違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。時には詭弁を弄します。今書いてることと、以前書いた内容が食い違う場合は、遺言と同じで新しいものが私の考えです。

最後に笑うために!

twitter検索で遊んでみた。

 

 

売れなければクズだと最初に言われるのは営業マンだが、やがてその商品やサービスもクズ呼ばわりされるようになる。

 

 

売れなければ屑だと言われるのが営業マン(パーソンと言ったほうが良いのかな?)だが、そんな営業マンと似た職業は何か?

 

 

 

今日の答えは小説家という話。というか、そう感じるツイートの数々を集めてみた。

 

小説家のメンタリティは営業マンそのものだと感じた。

 

 

 

  

上記のツイートは皆小説家の方で、小説家にとっても、売れるという事はとても大事であることが分かる。

 

営業マンは、売れなければ商品のせいにすることができるし、実際に転職して商品を変えたら売れるという事例はある。

 

 

ちょっとした違いが大違いという結果につながることもある。

 

 

売れなければ困るのは、小説家だけではなく本屋さんもだ。

 

だから、両者の利害は一致する。

 

 

営業マンにとっては、商品と自分は一体ではないが、小説家にとっては自分が書いた小説と自分は一体のはずだ。

 

 

小説家という仕事は、内容に関しては基本自分ひとりで完結する。

 

つまり、好きなように自由に書くことができる。

 

小説に限らず、一人でできることの魅力は、売れたければ、売れるようなことをすれば良いだけ、それを一人で追求できる点が良い点で、悪い点はその結果に対して全く言い訳ができないことだ。

 

 

どんな仕事も、結局同じらしいとわかる。

 

 

では、どうすればよいのか?

 

桂小金治さんの下記のことばを伝える人が大勢いるが、検索した範囲で最初につぶやいたらしいのがこれだった。

 

 

少し違う気がするのは、昭和的な表現の仕方のせいだろう、同じ意味合いで違った表現は無いものかと検索すると、

 

皆が、売りたがってるし、売れたがっている、しかし、そのことに直接の答えはなさそうだ。

 

 

最後に笑う者が最もよく笑う!

 

最後まで生き残った(続けた)者が勝つ!

 

 

という諺らしき言葉があるが、では、最後まで続けるためにはどうすれば良いか?

 

 

殺し合いをしていた時代だから当たり前だと思うと、勘違いをする。

 

負けても死なない、何度でもやり直せるという気持ちが、チャレンジと無謀の境界を曖昧にする。

 

続けるためには、「場」と「相手(目標)」を設定する必要があり、そこで「場」と「相手」を変えながら生き残ることが大事で、目先の勝ち負けに一喜一憂する必要はない。

 

ふと、自分が生き残っていることに気づけたら、きっと笑いが出てくるだろう。