違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

時代の変化

分析への第一歩は仮説を立てること!

分析と称する行為は誰でも自然とやっていることで、自分の意見や考えを整理したりまとめたりする時につきものだが、その分析が正しく的を射てるかとなると一気にハードルが上がるものだ。 世間で起きた出来事に対して、評論家や専門家を気取って自説を述べる…

アクセルvsブレーキ!

ブレーキをかけながらアクセルも同時に踏むというのは使いこなせるならば高等テクニックとしてレースではアリなのだが、一般的には両立しない矛盾となる。 ブレーキをかけたり、アクセルを踏んだりすることは『時間』にも当てはまるのだ。 高級店で出される…

分かってるようで分かってないのが『後悔先に立たず』!

いつもより遅く2020年の梅雨が全国的に明け始め、強烈な陽射しに襲われ始めると、梅雨の頃のことは過去の出来事になってしまう。 梅雨の豪雨での被害者というのはいつの間にか意識の中では死亡者や行方不明車や負傷者だけになってしまう。 しかし実際にはそ…

出来そうで出来ない人生の後だしジャンケン!

テレビで『ポツンと一軒家』を見ていて思ったことは、子供時代の秘密基地願望のような郷愁をそそられているのかなということだった。 至るところに冒険心やチャレンジ精神や自給自足意識が求められるところがおもしろいのかもしれないと思い当たった。 最初…

ことばの弄びが増えている!

GoToトラべルキャンペーンにケチが付くと急浮上したのが、仕事と休暇(バケーション)を合体させたコンセプトのワーケーション。 最近急に出来たコンセプトだと思っていたら、星野リゾートでは3月から商品化していたらしい。 星野リゾートでは3月からワーケ…

この世はすべて広告宣伝ばかり!

人生で最初にした自己紹介を覚えているだろうか? わたしは覚えていない。 しかし、最初の出会いの場では自己紹介がきっとあったはず。 幼稚園の頃だろうか? それより前だと親が代わりにやってくれていたような気もするが、大きな声で自分の名前を言いなさ…

テレワークは残酷?

日本政府がGoToキャンペーンを打ち出し旅行や外出の促進を呼びかけながらも、テレワーク7割推進という『お前ら外出するなよ』というい呼びかけがおもしろいなと思いテレワークについて考えていると、気が付くと、距離と時間の障害の克服の歴史を考え始めてい…

オンデマンドでかえって退屈になってるかも!

今ではよく耳にするようになったことばにオンデマンドというものがある。 このことばも世間によくある言語明瞭だが意味不明なことばで、現在の使われ方に近い由来を遡ると1990年代のIT業界に行き着き、アウトソーシング(外部委託)に近い意味で、反対語にオ…

2020年の夏は冷夏!?

福岡で生まれ育って昭和53-54年福岡市渇水を経験したので、それ以降毎年夏の水不足が恐ろしくて、GW明けくらいからダムの貯水率が密かに気になるようになってしまった。 時は流れ、最近では水不足の怖さも感じながらも、水の氾濫の恐怖にも備えなくてはいけ…

有名人の自殺で思ったこと

なんでも話せる相手って、いそうでいないもの。 なんでも話せると思っていても、相手が苦手だったり嫌いな分野の話題に触れると会話は弾まなくなるものなので、テーマによっては自然に話す相手を変えるようになるかもしれない。 話や会話が成立するのは、お…

ストレス対策として身に付けるべき令和流の『お客様は神様です』!

日本流のガラパゴスと表現されることの多くは、悪い意味で日本流や日本的なものやことが世界に通用しないという意味で使われるが、そんな中で例外的に素晴らしいこととして取り上げられるのが日本流の接客や接遇の分野で、おもてなしなどと持て囃されている…

2020年は線状降水帯とゲリラ豪雨が区別され始めた元年!

この数日九州で続く大雨が各地で河川の氾濫を招きさまざまな被害を起こしている。 最近の大雨の特徴は、どしゃ降りが連続的に長時間続くことで、どしゃ降りが夕立やスコールと呼ばれていた時代のような短時間で降り止むものと趣を異にしている。 雨雲の発生…

そんなの関係ねえ!

東京都知事戦が盛り上がってる気配が感じられない。 この本が出たことで現職の小池都知事に逆風が吹いて選挙が盛り上がるかと思っていたがそうはなってなさそうだ。 GoogleTrendsで期間を過去90日で都知事選を見ると、 このグラフの動きだけでは盛り上がって…

『推し』というキーワード!

これまであまり考えたことがないことに気付かせてくれる文章があった。 指原莉乃もハマる「虹プロ」 オーディション番組の魅力とは 6/26(金) なぜこうしたオーディション番組が熱狂的な支持を得ているのか。 アイドル研究家の北川昌弘氏はその理由を「アイド…

『使い勝手』というキーワード!

コロナがキッカケで変化するものがたくさんありそうだが、そのような変化の中にはたまたまタイミングが重なっただけで、本当はコロナとは関係ないものもあるはず。 こんな記事があった。 Appleが殺そうとしているもの2020年版リスト 個別に取り上げられてる…

『公助・共助』を当てにできない『自助』の時代!

二つの記事が目に付いた。 全く違う内容の記事なのに共通するテーマが感じられた。 産休中に雇い止め、保険も無断で脱退 女性が会社を提訴 福岡地裁 西日本新聞 〜〜以下引用〜〜 訴状によると、女性は2018年1月から正社員として経理業務などを担当。19年3月…

『自分のことだけを考える』は、変化するか?

今日の早朝、ラジオで森永卓郎さんが言ってることが妙に頭に残っている。 特別なことを言ったわけではないが、今更ながらわたしの琴線に触れたのだ。 大雑把に言うと、配当の利回りが良い株を選ぶ人が多いが、そういう人たちに株を買ってもらうために、配当…

ワークマンが売れてる理由

ワークマンが第二のユニクロになるのではと言われるようになったのはこの2年〜3年だ。 よく言われる強みとしてあげられることは、 価格が安い ラインナップが豊富 機能が優れてる FC展開の上手さ(FCを本部の食い物にしない) などなどが多い。 しかし、これ…

実名vs匿名!

軽微な罪なのに実名で報道される場合には、実名の取り扱いは慎重さを求められるべきというネガティブなニュアンスで取り上げられる。 その一方で、匿名での誹謗中傷も問題視されるようになっている。 匿名での情報発信には、嘘や無責任が許容されるという勘…

ギャップが、常識を非常識にさせ、非常識を常識にする!

コロナで注目されたことの一つにUberEatsがある。 自粛ばかりが求められる中で、働き手が増えてる希有な存在として注目されていたが、私にとってはむしろUberEatsで注文する人の方が興味の対象だった。 コロナが全く関係なかった1年前にUberEatsをやってる方…

『検索』で分かる能動性と積極性!

調べたいことや知りたいことがある時に活用するのが検索。 PCやスマホやタブレットとネット環境さえあれば誰でも活用できることと他人に知られることなくオールジャンルを対象にできるので、勉強は嫌いだけど検索は大好きという人は多く、思わぬ人が思わぬジ…

ツーリズム業界に静かな革命が起こるはず!

コロナ前の最近10年くらいに顕著になっていたのがグローバル化だが、グローバル化は生産や労働の移転というビジネス的な側面がクローズアップされやすいが、ツーリズムという観点で捉えると私的な側面が色濃く浮き上がる。 従来の目的地ありきの観光以外の観…

プライバシーもハラスメントと背中合わせ!

おもしろい記事があった。 おもしろさと記事のタイトルは全く関係ない。 貴乃花と宮沢りえ「破談の真相」、週刊誌現場の嘘みたいな本当の話 この記事の中では、時系列で整理されてないがプライバシーの侵害が問題化し始めた時期についての記述があった。 〜…

オンラインvsオフライン!

慣れ親しんだシステムが継続されるのは便利だからだが、そのシステムが長期間続くと柔軟性や臨機応変さが失われるようになる。 平時には問題なくても、有事には不都合が生じやすくなる。 ハンコを押すために「出社」する日本を笑っていましたが、アメリカで…

マズローの欲求5段階を逆行させるコロナ!

クラスター、英語ではcluster、の意味は「果実や花などの房・塊」「生き物や同種類のものの一団・塊」となる。 なんとなく音の響きからクラスターの“クラス”がclassを連想し意味も通じそうだが、実際にはそうではない。 最近では、コロナウイルスに集団感染…

一部で復活してる昭和的な難解なプレゼンテーション!

コロナのせいで世の中が大混乱してるのは、正解が分からない問題がさまざま突き付けられているから。 箇条書き的に示すと、 コロナそのものが十分に分かってない コロナに罹ったらどうなるのか コロナに罹らないためにはどうするのか コロナ対策に伴う自粛で…

やっぱりコロナでも見え隠れする『お気持ちヤクザvs繊細チンピラ』!

Wikipediaに拠ると日本で最初にセクハラということばが使われたのは1986年。 この時のセクハラとされた件は偶発的に起きた出来事と扱われ、世間の関心も集めなかったようだ。 しかし、1990年代になると同時に定番の裁判の争点になり、セクハラは日常用語とし…

無用になった広告宣伝!

街から人が消えたことは、実際に自分の目で見て知ってる人も多いし、各種の報道で直接見ることができない地域でも同様に人が街から消えてることを知ると、全国的に起きてる現象だと実感が持てる。 消えたと表現したが、少々煽り気味の表現であることは分かっ…

油断と紙一重のコロナ後の人生設計。

世間の3連休の過ごし方に変化の兆しが感じられた。 自粛要請されていたK -1の大会が6500人を集めて実施された。 桜の名所には大勢の人が集まり、BBQが禁止されている河川敷にテント持参で大勢がBBQのために集まり、観光客が激減していた京都にも人が集まって…

観測気球!

3月14日の夕方、安倍首相は『オリンピックは予定通り開催したい』と会見で述べた。 【首相 予定通り五輪開催したい】https://t.co/1GPchrunAJ安倍晋三首相は記者会見で、東京五輪について、「我々としては、(新型コロナウイルスの)感染拡大を乗り越えてオ…