違う見方

誰でもできるけど、自分にしかできないのが、判断するということ! 情報過多な現代は偏り(バイアス)も強いので思わぬ方向にずれていくこともある。そんなズレを修正したりブレーキをかけるために少し違う目線を持ってみたいという備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

日本・日本人

『楽観主義』と『悲観主義』の良い点悪い点!

最近のちょっとしたマイブームが『楽観主義⇔悲観主義』。 そこで、いろいろな観点から楽観主義と悲観主義を比べていると、これもグラデーション的な濃淡の違いはあっても、誰もがこの両方の要素を持っていると気付く。 そこで、今日は楽観主義と悲観主義が描…

楽観主義でGo〜!

新成人に贈るつもりで昔の自分に言いたいのが、 楽観主義でGo! そんな話をしてみたい。 19世紀の作家オスカー・ワイルドは、「楽観主義者はドーナツを見て、悲観主義者はその穴を見る」と言った。 フランスの哲学者アランは、著書「幸福論」の中でこう言っ…

GAFAと日本流ガラパゴスの違い!

独り勝ちが独走状態に見えるGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)にも、不穏当な噂話が出てくるようになってきた。 日本人が知らない「GAFA」包囲網が示す意味 データをめぐる戦いは安全保障問題でもある- 記事詳細|Infoseekニュース https://t.co/Wksx14jU…

もはや少子化問題どころではない!

昨年(2018年)12月に入って話題になっていたニュース。 「新たな料金負担しなければ水停止」雫石、業者通知で混乱 https://t.co/P7GlkvwcmSお恥ずかしい話ですが、水道民営化の先進県は岩手県でして、今回の事件は規定の水道量を払っている住民たちに、業者…

事件は会議室で起きている!

世の中には、「同じことば」でありながら全く違う意味で使われることがある。 会話や議論は表面上は成立するが、意味する中身は完全にすれ違ってるというケースがある。 おもしろいツイートがあった。 ◎分野で認識が異なりそうなもの 化学屋「低温」物理屋「…

内輪ウケには気を付けよう!

仲間内だけで通用するネタで盛り上がることを内輪ウケと言う。 2019年、新年早々に一部の世界ではあるだろうが、世の風潮の一部が確実に内輪ウケに留まっているなと感じた。 キッカケはこの番組。 新春恒例「とんねるずのスポーツ王は俺だ」視聴率は11・6…

【平成の出来事】宮沢りえと貴乃花!

昨日1月2日の“新春しゃべくり007”に貴乃花が出てきて瀬戸内寂聴と対談していた。 少しだけ見て残りを録画し、3日の箱根駅伝の合間を見ながら録画を見つつこれを書いている。 収録されたのはいつだろうか? 背景の景色を見ながら「紅葉がキレイですね」などと…

【共感と同情の違い】2019年も加速するローコンテクスト化!

さて、問題です。 次のツイートの内容は正しいでしょうか? 嫌なことをされたら、我慢してはいけない。あなたに後ろめたいことが無いなら、堂々と「やめて下さい」と伝えましょう。立場上、難しいなら周りを頼ってもいいです。言葉にしないと相手は分からな…

30年間の変化!

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 なんてことは、本当はあまり思っていません。 と言うのは、「明ける」感じが全くしないから。 明ける感じがしないのは、24時間年中無休で明けっぱなしだから。 そうなったのは、思い起こ…

三つの時代を知ってることは武器なのか?!

いよいよ平成が終わり次の時代が始まるが、次の時代はこう言ってるだろう。 「吾輩は次の時代である、名前はまだない、どこで生まれたのかとんと見当がつかぬ」 平成は30年続いたことになる。 と言うことは、31歳以上の人は昭和、平成、そしてまだ名前のない…

予想や予測にまつわるハイコンテクストの落とし穴!

予想や予測が当たった外れたと一喜一憂することが日常生活やビジネスの場には多くあるだけに、予想や予測に関係することわざや言い伝えはたくさんある。 その一つがこれ。 当たるも八卦当たらぬも八卦 2018年は年初にニトリ会長が予測した株価が予想が当たっ…

【今必要なこと】深呼吸!

2018年のクリスマスも終了だが、個人的には今年のクリスマスは全く期待してなかった割には楽しく過ごせたが、世間の様子を見ていると、キーワードは「化けの皮が剥がれる」だったような気がする。 そこで、世間に漂うそんな話題を追いかけた。 今年ほど街が…

【反面教師】2018年のクソ男!

今朝目が覚めてスマートニュースのトップページに出ていた記事の写真の中に花田優一さんが写っていた。 寝ぼけた目には、「この人、小室圭さんに似てるな」と映った。 いろんなところでこの二人のネガティブな記事やニュースは見ていたが、この二人に共通点…

【悲報】ニトリ会長の予想が当たるか2018年?!

今日は上から目線で他人事のように景気や投資を語ろう。 ニュースを見てれば分かるが、明らかに理由があって評価が下がっているのが、 アパマン(8889)の株価急落してて草 pic.twitter.com/DWwsKsWd8P — haro44 (@haro4444) December 17, 2018 <東証>ソフト…

【パクる・マネする】勝手にブレーキがかかるのはナゼ?!

パクツイ(=パクリツイート)をよく見る。 面白いこと言ってるツイートを見ると、そのリプライにも目を通すのだが、そうすると時々パクリを指摘するものがあり、場合によってはリプライの殆どがパクリの指摘だったりすることもある。 最近だったらコレ。 そ…

【謎・不思議】『純』な世界!

純は純粋の「純」だと思うのでこんな風に思ってしまう。 #詩 #愛 #心 「愛は」 愛は しみじみと心の奥底から こちらを伺っている 愛は何にもまして 混じりけの無い 純心な心がいい それはあの空のように 愛は残る たとえ肉体が朽ちても その愛は愛された人に…

【2018年】Googleの検索ランキング!

Googleが2018年の1月1日〜12月1日までの検索数の上位のキーワードを発表した。 今日はその内容をまとめるような話を書いてみたいが、その前に、そもそも検索するのはどんな時かを調べてみた。 日々多くの検索が行われているが、全く検索しない人というのもか…

【時代を映す鏡】『ONEPIECE』から『転スラ』へのシフト、新元号は『転生』!

普段だったらまったくスルーする記事に目が止まった。 『転生したらスライムだった件』が企業とのコラボを続々展開するワケ 私にとってまったく意味不明なタイトルのこの記事が伝えてる内容は、 「『転スラ』は、サラリーマンだった主人公が不慮の事故に遭っ…

【教訓】すべてに疑問を持て!

ソフトバンクの携帯電話が不通になったと言うことが大きな騒ぎになった。 小規模なものは、これまでにもあっただろうが、今回は大きな騒ぎになったのは、ただ電話が使えなかったと言うだけでは済まない問題も発生したからだ。 ソフトバンク:通信障害 携帯不…

【モラトリアム】M−1グランプリの審査員批判!

モラトリアムとは、本来は“猶予”を意味するが、日本では1970年代後半の大学生のライフスタイルから垣間見える行動を心理学的に捉える際の説明に用いられたことをキッカケに、最近で言うところの「自分探し」に近い意味で使われている。 昔は社会人になる直前…

【高輪ゲートウェイ】漢字二文字+カタカナ!

モラトリアムについてなにか書いてみようと思っていながら、しばらくほったらかしにしていたが、今日になってTwitterを見ていると、"モラトリアム"というワードがやけに目に付いた。 無罪モラトリアム、勝訴ストリップ、高輪ゲートウェイの三部作 — くらげ (…

【トレードオフ】現金 or キャッシュレス?

9月にキャッシュレス社会というエントリーを書いた。 その中でキャッシュレスは銀行機能と価値観が対立すると書いた。 今日は、もう少し掘り下げてみたい。 現金か、キャッシュレスか、を巡る話の前提には銀行の弱体化があり、その弱体化は融資業務が伸びな…

【シフト】プリンターはどこへ行く?!

最近語られる巨大プラットフォーマーはGAFAと言われる。 Google、Apple、Facebook、Amazon。 これに、Microsoftを加えることもある。 圧倒的に世界一だったMicrosoftが落ち目になったのはいつ頃だろうか? 若者の「PC離れ」が話題になることが多いが、おもし…

【興味がなくても分かる】入管法改正って悪いこと?!

今日は、今国会で大きな争点になっている「出入国管理法(入管法)の改正」について書いてみたい。 私にとってはあまり興味がない分野だったのできちんと理解してなかったが、カルロス・ゴーンさんの事件が何かを隠蔽するためだとすればなんだろうかと裏読み…

【悲報】ピンハネされて嬉しい人々のメンタリティ!

バブル景気の頃、大学出て数年程度のペーペーだったが、ひょんなことからヘリコプターに関係するようになった。 バブル景気が本番に突入すると、ヘリコプターは大きな注目を浴びるようになった。 仕事に全く野心が無かった私だったが、これまた偶然にトップ…

【教訓】過ぎたるは及ばざるが如し!

朝ドラ「まんぷく」では、現在テーマが栄養失調となっている。 食べるものが食べられなくて、妊婦が失明したり亡くなってしまうなんて、事態は現代の日本では考えられなくてインスタント食品とかファストフードが体に悪いとかいって悪者になりがちだけど、立…

カフェが教えてくれる『理屈より感情が大事』!

理屈よりも感情が大事というのが今日のテーマ。 前半は理屈に関する話。 会社の寿命は30年という言い方を良くするが、これは企業が展開する主力商品やサービスの賞味期限という言い方もできそうな気がする。 現在は、商品やサービスの多くが「寄ってらっしゃ…

【発見】"かえって不便"は日本が得意なサービス!

良かれと思ってやったことや正統な進化が、"かえって不便"に繋がることがある。 先日、次のツイートと似たことが起きた。 先日、水漏れの修理を水道やさんにお願いを。昨日請求書が届き、振込先の記載が。「土日だと手数料が割増かも知れないが、スパッと払…

【人間再発見】カルロス・ゴーンさんの件を考えていて気付いた4つのタイプの人々

前回のエントリーで、カルロス・ゴーンさんはチンパンジー(サ ル)タイプかもと書いた。 チンパンジー(サル)の反対は、ゴリラと位置付けた、と言っても これは山極寿一さんの考えなのだが。 勝ち負けが大事(=強い弱いが大事)なチンパンジー(サル)タ…

【対決】『全員に当てはまること』と『自分にだけ当てはまること』!

新元号の適用は2019年の5月1日から、つまり平成は31年4月30日まで続く。 現在30歳以上のほとんどの人が昭和生まれなのだが、今や昭和は懐かしむものであり、古臭いものという扱いを受ける事が多い。 現在の日本では平成生まれの人口は全体の26〜27%に過ぎな…