違う見方

これから時代はどう変化するのかを時事ネタを交えて考察。考える際のヒント。気付くためのヒント。

『手』は、口ほどにものを言う!

養老孟司先生がこんなことを言っていたのを読んだことがある。

 

「人間の解剖を、たくさんこなしても、"表情のある部分"はどうしても嫌な感じがするので慣れない。

 

一番嫌だったのは『目』と『手』で、腹や内蔵なんて何でもない。」

 

と。

 

目は口ほどにものを言う

 

こんな諺があるところを見ても、昔から目は表情を演出するパーツとして特別扱いされていたし、今でもされているだろう。

 

養老先生は、「なんで、俺は手が嫌なんだろう?」とその理由を自問自答し、こう結論に達した。

 

「そういえば、動いてねえな!」

 

解剖の対象になるのは死体だから、手が動かないのは当たり前だが、これに対して改めて考えないとピンとこないが、生きてる人間の手は常に動いている。

 

人間の体の動いているパーツには表情が宿るとするならば、目と口と手はトップ3だろう。

 

作法が厳密な習い事の世界では、手の作法という様式美があったりしそうだ。

 

調べてみると、"手フェチ"なることばもあるらしいとわかる。

 

 

 

手も、目と同じくらいものを言ってそうだ。

 

意味があるかは不明だが、Google Trendsで「目」、「口」、「手」を比較すると、「目」の圧勝かと思いきや、意外と拮抗してる印象だ。

f:id:chigau-mikata:20180718130925p:plain

表情が宿る集大成とも言えるのが『顔』だが、死体には当然のごとく表情がない。

 

死体ではないが、表情がない顔として能面がある。

 

子供が能面を被ると不気味さが一気に高まる、しかし子供は喜んでいるらしい。

 

 

あるべき表情が見えないと、笑っている子供ですら不気味な存在となる。

 

人間の表情は、世界共通だと言われている。

 

言語や習慣の違いを超えていると言われている。

 

心理学者は、人間の表情の元になる感情である、「怒り」「恐れ」「喜び」「悲しみ」「嫌悪」は、学習によって身につけたものではなく、先天的に持っていると考える人が多い。

 

これらの感情を示す言葉を、Google Trendsで比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180718131109p:plain

 

程度の差はあれ、21世紀の日本には「喜び」よりも「怒り」や「悲しみ」が多いことがわかる。

 

そして、そんな感情は、きっと手の表情に現れているだろう。

 

 

きっと、手は口ほどにものを言っている!