違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

雑記・エッセイ

感情を逆撫でするリスキリング

現在、人の感情を絶賛逆撫で中なのが「リスキリング」だ。 直訳すれば学び直しを意味するのだが、自分に対して言われたと感じる人々にとっては、自分の人生や積み重ねたキャリアを否定されたかのように感じる使い方を岸田総理はしてしまったのだ。 岸田総理…

儲かってもストレスは消えない

ストレスと価格は深く関係している 、売ろうと買おうと。 売る側は、高く売りたい、多く売りたいと望み、買う側は安く買いたい得をしたいと望む。 値付けや価格設定には基本的な考えがある。 原価+利益=価格 原価をきちんと計算してるか、原価計算には必要…

石橋を叩いて〇〇

人間が自分に都合の良いストーリーを組み立てるのは生きていくために必要。 だからこそ夢や希望を描くことができるし、夢や希望を描ければこそ絶望を乗り越えることもできる。 しかし、覚えておかなければいけないことはギリシャ神話のパンドラの箱の話だ。 …

水道管凍結

10年に一度と警報が出されていた今回の大寒波は取り敢えず峠を越えたようだ。 報道では取り上げられない程度の被害を受けた方は少なくないかもしれない。 個人的には水道管の凍結を一番恐れていた。 冬になると水道管凍結は風物詩とも言えるが、世間が水道管…

リセット症候群≒緊急避難

なんともそそられるタイトルの記事があった。 ある日突然、SNSから"消えて"音信不通に…「人間関係リセット症候群」を患う若者がジワジワと増えるワケ 記事は昨日のものだが、Twitterで「リセット症候群」と検索すると、「そして僕は途方に暮れる」という公開さ…

結果がすべて?

結果がすべて! 自分事として頭ごなしに突きつけられると、きっと気分が悪い。 しかし、目的や目標があればこその結果だと、冷静に落ち着いて考えると当たり前のこと。 究極的には今の自分があるのは、結果を出したからと思える人と、結果を出せなかったから…

コピペが加速させるエントロピー増大

コピー&ペースト(略してコピペ)、これが当たり前の日常に入り込んだのはいつ頃からだろうか? 2004年以降の検索推移を知ることができるGoogle Trendsで見ると、 2004年には略語としてのコピペがすでに存在していたことが感じられる。 コピペの浸透は、PC…

似て非なる節約とケチ

あらゆるビジネスが、さまざまなマーケティング手法を駆使して売ろうと一生懸命だ。 売ろうとすることは、買わせるということでもある。 消費者が買う理由は、大きく3つある。 必要だから 欲しいから その他(営業されて断り切れなかったなど) マーケティ…

同じことを繰り返すという宿命

年が明けて間もなく1週間。 新年の誓いや掲げた目標をすでに忘れたという人は多いだろう。 と言うよりも、毎年毎年同じことを繰り返してる人が多いと言った方が的を射てるかもしれない。 例えば『ダイエット』。 検索としてのダイエットは、年末が最も低く、…

創造も模倣も出る杭のようなもの

完全オリジナルの創作に価値があると思う人は模倣をバカにしがちだが、人間は残念ながら知らないことは考えられないので、知ってることのほとんどすべては自分の外側から入手したものにならざるを得ない。 自分の外側の情報がすべての始まりだということは模…

Let it be &ケセラセラ

ふと7年前のことを思い出した。 〜〜その時の状況〜〜 突然の体調不良が発生。 基本自力で解決したいと思い3ヶ月ほど日常生活を継続しながらいろいろ足掻いたが、自力では解決不可能との結論に至り病院に行くと、腎臓の機能が極端に低下してると判明。 即入…

次々と上書きされる常識

世間では大雪や寒波が心配の元になっている。 直接の影響を受けている方にはお見舞いを申し上げたい。 この時期になると、個人的な心配事の一つに水道管の凍結がある。 心配するのは凍結して水が使えないことよりも、水道管や蛇口やそのパッキン等を破損させ…

自転車のヘルメット着用を受け入れるか受け入れないか

因果関係があると言われると、そうかもとも思えるし、そうではないと言われるとそんな気もするという表現がある。 宝くじは買わなければ当たらない。 人間関係は知り合わなければ(出会わなければ)生まれない。 知らないことは考えられない。 などなど。 来…

人間関係の原点は家族

クリスマスやハロウィンの盛り上がりを伝える報道は、渋谷を始め都市部の繁華街の映像で伝えられるので勘違いしそうになるが、21世紀の日本では実際には家族のイベントになっている。 どちらかと言うと、テレビ等で見てるのは、さまざまな理由で一人で過ごさ…

もう成長期は終わっている

テレビでローカルの報道情報番組を見てると新規オープンまたはオープン後日が浅い個人経営もしくは小資本運営の飲食店を取り上げることが多い、キー局が放送する番組ではチェーン店など大資本もしくは知名度が全国区の有名店を取り上げることが多い。 最近の…

水木一郎さんは水木一郎というゆるキャラだった

水木一郎さんが亡くなられた。 アニキでありアニソンの帝王と呼ばれる水木さんのおかげで、アニメの歌が人気でも歌ってる歌手が注目されることはほとんどないというアニソンの宿命が払拭されたが、それは長い時間を掛けての結果であり、水木一郎さんに負うと…

需要vs供給

感染症の権威にとっては、一生に一度あるかないかの特需がこのコロナ禍だったが、多くの人にとっては副作用によるマイナスしかなかったのがこの3年なのかもしれない。 「世界はコロナを終わらせたがっている」、そう感じる見出しが複数同じタイミングで目に…

渡辺徹さん

サッカーW杯で日本がスペインに勝利したこと以上に驚いたのが昼頃流れてきた渡辺徹さんの訃報だった。 人工透析をするなど様々な健康不安説がありながらも、テレビ等で見る姿や喋りは健康不安を感じさせるものではなかった。 渡辺徹さんはブログをやっていて…

雨ニモマケズ

先日就活におけるオンラインテストの替え玉受験が話題になっていた。 ざっと検索すると、替え玉受験に関する話題の発信日付は数年前のものも多く、需要も供給も珍しい案件だったわけではないことが分かった。 この手の事件が起きると、本人の実力じゃなく受…

いい加減なデータや情報はパーセンテージで表現される

保険の仕組みや公営のギャンブルの仕組みは高度な数学と豊富なデータを駆使して胴元が絶対負けない仕組みの上に成り立っていると言われる。 しかし、実際には計算を狂わすような突発的なことが起きると、いとも容易くルールを変更することが多い。 保険の場…

変化する実力主義

いつの時代も活路を拓くために必要なことは実力だった(はず)。 運の方が大事だという意見も多いかもしれないが、運も実力のうちと言われることも多いので、実力には運も含むものとする。 ただ、その実力とはというと中身に目を向けると時代によって違いが…

どんな変化も大したことはない?

今朝こういう記事を見かけた。 文章や画像を自動生成する「ジェネレーティブAI」の“ゴールドラッシュ”が、いまシリコンバレーで起きている 記事の中には、最近のAIがどのような順番で実用化していったかが書かれている。 大小さまざまな企業がAIの開発を進め…

NFT(非代替性トークン)が狙ってる

今日あることを検索していて気付いたこと。 そのあることとは、今年の3月頃から2か月ほどマイブーム的にやっていた趣味みたいことで、偉そうに語れるレベルではないので具体的には触れない。 実はそれを再開しようかと思って検索してのこと。 もし再開すれば…

『次どうするか』を考えるのは常に今

ちょっとおもしろいなと感じる記事が出ていた。 「紅白見ない」がトレンド入り 露骨な若年層狙いがアダとなり“終焉フラグ”まっしぐら? 11/17(木) おもしろいなと感じたのは記事の内容そのものではない。 おそらく、NHKの中の人だけでなく、外部のエンタメや…

左様でございますか

朝ラジオを聞いてるとチコちゃんの声の持ち主の木村祐一さんがデパートの符牒(いわゆる隠語)のことを喋っていた。 それを聞いておもいだした。 あるモールのフードコートで時々コーヒーを飲んで過ごすことがあるが、その時店内アナウンスで『先ほど〇〇を…

トランプという劇薬の出番はあるのか

2024年の大統領選にトランプの再出馬はあるのか? そのことを考える前に少し振り返りたい。 2016年に共和党のトランプ大統領が誕生したが、その大統領選を占う位置付けにあったのが2014年の中間選挙で、オバマ大統領に対する失望から民主党に逆風が吹いてい…

『メビウスの輪(帯)』のようなデジタルとアナログの関係

辞書的にはデジタルとアナログは対義で、新旧に近いイメージを持ちやすい。 だからデジタルに強いのは若者でアナログに強いのは年寄りとイメージになりやすく、その流れでデジタルに付いて行けないのが年寄りとなりやすい。 私もついついそういう前提でデジ…

『10年後』の答え合わせ

マウロ・ギレン著の『2030』のイントロダクションに次のような文がある。 〜〜以下引用〜〜 役に立つのは、新たな時代へと向かう変化を、ゆっくりと進行するプロセスだと捉えることだ。 一つひとつの小さな変化が私たちをパラダイムシフトへと近づけ、ある日…

ひなたと日陰

今日になってふと気付いたこと。 ちょっと前までは積極的に日陰を求めていたのに、最近は無意識のうちにひなたを求めてしまう。 日焼けなど気にする必要がないおっさんだからということを差し引いてもひなたの温もりに優しさが感じられる季節になっている。 …

住宅ローン金利の悲劇

お金に興味がある人が気にするのは金利。 味方にも敵にもなるのが金利。 住宅ローン膨張220兆円 金利上昇にリスク https://twitter.com/nikkei/status/1588939622557847552?s=61&t=bG4rXJra_tKrdXT3grhvdg 記事内容よりも、この記事に対する世間のリアクショ…