違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。時には詭弁を弄します。今書いてることと、以前書いた内容が食い違う場合は、遺言と同じで新しいものが私の考えです。

『さくらももこ』さんと『24時間テレビ』に感じる初心の違い!(追記あり)

今年の24時間テレビが終わった。

 

好きな番組ではないが、この番組には、それなりの時代の反映があるはずなので、毎年家にいれば、ちょこちょこ見ている。

 

ちょこちょことしか見ないのは、じっくり見るに耐えないからだ。

 

見るに耐えない理由は、世間の多くで言われてる理由と大差ない。

 

 

 

今の24時間テレビは、初心を忘れてると言うか、看板は掛け替えずに全く別のイベントになったように感じるし、それは出演者にも当てはまりそうだ。

 

 

 

"24時間テレビ"をGoogleTrendsで検索可能な2004年以降で見ると、

 

f:id:chigau-mikata:20180828120328p:plain

 

今年の分がまだ確定してるとは言えないが、どう見ても今年は全く奮ってなさそうに感じる。

 

しかし、視聴率は一定水準はクリアしている。

 

 

 

 

初心を忘れた24時間テレビが元気に頑張っているのに対し、昨夜突然訃が伝えられた"さくらももこ"さんと"24時間テレビ"をGoogle Trendsで、期間を直近1週間で比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180828120703p:plain

 

わたしは、さくらももこさんのことは名前を知ってる程度だったが、昨日今日でTwitter上にはさくらももこさんのファンの、さくらももこさんの人柄がわかるツイートがたくさん上がっている。

 

漫画家を夢見ながらも、その夢を遠く感じていた頃を伝える話、

 

 

f:id:chigau-mikata:20180828120822p:plain

f:id:chigau-mikata:20180828120829p:plain

f:id:chigau-mikata:20180828120835p:plain

 

 

 

念願の漫画家デビューが決まった時、

 

 

 

f:id:chigau-mikata:20180828121027p:plain

f:id:chigau-mikata:20180828121033p:plain

f:id:chigau-mikata:20180828121041p:plain

f:id:chigau-mikata:20180828121047p:plain

 

 

 

f:id:chigau-mikata:20180828121229p:plain

 

 

 

ざっと検索しても悪い話やネガティブな話が全く出てこない、しかし、ただの良い人ではなく、しっかり毒は吐いている。

 

 

f:id:chigau-mikata:20180828121354p:plain

f:id:chigau-mikata:20180828121400p:plain

 

 

 

大金をかけ有名人を多数集めて、心に訴えるように演出される、初心を忘れたイベントは、表向きは盛り上がりを見せるが、誰の心にも残らない。

 

一方、初心を忘れずに、身近な出来事を、ありのままに活き活きと表現し続けた人は、日常では大きな話題になることはないが、いつまでも人の心に残り続ける。

 

声高に喧伝されるものには嘘が多いと言われるが、感じ方は人それぞれだ。

 

 

スーパーボランティアの尾畠さんが、そうだったように、素晴らしいものや人の素晴らしさは、後からわかるものだということが、再認識できた2018年の夏と言えそうだ。

 

さくらももこさんに、合掌。

 

追記

 

さくらももこさんには、ネガティブな話しが何も無いと書いたが、一つだけあった。

 

タバコを吸うために、健康に気をつけているという持論の持ち主だったようで、「虎は死して皮を残す」ように最期に教訓を残してくれた。

 

 

タバコは百害あって一利なし!