違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。

スマートスピーカーってどうよ?

今日、こんな記事があった。

 

ヒロミ 伊代がスマートスピーカーを固まらせた!最新機器を凍らせた珍質問とは 2018/7/24

ヒロミは「(スマートスピーカーが)なんにも言わないの。そんなこと教わってないし何にも言わない」とスマートスピーカーが作動しなかったと述べた。それでも伊代は「ねえアレクサ、チョコレート食べようかどうしたらいい」と重ねて聞いたそうで、作動しないことから「こいつバカじゃない」と決めつけたという。

 

 

 

 

"スマートスピーカー"は"AIスピーカー"とも言われ、昨年の後半からGoogleやAmazonから発売され話題になっているようだったが、Google Trendsで検索すると、キーワードとしての"スマートスピーカー"や"AIスピーカー"ではなく、商品名で検索されていることがわかる。

f:id:chigau-mikata:20180725125514p:plain

f:id:chigau-mikata:20180725125526p:plain

商品としては、GoogleとAmazonの2社で独占されてると言って良さそうだ。

 

ちなみにヒロミ家にあるのはAmazon Echoだ。

 

 

以下、"スマートスピーカー"に統一して使うと、スマートスピーカーは大きく二通りの使い方がある。

 

1.音声認識

 

2.デジタル家電を制御

 (家電側がwifi機能を備えてる必要がある)

 

どちらもスマホに一足先に導入された機能で、そこだけを取り出した独立家電がスマートスピーカーだ。

 

 

 

 

2歳の子供の反応は偶然ではない、ことばでのコミュニケーションには人間性が現れるし、相手が機械であっても人間性が宿るのだ。

 

 

スマートスピーカーは、人格や人間性を判断することに役立つかもしれない。

 

これは、スマートスピーカーの設計や企画の段階で意図していたのだろうか?

 

スマートスピーカーは、AI(人工知能)を活用したものだ。

 

AIがどこを目指しているかはわからないが、スタートは人間の脳のはずだ。

 

これとは別に、「人間とは?」を考える学問はたくさんある。

 

これらは、究極的には、同じところに収束するとしたら、共通点がたくさん出てくるはずだ。

 

心なんか扱うつもりはなかったかもしれないが、心とも関わることになる。

 

 

この記事の中には、こんなことが書いてあるが、まさに人間の本性はどこに現れるかわからない。

 

アレクサは人間ではないが、私たちとアレクサとの関わりは人間的だ。店員やウエーターへの態度は性格を物語るとされる。アレクサへの態度も究極的には同じ。問われているのは、上の立場になったときに下の立場にある人々にどう接するかだ。

 

人間はロボットに何の義理もないし、アレクサは人間に何をどう言われようとひるまない。それでも日常生活において大きな割合を占めるようになった「話し相手」への口調は大きな意味を持つ。アレクサにとってではなく、私たち人間にとって。

 

スマートスピーカーは、音声に反応するところが極めて人間的だが、それは絶対音感の持ち主ではないことを意味する。

 

つまり、誰の声かは、今の所区別していない(できない?)。

 

 

データですべてわかると盲信する「バカの壁」 養老 孟司:解剖学者,新井 紀子:数学者 2018/7/6

新井:この間、とっても面白いビデオを見ました。アレクサっていうAIスピーカーがあるんですけど、「電気つけて」とか、「新井さんに明日の待ち合わせ8時に変更してくださいってメールしといて」とか話しかけるとやってくれるっていう。そしたら、オウムを飼ってる家があって、そのビデオですけど、オウムがまねして「アレクサ、電気消して」って言うんですよ。電気が消えるんです。笑えるでしょう。そのうち、オウムの命令で勝手にメールが送られたりするんですよ、きっと。

 

笑い話のようだが、それで済ませて良いだろうか?

 

 

 

 

今、スマートスピーカーを使ってる人達の中には、人柱になる人が出そうだ。

 

スマートスピーカーは、まだまだ普及には程遠いが、普及しだしたら一気に進むだろう。

 

 

twitterを検索してると、思わぬ事例に遭遇できるかもしれない。