違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

雑記・エッセイ

志村けんさんと西城秀樹さんに感じられる訃報で知る偉大さ!

志村けんさんの訃報のインパクトは、コロナに関連してることもあるし、芸歴の長さゆえの折に触れての思い出とセットで記憶されてるせいもあり、各界から思い出話とセットで悲しむ声が上がっている。 そのことはGoogleTrendsにも現れている。 ブログを書くよ…

コロナが破壊する現代のバベルの塔!

国境などモノともせずに拡散しているコロナウイルスの背後に人為的な一極集中が垣間見える。 一極集中は、コロナ流行の前は合理性に裏付けられた強みとして語られていたが、今や弱点として、諸悪の根源として捉えられるようにすらなっている。 Wikipediaによ…

頑張っているのに差がつくのはなぜか?!

頑張ることは美徳とされるが、世の中を広く見渡すと成果を出したり報われる人は頑張ってる人とは言えないことに気付く。 もちろん、成果を出したり報われる人が頑張ってないなんて言ってるわけではない。 世の中には、頑張ることよりも大事なことがあるはず…

モチベーションは麻薬!

決して珍しい話ではないが、有名人でそれなりのカリスマとして通用している人の身に発生すると悪い意味でインパクトがあるということがある。 良いことづくめのように思われてる筋トレですらだ。 金子賢は肩や肘を手術へ シャンプーも出せない… [2020年3月23…

本当に儲かってる人は無口!

コロナウイルス騒動は、ダメージだけを社会に及ぼしてるようで、表向きには全く良いことがないように見えるが、投資の世界には裏目に賭ける逆張りという戦法はオーソドックスな定番戦法でもあることを考えると、きっとこの機に大儲けして笑いが止まらない人…

たかが1ccされど1ccの尿漏れ!

昨日付録に惹かれて買ったDIME。 豪華賞品が当たるフォトコンテストを今年も開催!DIME特別付録の「超望遠12倍スマホ用レンズ」で撮った写真に「#DIMEのスマホレンズで撮ってみた」のハッシュタグを付けて投稿するだけ!詳細は→ https://t.co/VkLRo1QfAI #懸…

『〇〇殺すにゃ刃物はいらぬ、△△があればいい』!

平成は消費税時代だと言われている。 平成元年(1989年)4月に3%で導入されたのが消費税。 バブル景気の最中に消費税が導入され、後の1991年から1993年の間に起きた景気後退がバブル崩壊と呼ばれる。 バブル崩壊と消費税は直接の関係はないはずなのだが、そ…

解約、節約、断捨離の春が到来!

コロナウイルスの流行は、ワイドショーの視聴率を上げているという話がある。 他にもテレワークや外出の自粛や休校措置などで在宅率が上がったことで、テレビやネット視聴は需要が増していると思われていて、多くの場合はそれが当てはまるようなのだが、例外…

コロナのおかげで起きてるいつもと違うこと!

一斉休校にテレワーク、イベントや外出の自粛が行われると、いつもは人が大勢いるところから人がいなくなるので、映像で見ると寂しい印象がある。 このように居場所や移動パターンを変えた人々の行動パターンはどうなっているのだろうか? JR東海によります…

日本では転売ヤー、アメリカでは自衛での買い占め!

コロナウイルスが招いたマスク不足やトイレットペーパー不足が大きな話題だが、不足の前には需要の増大があるはずで、需要の増大は検索の増大にも反映してるはずだと思いGoogleTrendsで過去90日で『コロナウイルス』『マスク』『トイレットペーパー』を比較…

コロナウイルスより怖い『旦那デスノート』!

コロナウイルスに起因しての唐突な一斉休校の混乱が目立つが、休校前に徐々に広まり出したテレワークの方が表には出ないが深刻な事態に発展してるらしい。 テレワークで出社を控えて仕事をする人たちは、自宅がその環境に適してれば自宅で仕事をするが、そう…

欠乏感の正体も、『バカの壁』!

タイムラインを流れる二つの異なる話題を扱ったツイートを見て、これは結局同じことを意味してるんじゃないだろうかと感じた。 職業柄いわゆる「DV男」を多数観察しているが、彼らは暴力的であると同時に、多弁であり、議論好きであった(モラハラ体質)。…

メンタリストと比較広告!

インターネットの普及が大きく影響してるのだろうが、記事やコンテンツの体をした商品比較が増えている。 インターネットが普及する前は、日本では広告宣伝で露骨にライバルをこき下ろすものは作られていなかった。 テレビCMを始め雑誌や新聞等の紙面上でも…

策士策に溺れて自滅の道を歩む!?

童話・寓話でお馴染みのイソップ(古代ギリシア語の読みではアイソーポス)は、妬みから殺された自滅の人と位置付けられている。 一般に伝えられる話では、元はサモスの市民イアドモンの奴隷だったが、語りに長けており、解放されたという。その後は寓話の語…

映画『シン・ゴジラ』を見ると、今後の日本のコロナウイルス対策が見えてくる!

コロナウイルスや新型肺炎に関して日々巻き起こる課題や議論を見てると、昭和、平成、令和と時の流れとともに消えたと思っていた亡霊のような日本を戦争に駆り立てていたメンタリティがまだまだ生きていることを思い知らされる。 ちょっとこれよんで。オリン…

『平穏』という錯覚!

311の東日本大震災で起きた巨大地震はやがて巨大な津波を発生させ、多くの人たちに深刻なダメージを与えた。 誰かのせいで起きたわけでもない出来事に際しては、不思議なことに連帯感が強まり、見ず知らずの関係性の中でも協調が生まれる。 何もかも破壊され…

コロナウイルスに起因した口実と言い訳が増えている!

コロナウイルスの拡散はグローバルな心配事であると共にドメスティックな国内問題でもある。 いろいろ分かってくると、恐れるべきは濃厚接触に限定して良いのだろうが、現代人の生活は気密性が高い環境が多いので、至るところに危険が潜んでいると言えるので…

ゴキブリの空耳!

昨日ラジオ(NHK)を聞いていて、次のニュースを伝えていた。 GDP10~12月期 年率マイナス6.3% 5期ぶりのマイナスに 2020年2月17日 これが1年間続いた場合の年率に換算すると、マイナス6.3%で、5期ぶりにマイナスに転じました。 読むと全く誤解の余…

5Gは本当に普及するか?

スマートフォンをはじめとするデジタルデバイスは、それを使って何ができるかという意味では、まだまだ大きな可能性を秘めてるかもしれないが、デバイスを販売する事業としては頭打ちに近づいていると多くの人達が感じているはずだ。 モデルチェンジのたびに…

『流れ』に振り回される現代人!

昨年の年末に次のように銘打たれた記事が出ていた。 内容的には、東京を経由しないでダイレクトに地方と地方が結び付く需要があるという話。 東京から見えない人の流れが生まれる 日本経済新聞 この記事のタイトルに触発されて思い出したことがある。 それは…

純粋な探究心は悪意より怖いこともある!

現在流行中のコロナウイルスが生物兵器だとする意見がある。 過去のSARSやMERSの時にも生物兵器だとする意見はあったが、その時は生物兵器だなんて言われても全く信じる気はなかったが、今回のコロナウイルスによる新型肺炎は、もしかしたらという気になった…

ボヤキは哲学を意味していた野村監督!

野村監督が亡くなられた。 わたしにとっての野村克也さんは、選手としてでも評論家としてでもなく監督のイメージが大きい。 野村克也さんが監督の要請を受諾したのが1989年(平成1年)。 選手として現役を引退したのが1980年でそれ以降監督要請を受けても断…

隔離されると…、何が起きるか!

コロナウイルスに関係してると思われている人たちが日本国内でも隔離状態にある。 このニュースに接していて、このブログを書く直前まで何の違和感も感じていなかったが、次のような番組があることを知って(番組は見てない)、思い出したことがある。 『新…

2020年は『とばっちり』の一年?!

2020年、新年早々前触れなく拡まったコロナウイルスによる新型肺炎は、発祥の地である武漢を中心とする中国本土では深刻な事態を生み、おそらく表の報道が伝えるよりはるかに悲惨な状況だと想像できるが、まだ具体的な恐怖に晒されてない地域では『とばっち…

コロナウイルスのせいなのか?2020年に人類が滅亡するという予言があった。

コロナウイルスが細菌兵器だとしたら…、そんな話を想像してみた。 すでにそういう話は出ている。 英紙デイリーメールは武漢国立生物安全実験室から漏れたウイルスが今回のパンデミックの原因だと報じた。事実の確証はないが僕に入る様々な情報と照らすと可能…

俳句はHaikuとして世界に通用してる!

俳句の人気が高まっているが、俳句はHaikuと書けば世界に通じるという話を聞いたことがある。 試しにGoogleTrendsで検索可能な2004年以降ですべての国を指定して『俳句』『Haiku』を比較してみたら、 検索データから見るとHaikuが世界に通用してることが感じ…

iPadはどこに向かうのか?

昨日は2020年1月27日、いったい何の日だったのか? 1月27日、iPad発表10周年。「ジョブズの考えた魔法の板」は実現したか? 今からちょうど10年前の2010年1月27日。サンフランシスコで、世界で初めて、タブレット型のiOSデバイス「iPad」が披露された。筆者…

やっぱり怖いフランチャイズというシステム!

コンビニやファミレスの24時間営業が話題になることが増えている、改善すべきだとして。 しかし、その大元にあるフランチャイズという仕組みはあまり注目されない。 フランチャイズの怖さを知ってる人たちは、口が酸っぱくなるほど警告を発し続けているのだ…

『年の功』はどこに向かう?

年長者は体験や経験が豊富なので、持ってる知識や知恵は見習うべきだということを意味することわざが亀の甲より年の功。 五世紀に日本に伝えられたとされる孔子の教え儒教も、年長者を敬うことを説いている。 そんな教えや言い伝えを裏付けるかのように、日…

取り巻きは、資産にも負債にもなる!

テレビで『資産〇〇億円のお金持ち』と煽る番組を見るたびに、資産って言ってもお宝なのかガラクタなのかは分からないしと冷めた目で見ていたが、そう言えばと思い出したのが物納だ。 近代における税金は金銭納付が大原則であるが、日本の税法上は相続税のみ…