違う見方

新しい時代の始まり。複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

2024-07-01から1ヶ月間の記事一覧

右手が使えない生活

正確には原因不明な理由で現在右手が不自由。 手首から下が機能しない。 右手の甲が腫れ上がり指の関節が動かないし、ちょっとした動きで痛みもでる。 ざっと時系列で振り返ると、先週の土曜日に庭木の剪定をしたが、水分は補給してたつもりだが脱水をおこし…

東国原英夫vs蓮舫

東京都知事選挙が終わった後で新たな戦いが勃発してる。 ことの始まりは、 蓮舫氏「この方は私の友人ではありません」東国原英夫氏の指摘に反論「たけしさんの側にいた方」 東国原氏は8日のTBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜午後1時55分)で、蓮…

主義主張や理屈はフワフワとしたイメージに勝てない

行動経済学にセミ・ホームメイドの法則というのがある。 直接的には料理や調理に関する話で、あまりにもお手軽なインスタントで作ると、出来上がったものに満足できないし、「これは自分が作ったものだ」と思えないらしい。 インスタントのお手軽さは7割く…

意外だったが結局納得

意外な結果に終わったと感じたのが2024東京都知事選。 これを書いてる時点では結果とは出口調査の結果のこと。 一番意外だったのは蓮舫さんが3位だったこと。 正直言って小池百合子さんと蓮舫さんの一騎討ちだと思っていて、健闘が伝えられる石丸伸二さんも…

熱い戦いが繰り広げられる暑い日

過去の都知事選を振り返ってみよう。 左から順に年、当選者、投票率、得票率 1991年 鈴木俊一 51.56% 49.9% 1995年 青島幸男 50.67% 36.6% 1999年 石原慎太郎 57.87% 30.5% 2003年 石原慎太郎 44.94% 70.2% 2007年 石原慎太郎 54.35% 51.1% 2011年 石原慎太…

行動経済学も使いよう

行動経済学、テレビの生命保険のCMで耳にしたこともあるだろう。 CMでは健康を意識した生活のキッカケとして生命保険への加入をほのめかすもの。 行動経済学は流行りの分野でさまざまな解説が多数出ている。 上記のCMなどは合理的な行動を促す意味で行動経済…

IX(インターネットエクスチェンジ)

2016年の映画『シン・ゴジラ』に関する話を今更ながら読んでいる。 その話は、シン・ゴジラのリアリティに関する話で、当然ながら映画公開当時の日本や世界の状況が前提になってる話。 そんなテーマの一つに映画のラストに近い段階で大手町がゴジラに破壊さ…

他人から嫌われるという戦略

おもしろい記事だった。 後発『ゴゴスマ』に負けることも…それでも『ミヤネ屋』が宮根誠司を切れない「“切実”事情」 記事に書かれてる切実事情よりも、興味を惹かれたのは次のような芸能記者のコメントが載っていたこと。 何より宮根誠司という男は、なんだ…

ヒーローになり損なった佐々木朗希さん

メジャー入りが嘱望されてるロッテの投手の佐々木朗希さん。 嘱望されてると言うよりもすでに意中のメジャー球団から内定が出ているとも噂されてる、それが事実なら背後で動いている人や組織も多そうだ。 そんな佐々木朗希さんだが、私のスマホもiPadもMacで…

接頭辞「ア」が付く多様性

今日目についた次の記事を読んで初めてアセクシャルなるワードを知った。 独身は職場で半人前扱い…「指輪」のために恋愛・セックス無しの"友情結婚"をしたアセクシャル女性の8年後 千紗さんは自身を「アセクシャル」という、恋愛や性行為などの性愛関係を必要と…