違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。時には詭弁を弄します。今書いてることと、以前書いた内容が食い違う場合は、遺言と同じで新しいものが私の考えです。

現代の怪談

こんな話があった。

 

この話を知った人は、この話のテーマは何だと思うだろうか?

 

乗客の悪臭で失神。飛行機が緊急着陸、原因となった男は組織壊死で死亡

 「…この話が悲劇的で、また同時に喜劇的でもあるのは、人を悪臭に変えてしまう病気に私が襲われたことだ。その結果、乗客たちが機長に訴えを起こし、緊急着陸が行われた…」と、アンドレイ・スチリン氏自身による投稿に書かれています。

 

シチリンさんは滞在先のスペインにて、何らかのケガをしたそう。その後、病院に行ったのですが…このように誠に残念な結果になったのです。

 

シチリンさんの場合、どんな病原体だったのかは未だに発表されていません。

 

 

 

私は、この話は、難病・奇病がテーマなのか、ニオイに対するいわゆるスメルハラスメントがテーマなのかが気になった。

 

記事自体は、おそらく難病奇病として取り上げ、旅行先でちょっと怪我をしたことで発症してるので、誰にでも起こりうる問題として伝えているように感じるが、この記事を読んだ人(私もだ)は自分のニオイが気になるだろうし、他人のニオイに厳しくなりそうだ。

 

"ニオイ"を検索する時に、大きく4種類ことばの使い分けをすると感じてる。

 

・匂い

 

・臭い

 

・におい

 

・ニオイ

 

辞書的な定義はさて置き、これらのワードをGoogle Trendsで検索可能な2004年以降で比較してみた。

 

f:id:chigau-mikata:20180808140329p:plain

 

"臭い"は大きなテーマになっていることがわかる。

 

そして、"ニオイ"はあまりにも少ないので分析対象から外す。

 

関連キーワードを見ると、"匂い"は、香るもの全般に用いられてるが、良い意味で使うことが多そう。

 

"臭い"も"におい"も、ほぼ悪い意味で使われている。

 

なお、いずれのことばも全国的な関心を集めている。

 

では、最近良く耳にする"スメルハラスメント"というワードを加えて比較すると、あまりにも少ないので単独で見てみると、

 

f:id:chigau-mikata:20180808135043p:plain

 

ワードとして通用するようになったのは、2012年の半ば以降だと感じる。

 

面白いのは、関心を示すのは都市部だけという点だ。

 

f:id:chigau-mikata:20180808135117p:plain

 

都市部のみの関心となってる理由として、スメルハラスメントは、人に由来するにおいの種類が多いため、においの良し悪しだけでなく、においの好き嫌いや、においの強弱も関係してる気がするので、人口密集度が高いエリアで顕在化する問題となるのだろう。

 

冒頭の記事では、悪臭の原因として難病の存在が感じられるが、Google Trendsで"難病"を見ると、

 

f:id:chigau-mikata:20180808135154p:plain

 

21世紀は、難病に関する話題が、緩やかに上昇していることがわかる。

 

"難病"の動きとリンクするようなワードが見つからないだろうかといろいろ探っていて、夏にピッタリのワードが出てきた。

 

"オカルト"だ。

f:id:chigau-mikata:20180808135230p:plain

 

2010年の7月に突出したオカルトの反応は何なのだろうか?

 

期間を絞り込んで"オカルト"で検索するが、よくわからない。

 

では、この突出した"オカルト"の山とリンクするワードを探すと、相応しいのがあった。

 

"怪談"だ。

 

 

f:id:chigau-mikata:20180808135321p:plain

これ以上の絞り込みはできなかった。

 

 

ところで、Google Trendsのグラフで見ると、"怪談"が夏の風物詩であることが分かるが、2009年は夏が過ぎても"怪談"の需要が落ち込んでいない、2015年の年明けの頃も季節外れの需要の大盛り上がりがある。

 

 

怪談を聞くと、体温が下がる感じがする、しかし、あまりにも暑くなり過ぎると、怪談ですら暑苦しい話に思えてくる。

 

夏の夜の怪談は、暑い夏を涼しく過ごすための知恵だったのかもしれないが、猛暑には通用しないかもしれない。

 

"猛暑"を加えて比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180808135427p:plain

 

どうやら今年2018年は、怪談が猛暑に負ける最初の年になりそうだ。

 

私にとって21世紀は、怪談とは全く縁がなかったが、世間には結構"怪談"に対する需要があったことが新鮮だ。

 

しかし、いつの頃からか、お化けや幽霊よりも、人間や自然災害の方が怖さを感じるようになっている。

 

現代は、怪談以上の怪談が、日常に溢れる時代になった。