違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

自分を取り戻す

怒りや不満や不安は人間をバカにする!

怒りや不満は、人に極端な行動を取らせるような気がする。 極端な行動の多くは、執着や粘着を生みやすい。 この特性が悪用されるのが意図的な炎上で、集客のために心に潜む執着や粘着を呼び起こすような呼びかけ(広告宣伝であり、記事として、あるいはSNSで…

自殺と心と体の関係?

日曜の朝にまったりとテレビを見てると飛び込んできた訃報のニュース。 自殺らしいと伝えていた。 今年は芸能人の自殺、それも若い人が目立つように感じる。 9月27日 竹内結子さん40歳 9月14日 芦名星さん36歳 7月18日 三浦春馬さん30歳 5月23日 木村花さん2…

憧れたり尊敬してる人のフォローを外せ!

人間の悩みの大半は人間関係だと言われる。 明らかなイジメや暴力があるならば人間関係の問題というよりも犯罪になるので、人間関係の問題と捉えるべきではない。 人間関係の悩みとは、その大元にあるのは言動を通じての情報のやり取りによって生まれるもの…

こだわりのルーティンやジンクスを持っているなら例外を作ってはいけない!

とてもリアルな夢だった。 6時過ぎにそろそろ起きようかなと思ってから実際に起きるまでの20分くらいの間に見た夢。 普段のわたしは、大事なものを持っている場合、身体のそばから離さないようにしているのだが、夢の中でちょっとだったら良いかと自転車(な…

責任感という無責任!

安倍総理が突然を装いながら予定通り(≒噂通り)辞任した、と感じた。 わたしは安倍総理(≒安倍政権≒安倍自民)が好きではないので、やっと辞めてくれたと一瞬思ったが、これで大きな流れとしての何かが変わるだろうか?、とも感じた。 先頭に立って発言する…

喜怒哀楽の『怒』は、そのままでは狂気であり凶器でもある!

なるほどと思えるツイートが流れてきた。 「怒りの感情をコントロールできないのは人格が未熟」という風潮、ちょっとよくわからない。喜怒哀楽って、人間の情動の根幹でしょう?「怒だけはコントロールできる」って、歪んでるでしょ。お為ごかしは抜きにして…

正論を捨てろ!

工事現場や作業の現場でヘルメットが必須なのは不慮の事故や怪我を防ぐためで、ヘルメットが必須になるまでの間にはさまざまな不幸な出来事が多数あったからのはずだ。 ヘルメットが必須になったおかげで事故や怪我が減ったからと言って、ヘルメットなんかな…

好奇心!

今朝のラジオの子供電話相談でこんな質問をする子供がいた。 〜〜大雑把な質問内容〜〜 水は100℃で沸騰して蒸発すると教わったけど、ちょっとこぼした水はしばらく放っておくと蒸発してる。 でもその水は沸騰してるわけではないのに蒸発するのは何故ですか?…

カモにされる知りたがりな人々!

数日前に大きな書店に行った際に、興味のあるなしに関係なく一通り全ての棚を見てまわった。(ただ歩いてタイトルだけを流し見ただけ) 適当に何冊かは手に取ってみた。 当たり前の話だが、手に取った全ての本は文字や写真やイラストを駆使して作られている…

『なんか違う』!

努力は報われるのか?、という問いに対し禅問答的には、報われないということは努力が足りないからと説く。 そうすると、報われる努力とは?、という無限ループが繰り返されることになる。 努力とは?、という問いはシンプルだが、答えはあるようでなさそう…

絶対的な自信!

コロナによる経済減速への対策としての日本国民全員への10万円の特別定額給付金の使い道は、本当にお金に困ってる人の場合は迫られてる支払いに充てられただろうが、少しでも余裕があった人々の多くは貯蓄に回しているという話をよく聞かされた。 私も『そり…

『再現性』というキーワード!

プロ野球の監督として名将と呼ばれた故野村克也さんの言葉に、 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし というのがある。 プロ野球に限らず、勝ちや負けがはっきり出る分野ではジャンル問わず当てはまるようで、各界の人がこの言葉には感銘を受ける…

『事なかれ主義』は生活の知恵!

『やって良いこと』『やらない方が良いこと』『やったらダメなこと』、これらは一般的には時と場合によりけりで判断されるが、昔はその境界は割とはっきりしていたような気がする。 理不尽な暴力を振るう人がいたら、力尽くで押さえ込むということは少し前だ…

嗜好品と必需品

コロナでカメラ業界がダメージを受けているということを具体的なデータを示しながら、次を模索することが大事だとアピールする記事があった。 この記事の最後は、次のように締め括られていて、それを読むと決してカメラ業界に限ったことではないなと感じられ…

一人でできる趣味のススメ!

よほどのブラックな環境で長時間拘束されてるような人を除けば、忙しい忙しいと言ってる人ほど持て余してるのが時間だ。 忙しいと言う人ほど暇なもの。 もう少し正確に言うと、趣味を持ってないので暇つぶしができないのに、焦燥感に苛まれるので、常に何か…

小さなことが気になりますか?

ブラック企業のブラックぶりは、やってることの酷さよりも、その過酷さを納得せざるを得ないように仕向ける巧みさにあることが多く、そのような状況ではやりがいがキーワードになることが多いので、現場で行われてることはやりがい搾取と呼ばれることが多い…

あおり運転は自転車でも問題化!

Twitterで『自転車』と検索入力すると、その後の予測変換には次のように出る。 今や自転車でもあおり運転は問題化してるのだ。 元々車道上では四輪車と二輪車(オートバイ)は敵対関係にあったのだが、二輪車人口が80年代半ばのピーク以降減少の一途を辿る中…

情報アリ地獄!

不安なことや心配なことがあることが、ストレスになることは誰でも分かってるはず。 そんな場合、ストレスを避けようと思った時に、何をするのが最もストレスが少ないのだろうか? 大きく3つあると思っていた。 ストレスの原因を探り、対策を立てる ストレス…

持ってるものを再確認!

先進国の中で生産性が最も低い国といわれてるのが日本だが、その割には評価は低くはないということが記事になっていた。 2020年、実は日本が「世界最高の国ランキング3位」になっていた…! 「生産性」は低いけど、素晴らしい国 詳しくは実際に記事を読んで頂…

『Withコロナ』の下での自己啓発はどこに向かうのか?

自己啓発は沼だと教えてくれるおもしろい記事があった。 「自己啓発本、まるで風俗」 200冊読んだ猛者が行き着いた結論 成長が求められる社会で、自分を見失わないため必要なこと 取材に応じたほっしーさんが述懐する印象的なことばを二つ紹介。 〜〜以下引…

アンハッピーで不安な気持ちから始まる物語!

気持ちがネガティブな時に、そのネガティブを克服したいと望む時に人は何をするかというと、ポジティブな情報よりも、更にネガティブな情報に引き寄せられるらしい。 最悪の場合どこまで行くのかを知りたくなるのかもしれないし、自分より悪い状態に陥ってる…

コロナが拓く新時代のルネサンス!

振り返ると、ヒタヒタと迫るコロナが日本全体の問題になるかもとわたしが薄っすらと思い始めたキッカケは、2月17日に正式に中止が報じられた東京マラソンの一般参加のような気がする。 ただ、その頃に感じた怖さはウイルスそのものの怖さよりも、空気が作る…

コロナが気付かせてくれる健康は資産であり財産だという事実!

コロナウイルスの検査数を増やすと医療崩壊につながるのはなぜか? イタリアやスペインでの例にも共通するが、医療態勢が日常業務のキャパシティに合わせて組まれてるからで、余剰はせいぜい救急医療に対応できる程度だから。 そこに、コロナのように一気に…

コロナが変えてくれる価値観、ビル・ゲイツの話を参考に!

世界中を混乱させているコロナウイルスにも良い点があると言うことを一部の人たちが言い始めてる。 共通する内容としては、格差が極まる現代社会で、コロナウイルスはすべての人に平等に恐怖を与えていると言う意味で、平等をもたらしている、ということ。 …

モチベーションは麻薬!

決して珍しい話ではないが、有名人でそれなりのカリスマとして通用している人の身に発生すると悪い意味でインパクトがあるということがある。 良いことづくめのように思われてる筋トレですらだ。 金子賢は肩や肘を手術へ シャンプーも出せない… [2020年3月23…

似て非なるシンパシーとエンパシー!

日常で使用頻度が高い表現は、明快にその意味を表現する単語ができやすい。 明快な単語表現ができない場合は、文章で違いを表現せざるを得なくなる。 このような違いは日本語だろうと英語だろうと、あるいはどんな言語でもあるはずだ。 だから、日本語には存…

観測気球!

3月14日の夕方、安倍首相は『オリンピックは予定通り開催したい』と会見で述べた。 【首相 予定通り五輪開催したい】https://t.co/1GPchrunAJ安倍晋三首相は記者会見で、東京五輪について、「我々としては、(新型コロナウイルスの)感染拡大を乗り越えてオ…

欠乏感の正体も、『バカの壁』!

タイムラインを流れる二つの異なる話題を扱ったツイートを見て、これは結局同じことを意味してるんじゃないだろうかと感じた。 職業柄いわゆる「DV男」を多数観察しているが、彼らは暴力的であると同時に、多弁であり、議論好きであった(モラハラ体質)。…

メンタリストと比較広告!

インターネットの普及が大きく影響してるのだろうが、記事やコンテンツの体をした商品比較が増えている。 インターネットが普及する前は、日本では広告宣伝で露骨にライバルをこき下ろすものは作られていなかった。 テレビCMを始め雑誌や新聞等の紙面上でも…

コロナウイルスの功と罪!

コロナウイルスの罪はありがちなウイルスとして病人を生み出してることだが、重篤度が特別高いわけではない。 重篤度が特別高いわけではないコロナウイルスの特徴は、ウイルスとしての特性ではなく、結果的に社会を揺さぶって、人の本性を暴き出していること…