内に投球しない場合に、球審がボールを宣告するというものである。このルールは、20…

『完売画家』はビジネス書!

先週買って読んだ完売画家について。 感想を一言で言うと、『ビジネスはすべて同じだ』となる。 しかしながら、印象は新鮮だった。 日本で「食えている画家」は30~50人だけ「絵描きは食えない」を変えたい――完売画家が考える芸術界の問題点https://t.co/MfV…

タンパク質と筋トレはほどほどに!

今朝の読売新聞に次のような記事が載っていた。 この記事が伝えてることは3点。 タンパク質を重視する傾向が強くなっている 脂肪を嫌う傾向が強くなっている ダイエット意識が強い 健康意識の高まりや、筋トレがブームを越えて定着しつつあることが背景にあ…

『結果オーライ』の時代!?

世の中にはさまざまな分野やカテゴリーが存在し分類されるが、実際には明確に分類できるほど独立した存在でもなければ、業務の多角化などや、流行があればすべてがそこに群がるという意味では、どんな仕事だってみな同じと言えるのだ。 ライバルは同業者や隣…

見出しやタイトルは、魚釣りの餌のようなもの

Twitterで次の話題が流れていた。 「だからどこもタイトルが似ている」ネットメディアが"見出し詐欺"に使う5つの手口 インターネットの見出しはいかに読んでもらうか、シェアしてもらうかという観点から発展してきました。その到達点が人の感情にアプローチし…

グラデーションの時代

意図があろうとなかろうと、人間が表現してものはすべて情報となる、事件や事故ですら。 現代社会では、情報を伝える場合に写真や動画は必須。 それは、写真や動画はリアルを捉えているので嘘がつけないからであり、百聞は一見にしかずだから。 しかし、それ…

日本のデフレを牛耳る楽天経済圏

個人的に三木谷氏が苦手なので楽天が展開するビジネスにはまるで興味を持ったことがないが、ある投資家が楽天が展開するビジネスの中核を成しその強みは銀行ライセンスを持ってることでお金の流れの入口と出口を押さえていることだと指摘してるのを見て、改…

不要不急とエッセンシャルの関係!

コロナが世間の心配事になった2020年の2月。 その頃から言語明瞭ながら意味不明瞭なことばである不要不急が日常会話に仲間入りした。 そのことはGoogleTrendsでも確認できる。 ことばとしての認知度はおそらく全国的なはずだが、関心の度合いとして高いのは…

『スマート』』な時代

スマートフォンが登場したのは世間一般では2007年のiPhoneから。 (iPhone以前の一部のものが元祖とする説もあるが) GoogleTrendsで検索可能な2004年以降で『スマート』の変遷を見ると、 急上昇したのは2011年3月の東日本大震災以降。 震災でガラケーが使え…

企画よりもネタが大事!

朝食を食べながらテレビを点けると『踊るさんま御殿』の今年の2月の再放送をやっていた。 その中で興味深い遣り取りがあった。 遣り取りに参加していたのは、さんまさんとゲストのヒカキンさんとヒロミさんと陣内智則さん。 話題はYouTubeの再生回数に関して…

恐ろしい美学!

ふと思い出した。 ダンディズムとは痩せ我慢だ なんていう言葉があったなと。 VANの創業者石津謙介氏が 言った言葉だと記憶している。 田舎の男の子を ファッションに目覚めさせた元祖が石津氏だ。 2005年に亡くなられた石津氏は、 最期までダンディズムを貫…