違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。時には詭弁を弄します。今書いてることと、以前書いた内容が食い違う場合は、遺言と同じで新しいものが私の考えです。

自分を取り戻す

必要なデータとは?

分析が可能になるために必要なデータ量とはどのくらいなのだろうか? そういう疑問を思い起こさせてくれるツイートがあった。 恋愛が上手くいかない女は98%自分に合う″いい男″が分かっていないなので、まずは下記を実践してください。①男を見抜く目を養うた…

苦しいときのレジリエンス!

"レジリエンス"ということばがある。 北海道での、ブラックアウトを受けても使われている。 使用例として、このようなものがある。 北電にレジリエンスが足りなかった構造要因は、今後究明・改善するとして、当面出来ることは全てやって電力不足の被害を最小…

『暴露』の反対語は『詭弁』!

昨年から盛り上がりだしたMeToo運動や、今年に入ってから噴出するスポーツ界のハラスメントや不祥事に対する告発は、世間の人々からすると予告なく突然起こることから、暴露と感じることが多い。 暴露される内容は、一般的には、強い者の弱い者いじめだ。 だ…

再現性は、幻!

創造は、崇高な行為だと言われるが、実際には創造と模倣は紙一重だ。 正反対のようで、実は表裏一体だ。 だから、創造は模倣から始まる。 今日の一言は吉田圭太です創造の対義語は破壊だと思われがちですが実は模倣であり意味としては真似るということだそう…

嫌なことを、断れますか?

嫌な事を断る人と、嫌な事を引き受ける人の違い。 嫌な事として何をイメージするかで、全く異なる人間像が浮かぶ。 こんな事を思ったのは、この記事がキッカケになったから。 広瀬すずCM動画製作だけで4千万円! 五輪ボランティア集めは「国策」〈週刊朝日〉…

『心』の問題だと思ってることの中には、ただの『反応』もある!

夏の終わりになると必ず出てくる話題がある。 精神科医"9月1日に自殺する子供の心理" "加害者"の名前を遺書に書くワケ 自殺を考えるまで追い詰められる人が陥る心理5 (1)孤立感 (2)所属感の減弱 (3)無価値感 (4)窮状が永遠に続く恐怖 (5)心理的視…

尾畠春夫さんや金足農業から学ぶこと!

猛暑の日本に爽やかな風を吹かせたのが、スーパーボランティアの尾畠春夫さんと甲子園での金足農業だった。 私の目には、この両者に共通点が多いと感じられる。 そんな共通点とは、 ・下馬評的な話題が全く無かった(後からネタがドンドン出てくる) ・単に…

『勘違いさせる人』と『勘違いさせられる人』!

錯覚資産(『わかりやすさ』が大事!)と、以前エントリーを書き紹介した本が売れているらしい。 twitterを見ると多くの投稿があるが、おもしろそうな意見を紹介すると、 "「俺は肩書なんかで人間を判断したりしない」って思ってる人が多いけど、たいていの人…

この世で、最も強い人!

以前、心はどこにある?というエントリーを書いたが、また心について考えてみたいと思うキッカケが生まれた。 そのキッカケを紹介する前に、『心』はどのように捉えられているかについて整理してみたい。 心はどこにあるのですか? 公益社団法人 日本心理学…

錯覚資産(『わかりやすさ』が大事!)

錯覚はなぜ起こるのか? これが今日のテーマ。 面白そうな本が出た、タイトルは。 人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている とうとう、アマゾンの和書全体、270万冊の中で11位に! 芸能人でもない、匿名のブロガーが初めて書いた本…

匿名=知られたくない!?

私が初めて『匿名』ということばを知ったのは、中学生になってからで、ラジオを聞いていて、リスナーからの投稿を読んでる際に、投稿者のことを「匿名希望さん」と言ってるのを聞いた時だ。 ラジオへの投稿には、プレゼントを手に入れることも目的の一つだっ…

ラジオと耳

皆さんの生活に、ラジオは身近な存在でしょうか? 今日こんな記事を見た。 「ラジオ」止まらぬ高齢化、若者呼び戻せるか 「コンテンツさえ良ければ人は集まってくる」。ラジオ局関係者からは一様にこんな声が聞かれる。J-WAVEの神田竜也・取締役編成局長は、「…

『キャラクター変更』のススメ!?

「現場からは以上です。」という締め括りの言い方がある。 テレビで現場から中継するレポーターが話を終了させる場合に用いる言い回しなのだが、応用範囲の広い言葉で、カジュアルな場にも、深刻な場にも使える言い回しで、私もいつか使ってみたいと思いなが…

馴染んだ習慣の恐ろしさ!

世の中が変化してるということをどこに感じるだろうか? 変化は日々起きているので、気付いたり気付かなかったりするが、そんな中のひとつで、私が気付いていた変化として喫煙率の低下がある。 私は、タバコを吸うことなく人生を歩んでいるが、大学生になり…

猛暑に関する180度反対の価値観

連日猛暑の日本列島では、かつて無いほど熱中症ということばがキーワードになっている。 twitterで"温度表示"と検索すると、温度表示の写真付きで猛暑にあえぐツイートの数々が出てくる、特に乗ってすぐの車内は大変な様子が伝わる。 「どう考えても温度表示…

女は実体、男は現象!

最近一部界隈で話題になっていた話がある。 インターネットは社会を分断するのか? インターネットが登場した時、ネットによって人々は時間と空間の制約を超えて交流することが可能になり、体験と知見が共有され相互理解が進むと期待された。 しかしながら、…

最後に笑うために!

twitter検索で遊んでみた。 https://t.co/TqVVgWubTo営業職ってだから嫌なんだよ。売れない時代に自ら飛び込んで、客の時間をいたずらに奪って、メリットしか話さない。クソかと。お客からの反響営業とか、注文制にすりゃいいのに。ノルマこなせないのはクズ…

"こんなはずじゃなかった"時の、『人間万事塞翁が馬』!

以前"予定調和"の反対語は何になるのだろうかと考えたことがキッカケで書いたエントリーが予定調和って面白くないだが、未だに明確な反対語は不明なように感じるが、予定調和ということばが持っていた安定感や安心感がどんどん薄らいでいるように感じる。 前…

アフィリエイトっておもしろいかも!

先日、「副業さてどうする?」というエントリーを書いた。 世間では副業が話題になるが、本業への意識はどうなのだろうか? 実は、永遠のテーマとも言える問題がある。 その問題とは、こう問われる。 あなたは、自分の会社の商品が好きですか? この問いは、…

自らのブランディングを、変えるタイミング

今までと同じことをしているのに、そのやり方が通用しなくなることがある。 自然とそうなっていくものから、法律が変わるから起きる変化まで様々あるが、これらの変化は、ゲームのルールが変わるのに似ている。 世の中のルールが緩やかに変化しているという…

『ここ』は、どこ?

こんな話があったと最近になって知った。 『トランプ氏が大統領選挙戦を戦ってる最中に、象徴的な発言とされた「メキシコの国境に壁を築く」というのは、移民が争点になることに掛けた一種のバクチ的な炎上戦略であった』と。 発言の主は、トランプ氏の選対…

自分の色は、何色?

多様化したと言われる現代では、発言や行動が多岐にわたるようになった。 そういう多岐にわたる言動に潜む本音をどう読み解けば良いのか? 活路を見出すために使われていた"生産性を上げる"や"効率化"は、いまや"淘汰"を意味する言葉になりつつある。 現実社…

筋トレ格差は、人生の質の格差につながるかも?

人生の99.9%の問題は筋トレで解決できる! というタイトルの本で有名になった匿名で活動するTestosterone氏という方がいる。 そんなTestosterone氏が、こんなツイートをしていた。 我慢の上に健全な関係は成り立たない。生きていく上で大切なのは我慢強さで…

主役になるしかない時代の到来!

Amazonが、"本は本屋で買うもの"という伝統文化(伝統というほど長くはないが)を変えたように、今世界では、"映画は映画館で見るもの"という伝統文化が危機に瀕している。 カンヌ映画祭とネットフリックスの攻防から見える「映画」の危機(想田和弘) 今年…

肝心なノウハウは、目の前にある!

日常を、膨大な情報が流れている。 情報は、大きく2つに分かれる。 生まれてはすぐに消える、ただ流れていく(=フロー)だけな情報と、 賞味期限の長い、保存が効く(=ストック)情報とに。 フロー情報の発信や受信を目的にしてる(例えば新聞や週刊誌のよ…

自分のバイアスに気付け!

歴史を振り返ると人間は長い期間、肉体労働を中心にして生きてきた。 水や食べ物を取ったり運んだり、ものを作るのも肉体労働だが、その材料を取ったり加工したり、すべてが肉体労働に頼っていた時代が原点にある。 今現在も肉体労働は存在するが、昔の肉体…

"嘘"VS"正直"

嘘は反感を買い、正直は共感を呼ぶ。 だから、嘘をつかずに、正直に生きろというのが基本であることは皆がわかっていることだが、「嘘も方便」や「バカ正直」などのように正反対を肯定することばも身近に存在している。 嘘や正直というのは、ことばを発する…

敵(2)

敵はどんな顔をしているか? 敵の最初の認識は、自分と属性が違うということかもしれない。 "なんか違う"の積み重ねが、敵を作るのかもしれない。 昔、私はオートバイを改造して乗ることを趣味にしていた。 オートバイ乗りの間では、オートバイに乗る人をこ…

敵(1)

相反する考え方のどちらもがそれなりの説得力を持ちながら、同時に存在することがある。 例を上げると、 『友達は大勢いる方が良い』 と 『友達はいなくて良い(一人いれば十分)』 "友達100人できるかな〜♫"と言われながら育つことが多いことを考えると、教…

朝型?夜型?

いつの頃からか、夜に考え事をすることをやめるようになった。 夜に考えたことの多くは、翌日太陽の下では全く通用しないことに気付かされることが増えてきたからだ。 夜に考える事の多くは、自分に都合良く考えがちになるという傾向が私にあることが良くわ…