違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。時には詭弁を弄します。今書いてることと、以前書いた内容が食い違う場合は、遺言と同じで新しいものが私の考えです。

ワールドカップの舞台裏!

日本人にとっての2018ワールドカップサッカーが終わった。

 

対ベルギー戦は、ボロ負けするかもという下馬評にも関わらず、途中まで2点リードしていて、これはひょっとするとと大いなる期待を与えてくれた。

 

 

最終的には3−2で負けたが、世界の強豪と互角に渡り合えるようになったと感じさせてくれた。

 

日本でのサッカーの人気はどれほどだろうかとGoogle Trendsで見ると。

 

f:id:chigau-mikata:20180703132932p:plain

これに野球を加えて比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180703133004p:plain

 

野球の強さが分かる。

 

では、さらに"ワールドカップ"を加えて比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180703133058p:plain

 

ワールドカップの瞬間風速の威力は、野球のピークに劣らないことが分かる。

 

ちなみに、野球のピークはどの年も7月であることから、プロ野球だけでなく高校野球や夏休みも関係してると想像できる。

 

Google Trendsで分かるのは、検索されてる様子だけなのだが、サッカーはワールドカップが絡むと、ビジネスの匂いがプンプン漂う気がしてくる。

 

ワールドカップは、正式には"FIFAワールドカップ"で、"FIFA"とは"国際サッカー連盟"のことで、設立は1904年でサッカーが好きなヨーロッパの各国の調整役として発足している。

 

サッカービジネスに金の匂いがプンプン漂いだしたのは1974年からだとされる。

 

ヨーロッパと南米の一部の国だけで流行っていたサッカーの世界で、FIFAの歴代会長はヨーロッパ人だったが、1974年にブラジル人が会長になった。

 

それ以降、ワールドカップには利権が付きまとうようになった。

 

 

FIFAが集めるお金の65%程度がテレビの放映権料とされ、30%程度が企業スポンサーだと言われてる。(2014年ワールドカップの場合)

 

このFIFAが集めるお金の大半が、各国の代理店によって集められていて、日本では電通が独占している。

 

今年のワールドカップには、こんな話がある。

 

JCが600億円(?)を電通に払い、それをピンハネして電通はFIFAに500億円払っているとされる(電通は100億円の儲け)。

比率は(NHK500億円:民放100億円)と予測。テレビ東京は今大会撤退したとされているので残り4局(日テレ・TBS・フジ・テレ朝)で25億ずつと予測。民間会社なのでどんなに頑張っても民放1社で30億円が精一杯である。

この600億円は国民が支払っている受信料の約10%に相当する。なぜサッカーにこれだけのお金を支払っているのか?

NHKは国民の生命と財産、伝統文化を守るのが本来の役割。NHKが中継をやらなければ民放がやる。

民放にとって一番鬱陶しいのはNHK。世界的にサッカー人気が高まっておりFIFAに入っているのは2000億円といわれているが、その3分の1が日本からの収入である。

http://windkaze.com/archives/2018062601.html

 

 

 

国際舞台で戦う日本人を見て、『日の丸を背負っている』という言い方をすることが多いが、それだけではないだろうなと思えてくる。

 

ワールドカップは、優勝国だけでなく、参加国の全てに賞金が出る。

 

さすがW杯日本の賞金すでに13億円、Vで42億円 2018年6月30日

試合運びに賛否が巻き起こっているが、日本は決勝Tに進んだことで4億4000万円の賞金増も勝ち取った。

 

何が何でも勝ちたかったのは、"日の丸"のためだけではなさそうだ!