読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 違う見方

独断と偏見による雑記、備忘録

ピラミッド的考察① 野球選手をピラミッドで表すとどうなるか

最近本当に地震が多い。
 
地震の事を考えていたら、マグニチュードという単位が気になり調べてみた。
 
マグニチュードが 増えると、エネルギーは31.6倍違う。
 
マグニチュードが 0.2増えると、エネルギーは2倍違う。
 
数字から受ける印象とエネルギー量の差を考えると単位としてどうなんだ?
 
揺れて壊れる様を考えてる時に、フッと人間ピラミッドが頭に浮かんだ。
 
 
その他ピラミッドについて検索してみると、改めて面白いと思った。
 
数学的に面白いし、天文学との関連も面白かった。
 
そんなピラミッドからヒントを得て考えてみた。
 
 
 
 
藤原さんの話は面白くてためになる、藤原さん自体が面白い。
 
この数年、藤原さんは、”レア(希少)な存在であれ”と主張してる。
 
ちょっと長いけど。

 
 
 
 
レアであるということをピラミッドを使って考えた、ビジネスに限定せず、趣味嗜好も含めてイメージできるのではないかな。
 
 
 
人がピラミッド状に正規分布してるとするとどう見えるかだ。
 
ピラミッド自体が大きな正三角形であり、小さな正三角形で造られてるとすればという設定。
 
考え方は、下記の図のように正三角形(一人あたり1個)を配置する。
 
 
左から、1人の場合 、4人の場合、9人の場合
    
1人の場合1() 、4人の場合2列()、9人の場合()となる。
 
 
 
X 個の正三角形を、この図のように並べていった場合の列()の数を Nとすると、X = N N  となり、最下段の正三角形の数は、N x 2ー1  となる。
 
考え方の参考にしたのは下記
 
100万人の人は、最下段1,999人で1,000段になる。
 
100万人の競技人口があるスポーツやゲームを考えると、最下段に位置するのは今日始めたばかりという人だろうか?
 
仮に野球の競技人口が100万人だとすると、プロ野球は育成枠を含め選手数は900名前後らしい。
 
ピラミッドに当てはめると、最下段に59名、30段存在する。
 
最下段の59名はまさに育成枠の選手だろう。
 
一軍のベンチ入りが1チーム25名だから、12球団で300名。
 
ピラミッドに当てはめると、
 
最下段に33名から35名、17、18段あるということだ。
 
つまり、プロ野球の選手としてベンチ入りのためには、今日始めたばかりの人は980段以上、上がらなければいけないということだ。
 
もちろん飛び級的に、一度に10段20段上がることはざらにあるだろう。
 
 
 
 
100万人というのを考えた時、もう一つイメージしたのは政令指定都市だ。
 
地方で1番は、東京では何番なんだろうと考えた時だ。
 
切りの良い数字で考えたいので、東京の人口を12,250,000 と設定。
 
そうすると、最下段6,999人、3,500段存在する。
 
地方で1,000段目に位置してる人が、天下取るつもりで東京に出てきても更に上に2,500段あるということだ。
 
上に600万人以上いるということだ。
 
東京といっても、実際は首都圏として機能してると考えると対象は、25,000,000 となる。
 
最下段9,999人、5,000段 で構成されてる。
 
なんでも首都圏に集中するわけだ。
 
どんなにマイナーな分野でも東京(首都圏)では、趣味嗜好が似てる人がリアル
 
に存在してることを感じられるが、地方だとそんな人いねーよで片付けられる
 
ことが多いというのも納得できた。
 
 
このピラミッドに当てはめて考えていると気付くのは、最下段に位置する層は、どんな人と定義すれば良いのだろうかということだ。
 
 
 
1つの尺度で推し量ることの無理感を感じる。
 
 
日常の中で、1つの尺度で序列をつけたり、判断したりするが、あまり意味がないかも。
 
 
 
常に、複数の異なる尺度(価値観)を持っておく必要があるだろう。
 
尺度が変わるとピラミッド上の位置は簡単に大きく変わるだろう。
 
幸せに見えてる人が、結構不幸だったり。
 
不幸に見えてる人が、結構幸せだったり。
 
 
このピラミッド的な捉え方は、いろいろ応用範囲が広そうな気が気がするので続編を考えたい。
 

 

 

だからタイトルは、ピラミッド的考察①とする。