違う見方

誰でもできるけど、自分にしかできないのが、判断するということ! 情報過多な現代は偏り(バイアス)も強いので思わぬ方向にずれていくこともある。そんなズレを修正したりブレーキをかけるために少し違う目線を持ってみたいという備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

『動画』は、必須のリテラシー!?

人々の関心はどこに集まっているのかを探りたくてGoogle Trendsを活用してるが、色々なワードを比較したが『金(かね)』が、コンスタントに高い関心を集めるのに対し、『地震』は東日本大震災や熊本地震の際には瞬間値としてだが『金』をはるかに上回る関心を集めていた。

 

これは、金よりも命が大事ということだろうと思い、"世の中金より命が大事"というエントリーを書いたが、今回はその続きを書いてみたい。

 

おさらいとして、人間にとっての重要な関心事として、『金』『健康』を比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180723114405p:plain

 

これに『地震』を加えると、

 

f:id:chigau-mikata:20180723114445p:plain



前回のエントリーを書いた時点では起きてなかった大阪北部地震(6月18日)も『金』を超えていることがわかる。

 

地震に限らず大水害や今だと高温や熱中症など命に関わることは、瞬間値としては高くなるが、これは平常時の関心事ではないし、心配事として常に心の片隅にあるかもしれないが、そればかり考えているわけではない。

 

『金』に関係しそうな『投資』や『副業』も調べたが『金』に比べたら全然低い。

 

では、『地震』の代わりに『ペット』を入れて比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180723114630p:plain

 

『ペット』は、関心の度合いとしては『健康』とほぼ同じで、直近では『ペット』が逆転しそうな気配すらある。

 

ついでに『猫』と『犬』を加えて比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180723114736p:plain

 

『猫』の関心の高さが分かるが、2013年から2015年の2年間で急激に上昇し、2016年からは下降に転じ、現在では犬とほぼおなじになりつつある。

 

犬がコンスタントに緩やかに上昇してる様と比較すると、『猫』はブームだったことがわかる。

 

ところで、『ペット』も『猫』も『犬』も関連のキーワードを見ると、『ゲーム』や『アニメ』と強く結びついて相互に影響しあってる感じを受ける。

 

『金』『ゲーム』『アニメ』を比較してみると、

 

f:id:chigau-mikata:20180723114834p:plain

ゲームにもアニメにも関心がない私には信じられない結果というか、自分の知らない大きい世界が存在することを思い知らされ、驚くことになった。

 

『ゲーム』や『アニメ』と言えば『動画』だなと思い、加えて比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180723114923p:plain

 

『動画』がこんなに反応が得られるとすれば『写真』や『静止画』や『カメラ』はどうなのだろうかと調べてみたが、「ほお〜」という結果は得られなかった。

 

では、これに『ブログ』を加えて比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180723115022p:plain

 

『ブログ』の代わりに『YouTube』を加えて比較すると、

 

f:id:chigau-mikata:20180723115248p:plain

 

『動画』も『ブログ』も『YouTube』も受け身での鑑賞と、能動的な表現の二通りがあるが、キーワード検索では、この二つの違いまではわからない。

 

面白いのは、2011年以前は『動画』と『YouTube』はイコールに近い関係だったが、それ以降は別の存在になったようだ。

 

おそらく、スマホの普及とアプリの多様化が関係してるかもと感じる。

 

 

動画に取り組んで見ようかと、意識的に取り組んだことがあるが、なんとなくフェードアウトしてしまった。

 

理由は簡単で、何を撮ろうかで悩み、撮りたいものが見つからないからだ。

 

ブログネタに関しては、今となってはどうとでもなると自信があるが、動画や写真はなかなかそうはいかない。

 

カメラを手に入れた時、シャッター押すだけだろうと少しバカにしていたが、これがなかなか難しい。

 

今回調べて改めて思ったが、動画や写真で表現できる術を身につけることは、必須のリテラシーになりつつあるのかもしれない。

 

誰でもできるが、誰にでもできるわけじゃないことで、差がどんどんついて行くのだろう!