違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

2024-01-01から1年間の記事一覧

純と鈍

紙と向かい合ってきちんと字を書くことが極端に減ったので、『あの漢字はどう書くんだったっけ?』と思うことがしばしばある。 今日も突然わたしの脳内で鈍器や愚鈍の『鈍』と純粋の『純』がごちゃ混ぜになってることに気付いた。 ゲシュタルト崩壊の一種な…

後悔は百害あって一利なし

日本のプロ野球の名選手であり名監督だった故野村克也監督は数々の名言を残している。 その中でもわたしが一番好きなのが、 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし この名言にひと際味わい深さを感じたのが水原一平事件だ。 今更事件の内容には触…

時間差の美学

デフレが続いた日本でも物価が上昇している。 つまり売ってるモノの値段が上がっている。 それに引き続いて上場企業や業績好調企業では賃上げや初任給アップが実現され始めた。 これだけを活字にして見ると日本にも好景気の波が来てるかに感じられる。 しか…

ラリーを続けるように

ラリーと聞いて何を思い浮かべるか? おそらく二つに分かれるだろう。 ラケットスポーツで打ち合いを連続すること 自動車レースの一種 この二つは原義は同じで集合するあるいは集会するという意味らしい。 余談だが和製英語のスタンプラリーは自動車レースの…

ついた差を気にするのはもったいない

左脳は思考を、 右脳は直感を、 司ると言われる。 人間には左脳派と右脳派がいる、これはどちらが良いとか悪いではなくタイプ。 無意識またはリラックスしてる際の傾向くらいのもの。 簡単なチェック方がある。 無意識に指を組むと 親指が上になるのは 右手…

自分を解放できるのは自分だけ

人間の悩みの99%は人間関係に起因すると言われる。 悩みがお金に関することや自身の健康に関することであっても、誰かに迷惑や心配を掛けるから悩みになってるというケースは少なくない。 法律やルールに従うのも突き詰めると人間関係の束縛ゆえということ…

良い指導者

昔から指導に関して言われてることがある。 良い選手が良い指導者になるとは限らない。 勉強のできる人が良い先生になるとは限らない。 どちらも意味は同じで、自分に関してしか当てはまらない理論や理屈しか持ってないのだ。 もちろん教えるのが下手にしか…

自分探しは永遠

病名が同じ人に同じ治療や投薬をしても治り方に差が出るのは不思議ではないし、中には一向に回復しない人すらいるかもしれない。 病人ではなく、健康でかつやる気がある人に同じトレーニングメニューを与え、同じ食事を提供したとしても体力の向上や身体の発…

騒音や雑音をバカにしてはいけない

静かに振る舞うことが重要なマナーという場がある。 分かりやすい施設が図書館や病院。 普通の声で話してる小さな子供を連れたお母さんが恐縮してる姿なんかは全然許容範囲なのだが、ある程度以上の年齢の者がさまざまな音を無神経なレベルで立てていると腹…

すべては目線の違いから

当初想定してないことが後に重大な意味を持つと分かった時に使われる表現が伏線。 伏線は本来後から気付くものなのだが、ストーリーテリングの世界では事前に想定して張るもの。 ストーリーテリングの世界では張られた伏線が意味を持つことを回収と表現する…

伸びたい人は勝ちには真剣ではない

勉強や研究などの場合、勝ちたければ(勝ちたいという表現が相応しいかは別として)自分の強みを強化し伸ばすことが最善。 一方でスポーツの試合やビジネスにおけるライバルとの競争では、自分の強みを活かすことも重要だがそれ以上に有効なのは相手の弱点を…

コスパは悪くない、ヨガブロック

時々思い出したようにストレッチをしたくなる。 その都度少しだけやるが自分のスタイルが確立できないため続かない。 やる気以外に何かが足りないとずっと思っていた。 そして、今日になってその足りない何かがなんとなく分かった。 ような気がする。 以下は…

暴走の裏にある自由

詐欺やフェイクニュースが増えるのは穏やかな生活を脅かすと思える一方で、それはすべての発言や表現に自由が約束されているからと思うととても平和だとも言える。 発言や表現を巡っては、とても奥が深いと勘繰り始めたらキリが無い一方で、実はとてつもなく…

禅問答は永遠に

2024年年明けの能登地震。 自衛隊機とJAL機の衝突。 最近の台湾地震。 他にも突然の不幸はたくさんある。 こんな時、言葉を使って表現する人は深刻度が低い余裕がある人々だ。 disってるわけではない、そういうものなのだ。 2年前に亡くなられたコラムニスト…

可愛さ余って憎さ百倍

ゲーム業界における地位の高さゆえだろうか、それともあまりにも夢中にさせられたことの弊害でもあったのだろうか、任天堂を脅迫する話は一つではなかった。 任天堂に殺害予告メッセージ 茨城・日立市職員の27歳男を威力業務妨害疑い逮捕 2024年4月3日 「死…

エントリーという表現

誰だってこの世に生を受けたことで自分の人生ゲームへのエントリーが始まる。 エントリーとは扉を開けて入ること。 この人生最初のエントリーは決して自分が意図したり望んだものではない。 自分が意図するわけでもなければ望むわけでもない人生ゲームはそれ…

一つに集中収束してる?

エイプリルフールのネタかなと思う話題が流れていた。 夫婦同姓が続くと…2531年には「全員が佐藤さん」 東北大試算 試算は、政府発表の統計や電話帳を基に人口の多い名字ランキングなどを紹介する情報サイト「名字由来net」が提供するデータを用いた。佐藤姓…

一人称視点が増えたのもスマホのせい?

自分にはどう見えてるか、それが一人称視点。 一人称視点の場合は、主語は常に自分だ。 それに対して、 他人には自分がどう見えてるか、それが三人称視点。 三人称視点の場合は、『自分』の部分はテーマ次第で他の表現に置き換え可能。 三人称視点は客観でも…

みんな誰だって特別扱いされたい

言語明瞭だがその割に意味不明で曖昧なものが『待遇』。 辞書では以下のように定義されている。 客などをもてなすこと 雇用者が雇っている者に対して与える地位・給与など それに準じた扱いを受ける地位であること おもしろいツイートを見た。 働き始めて1年…

下克上あれこれ

小林製薬の紅麹を巡る対応を見ていて思ったこと。 良い悪いという話ではなく、小林製薬にはサプリを求めるエンドユーザーは見えてなかっただろう、代わりに見えていたのは株主や取引先企業や販売チャンネルやプラットフォーム。 エンドユーザーが見えてない…

生涯学習という皮肉

以下の写真は中国の不動産企業がマレーシアで行っていた巨大開発が中国のバブル崩壊で開発が途中で頓挫したいわば廃墟の写真。 写真の引用は下記サイトから https://diamond.jp/articles/-/330154 巨大な城壁の建造が途中で止まったようにも、あるいは巨大な…

インターフェイスは厄介の大元

インターフェイスの辞書的な意味は(異なるものの間の)境界面、接続部分、共通境域。 PCの普及によってインターフェイスは端子の意味になっていった。 スマホの登場前までは、パソコンなどIT絡みの端子がインターフェイスと呼ばれていたのに対し、家電等で…

人間活動は小宇宙

それなりの年月を生きてると、世の中の動きに繰り返しに似た現象が起きてることに気付く、わたしだけではなくほぼすべての人がきっと感じているだろう。 流行りやトレンドと呼ばれるような趣味嗜好に関連することから、研究や調査や開発のような分野そして政…

すでに知ってることにありがたみを感じられるか?

ある程度以上の年齢になると、新しく楽しめることが見つかりにくくなる。 楽しめることに限らず、積極的に興味を持てる新しい何かが見つかりにくくなる。 見つからないからといって無いわけではなく、知らないわけでもない、知っているのに忘れていたり、よ…

郷に入っては郷に従え

人間は納得したい生き物。 納得はしたいけど説得されるのは好きではない。 説得は真実や正解のように無味乾燥だから。 だから納得できるストーリーを求める。 通訳の水原一平さんの件は、大谷翔平さんが本丸なのかもしれない。 大谷翔平さんは嫌われていると…

没入感の増加というキーワード

PCに始まりスマホへと繋がった発展はディスプレイ中心時代の始まりだった。 ディスプレイの役割は表示すること。 表示するもの(コンテンツと呼ばれる)は長らく人間が作るものだった。 そう考えると紙や本もディスプレイだと言えそうだし、教室の黒板なんて…

クレーマーが多い理由

相変わらず世間は大谷翔平さんのネタで盛り上がったり盛り下がったりで大騒ぎ。 そして通訳の水原一平さんの爆弾ネタまで登場しさらにお祭り騒ぎになっている。 そんな時にメディアや世間の動きに苦言を呈する声が登場するのも常だ。 『もっと目を向けるべき…

3年目の浮気?

前兆などなくいきなり降って湧いた水原一平通訳の解雇のニュース。 初めて大谷翔平さんの奥さん写真が公開された6日前には水原一平さんも夫婦で写っていたのに。 この時点では事態はどのような展開中だったのだろうか? しかし、昨日の時点で異変を感じる人…

指標は誤解や勘違いの元

現代の病気は症状が先にあるのではなく、病名が先に命名されることで患者がわらわらと湧いてくるという仕組みになっているものが多い。 同様なことはあらゆる分野にある。 病名に相当するのが指標。 指標のほとんどは業界の専門用語で狭い意味合いしか持たな…

定義が曖昧なことは自分で定義するしかない

元々は、そんなに大層な意味ではなかったはずのことが今ではとんでもなく高いハードルになってるということがある。 1948年に発効されたWHO憲章では、前文において「健康」は次のように定義されている。 「健康とは、病気でないとか、弱っていないということ…