違う見方

複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

日本・日本人

『年齢』に関して今更ながら気付くこと!

今更ながら気付くことには発見がある。 50過ぎてわかったこと・20代30代はピッチピチに若い・今見ると40代だってまだまだ若い・ということは50代も若いのでは?・60代も70代からしたら若いに違いないもしかして一生若いんじゃない!?(世紀の大発見) — み…

ブルース・リーに学ぶ新時代の競争社会の渡り方!

ブルース・リーは1973年ハリウッド初(たぶん)のカンフー映画『燃えよドラゴン』の中で、今も語り継がれるシンプルな名言を二つ発している。 Don't think feel!!(考えるな、感じろ!) fighting without fighting(戦わずして勝つ) 藤井四段を追ったNHK特集に見…

ダイレクトメールからDMへのシフトに感じる個人情報に対する意識の変化!

本棚にある古い本を見ると、巻末の著者の名前の横に住所が併記されていて、「これはおそらく個人宅だよな〜」としか思えない住所が表示されていることがある。 こういうことを調べる時にTwitter検索は便利だ。 昭和50年代の本読んでたら巻末の著者紹介に著者…

芸風と個性を活かすアウトプットにもグランドデザイン化が余儀なくされている!

芸人や役者がヒット作に恵まれると、視聴者が持つイメージがある程度固定化される。 その固定化されたイメージが作られたものであっても地であっても、そのイメージでの展開が繰り返されると一定の芸風が出来上がる。 芸風は理屈上は変幻自在のようでも、実…

『自分専用』という生き方!

所有からシェアへのシフトが起きているようにも感じられるが、シェアという考え方が広まった背景にはもったいないに通じる稼働率に対する意識がある。 所有は多くの場合、対価を支払うことで24時間年中無休で独占する権利を手に入れること。 しかし、その使…

ピンチになると出てくる『特殊〇〇』!

このような記事があった。 「恋愛、結婚、出産」をあきらめる「3放世代」。30~34歳女性で37.5%(2015年)に上昇した未婚比率。韓国で一人の女性が生涯に産む子供の数(合計特殊出生率)は2018年に0.98と、世界でも最低水準になりました。https://t.co/C4YNp…

Twitterで追いかける尾畠春夫さん徒歩の旅!

【尾畠さん 1100km徒歩帰宅断念】https://t.co/zf7ee8qSIzスーパーボランティアとして知られる尾畠春夫さんが、東京から大分まで歩く旅を断念していた。見物に来た人たちが事故に巻き込まれてはいけないという思いから、決断したという。 — Yahoo!ニュース (…

『楽観主義』>『選民思想や優越感』!

受験シーズンも最終の時期に差し掛かってるが、多くの人は合格は誰でもは出来ないが、受験は誰でも出来ると思っているだろう。 しかし、受験に受験資格が設けられてる場合、受験すること自体にハードルが課されることになる。 今では年齢に関係なく新しい職…

鳩山元首相の「地震の原因はCCS」への反応で分かる楽観性と悲観性!

鳩山由紀夫元首相のツイートが賛否両論話題になり物議を醸している。 話題のツイートがこれ。 先日昨年の北海道厚真町地震が高圧でCO2を地下に貯蔵するCCSにより人工的に引き起こされたのではないかと書いた。実際、北大の研究者が5年前にその可能性があると…

『指導者』だらけの現代で、『良い指導者』に出会えることには幸運が必要!

前半は、プロ野球界に関する話が長々続くがが、これは前置きのため。 プロ野球を取り上げる理由は、日本のプロスポーツで最も組織や歴史が充実していてかつ公開されてる情報が豊富だと考えたからで、特殊な世界のようでいてそこには一般性がありそうだから。…

平成が終了間近でも生き続ける『昭和』!

まもなく平成が終了する。 新元号にはさほどの興味はないが、元号が変わることには興味がある。 平成天皇が亡くなられたことに伴う元号の変更ではないので、昭和から平成へ移った時のような突然の変化という感じは薄いが、それでも厳粛な「終わりと始まり」…

生きることは、『プレゼンテーション』し続けること!

『プレゼンテーション』ということばを多くの人はビジネス用語だと感じているだろう。 学生だと発表の場を思い浮かべるかもしれない。 ステージ上で資料やデータをスライドで示しながら聴衆にアピールすることをイメージし、そのプレゼンテーションの達人と…

50年ぶりの『ズレの修正』が進行中!

同じ文章でも、通訳と翻訳では表現が異なり、結果として伝わり方にも違いが出ることがある。 語学学習に映画を使ったことがある人は、字幕が全く参考にならないと感じることがあるはずだ。 そんなことしゃべってないことが、次から次に字幕で流れているとい…

ビジネスを論じることは、オタクを論じることに近く、ほとんどサブカル化している!

情報の集め方は人それぞれだし、そこに個人の趣味嗜好も入り込むので千差万別のように思われるが、実際にはどうなのかを調べてみた。 新聞や雑誌やテレビのような既存メディアの場合、馴染んだ習慣で無意識のうちに選択が固定化されることが多いかもしれない…

『最初に始めた』vs『普及させた』!

今年もまたあの季節がやって来た、昔は無かったのにいつの間にやら伝統行事になってしまった『恵方巻き』。 お付き合いで注文しました。 まあ、ちょっと値段が高いけど、中身はふつうの海苔巻きとしか思えないと言うのが私の印象。 恵方巻きを最初に知ったの…

斜めから見た『大坂なおみ』!(追記2つ)

昨日の全豪オープンテニスの決勝戦の視聴率はまだ発表されていない。 準決勝は24日の午後3時(日本時間)の放送開始という不利な状況ながら11.7%だったので、どこまで伸びたのか興味がある。 わたしは、決勝戦を見たくて見たというよりも、たまたま見たと言っ…

『楽観主義』と『悲観主義』の良い点悪い点!

最近のちょっとしたマイブームが『楽観主義⇔悲観主義』。 そこで、いろいろな観点から楽観主義と悲観主義を比べていると、これもグラデーション的な濃淡の違いはあっても、誰もがこの両方の要素を持っていると気付く。 そこで、今日は楽観主義と悲観主義が描…

楽観主義でGo〜!

新成人に贈るつもりで昔の自分に言いたいのが、 楽観主義でGo! そんな話をしてみたい。 19世紀の作家オスカー・ワイルドは、「楽観主義者はドーナツを見て、悲観主義者はその穴を見る」と言った。 フランスの哲学者アランは、著書「幸福論」の中でこう言っ…

GAFAと日本流ガラパゴスの違い!

独り勝ちが独走状態に見えるGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)にも、不穏当な噂話が出てくるようになってきた。 日本人が知らない「GAFA」包囲網が示す意味 データをめぐる戦いは安全保障問題でもある- 記事詳細|Infoseekニュース https://t.co/Wksx14jU…

もはや少子化問題どころではない!

昨年(2018年)12月に入って話題になっていたニュース。 「新たな料金負担しなければ水停止」雫石、業者通知で混乱 https://t.co/P7GlkvwcmSお恥ずかしい話ですが、水道民営化の先進県は岩手県でして、今回の事件は規定の水道量を払っている住民たちに、業者…

事件は会議室で起きている!

世の中には、「同じことば」でありながら全く違う意味で使われることがある。 会話や議論は表面上は成立するが、意味する中身は完全にすれ違ってるというケースがある。 おもしろいツイートがあった。 ◎分野で認識が異なりそうなもの 化学屋「低温」物理屋「…

内輪ウケには気を付けよう!

仲間内だけで通用するネタで盛り上がることを内輪ウケと言う。 2019年、新年早々に一部の世界ではあるだろうが、世の風潮の一部が確実に内輪ウケに留まっているなと感じた。 キッカケはこの番組。 新春恒例「とんねるずのスポーツ王は俺だ」視聴率は11・6…

【平成の出来事】宮沢りえと貴乃花!

昨日1月2日の“新春しゃべくり007”に貴乃花が出てきて瀬戸内寂聴と対談していた。 少しだけ見て残りを録画し、3日の箱根駅伝の合間を見ながら録画を見つつこれを書いている。 収録されたのはいつだろうか? 背景の景色を見ながら「紅葉がキレイですね」などと…

【共感と同情の違い】2019年も加速するローコンテクスト化!

さて、問題です。 次のツイートの内容は正しいでしょうか? 嫌なことをされたら、我慢してはいけない。あなたに後ろめたいことが無いなら、堂々と「やめて下さい」と伝えましょう。立場上、難しいなら周りを頼ってもいいです。言葉にしないと相手は分からな…

30年間の変化!

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 なんてことは、本当はあまり思っていません。 と言うのは、「明ける」感じが全くしないから。 明ける感じがしないのは、24時間年中無休で明けっぱなしだから。 そうなったのは、思い起こ…

三つの時代を知ってることは武器なのか?!

いよいよ平成が終わり次の時代が始まるが、次の時代はこう言ってるだろう。 「吾輩は次の時代である、名前はまだない、どこで生まれたのかとんと見当がつかぬ」 平成は30年続いたことになる。 と言うことは、31歳以上の人は昭和、平成、そしてまだ名前のない…

予想や予測にまつわるハイコンテクストの落とし穴!

予想や予測が当たった外れたと一喜一憂することが日常生活やビジネスの場には多くあるだけに、予想や予測に関係することわざや言い伝えはたくさんある。 その一つがこれ。 当たるも八卦当たらぬも八卦 2018年は年初にニトリ会長が予測した株価が予想が当たっ…

【今必要なこと】深呼吸!

2018年のクリスマスも終了だが、個人的には今年のクリスマスは全く期待してなかった割には楽しく過ごせたが、世間の様子を見ていると、キーワードは「化けの皮が剥がれる」だったような気がする。 そこで、世間に漂うそんな話題を追いかけた。 今年ほど街が…

【反面教師】2018年のクソ男!

今朝目が覚めてスマートニュースのトップページに出ていた記事の写真の中に花田優一さんが写っていた。 寝ぼけた目には、「この人、小室圭さんに似てるな」と映った。 いろんなところでこの二人のネガティブな記事やニュースは見ていたが、この二人に共通点…

【悲報】ニトリ会長の予想が当たるか2018年?!

今日は上から目線で他人事のように景気や投資を語ろう。 ニュースを見てれば分かるが、明らかに理由があって評価が下がっているのが、 アパマン(8889)の株価急落してて草 pic.twitter.com/DWwsKsWd8P — haro44 (@haro4444) December 17, 2018 <東証>ソフト…