違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。時には詭弁を弄します。今書いてることと、以前書いた内容が食い違う場合は、遺言と同じで新しいものが私の考えです。

Google Trends

世の中は、気になりだしたらキリがないものばかり!

世の中には、我慢できない音や声など、耳から入ってくる刺激がある。 不快なことや、不満なことを、十把一絡げに"ハラスメント"と表現しがちな昨今だが、この音や声にまつわる不快感を一言で表現する言葉が無い(私が知らないだけかも)ところを見ると、感じ…

樹木希林さんの訃報

芸能人の樹木希林さんが亡くなられた。 今年は、有名人の訃報が多い年に感じられる。 今年亡くなられた方々樹木希林さんさくらももこさん石塚運昇さん加藤剛さん中尾翔太さん菅井きんさん津川雅彦さん浅利慶太さん桂歌丸さん西城秀樹さん朝丘雪路さん高畑勲…

『嫌い』に注目!

人生には選択が付き物で、選択には必ずトレードオフがある。 人は、選んだことや、選んだモノに対しては自覚があるが、その時、選ぶと同時に捨てたものがあることに対しては無自覚なことが多い。 選択の基準には、『好き』や『得意』を考慮に入れることが多…

嫌なことを、断れますか?

嫌な事を断る人と、嫌な事を引き受ける人の違い。 嫌な事として何をイメージするかで、全く異なる人間像が浮かぶ。 こんな事を思ったのは、この記事がキッカケになったから。 広瀬すずCM動画製作だけで4千万円! 五輪ボランティア集めは「国策」〈週刊朝日〉…

『小顔』になりたい人々!

大学生の頃、同年代の友人で、やたらにその当時の小学生の動向に詳しい奴がいた。 なんて言うことはない、小学生の家庭教師をしていたからだが、その友人は、学力アップを依頼されていたわけではなく、子供の遊び相手になって欲しいと依頼されていたので、コ…

できそうで、できないこと!

才能は、持ってるだけでは、花が開かないかもしれない。 そんな時、ほんのチョットのことが花を開かせるきっかけになることがある。 さくらももこが高校生の頃、小論文模試を受けたら採点者から「現代の清少納言」と絶賛され、それまでさほど褒められること…

『さくらももこ』さんと『24時間テレビ』に感じる初心の違い!(追記あり)

今年の24時間テレビが終わった。 好きな番組ではないが、この番組には、それなりの時代の反映があるはずなので、毎年家にいれば、ちょこちょこ見ている。 ちょこちょことしか見ないのは、じっくり見るに耐えないからだ。 見るに耐えない理由は、世間の多くで…

『伝え方』と同じくらい相手の『受け取り方』を意識する方が良いかも!

以前、キャズムとバカの壁!というエントリーを書いた。 キャズムとは、ある商品やサービスが普及するプロセスにおいて、最初の16%のところにキャズム(谷)が存在し、普及を妨げるという考え方だ。 キャズムについて少しおさらいをすると、 【日本の市場分…

『剛力彩芽さん』の生き方が好きか、嫌いかでわかること!

今日たまたま、タレントの剛力彩芽さんをdisる記事を2つ見た。 どちらも、SNSへの投稿を巡る話なのだが、論調としては、自分の価値を毀損するものだと捉えていることがわかる。 剛力彩芽のSNS恋愛投稿は一体何がマズいか 「もうこの話題は飽きた」と感じる人…

金足農業頑張れ!(決勝戦後追記:みんなお疲れ様!)

今日(8月21日)は、高校野球の決勝戦だ。 大阪桐蔭(大阪)VS 金足農業(秋田) 秋田県の学校が決勝戦に進出するのは103年ぶり。 校歌斉唱の、全員での仰け反りスタイルで、私は金足農業を認知した。 第一印象は、ちょっと・・・だった。 パフォーマンスに…

『スカッとする』は、捨てゼリフ?!

昨日、ボランティアの尾畠さんの話を書いていて、久々にスカッとする感じを味わうことができた。 現代社会の主流の価値観の正反対に価値を見出し、実践し続ける姿の潔さと、それにも関わらず、どこの誰よりも幸せそうに元気よく生きている姿は、現代人が追い…

『勘違いさせる人』と『勘違いさせられる人』!

錯覚資産(『わかりやすさ』が大事!)と、以前エントリーを書き紹介した本が売れているらしい。 twitterを見ると多くの投稿があるが、おもしろそうな意見を紹介すると、 "「俺は肩書なんかで人間を判断したりしない」って思ってる人が多いけど、たいていの人…

サバイバル能力!

Twitterは、バカッターで、バカ発見器などと言われることがある。 Twitterだけではなく、SNSでの情報発信が十把一絡げに同様の扱いを受けることがある。 ソーシャルメディアは可視化アイテム 結果として少なからぬ人が自分の地の一面をさらけ出してしまうこ…

この世で、最も強い人!

以前、心はどこにある?というエントリーを書いたが、また心について考えてみたいと思うキッカケが生まれた。 そのキッカケを紹介する前に、『心』はどのように捉えられているかについて整理してみたい。 心はどこにあるのですか? 公益社団法人 日本心理学…

サンドイッチマンに学ぶ『真(まこと)』は、どこから出るか?

先日話題にした錯覚資産(=勘違いさせる力)は、いろいろな有名人に当て嵌まりそうだが、中でも相手をdisりたい場合には威力を発揮しそうだ。 だから最近話題のボクシング連盟の山根会長なんかは、ツッコミどころ満載って感じだ。 うわああ。アマゾン全体で3…

"拡散希望"は、今どうなってるか?

困った時に、まずはGoogleで検索するというのは現代人のリテラシーだと理解されている。 だから、困った時に検索すらしない人は、「ググれカス!」と罵られる。 しかし、困りごとが、自分一人で検索して分かる程度のレベルを超えると、広く第三者の力や知恵…

匿名=知られたくない!?

私が初めて『匿名』ということばを知ったのは、中学生になってからで、ラジオを聞いていて、リスナーからの投稿を読んでる際に、投稿者のことを「匿名希望さん」と言ってるのを聞いた時だ。 ラジオへの投稿には、プレゼントを手に入れることも目的の一つだっ…

現代の怪談

こんな話があった。 この話を知った人は、この話のテーマは何だと思うだろうか? 乗客の悪臭で失神。飛行機が緊急着陸、原因となった男は組織壊死で死亡 「…この話が悲劇的で、また同時に喜劇的でもあるのは、人を悪臭に変えてしまう病気に私が襲われたこと…

『キャラクター変更』のススメ!?

「現場からは以上です。」という締め括りの言い方がある。 テレビで現場から中継するレポーターが話を終了させる場合に用いる言い回しなのだが、応用範囲の広い言葉で、カジュアルな場にも、深刻な場にも使える言い回しで、私もいつか使ってみたいと思いなが…

攻撃性は『諦め』が生み出す!

自由に発言でき、しかも発言できる場もあり、ありがたいことにと言うべきか実名ではなく匿名での発信ができるようになった結果、攻撃性のある人が増えたような気がするし、自分自身の中の攻撃性も増したような気がする。 私が感じてるくらいだから、多くの人…

『ブーメラン』の時代!

自民党の杉田水脈議員の発言が物議を醸している。 いかにも「またか!」と言う感じがあり、その先入観で食傷気味になり、内容もろくに確認する気にならなかったが、少し取り上げてみたいという気になってきた。 直近1ヶ月の"杉田水脈"で調べると、話題にな…

ネットの世界は、思っているより狭いかも!

人々はインターネットをどのように活用してるのだろうか? 私もそうだが、多くの人は皆が自分自身と同じように使っていると思っているだろう。 しかし、実際には大きな違いがあるのだが、そこにはある法則が成り立っている。 そんな法則をわかりやすく説明し…

『一発屋』に感じる起承転結!

四字熟語の『栄枯盛衰』や『盛者必衰』は、一発屋芸人を思い出させる。 何もヒントがない状態だと、どんな人達がいたか、なかなか思い出せないので、このサイトを参考にしてみた。 【懐かしい!?】今まで誕生して消えていった一発屋芸人・一世風靡した有名…

新しいことはすべて『サブカル』の時代が始まった!

おもしろい本に出会った。 私が読んだのは、ミュージシャンであり芸能人でもある大槻ケンヂの「サブカルで食う」で、図書館で借りた。(まだ読み終わってない) 大槻ケンヂ曰く、 「サブカル」とは、「サブカルチャー」じゃなくって、もっと軽い「サブカル」…

スマートスピーカーってどうよ?

今日、こんな記事があった。 ヒロミ 伊代がスマートスピーカーを固まらせた!最新機器を凍らせた珍質問とは 2018/7/24 ヒロミは「(スマートスピーカーが)なんにも言わないの。そんなこと教わってないし何にも言わない」とスマートスピーカーが作動しなかっ…

縮まらない距離!?

昨日書いたエントリーで『動画』はやっぱり大きなキーワードだと気付いたが、この中には、見る人と作る人がいるが、その比率や内訳はなかなか知ることができない。 そこで、キーワードの絞り込みだけでどこまで迫れるかやってみた。 改めてGoogle Trendsを用…

『動画』は、必須のリテラシー!?

人々の関心はどこに集まっているのかを探りたくてGoogle Trendsを活用してるが、色々なワードを比較したが『金(かね)』が、コンスタントに高い関心を集めるのに対し、『地震』は東日本大震災や熊本地震の際には瞬間値としてだが『金』をはるかに上回る関心…

女は実体、男は現象!

最近一部界隈で話題になっていた話がある。 インターネットは社会を分断するのか? インターネットが登場した時、ネットによって人々は時間と空間の制約を超えて交流することが可能になり、体験と知見が共有され相互理解が進むと期待された。 しかしながら、…

ビジネスの取引形態には、大きく三つある。 B=ビジネス=法人、C=消費者(Consumer)=エンドユーザー、と表現した場合、 BtoB BtoC CtoC の三つの形態が考えられる。 CtoCは、昔は個人売買と言われて存在はしていたが、市場を形成するほどではなかった。 し…

ちょっと違う、なんか違う

このエントリーは、ただのことば遊びで、なんのエビデンスもありません。 わからないことや知らないことがあった場合どうするか? 答えが知りたい場合や、考えるヒントが欲しい場合などがあるだろう。 また、そのことに世間がどう反応してるかが、知りたいこ…