違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。

日本・日本人

『より近く、よりゆっくり、より寛容に』

5月末にリアリティのある不景気なネタが妙に目についたのでちょっと集めてみた。 リーマンショック前と酷似? 世界経済3つの「不気味なサイン」 2018/5/30 世界の景気は約10年周期で危機を迎えてきた。1987年のブラックマンデー、1997年のアジア通貨危機、そ…

バカの壁

「運動はウォーキングで十分なのか?」という質問に各分野の専門家5人が回答するとこうなる 1:スポーツ科学者 いいえ 2:理学療法士 はい 3:作業療法士 はい 4:バイオメカニスト はい 5:健康科学者 はい 詳しくはリンク先の記事を見て欲しいが、同じテー…

まだ24時間戦うつもりですか?

"メリハリをつける"という言葉がある。 おそらく「メリ」+「ハリ」なんだろうなということは誰もが感じてるだろう。 検索すると、 「メリハリをつける」の「メリハリ」って、どこから来た言葉? 「メリハリ」は、邦楽用語である「メリカリ」が転じた言葉だ…

若者は時代を映す鏡!?

若者を見れば『今』がわかるのではないだろうかとふと思った。 変化する時代を経験した者は、『今』を、経験した『昔』と比較するが、若者はまだ比較する『昔』を持っていない。 若者が聞く『昔話』は、いつもおとぎ話だ。 高度経済成長の頃やバブル景気の頃…

『本気』になれること!

世の中には、おそらく同じことを言いたいのだろうが、言ってる内容が正反対になるというものがある。 どちらかが正しくて、どちらかが間違ってるという話ではなく、背景にあるものが違うと同じことが違って見えるということだ。 最近の世の中は、老若男女問…

日本では、"期待してくれる人"は、疫病神かも?

有名人は何をやっても人を集める力があると感じるが、その一方で”一発屋芸人”のように人気が持続せず集客力が短期間しか保たない場合もある。 しかし、人気が安定してる有名人は、何をやっても上手くいくのが予定調和だと思っていた。 衝撃発言:カンニング…

実名or匿名!?

ブログをする人はどの位いるのだろうかと調べてみた。 ネットをチョロチョロ検索する程度だが。 結局良くわからなかったが、同じことを疑問に思い調べた方のブログがあったので、その内容を引用させていただきます。 https://yurukashi.com/blog-population/…

生涯学習

『英検が落選』と話題になった下記のニュース。 共通テストの英語民間試験、7種認定 公平性など課題多く :日本経済新聞 2018/3/26 大学入試センターは26日、2020年度に始まる大学入学共通テストで受験可能な英語の民間試験として、実用英語技能検定(英検…

その行動間違ってます!

合理的に行動しようとする時の行動は、正解を求めて行う。 あらかじめ正解がわかっていることや、目標として便宜的に正解を設定したりすることでそこに向けて行動する。 とりあえず正解が設定できるのは、『問題は何なのか?』がわかっているから。 『問題』…

気付かないうちに毒が迫り、気付いたら既に毒されてる

口は嘘つきだが、体は正直。 これは、非自律神経系がコントロールするものは間違った反応をするが、自律系神経系は正しい入力には正しく反応し、間違った入力には異常な反応をするということ。 手足は思ったように動かせるが、内臓は思いとは無関係に動くが…

『定価&早い者勝ち』から『時価』への動き

2017年が間もなく終わり、2018年が始まろうとしている。 時間は連続していて本来どこにも区切りはないのだが、人間は区切りを付け意味付けをしたくなる生き物なので、それにあやかって”区切りが付きそう”をテーマにしたことを書いてみたい。 時間の流れの中…

『四季』を再認識することで活路が拓ける

日本で生まれ日本で生活するネイティブの日本人には当り前すぎるが、世界に目を向けると決して当り前では無さそうなのが、はっきりとした四季があること。 四季があることが、日本人のメンタルに影響を与えてるとしても、日本人には気づきにくいかもしれない…

『好かれる』ということ

人は、態度や振る舞い方の使い分けをする。 意識的に行う場合もあれば、無意識のうちに行うこともある。 そんな態度や振る舞いの違いは表裏一体であることが多い。 そんな態度や振る舞いの違いは、何故生まれるのだろうか? テーマを設けて議論するような場…

快適を実現するためには『ホーム』が必要!

宋文洲さんのメルマガを購読してるが最新号で面白い事を言っていた。 魅力より快適 宋文洲メルマガ 2017.10.13 投資の経験を持つ方なら実感で分かると思いますが、同じ金額でも儲かった時の愉快な気持ちよりも、損した時の嫌な気持ちのほうがずっと大きいの…

詐欺は、オーダーメイドビジネス

オレオレ詐欺の手法が年々高度化し、被害者にならないよう注意喚起もされているのに被害が後を絶たない。 当初は、手口が認知されてないから起きていると思われていたが、手口が認知され、多くの人が、世の中には身近なところに詐欺師がいて自分を狙っている…

それでも回る日本

ほんのチョット前まで政治を取り巻く話題は安倍総理を巡るものが多く、しかも人格を攻撃する揚げ足取りにも見えるが、言われるだけのことをやらかしてるように見える、どっちもどっち的な話題が多かったが、最近話題の中心は小池百合子東京都知事になった。 …

ノーベル賞の季節に考える、『記録に残る』と『記憶に残る』の違い

今年もノーベル賞の季節がやってきた。 あと数日の内に受賞者が発表されるだろうが、一般人でも重要さがわかりやすいリチウムイオン電池に関する分野は注目のポイントかもしれない。 ノーベル賞の期待がかかるリチウムイオン電池 次世代革新電池を含めた産業…

名ドラマには対立軸がある

食わず嫌いは、誰にでもあるのだろうか? 食わず嫌いは、食べ物だけに限らないで、幅広く趣味嗜好に関することで起こってるように感じる。 私は、人に対して食わず嫌いが起きる傾向がある。 私自身の中では、「第一印象は外れる」という教訓になってるつもり…

日本人は何が得意なのか?

若い日本人は、日本のことをどう感じているのだろうか。 若くない日本人は、日本を優秀な国だと思っているだろう。 私も、日本が”ジャパン・アズ・ナンバーワン”と言われた時代をリアルタイムで経験してるので、無意識のうちに日本を優秀だと思っていしまう…

現代社会の問題点は、『幾何の問題に見せかけた関数の問題』のような人間関係の問題

「現代社会の問題点」というキーワードで、1年以内という期間指定で検索すると、 と出てきた。 内容を見るとほとんどが、現代社会の問題点として「貧困」「格差」「低賃金」が関係してると出て来る。 なるほど確かに、表面的にはそう見える。 先天的な要素を…

仕事は増えてるという『不都合な真実』

日本人の場合、空気を読むのは個人だけでなく、法人や組織も空気を読んでいるだろう。 "空気を読むこと"は、本音と建前の使い分けを生む。 空気を読んで行動するというのは、意に沿わない不自然なことが、自然発生してるように見せることでもある。 だから不…

空気を読むとか、読まないとかに関して

総務省統計局が8月21日に公表した8月1日現在の日本の人口(概算値)は、1億2677万人。 日本国内に住民登録してる人には、マイナンバーが付与されている。 今後、このマイナンバーに紐付けられる情報が増えるのだろうが、その情報を総合したら、その人が見え…

能ある鷹に爪を出して欲しい

面白い記事が出ていた。 この記事の中には今の日本がよくわかることが多く書かれてる。 「万引きの実態、もっと知って」元フジテレビアナ・菊間千乃弁護士が訴え ここ数年、認知件数、検挙件数は共に減少傾向にあるものの、被害額は推定で年間4,615億円にも…

『ブラック企業根絶を目指す「嘘のない求人サイト」について』というお題

先日、下記のようなコメントが届いていた。 〜〜〜コメントは以下〜〜〜 突然のコメント申し訳ありません。 わたくし嘘のない求人サイトを運営するハルマと申します。 本日はブラック企業根絶を目指す「嘘のない求人サイト」について、違う見方さんの意見を…

循環するもの

美空ひばりの名曲『川の流れのように』は秋元康が1988年に作詞している。 歌詞のリンク先はここ。 ここで描かれてる川は、目に写る川を表面的に捉えたものであり、人生になぞらえてはいるが感傷的な表現で、含蓄を感じるようなものではない。 一方、おおよそ…

なぜそんな情報を出すのかを考えよう

現在の生活「満足」が過去最高 内閣府世論調査 8月26日 現在の生活について「満足している」か「まあ満足している」と答えた人は合わせて73.9%で、こうした質問を始めた昭和38年以降、最も高くなりました。 また所得・収入については「満足」が51.…

多様化した価値観は、「消費」に飽き始めている

以前、歴史は前にしか向かえないというエントリーを書いた。 核家族化とテレビの関係について書いたのだが、その時思いつかなかったことが気になりだしてきた。 核家族化の進行が、その後の一人暮らしと二人暮らしの増加を招いた。 この核家族の分裂が、一人…

”充実症候群”に毒されてる現代人

解決困難な悩みや問題に直面した時、多くの人はきっとため息をツキながらこう言うだろう。 「ああ、人生とはなんだろうか?」 シンプルな問いだが、禅問答のように無限の答えがあるのだろう。 こんな時、わたしは反対語を考える。 ”人生=生きること”とした…

「読モ化する時代」をどう生きるか

ライターが“読モ”化している件について Web上で活躍するライターや編集者、ディレクターなどといった人たちの区別がつきにくい問題も、これで解決できる。ようは、みんな自分自身を商品として売る「読モ」なのである。 半年前の2月上旬に出た記事でなんとな…

一人より二人を求めるアメリカ、二人より一人を求める日本

なんだかわけの分からないニュースが出てた。 従業員を転籍、元の職場に派遣 リンクトブレイン 2017/8/5 1:00日本経済新聞 電子版 人材派遣のリンクトブレイン(東京・千代田)は顧客企業の従業員を部門やプロジェクト単位で転籍させ、派遣社員として元の職…