読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 違う見方

独断と偏見による雑記、備忘録

広告宣伝はテクニック、上手にやってる?

以前下記を書きながら感じた事。
 
 

独り占めしたい奴が、うそをつく国日本

 

真実は、唯一無二として存在できるのだろうか?
 
真実という、唯一無二の存在を疑っているのではない。
 
 
  • 表現された途端に、ある角度から光が当てられ、同時に影が発生する。
 
  • その表現に接する人が、どういう立ち位置で接するかで形が違って見える。
 
  • どういう感情の時に接するかで、受け取り方が変わる
 
 
同じニュースについて自由に話をしたら意見が合わない事はよくある。
 
プレゼンをする場合、意見が分かれては困る。
 
光をどこから当てるのか。
 
感情を掴み、理屈で補強する必要がある。
 
 
発せられる情報や表現は、意図を持っている。
 
意見や考えを表現する事は、自分自身の広告宣伝活動となる。
 
そんなつもりがなくても。
 
表現してる内容そのものだけではない、どんな姿で、どんな口調で、どんな言葉で、誰を相手に行うかで、伝わり方も伝わる内容も変わる。
 
 
そう考えると、センスやテクニックが大事になる。
 
要は、訓練が可能なのだ。
 
生きる事とは表現する事。
 
特別な事を指してるわけではなく。
 
 
 
これなんかも表現の仕方が関係してるかも?
 
結構ショックを受けるのか、案外平気なのか、どっちだろう?
表現にもトレードオフがある例。
 
 
部下を大事にしてるのは分かるが、部下から見ると・・・
 
 
みんな、自分という看板を背負ってる。
 

 

 

早く気付いて、意識して振舞った方が得かも。