違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

twitter

令和の投票依頼!

数日前に次のような投票依頼の記事が上がっていた。 「首相秘書が投票依頼」と断言 広島の県連副会長が怒りhttps://t.co/dkfeSmqv2G自民党県連副会長の中本隆志議長の怒りの矛先は党本部に。1億5千万円の支出を問題視し、参院選公示前から首相秘書が県内を回…

『もう誰もああいう緊急事態宣言とか、やりたくないですよ』という本音から何を感じるか?

昨夜ニュースで見ていて、珍しく政治家が本音で喋ってるんじゃないのかなと思ったのが西村経済再生担当大臣だった。 「もう誰もああいう緊急事態宣言とか、やりたくないですよ。休業もみんなで休業をやりたくないでしょ。これ、みんなが努力をしないと、この…

『事なかれ主義』は生活の知恵!

『やって良いこと』『やらない方が良いこと』『やったらダメなこと』、これらは一般的には時と場合によりけりで判断されるが、昔はその境界は割とはっきりしていたような気がする。 理不尽な暴力を振るう人がいたら、力尽くで押さえ込むということは少し前だ…

管理されたい?

日本人は『管理されたがっている』という話題が、たまたま目に付いた。 みんな管理されたい欲望が強いんだね……。 https://t.co/71hfKcPq4t — 津田大介 (@tsuda) 2020年6月22日 コロナ禍でわかった、日本人が患う「管理されたい病」の重症度 https://t.co/ViJ…

『使い勝手』というキーワード!

コロナがキッカケで変化するものがたくさんありそうだが、そのような変化の中にはたまたまタイミングが重なっただけで、本当はコロナとは関係ないものもあるはず。 こんな記事があった。 Appleが殺そうとしているもの2020年版リスト 個別に取り上げられてる…

『公助・共助』を当てにできない『自助』の時代!

二つの記事が目に付いた。 全く違う内容の記事なのに共通するテーマが感じられた。 産休中に雇い止め、保険も無断で脱退 女性が会社を提訴 福岡地裁 西日本新聞 〜〜以下引用〜〜 訴状によると、女性は2018年1月から正社員として経理業務などを担当。19年3月…

共感や共有など『共』が付くと胡散臭くなる!

他人と共有しあえない悩みというのがある。 病気のように深刻な悩みはその深刻さは同情はされても真に共有されることは不可能だ。 一般的にコンプレックスと呼ばれることは悩んでる人には深刻でも、他人と思いを共有することが難しく、心や気の持ちようでど…

小さなことが気になりますか?

ブラック企業のブラックぶりは、やってることの酷さよりも、その過酷さを納得せざるを得ないように仕向ける巧みさにあることが多く、そのような状況ではやりがいがキーワードになることが多いので、現場で行われてることはやりがい搾取と呼ばれることが多い…

あおり運転は自転車でも問題化!

Twitterで『自転車』と検索入力すると、その後の予測変換には次のように出る。 今や自転車でもあおり運転は問題化してるのだ。 元々車道上では四輪車と二輪車(オートバイ)は敵対関係にあったのだが、二輪車人口が80年代半ばのピーク以降減少の一途を辿る中…

一極集中がダメなら分散化(≒多チャンネル化)に活路を!

飲食業界や交通・旅行・宿泊業界が目に見えて大きなダメージを受けているのは、大勢の人が実際に集まることが嫌悪され警戒されるようになったから。 見に見えるダメージは接客が発生する現場の事例が多いが、人が集まる現場では大なり小なり似たようなことが…

鈍感な嘘!

政治や政治家が国民をどのように見てるのかは、政策を見れば分かるはずだが、国民のためにやってるはずの政策が自分の生活に直結する印象は不思議と薄い。 そんな政策の中で、これはすべての人に関係するなということが分かりやすいものの一つがアベノマスク…

実名vs匿名!

軽微な罪なのに実名で報道される場合には、実名の取り扱いは慎重さを求められるべきというネガティブなニュアンスで取り上げられる。 その一方で、匿名での誹謗中傷も問題視されるようになっている。 匿名での情報発信には、嘘や無責任が許容されるという勘…

ギャップが、常識を非常識にさせ、非常識を常識にする!

コロナで注目されたことの一つにUberEatsがある。 自粛ばかりが求められる中で、働き手が増えてる希有な存在として注目されていたが、私にとってはむしろUberEatsで注文する人の方が興味の対象だった。 コロナが全く関係なかった1年前にUberEatsをやってる方…

忖度から派生した自己責任!

東京アラートが発動されたと報じられている。 東京アラートとは東京都防災ホームページによると、 〜〜以下引用〜〜 東京アラートを発動中です。 「東京アラート」は、都内の感染状況を都民の皆様に的確にお知らせし、警戒を呼び掛けるものです。 都民の皆様…

エクソソーム!?

コロナでやられるのは肺が最も多い。 肺がやられると、できて当たり前だと思っている呼吸が満足がいくようにできなくなる。 健康な人の場合、日常生活で肺の存在を意識することは少ないだろう。 意識する時があるとすれば、運動などでハアハアゼエゼエと息が乱れ…

政治的発言は阿波踊り!

『芸能人の政治的発言をどう思うか?』という問いに対する10代、20代の意見が出ていた。 検察庁法改正案をめぐって、大きな注目を浴びた芸能人による政治的発言。きゃりーぱみゅぱみゅさんや秋元才加さんのツイートには、様々な声が寄せられました。否定的な…

相談する相手を間違えてはいけない!

ニュース等を見ていてずっと良くわからないことの一つに、SNSを通じて詐欺等の犯罪の共犯者を募るというものがあった。 犯罪を犯すということは、成功することを目的にするならば高度なチームワークやモチベーションが求められるので、組む相手は誰でも良い…

先見の明!

コロナで大きなダメージを負ったことを嘆くフェーズから転じる時期に来ている。 こんな時どうするかには基本の3パターンがある。 信長「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」 秀吉「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」 家康「鳴かぬなら鳴くまでまとうホト…

『検索』で分かる能動性と積極性!

調べたいことや知りたいことがある時に活用するのが検索。 PCやスマホやタブレットとネット環境さえあれば誰でも活用できることと他人に知られることなくオールジャンルを対象にできるので、勉強は嫌いだけど検索は大好きという人は多く、思わぬ人が思わぬジ…

コロナは絶好のチャンスを最悪のタイミングで連れて来てるのかも?

自分の属する環境がブラックだと感じたらホワイトな環境を求めるのは当たり前だ。 そしてそのような場合、自分と違う環境はどれも良さげに見えるのは昔からだ。 だから、隣の芝生は青いという諺があるのだ。 これは、他人を羨んだり妬んだりする場合の無い物…

自粛生活で気付くトレードオフ!

これから梅雨になり、梅雨が明けて夏が始まると台風が気になるようになる。 この数年、大雨や大風が起こす被害が尋常じゃないレベルになっている。 コロナによる人間活動の低下が大気の汚れを短期間で劇的に改善させているという報告も多いが、一時的なもの…

ツーリズム業界に静かな革命が起こるはず!

コロナ前の最近10年くらいに顕著になっていたのがグローバル化だが、グローバル化は生産や労働の移転というビジネス的な側面がクローズアップされやすいが、ツーリズムという観点で捉えると私的な側面が色濃く浮き上がる。 従来の目的地ありきの観光以外の観…

上級国民にも悩みはあるのかも?

黒川広務さんが自粛期間中に賭け麻雀をしていたとすっぱ抜かれたことで世間は盛り上がっている。 黒川弘務東京高検検事長 ステイホーム週間中に記者宅で“3密”「接待賭けマージャン」 | スクープ速報 #黒川弘務 #スクープ速報 #週刊文春 https://t.co/UMqD2om…

『廃〇〇』に惹かれるのはなぜ?

緊急事態宣言が7都府県に出されたのが4月7日。 それを受けて7都府県のデパートは一斉に4月8日から臨時休業に入った。 〈参考〉 緊急事態宣言延長を受けた全国百貨店の営業状況一覧 新型コロナウイルス対策 2020/05/08 売上が立たなくなるのだから、余計なコ…

オンラインvsオフライン!

慣れ親しんだシステムが継続されるのは便利だからだが、そのシステムが長期間続くと柔軟性や臨機応変さが失われるようになる。 平時には問題なくても、有事には不都合が生じやすくなる。 ハンコを押すために「出社」する日本を笑っていましたが、アメリカで…

今年の夏は脱ぎますか? ……マスクを!

陽射しや気温が夏を感じさせるようになると、日本の夏は湿度が高いので、その暑苦しさは重苦しさに感じられるので、心身ともに軽くしたくなる。 夏の空気の重苦しさには、気持ちの問題以外にも理由がある。 気温が上がるので、気温が低い時に比べて空気が膨…

アンハッピーで不安な気持ちから始まる物語!

気持ちがネガティブな時に、そのネガティブを克服したいと望む時に人は何をするかというと、ポジティブな情報よりも、更にネガティブな情報に引き寄せられるらしい。 最悪の場合どこまで行くのかを知りたくなるのかもしれないし、自分より悪い状態に陥ってる…

怒りや不満で良いアイデアが出ないときに試す価値があること

可視化 数値化されると漠然としてたものが具体的になるような気がしてくる。 いわゆるデータ化だ。 データ化されて発表されるタイミングと、元データが収集される時期にはズレがあるので、最新データの多くは少し前のデータにならざるを得ないので、解釈の際…

正義中毒!

正義中毒、命名者は脳科学者の中野信子さん。 他人を許せない正義中毒という現代人を蝕む病 攻撃対象を見つけ罰することに快感を覚える 中野 信子 〜〜以下引用〜〜 他人に「正義の制裁」を加えると、脳の快楽中枢が刺激され、快楽物質であるドーパミンが放…

『消費vs貯蓄』のリベンジ合戦!

コロナの収束を伺わせる国では街や観光地に人が戻ってきてると伝えられている。 マスクを付けている人が多いのがコロナ前との違いだが、報道を見ると賑わいだけは戻ったかに見える。 一見旺盛に見える回復した人出が起こす消費は、これまでの抑圧された不満…