違う見方

複数の視点を持つことで、情報過多でややこしい現代をシンプルに捉えるための備忘録的ブログ。考え方は常に変化します。

【悲報】ニトリ会長の予想が当たるか2018年?!

今日は上から目線で他人事のように景気や投資を語ろう。

 

ニュースを見てれば分かるが、明らかに理由があって評価が下がっているのが、

 

 

 

この辺までは誰でも納得だろうが、全体に波及すると何が起きているのかわからなくなる。

 

 

日本だけでなく、世界で『急落』がキーワードになっている。

 

 

 

このニュースは誤解があるといけないので少しフォロー。

 

 

しかしながら、計画的に行動してた方々が現在直面してるのが、

 

 

生活に近いところでは、下落が嬉しいものもある。

 

個人的には、最近ガソリンや灯油の価格が下がって良かったと思っていたが…。

 

 

なんだかいろんなものが急落する2018年の年末だ。

 

 

一体何が起きているのか?

 

一体何を、誰を、信用すれば良いのやら。

 

 

そんな時は、この人を信じてみてはいかがだろうか。

 

日本の経営者の中で、その予想が当たると評判なのがニトリの似鳥会長だが、今年の年明けにこんな予想を立てていた。

 

 

ニトリ会長が2018年の日本経済を大予測!「今年はズバリ…」

経済界一、経済予測を的中させる男――。

ニトリホールディングス(HD)会長の似鳥昭雄氏(73歳)は、財界でそう呼ばれる。

 

私の見立てでは、その失速がはっきりしてくるのは'18年の第3四半期(10~12月期)くらい。そこから第4四半期('19年1~3月期)にかけて、状況はだんだん悪くなっていく。

 

 

 

夏までは、もしかしたらはずれるかとも思っていたが、

 

 

今更ながら、この業界でも泣きが入っているようです。

 

 

 

私の好きな言葉がある。

 

起こることは避けられないこと。
Чемубыть, тогонеминовать.

起こるべきことは起こる。必然的にそうなるようなことは、どうやっても回避不可能。

https://ja.wikiquote.org/wiki/ロシアの諺

 

 

 

 

きょうは、こんな気持ちで書きました!

 

 

f:id:chigau-mikata:20181220105318p:plain