違う見方

誰でもできるけど、自分にしかできないのが、判断するということ! 情報過多な現代は偏り(バイアス)も強いので思わぬ方向にずれていくこともある。そんなズレを修正したりブレーキをかけるために少し違う目線を持ってみたいという備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

【一事が万事】ダイエットと貯金の共通点!

このままじゃいけないと始めるものに、ダイエットと貯金がある。

 

この両者には、直接の関連は無いのだが、上手く行く人と失敗する人を観察すると共通点があるのに気付く。

 

そこには一事が万事の法則が働いている。

 

こんな事を書いてみようと思ったキッカケは次の記事に触発されたから。

 

 

なぜか簡単に1000万円「貯まる人」たちの、ある意外な共通点 貯まる人ほどあえて節約をしない

貯まらない人がやりがちなことを見ていきましょう。

多くの人が陥りがちなのが、急激に支出を抑える無謀な節約です。これは長続きしないどころか、かえって支出が増えてしまうリスクすらあります。

 

「1000万円貯まる人」は、修行僧のように節制しているかといったら、そうでもありません。使いたいところにはちゃんとお金をかけているので、結果、我慢せず、ストレスも貯めずにお金を貯められているのです。

 

 

そこで、世間に垣間見える「貯金できない人」や「ダイエットできない人」の実態に迫ってみたい。

 

 

 

貯金ができない人は、悪い見本を参考にしてるのかもしれない。

 

 

 

 

貯金はシンプルな理屈で成り立っている。

 

 

ダイエットができない人は、

 

 

 

 

 

 

できない理由が分かれば、できる理由も見えてくるはずだし、その場合肝心なのは動機だ。

 

 

 

動機の有無や動機の種類の違いが、貯金やダイエットの成否を左右するようだ。

 

 

上手く行く人は、必ずしも禁欲主義を貫いているわけではない。

 

色々見てると、貯金やダイエットが上手くいかない人には共通点が見えてくる。

 

直接的には動機や習慣の違いが成否を分けそうだが、動機や習慣は組み合わせが問われるので、上手くいかない場合は組み合わせるものに原因がある。

 

 

 

動機や習慣で組み合わせを間違えるのは、判断力が関係している。

 

 

何事も、できない人に共通してるのは言い訳をすること。

 

 

しかし、世の中そう単純でもない。

 

 

シンプルな理屈が働く事で良い結果を出そうと思うと、行き着く先は同じになる。