違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

伝えたいことと、伝わることのギャップ

人と人が向き合う対人場面においての影響力は、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報が7%と言われてる、これがメラビアンの法則。 これは人と人が対面でコミュニケーションを取る場合の話だが、コロナ禍でのzoom会議などの遠隔コミュニケーションでは…

錯視を楽しもう!

全く悪意がなく人を騙すことを目的にすることがある。 手品やマジックが代表で、その技はタネや仕掛けやトリック(以下総称してトリック)などと呼ばれる。 そんなトリックの中には、今ではトリックとして意図的に使われてるが、そもそもは見た人が勝手に騙…

仮想と暗号の次は量子

偉そうなタイトルを付けてるが、単なることば遊び。 少し前から素数や量子をおもしろおかしい話のように語る人が増えたような気がする。 本当はとても難しそうなのに。 それがきっかけで書いている。 〜〜〜 デジタル化、コンピュータ化が進むとプログラムや…

オワコンの正体?

新しい何かが生まれる時には、古い何かが終わりを迎えているはず。 そして、終わる何かが衰退の流れにある時はきっと前兆現象として、最近だとオワコンと呼ばれているのかもしれない。 オワコンっていつ頃から使われてどのような反応をしてるのかをGoogleTre…

お気持ち〇〇

今朝寝起きで何気なくTwitterを見てるとおきもち表明というワードが目に付いた。 そう言えば以前ブログでお気持ちヤクザというのを取り上げたことがあったなと思い出した。 2018年10月だった。 その後2020年にはお気持ちヤクザと対をなすものとして繊細チン…

ノンバーバルの時代

『空気を読む』、『察する』などと表現すると、いかにも日本人がする反応だと感じるが、これを非言語的な『ノンバーバルコミュニケーション』と呼ぶと程度の差はあっても国籍や言語に関係なくしてしまう反応だと思える。 テレビでニュースを見てる場合、あり…

コスト削減の成れの果て

今更ながら知床での観光遊覧船の沈没事故のキーワードはコスト削減の成れの果てだと断言できる。 当初からそのことは随所に感じられていたがわたしの中ではこれが決定的だった。 北海道の知床半島沖で起こった観光船「KAZU Ⅰ」の事故で、同船が連絡用に使っ…

仮想通貨が正念場!

ウクライナに侵攻したロシアに対して金融制裁が課されていることは誰もが知っている。 しかし、この金融制裁には仮想通貨も含まれていることはあまり知られていない。 仮想通貨の自由度の高さが金融制裁の抜け道になることはちゃんと警戒されていたらしいの…

GW明けは何かが起こる?

GW(ゴールデンウィーク)明けに注意しろという話が多い。 GW明けのメールには気を付けろ、であったり。 昔ながらの5月病も始まりはGW明けからだ。 長期の休みは良くいえばリフレッシュにつながり、悪くいうと生活のリズムを狂わせる。 狂ったリズムの方が…

写真+コルクボードで気分転換を!

カメラや撮影が好きな人のどのくらいが実際にプリントしてるだろうか? 約7年前の日経新聞の記事があった。 写真のプリント「減った」84% スマホやデジカメ普及で 2015年8月2日 いま自分の家庭で写真をプリントしてアルバムなどを作ることがあるかどうかを聞…

ラッキーなニアミス、不幸なニアミス

航空機が飛行中に異常接近することはニアミスと呼ばれる。 航空機のニアミスは、結果的には衝突は回避できたという意味では良かったことだが、そもそも起きてはいけないことでもあるので原因は追求される。 ニアミスは、人間同士にも使われる。 コロナの接触…

意外と根強いプリクラ人気

あまり過去に遡ってもしょうがないが21世紀になって22年、それ以前から傾向としてはあったがより顕著になったのが大画面化だ。 テレビの大画面化に始まり、毛色が違う分野で言うと写真を多用する雑誌もサイズの大型化が進んだ。 ガラケーも大型化にシフトし…

悪党は嘘を吐く

ここ最近何かと話題になってる高校の不祥事は結局関係する大人が悪かったとなった。 結局、大人が全部悪いという結論が導かれた。子供がSNSに上げなければ永遠に真相は闇の中だったので子供自身のファインプレー。最近はイジメについてもYouTuberに相談し学…

ネット社会はマイブーム発表会

世の中にはどっちが先なのか分からないことが多い。 例えば、病気の発生が先で後から病名が付くのか、それとも病名を先に命名したことでその症状を訴える人が増えるのかなど。 昔は病気や症状が先だったと思われるが、現在では病名の命名が先の病気が増えて…

手応えのある夢だと感じているのは、足の裏の米粒か靴の裏のガムかも

Twitterはおもしろい。 Twitterは勉強になる。 三人寄れば文殊の知恵を実感できることがある。 昔から博士号は足の裏についた米粒と同じっていわれてますからね。取らないと気になるけど取っても食えないと — たむらはん (@tamuuuuuu) 2022年5月2日 このツイ…

男と女の思考回路の違い

おもしろいツイートがあった。 以下はそれを紹介するだけ。 読めば『なるほど』と思えるが、東野圭吾が著書『片想い』の中で表現したように男性性と女性性はメビウスの輪(帯)のようなもので決して裏と表のような関係性ではないと思っているが、それを踏ま…

闘争か逃走か

領土を争っての戦争では、戦うという選択肢以外はすべて諦めに通じる。 そのような場合は、中途半端な未来や将来を描いたりせず今現在に注力するしかできない。 戦争の場合、戦いの最前線の兵士や現場地域の住民にとっては時間は今現在だけになる。 しかし、…

ヒントは180度反対側にある

テクノロジーが進化を目指すのは必然。 進化したテクノロジーを使いこなしたいと望むのもまた必然。 そしてテクノロジーの進化は生活を変える。 一般的には、テクノロジーの進化の先にはより便利や豊かや快適があると考えられている。 だから、テクノロジー…

広告宣伝費は保険料!

なるほどと頷けるツイートがあった。 FMだけではなくAMラジオやテレビCMでもビッグモーターを聞かない日はないです。あれは広告主になることでその局の報道番組で批判されるのを防ぐリスク管理なのかもしれません。現に知床遊覧船の報道でもネット以外でコン…

知床でも感じる『またもやコンサルか!』

ウクライナでの悲惨かつ残忍さ以上に日本人を不快にさせているのが知床での観光船沈没事故。 まだテレビ等のニュースや報道では憶測の域を出ないからだろうが、悪の張本人は観光船会社の社長になってるが、多くの人がご存知のように(知らない方は検索すれば…

アップデートが必要なものは永遠に未完成

考えさせられる記事があった。 Appleが長期間アップデートされていないアプリをストアから削除する動き 上記の警告を受けた『Motivoto』というゲームはすでに完成しており、そのため2019年3月を最後にアップデートは行われていなかった。しかしAppleからはPr…

第三の居場所

昨日次の話を聞いて今日になって思った話。 【「時間芸術」を捨て去るのは"進化"か】映画やドラマ、アニメを「#倍速視聴」「10秒飛ばし」する習慣が広がる状況を、作り手はどう捉えているのか。「#プリキュア」「#銭天堂」の脚本を手掛けた小林雄次さんに聞…

個人は、役に立ちそうにない参入障壁が低い分野で活路を見出せ!

以前、役に立たないことが大事だとブログに書いたことがあったことを思い出した。 つい最近のような気もしていたが、振り返ると5年前の17年6月だった。 5〜6年前頃は、日本人でノーベル賞を獲った方々が役に立たないことが大事だと訴えていた。 研究開発だけ…

着々と弱体化する神社本庁?

なんとも香ばしいツイートが流れてきた。 まとめ神社本庁の不審な不動産取引について職員が内部告発→神社本庁、職員を解雇→職員が提訴→神社本庁「決して裁判所が日本の国体破壊に繋がることに手を貸す事態があってはならない」→地裁「意味不明だし関係ないの…

恐怖は静寂の後にやって来る

地震の震度が3以下くらいの場合の話。 たまに地震警報が地震の後に鳴る場合がある。 こういう場合は、『今の誤報?』と感じ、恐怖は今ひとつだったりする。 しかし、地震警報が鳴って少し後(一瞬というほど早くはないが、しばらくというほど遅くもない)に…

国境の壁とバカの壁

日本で生活してると分かりづらいが、今のロシアを明確に非難してるのは人口比で世界の3分の1の国家に過ぎない。 ◆G20閉幕ロシア財務相がオンラインで出席するなか、ウクライナ侵攻への非難が相次ぎました。離席する国もでる異例の展開。ロシア制裁を巡り、下…

Netflixの契約者減少で思ったこと

コンテンツ産業で独り勝ちだと言われていたNetflix。 一時は、その勢いはGAFAを越えるかもとすら言われていた。 そんなNetflixにも翳りが見えたのか、それとも単なる一過性の出来事なのか。 ネットフリックス 会員数が減少に転じる 過去10年で初めて 2022年4…

不快な発言と不快な謝罪は『セット、セットセット〜』

今週は『懲りないな〜』と思える発言が目に付く。 最初はこれだった。 メンタリストDaiGo、ウクライナへ千羽鶴送る日本人を非難「狂気」「ただの迷惑」 記事を読めば分かるが、この発言内容は決して間違ってないが、決定的に間違ってるのは言い方であり、『…

サバイバルもラグジュアリーに

すっかり定着した感があるアウトドアブーム。 定着したならばもはやブームではないが。 そんな動きは検索でも感じられる。 個人的にはアウトドアはサバイバル知識を増やすだろうから、災害国日本ではそれなりに意味があると思っていた。 しかし、アウトドア…

神や仏はどこにいる?

苦しい時の神頼みといわれるように、苦しい時には人は神にお願いする習慣がある。 日常生活では神様なんてバカにしてるくせに、お参りする時は礼儀作法に気を遣ったりする人は多い。 そのギャップを埋めるための免罪符が賽銭だが、その賽銭額にはいろんな意…